スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Porcupine Treeがライブ音源mp3販売収益をミック・カーン癌治療へ寄付

元JapanのメンバーRichard Barbieriが参加していることでもおなじみ、Steven Wilson率いるPorcupine Treeが、
ミックのためにダウンロード音源を提供しています。

これはFear Of A Blank Planetツアー中のアトランタでの録音で、もともとライブアルバムとして企画されていたものが、最終的にオランダで撮影されたDVDをリリースすることになったため、お蔵入りしたもの。そのDVD"Anesthetize"と今回の音源は収録曲が重複するものの、公式ライブ音源として初リリースとなる"A Smart Kid"が収録。

音源は320kbpsで、CDに焼きたい人のことを考慮してトラック8と9の間にスペースが入っています。(至れりつくせり!)

このダウンロードの収益のうち、Porcpine Treeに配当される分はMick Karn Appealに、レーベルBurning Shed配当分はMacmillan Cancer Supportへと寄付されるそうです。

日本からダウンロードすると909円。
全16曲、約2時間、ファイルサイズは320.0MBです。
購入から24時間以内にダウンロードを済ませなくてはいけないことにご注意を。

1 Fear of a Blank Planet
2 What Happens Now?
3 Sound of Muzak
4 Sentimental
5 Drown With Me
6 Anesthetize
7 Open Car
8 Dark Matter

9 Cheating the Polygraph
10 A Smart Kid
11 Blackest Eyes
12 Half-Light
13 Way Out of Here
14 Sleep Together
15 Even Less
16 Halo

私も先ほどダウンロードしました。音を聴くのが楽しみです。
2010年06月19日 | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

ミック本人のコメント

今朝起きて気づいたのですが、バタバタしていたので記事にするのが遅れました。

Message from Mick : Footnote
Your comments and well wishes have left me speechless, in the same way that our news had affected you. The support and love you give me is felt by all of us here, every day.

At the time of first posting my news I was striving to obtain a medical card that would pay for treatment here in Cyprus and I am pleased to say that in recent days, since becoming officially diagnosed through a series of specific tests, the state will now take care of my basic medical costs, including referrals to Hospitals within the EU in the event that any procedure cannot be carried out here in Cyprus. This is great news and comes as a genuine relief but I wanted to make clear that the donations that have been received will remain in a fund which will be used to augment the state care and allow me to look into alternatives that will help my fight with cancer, including options such as advanced treatments in the USA and other non-state-funded medical alternatives. It also affords me some peace of mind as, during this difficult time, I am not able to provide for my family's needs in a way that I would otherwise wish, and their security is my primary concern now. Obviously, their lives are dramatically impacted upon by my condition and your kind support helps me to feel that they will be able to manage a little better if I am not able to be with them.

I hope this makes sense to all of you who have made a donation because words cannot truly express the full scope of my gratitude and feeling of good fortune to have so many friends, both near and far, familiar and undiscovered until now, who are willing to help us out in this incredible way.

Posted: 14th June 2010



そして、早々にhttp://narajin.net/さんが日本語訳を掲載してくださっています。→「ミックからのメッセージ:補足(日本語訳)」

jinさん、拙ブログの「ミック・カーンが癌で闘病中」をリンクしてくださり、どうもありがとうございます。
2010年06月16日 | Comments(5) | Trackback(0) | 未分類

ミックの状況(幸宏さんのツイートより)[追加あり]

@room66plus
12:14pm, Jun 7 from Web
Mick's cancer started in the stomach and progressed to the lungs and brain. He is at stage 4 .. .the most advanced. 知り合い宛のスティーブからのメールです。

(ミックの癌は胃から始まり肺と脳に転移しました。今は第4期…最も進行した段階です。)

@room66plus
12:42pm, Jun 7 from Web
皆さん、ミックに関する情報は完全なものではありませんでした。ステージ4というのもさだかではありません、病気に関する事を簡単に発してしまい、本当に申し訳ありません。ただ、彼が病気と戦っていることは確かです。

*************************************************
現在、幸宏さんの12:14付ツイートは削除されています。
なので、こちらでも削除すべきなのかもしれませんが…一応、「参考」として今は残しておきます。
(後で考え直して削除するかもしれません)
正確な状況は分かりませんが、advanced stages of cancer(進行段階の癌)の中でも、深刻度の高い状況であることは推測されます。
2010年06月07日 | Comments(3) | Trackback(0) | 未分類

There is always sunshine

「人生は楽しむんじゃなくて、いやなことも絶対あるから 味わう」
ある人がメールで書いていた言葉。
去年の12月なので、そんなに昔のことではない。

なのに今年の4月、遅かった桜が東京で散っていった頃、その人はいなくなってしまった。
私はネットで知り合ったその人の、ごく一部についてしか知らない。
大らかで楽天的な人という印象を勝手に抱いていただけに、その落差と、彼が味わいきれなくなってしまったほどの苦い味の苛烈さを思うと、どこまでも深い井戸に吸い込まれそうになる。

身内でもなければ、ネット世界の中でも特別近い位置にいたわけでもない私に、悼む権利があるのかどうかも分からない。それでも、ここ数週間、井戸のまわりの茫漠とした荒地をぐるぐると廻り続けずにはいられなかった。不毛なことだと分かっていても。

だがやはり、生きていく者は、不在となってしまった者のぶんまで、人生がもたらす様々な味を味わっていくしかないのだろう。数日前、そんな当たり前すぎるノーチョイスな結論が、心の奥深くにずしんと落ちてきた瞬間があった。その合理的かつ前向きな結論を引き受けようとした時、ぱらぱらと涙がこぼれて、私は戸惑った。まるで機械のボタンを押したら予想外の機能が飛び出してきたようで。なんだろう、これは。井戸の引力はまだまだ強い。荒地をぐるぐる廻ったり、楽しいことをみつけてあははと笑ったり、突然ぱらぱらと泣き出したり、今日の天気のように日々は過ぎていくのだと思う。

周囲にあった名曲の数々が救いにならなかったのはとても残念だけれども、せめて彼が今は苦い苦しみから解放され、楽しく音楽を聴いていることを夢想している。灰色の雲が立ち込めた空の上には、いつでも太陽が輝いているのだから。



Sさん、本当にいろいろと、どうもありがとうございました。
2010年05月11日 | 未分類

実在クリミナル・ミュージック・ラバー遭遇記

その人物のことは2006年から知っていました。私が交流していたブロガーさん達(YMOや元JAPAN=David Sylvian, Steve Jansen, Richard Barbieri, Mick Karn 等のファン)の所に、それらのアーティストと親交があるというコメントを時々書きむようになったので「一体どんな立場の人なんだろう?」と仲間内で話題になっていたのです。私自身のブログに、初めて彼のコメントが書き込まれたのは、2007年1月のことでした。

最初は正直なところ疑ってました。普通、業界の「中の人」は、素人相手に情報を小出しにリークして喜んだりしないでしょう?と。彼のハンドルなどを手がかりに検索も試みました。が、残念ながらこれといった情報は引っかかりませんでした。疑問を抱きつつも、コメント欄を通じてやりとりしているうちに、いつしか警戒心が薄れている自分がいました。そして、今最も後悔しているのは、彼をオフ会に招待してしまったことです。デヴィッド・シルヴィアンのThe World Is Everything Tourで来日が決定し、浮かれていた…というのは言い訳にもなりませんが。デヴィッドが渋谷オーチャードホールでコンサートを行った(そして、体調不良で短時間で終了してしまった;拙記事)2007年10月30日、そのオフ会が開かれました。

初めて顔を合わせた彼は、やはり音楽にとても詳しく、明るく気さくで話し上手な人物という印象でした(ただし、私が気付かないところで、こっそり出席者のお一人に暴言を吐いていたことが、ごく最近判明。怒り心頭です)。ワーナー・ミュージックとアーティスト契約をしており、主にエンジニアやPAなどをしている関係で数多くのアーティスト達と交流があると聞きました。その後も年に2、3回ペースで彼を含めたオフ会を開催しましたが、「打ち合わせでAvex本社にあるcommmonsに行ったら…」といった裏話も非常に具体的で、ここまで具体的な話が出てくるのだし、本当にそういうお仕事なのだろうと概ね信じるに至ったのです。

それでもやはり、首をかしげることはありました。どんなアーティストのどのアルバムについて話す時でも、ほぼ必ず「発売よりずっと前からサンプルをもらって愛聴していましたが、これ、いいですよね」といった自慢が入る。自慢の部分を言わなくても、アルバムの良さは語り合えるんですけどね(^^;)。「すごいですね」、「さすがですね」、そんな賞賛への異様なまでの渇望を感じました。本当に業界人だったら、そんな渇望はあったでしょうか?また、2009年坂本龍一ピアノ・ソロ・ツアー(拙記事)でPAを担当していると言っていたので、3月の東京公演に行ったあと、購入したツアーパンフを見てみました。かなり詳細なスタッフ・クレジットが掲載されていたにもかかわらず、そこに彼の名前はありませんでした。音楽業界にいたとしても、少なくとも華々しい立場ではなく、周縁で雑務的なことをやっているのだろうか?とも考えました(もちろん、雑務的な内容でも立派なお仕事です)。それにしても周縁的立場の人に、発売前のサンプルが(しかもデラックス版まで)色々届くほど、不況と言われている業界にゆとりはあるのか?という疑問もよぎりました。

しかし、そんな疑念があっても、6月の高橋幸宏ソロ・コンサート"OUT OF HERE"(拙記事)後のオフ会で、当時自分がちょっと気がかりにしていたことについて「○○の件、大丈夫?」などと声をかけてもらっただけで、「色々謎な部分もある人だけど、心根は優しいよね」などと思ってしまったおめでたい私。その後もリアル生活の忙しさからブログや音楽に充てられる時間とエネルギーが減り、彼に対する疑問を深く追求することなく、2009年はあっという間に過ぎていきました。

急転直下、今年(2010)1月。ある方に「このサイトを見てください」という非公開コメントをいただきました。そのサイトには彼の本名と写真、そして、元ページをたどると彼によるCD窃盗事件についての記述がありました。なんと!まるでドアを開けたら床がなく、どこまでも落ちていく深い穴を発見してしまったような、墜落感を伴う衝撃。発言に色々嘘があるらしきことは薄々感じていたので「やはり」という思いもありましたが、犯罪行為まで行っていたとは。まさに、 "He that will lie will steal"(嘘をつく者は盗みもするだろう)の格言そのものではないですか。

さらに大きな衝撃だったのは、同コメントの「(ブログとオフ会常連の)haruさんが彼とトラブルになって困っています」という一行。焦りました。震えました。早速彼女にメールで事情を聞き、あらためて彼のことを調べるとちょっとした糸口をきっかけに、上記サイトの件以外にも、彼がこれまでしてきた行為の数々、ついてきた嘘のあれこれが判明しました。commmonsと、(Steve Jansen所属事務所の)エピ○ニー▲ークスより、彼の嘘を裏付ける正式文書も発行されました。彼の実態や彼女との金銭トラブルの経緯については、彼女自身のブログに詳しいので、そちらをご覧ください。
c_letter
commmons文書
(クリックで拡大)

以上、己の愚を反省するためにも、他山の石にしていただくためにも、長々と書かせていただきました。

これまで私は、彼のことに限らず、少し疑問に感じる相手に対しても「きっと良い部分もたくさんある人だから」と考える傾向がありました。しかし、小さな疑問でも、それを放置すると、他の人にも害が及ぶ可能性がある。そのことをこれからは忘れないようにしたいです。彼は今後も似たような行為を続ける可能性が高いですし、残念ながら彼のような人間は他にもそれなりにいるのでしょう。これをお読みになった方々はぜひ自衛してください。彼の守備範囲は相当広いので、どんなジャンルの音楽好きの近くにでも擦り寄っていくはずです。映画ファンもご注意ください。

最後に。
彼は何故嘘で塗り固めた生活を送ってきたのか。別に業界関係者を気取らなくたって、巧みな話術と明るい振る舞いをもってすれば、たくさんの友人と楽しく付き合えたはずです。踏み倒し詐欺に遭いかけたharuさんも、彼が有名人と知り合いだからではなく、音楽の話が楽しくできる気の合う人だから、友人付き合いをし、信頼してお金を貸したのです。それなのに、嘘で自分を飾らずにいられなかった彼の心の闇の理由を知ることはできません。音楽が好き。それだけはきっと真実。でも、彼の行為は音楽を汚すことに他ならない。その事実を、直視して欲しい。できることなら、嘘で固めない、そのままの自分を愛する努力をしてみて欲しい。そんな言葉は本人に届かないでしょうが、ウェブの海にそっと浮かべる自己満足をお許しください。
2010年03月27日 | Comments(14) | 未分類

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。