スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Nine Inch Nails @ 新木場Studio Coast '07.5.18

18日の金曜日、新木場Studio CoastでNine Inch Nailsを見てきました!

前座のSERENA MANEESHはポストロック系の音なんですが、ちょっと決め手に欠けるというか。ボーカルやバイオリンがギターに埋もれていて、CDだったらもう少し良いのかもしれないですけどね。。。だいいち、階段脇にいたもので、前座の間中ひっきりなしに人が上ったり降りたりして、全く集中できなかったんです。昨年のモグワイでもほぼ同じ場所で見ていたのですが、前座の最中でもそんなに移動が無かったんですけど。

今回何しろNINだし、前の方で見るのは絶対に私の体格では無理!とあきらめてました。案の定、前方ではダイブが発生していましたので正解。ああ、ライブの時だけドラえもんの「ビッグライト」か何かで屈強&頑丈になりたい……。

それにしても、激しくかつ緻密で、めちゃめちゃタイトなライブでした~。完璧。ギターのアーロンの動きは最高ですね!ギターを持って生まれてきた野生児って感じです。トレントは……いかつい(笑)。
映像や特殊なセットもなく、スモークと照明だけのシンプルなステージ。Year Zeroが政治的なコンセプトをこめた内容だったので、そういう含みのある映像やコメントでもあるのかと想像していたけれども、特に無く。ひたすらたたみかけるように、約2時間、次々と曲が飛び出し、アンコール無しで潔く終了。すごいエネルギーです。トレント、とても29歳(笑)とは思えません。

某巨大掲示板さんにアップされていたセットリスト:
Hyperpower!
The Beginning of the End
Last
Survivalism
March of the Pigs
Piggy
Capital G
Burn
Gave Up
Help Me I Am In Hell
Me, I\'m Not
Eraser
La Mer
Into the void
The Good Soldier
Wish
No, You Don\'t
Only
Suck
Hurt
The Hand That Feeds
Head Like A Hole

ちょっとうろ覚えですけど、MCで、「日本に来られてうれしい。一番好きな国のひとつだ。くそアメリカから抜け出して、文化のあるところに来られてうれしいよ。みんなおしゃれだし。」と社交辞令(?)も交えたトークに、「アキバ!」っていうツッコミが会場から入ったような気が(笑)。

Hurt前の機材セッティング中、「ハッピー・バースデイ」合唱が前方で始まって。そう、前日の17日がトレントの誕生日だったんですよね。で、"Thanks!.....29!"と、笑いをとってました(サバ読みすぎ~笑)。意外と気さくな人なのね(くすくす)。でもすぐ「キャラを保たなきゃいけないから、ごめんね」みたいなことを言ってHurtの演奏開始。そりゃそうだよね。「気さくなおっさん」モードのままじゃHurtは歌えないって。そのHurt、それはそれは素晴らしかったです(涙)!声の伸びもすごく良かったし。

でも、今日はInto The Voidを貼ります。
ライブ中、この歌詞が頭から離れませんでした。
tried to save myself but myself keeps slipping away♪



2007年05月20日 | Comments(5) | Trackback(1) | 音楽[N]
コメント
skysong様>

嗚呼、やっぱり行ってきたんだぁ(羨望)。
直前になって非常に裕福(笑)になったんで迷ったんだけれど、
月曜日の体調不良の事もあって辞退した形です。
※実際には、土曜出勤があったので無理でした。
ずっとね、あなたにツアーTシャツを買ってもらおうかと
迷ってたんですよ(笑)。

セットリストを見ると、
最新作を中心に「コレしかない!」ってリストかな。
個人的に好きなDownward~とかfragileとかの曲が少なめですが、
現在の心境を考えるとこんな感じですかね。

彼が今になっても「Hurt」を歌うってのは、
どういう心境の元に歌っているんでしょうかね。
そこを過ぎ去って今の自分がある事を自覚しているからか、
あるいはまだまだ深い闇があるのか、
その辺りは彼自身に聞いてみないと解りませんが、
非常に気になる事柄ではあります。

繰り返しになるけれど、本当に羨ましいです!
地方在住者は、これだから…(苦笑)。
kikka URL 2007年05月21日 16:17:44 編集
>kikkaさん
もうすぐ次の仕事が控えているので即レス(笑)

ツアーTシャツ、言ってくだされば買ったのに。
というか、明日(22日)Zepp Nagoyaですよ!
名古屋は比較的お近くでしょ?
当日券があるかどうか問い合わせてみては?
(と、煽るヤツ)

東京3日間、結構セットリスト変えてたみたいです。
個人的にはCloserが聴きたかったですが、まあ、とても良いライブだったのでそれ以上の贅沢は……。
skysong URL 2007年05月21日 16:34:33 編集
>kikkaさんへ、補足。

>彼が今になっても「Hurt」を歌うってのは、
>どういう心境の元に歌っているんでしょうかね。
>そこを過ぎ去って今の自分がある事を自覚しているからか、
>あるいはまだまだ深い闇があるのか、
>その辺りは彼自身に聞いてみないと解りませんが、
>非常に気になる事柄ではあります。

ジョニー・キャッシュがカヴァーしたHurtを聴いて思ったんですけど、あの歌詞って年齢を重ねれば重ねるほど凄味を増すような気がします。
What have I become?
My sweetest friend
Everyone I know
Goes away in the end
のあたりなんて、特に。

だから、書いた当時とは違った心境であっても、やはり意味の大きい曲であり続けるのかな、と。
skysong URL 2007年05月21日 17:41:26 編集
skysong様>

>ツアーTシャツ、言ってくだされば買ったのに。

迷ったんだよねぇ。
非常に図々しいお願いだけに、姐さんには頼み辛かったなぁ。
ウチを訪れる他のヲタ共になら、すぐに頼むんだけどねぇ(笑)。

>名古屋は比較的お近くでしょ?

今、仕事がメチャクチャ忙しくて、
平日に休むって言ったら殺されそう(苦笑)。
まぁ、2年後ぐらいを楽しみにしてますよ>NIN。

>個人的にはCloserが聴きたかったですが

We're In This Together なんかが聴きたいんですがねぇ。
いつも書くけれど、あの「断崖絶壁の希望の歌」が好きなんです。
歌詞がどうかはともかく、そういう印象を持ち続けてますな。

Hurtに関しては、また何処かで。
kikka URL 2007年05月22日 06:21:53 編集
>kikkaさん

「他のヲタ共」て(笑)
お忙しいんですね。リリースのペースが速くなってますから、2年後くらいにホントにまた来日実現かもしれません。

We're In This Togetherは教えていただいたシークレットライブ映像でもやっていましたね☆
skysong URL 2007年05月22日 21:29:58 編集

管理者だけに表示する
トラックバック
今年も半分が終了ですね。いろいろな今年前半の積み残しを少しずつ書いていきます。 今日はNine In
憂鬱天国 - my blue heaven - 2007年07月04日 23:31:46
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。