スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Penguin Cafe Forever

PENGUIN CAFE ORCHESTRA-tribute- PENGUIN CAFE ORCHESTRA-tribute-
オムニバス、蓮実重臣 他 (2007/08/08)
エイベックス・エンタテインメント

この商品の詳細を見る


長々と引きずってしまった夏バテ以来、ようやく音楽を体内に取り込んで、それを言葉にする体力・気力が戻ってきたようです。
発売から1ヶ月以上経ってしまいましたが、ペンギンカフェオーケストラのトリビュートアルバムです。

トリビュートアルバムは様々なスタイルのアーティストが参加していますから、物によっては通して聴くのが辛い場合があります。まあ、そういう時は気に入った曲だけピックアップして聴けば良いわけですけれども。。。でも、このトリビュートアルバムは(私の場合)通して楽しむことができました。本家ペンギンカフェオーケストラの持つ、独特のメロディーラインという共通軸がハッキリしているからでしょうか。共通軸がありながら、適度なバラエティがあって、セレクトショップや雑貨店でウィンドーショッピングしているような楽しさがあります。

雑貨店と言えば、そもそも「ペンギンカフェ」という言葉が私の中に刻まれたのは、音楽集団のペンギンカフェオーケストラではなく、吉祥寺にあった雑貨店兼カフェが最初でした。あのセピア色の空間と、流れている音楽、置いてある雑貨のテイストが大好きで、通いつめていたものです。たしか、同じ雑居ビルには貸しレコード屋(後にレンタルCDショップ)も入っていて、ペンギンカフェとハシゴをするのが定番で。ペンギンカフェオーケストラの存在も、ジャパンのアルバム「錻力の太鼓」をプロデュースしたスティーヴ・ナイがそのメンバーだったなんて事も、後追いで知った次第です。

かつてペンギンカフェがあった場所はもう別のお店になってしまっていて、寂しい限り。ああ、あの場所にまた身を置いてみたい……と思っていたら、オンラインショップという形で続いていたということを遅ればせながら知りました。
Penguin Cafe
きゃーーー、懐かし!(涙)
ぜーんぶ大人買いしたい!(無理)

あ、すっかり、トリビュート・アルバムの事よりもカフェの話になっちゃいました(汗)
ご本家ペンギンカフェオーケストラの音楽って、優しくて、懐かしくて、癒し系だけれどもキレイ事だけでなくほろ苦さやさりげない毒もあるところが、いわゆる「イージーリスニング」とは一線を画していると思います。そんなペンギンカフェオーケストラの魅力を、多様な質感で変奏してみてくれたトリビュート盤。ペンギンカフェオーケストラの音楽だけでなく、私の中のペンギンカフェまで甦らせてくれた感じがして、勝手に感謝しているのでした。

2007年09月10日 | Comments(3) | Trackback(0) | 音楽[VA]
コメント
私もステ目当てで買ったら、意外にも全部楽しめちゃった感じです(他の皆様、失礼いたしました)
この夏の猛暑を若干ですが涼しくさせてくれたような気がするCDです♪
haru URL 2007年09月10日 22:40:18 編集
懐かしいですね。ペンギン・カフェ・・・
彼女が吉祥寺に住んでいたので、デートといえば吉祥寺周辺が多かったので、姉貴(当時武蔵野市に住んでた)に教えてもらったその店に行きましたよ。
当時は(今もあるらしい)、行きつけの美容室「連獅子(Renjishi)」も吉祥寺だったので、思い出のいっぱい詰まった街なんです。
そうそう、このアルバムは何故か未入手です。
shuuma URL 2007年09月10日 23:27:00 編集
>haruさん
commmons関連アーティストということで一貫性があるのかもしれませんが、トータル感とバラエティが程よいトリビュートですよね。
秋になっても引き続き楽しめそうです。

>shuumaさん
あらあら。
それじゃあ、吉祥寺にはしょっちゅういらしていたんですね!すれ違っていたかもしれませんよ~(まじで)。

吉祥寺は美容院がとても多い街なんですよね。私は大体バスで吉祥寺に行っていたのですが、Renjishiはバスから良く見える場所にあって、あの店を見ると「吉祥寺に着いた~」って気がしたものです。

トリビュート盤、なかなかの好盤ですよ☆
skysong URL 2007年09月11日 08:27:35 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。