スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

combopiano / Growing Up Absurd ('07)

Growing Up Absurd Growing Up Absurd
COMBO PIANO (2007/02/14)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る(amazon)


David Sylvianワールドツアーに参加する渡邊琢磨さんのユニット、combopianoの最新作Growing Up Absurdを聴いてみました。

恥ずかしながら最初はTakuma Watanabeさんって誰?という状態で。ググってみると「ジャズ」というキーワードと共にヒットすることが多く、すっかりそういうイメージだったのですが、このアルバムはそんなジャンル分けを軽やかにすり抜ける作品でした。

トータス(Tortoise:オフィシャルMyspace)のジョン・マッケンタイアがドラムを叩いているとか、内田也哉子さんが参加している、という事前情報だけでも面白そうな予感ありありで、アマゾンから到着するとわくわくしてiPodにインポート♪

イヤフォンを耳に押し込んで一聴したところ、「ピアニストが中心のユニット」というイメージが裏切られました(良い意味で)。トラック1~3にかけてのポップな歌物の流れは、むしろギターの方が目立っていて、「ギターポップ」と呼びたくなる感じです。それでももちろん、ピアノやローズが重要なアクセントを添えているのですけれども。

ほとんどの曲でボーカルをとるエメット・ケリーについても知らなかったので検索すると、アメリカの有名なピエロばっかりヒットして参りましたが(苦笑)、シカゴを拠点とするユニットThe Cairo Gang(Myspace)の中心人物だそうです。トータスもシカゴですから、シカゴつながりでしょうか?エメットのちょっとひ弱そうな優しい歌声、非常に好み(笑)。

全8曲中、歌物は5曲。凝った音やアイディアがたくさん盛り込まれている割に、口あたりはかなりポップです。三半規管の中を軽やかな風が吹き抜けて行くようで。一方、インスト曲(track 4, 6,8:ただしtrack6は「語り」入り)はもう少し抽象的なアプローチなのですが、インストと歌物が互いに引き立てあっています。両者に共通するのは、音の響かせ方の面白さでしょうか。爽やかそうなのに歪みまくってるギターとか、track3のドラムスの鳴り方とか、track4のピアノとギターの残響音が絡まったりほぐれたりするところとか、track8のピアノの残響音が部分的に増減されているところとか、細かい所に耳がいちいち喜んでおりますw。

作品によってかなり違った作風のようですが、combopianoの他のアルバムもこれから聴いていこうと思います。

オフィシャルサイト

East Works Entertainment Inc.のアーティストページ
 こちらのページで試聴できますね。

2007年06月29日 | Comments(2) | Trackback(0) | 音楽[C]
コメント
ついに入手しましたね。エメット・ケリーはべス・オートンのサポート・ギタリストとしても有名ですよ。
もう一人参加しているブランドン・ロス(カサンドラ・ウィルソンとの仕事でも有名)のソロ・アルバムも素晴らしいですよ。
TY URL 2007年06月29日 17:49:59 編集
>TYさん
ハイ!入手いたしました♪

 >エメット・ケリーはべス・オートンのサポート・ギタリストとしても有名ですよ。

そうですか。多彩な活動をしているんですね。

ブランドン・ロスもいずれ聴いてみます。

David Sylvianを起点に、またまた音楽の世界が広がって、嬉しい悲鳴です!
(財布も悲鳴あげてますけど…苦笑)

skysong URL 2007年06月29日 21:45:13 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。