スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Joan as Police Woman

Real Life Real Life
Joan as Police Woman (2007/06/12)
Reveal

この商品の詳細を見る(amazon)
iTS


Steveのソロアルバムのために、DavidとSteveがJoan As Police Womanとレコーディングをしたという情報が以前からあったのですが(Japan Nigthporter)、遅ればせながら最近になってMyspaceで聴いてみました。

Nine HorsesなどでSteveやDavidが奏でていたサウンドや、ゲスト参加していたStina Nordenstamなどの延長にあるようなものを想像していたら、全く違う音。落ち着いたフォーク、ブルース、ジャズボーカルといった趣で、なんとも大人っぽい雰囲気が漂っております。刻々と変化する微妙なニュアンスを紡ぎ出す、ハスキーボイス。ちょっとフィオナ・アップルを連想したりして(フィオナほどアクはありませんが)。

このバンドのフロント・パーソンのJoan WasserさんはかつてAntony and the Johnsonsに在籍していたり、Rufus Wainwrightのサポートをしていたそうです。昨年リリースされたReal LifeというアルバムにはAntonyとのデュエットも。ニュアンスに富んだ2人の美声が絡み合うこの曲、ソウルフルで素晴らしいです(上記リンクMyspaceで試聴可)。ここのところ、こういう大人っぽいメロウなサウンドをめっきり聴かなくなっているのですが、なんか素直に聴き入ってしまいますわ。しかも、今までAntonyの声はなぜかちょっと苦手だったのですけど(最近だとBjorkともデュエットしてますよね)。あと、私的にグッときたのは、シングルMy GurlのカップリングでDavid BowieのSweet Thingsのカヴァーをしていたりするところ。
うーん、このアルバムとシングル、買ってしまうかも。
それにしても、ネットのおかげで気になるアーティストがすぐに試聴できるのは、本当にありがたい。

彼女の声がSteveのソロアルバムでどのように活かされているのか、楽しみです!…それにしても、変わったユニット名ですね(^^;)

Real Life

2007年07月17日 | Comments(4) | 音楽[J]
コメント
jo ann
何かこの名前に妙に引かれました。
身近でとても良く知っている・・・。(^_^;)

スティーヴのソロにですか、確認しておかないと。
joyuki URL 2007年07月18日 17:56:15 編集
>joyukiさん
なるほど、なるほど。
joyukiさんのjoは、このお名前から?
それならなおさら、Joan as Police Woman聴いてみてくください♪
skysong URL 2007年07月18日 19:50:31 編集
購入したまま、あまり聴いていなかった(何故だろう?)ので、skysongさんの記事を読ませていただいて、新たな気持ちで聴いています。
味わい深いボーカルとアコースティックな音がマッチしていてイイ感じです。
ステ坊のソロでの彼女の役どころが、今からとても気になりますね。

shuuma URL 2007年07月18日 22:05:05 編集
>shuumaさん
さすが、関連アーティストはバッチリ網羅されてますね~。
女性版ミック・八苦寝る、もとい、ハックネルみたいなブルー・アイド・ソウルというか。。。
それにしても、旋律のうつろいと共に七色に変化する歌唱力。個人的には、うーんとデカダンで毒のある曲を歌わせてみたいですw。スティーヴのソロアルバムがますます楽しみになりますね。
skysong URL 2007年07月19日 18:12:15 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。