スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

訳してみました

デヴィッド・シルヴィアン・ツアーのインフォメーションページ(Smash)に、デヴィッドの言葉が翻訳されているのですが。。。
訳された方には申し訳ないけれども、意味が分かりにくすぎて(^^;)
原文、たしかに日本語にしづらい表現が多いですけどね。
ということで、翻訳は苦手なのですが、自分なりに訳してみました。

---------------------------------------------------------------
このツアーの目的の一部は、自分の初期の活動と決別することでもあるんだ。過去の作品を取り上げ、これで最後だという想いをもって、それらに肉体として、ひとつの存在として結び付けられていた自分との繋がりを断つつもりなんだ。

将来、もし僕が過去の作品に立ち戻るとしたら、その作品と関連性を持った、新しいプロジェクトの文脈の中でということになるだろう。そういう意味で、将来のライブは(もしあるとしたら)、テーマがより明確になってくるはずだ。けれども、今回のライブも過去だけに焦点をおいたものではなく、最近レコーディングしたもの、特にナイン・ホーセスの作品なども演奏する。「ザ・ワールド・イズ・エブリシング」ツアーは親しみやすい雰囲気で、どこか、10年前の「スロウ・ファイアー」ツアーの反響のようなものになりそうだ。ただ今回は、ドラムスとサンプラー担当のスティーヴ・ジャンセンと、ベーシスト、キース・ロウを含む3人のミュージシャンにサポートしてもらうことになっている。

----------------------------------------------------------------
原文はシルヴィアン・ツアーサイトのこちらのページに掲載されています。
このページに載っているフォト、渋いですね~(*^^*)

2001/2002年のE&Nツアーも過去の作品を総括するような位置づけだったと思いますが、さらに踏み込んで過去から「決別する」ライブをこの時期に行う意味について考えさせられます。
彼が「初期」というのが、どこまでを指すのか分かりませんが、今回のツアーで聴きおさめとなってしまう曲がたくさん出てくることになりそうです。
ファンとしてそれは寂しいと思う半面、前に進むために本人がそれを必要としているのなら受け止めなくてはいけませんね。
2007年07月14日 | Comments(10) | 音楽[S]
コメント
 >>今回のツアーで聴きおさめとなってしまう曲がたくさん出てくることになりそう
そうなってしまうと寂しいですね。しかし
なにがなんでもチケットを確保しなければ!!って気持ちが益々強くなりました。
shuuma URL 2007年07月15日 08:04:33 編集
>shuumaさん

やはり。
今回のツアーは何としてでも行かないと、後悔しそうですね。
skysong URL 2007年07月15日 16:25:26 編集
大好きな曲の数々がこのツアーで封印されてしまうのでしょうか。
こんな言葉を聴いてしまったら、大阪だけじゃなくイギリスや香港も行きたくなってきました。でも海外はスケジュール的に無理ですっ・・・
haru URL 2007年07月15日 17:01:03 編集
>haruさん

ほんとに、たった2回の公演では満足できなさそうです(^^;)
でも、耳をダンボのようにして聴き入るしかないですね。
skysong URL 2007年07月15日 17:15:07 編集
はじめまして。
mixiのデビ・コミュでお世話になっております。

素晴らしい翻訳。やはりこうでなくちゃですね。
Yoshi URL 2007年07月15日 19:04:20 編集
>Yoshiさん

いらっしゃいませ~♪
こちらこそお世話になっております。

拙訳も面映いですが、少なくとも明らかな間違いや意味不明箇所は取り除けているかな、というところで(^^;)
skysong URL 2007年07月15日 20:04:51 編集
うーん
うーん。
一番忙しい時をねらってきましたか、月末でしかも普通の日・・・・。どうしよう。

でもこれ見逃すと、当分なさそうですよね・・・。うーむ。
joyuki URL 2007年07月17日 12:19:21 編集
>joyukiさん

社会人にはきつい日程ですけど、ほんと、次はいつになるか分かりませんし!
しかも、今後ライブでは封印されてしまう初期の曲が聴けるラストチャンスみたいですし!
というわけで、ぜひ行きましょうよ(^-^)
skysong URL 2007年07月17日 15:43:21 編集
えーと、後出しじゃんけんなコメントのタイミングですが・・・

今回は原文自体がコテコテに英語ならではの表現や構築のされ方になっていて、こういうの実は日本語とは相容れないぞ、いや、日本語脳でみちゃうとこの「英語版行間を読め」的文章はむしろまどろっこしいぞ、ゴラァ(←ごめんねデビちゃんw)、というのはないでしょうか(苦笑)。

翻訳の精度の探求段階において、そういった行間の空気の嗅ぎ分けもスキルであるべきなのでうが、コレばかりは教えられて身につくという保証も無いですしね。元の訳文を読まれてそのあたりの嗅覚の違いを感じとられたskysongさんにはその違和感が耐えられなかったのでしょう、と勝手に解釈してます(笑)。
MM URL 2007年07月21日 07:12:17 編集
>MMさん

実は、この原文を最初目にした時、一瞬「訳してブログにアップしようかな」って思ったんだけど「日本語にしにくい表現満載だから、やーめた!(^o^)」って投げたんですよ(爆)。
原文で味わうのが一番だわっ!と(笑)。

でも、その後スマッシュやP-Vineのサイトに出回った翻訳文(同一文)を見たら、明らかな誤訳も含まれているし、そもそもツアー名称のカタカナ表記を間違えているし(「ザ・ワールド・『オブ』・エブリシング」になっていた)。訳語選びの「好み」の問題といったレベルを超えた迷走ぶりだったので、訳さずにはいられなかったというのが実情でした。
skysong URL 2007年07月21日 07:32:03 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。