スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

多忙な日々とScheme Of Things

ここにきて右肩上がりに忙しくなってきました。師走なだけに、のんびり屋の私もけっこう走ってます!(笑)
やりたいこと、やらなくてはいけないことがたくさんあって、一日が何時間あっても足りない!と言いつつ、心の平衡を保つためにはブログも書かずにいられないのですが。
以下、またまた超長文です。ご注意を。
♪日々の「プラン」はシャッフル方式
忙しいと、「To Doリスト」が必要になってきます。以前はオーソドックスにノートや手帳、メモなどに箇条書きにしたり、付箋を貼ったり、ホワイトボードに書き出したりしていましたが、今回はパソコンの「メモ帳」に書いていくことにしました。

こういうことって多忙な社会人生活の長い方々は各自のノウハウをお持ちでしょうね。今回私が工夫してみたのは、優先順位の高いものから入れていくだけでなく、本来なら優先順位が低くなりがちなものも(ボランティア的な作業や、将来のために読んでおきたいお堅い本の読書など)、細かく時間を区切って入れ込んでいく、ということです。
例えば、
①案件A(最優先)
②案件B(優先順位高)
③案件C(優先順位中)
④案件D(優先順位低)
⑤案件E(優先順位低)
こんな感じのタスクを抱えていたとすると、①から順に片付けていくと④に辿りつく前に一日が終わってしまうことがしばしばです。そして、優先度の高い新しい仕事もどんどん飛び込んできますから、下手をすると永遠に④、⑤は手付かず……ということになりかねない。

だから、
○月×日
午前
①案件A 2h(完成させる)
②案件B 1h(たたき台段階まで作業)
④案件D 0.5h(感触をつかむ)
午後
②案件B 2~2.5h(完成させる)
③案件C 2h(翌日1~1.5h程度の作業で完成させられる所まで)
⑤案件E 0.5h
のように、短い時間でもいいから優先度の低いものも突っ込む!無事突っ込める時もあれば、前の作業が予定通り終わらなくて流れてしまうこともあります。でも、こうして意識することで、永遠に後回しになることは避けられるでしょう。優先順位を適宜シャッフルさせるので、勝手に「シャッフル方式」なんて名付けて悦に入ったりしています(笑)。まあ、私の時間管理なんて未熟なものですので、「もっとすごい方式を知ってるぞ!」って方はコメントで教えてくださいませ~。

で、「メモ帳」には「やることリスト」をバーッと箇条書きにしては優先順位と締め切りを考慮しながら、むこう3日分くらいにコピペで振り分けていき、作業しながら調整したり、気付いたポイントも書き込んだりしています。ノートや手帳でこれをやると、並べ替えを繰り返すうちにページが汚くなってきて、ただでさえも忙しいのに気分が余計にささくれてきたりするのですが、PC作業だとそれがないのがうれしいですね。終了した作業はスッキリ気分でどんどん消していきます。

♪「プラン」と「スキーム」
さて、こういう作業をしていると、デヴィッド・ボウイのWord On A Wingという曲の歌詞が脳裏をよぎるのです。
stationtostation

David Bowie / Station to Station ('76)

Lord, lord, my prayer flies like a word on a wing
My prayer flies like a word on a wing
Does my prayer fit in with your scheme of things?
(原詞全文はこちら



主よ、主よ、私の祈りは翼にのせた言葉のように飛翔します
私の祈りは翼にのせた言葉のように飛んでいくのです
私の祈りはあなたの世界の秩序におさまることができますか?



この曲を初めて聴いた十代の頃は、「スキーム」という語が頭のなかでゴツゴツひっかかってすんなり飲み込めず、自分のなかで解釈を保留にしてしまった記憶があります。大人になった今でも深く理解できているかというと、ちょっと自信がありません。「プラン」と「スキーム」は同意語ではあるけれど、やはりボウイのこの歌詞は「スキーム」であって「プラン」では軽すぎる、ということは感覚で分かるのですが。

「スキーム(scheme)」を辞書でひくと、「n.1.(組織立った・公的な)計画;計略、陰謀;非現実的な計画 2.組織、機構、体制;理論大系;概要、大略;要綱 3.図式、図解;略図;地図;天象図」(研究社リーダーズ英和辞典、用例と名詞以外の意味は省略)とあります。

手元にあるWebster's New Dictionary Of Synonymsという類語辞典を引いてみると、
(ちなみにこの辞書、1984年版なので今やWebster's OLD Dictionary Of Synonymsです 笑。現在はMerriam Webster's Dictionary Of Synonymsの名で出版されています。ここまで類語同士のニュアンスの違いが詳説された辞典はなかなかありません。)
「<スキーム>は、輪郭の線画よりも図表などを示すことが多い一部の技術的語義以外においては、初期にあった<図>という意味を消失しかけている。しかし、この語は<プラン>よりも、体系や、細部を慎重に選択し秩序づける意味合いを持つことが多い。また、動作主の側に、自己欺瞞や悪巧み、あるいは利己主義のいずれかひとつが、あるいは複数が同時に含まれることもしばしばある。」(拙訳)

「プラン」も「スキーム」も両方「計画」と訳せるのですが、「プラン」の方が実用的・日常的な計画で、「スキーム」の方がより大系的で、全体の秩序を慎重に考察したものと、大雑把に把握することにしましょうか。「プラン」は作業フローを時系列順にならべた線的イメージが強いのに対し、「スキーム」は地図や体系図のような二次元的、場合によっては三次元的イメージもあります。

ボウイのWord On A WingにはLordという語が出てくるので、この曲での「スキーム」は「神による世界秩序の大系」といった宗教的ニュアンスが濃厚です。ボウイお得意の演劇性もあって、大時代な表現に感じられる人もいるかもしれません。

とはいえ、宗教性はともかく、日々の細かい「プラン」よりも大きな「スキーム」というものを意識することは大切だと思います。中長期的な自分のライフプランのようなものも、先の事はなかなか分からないとはいえ、「スキーム」として慎重に検討しておくことは無駄ではないでしょう。それから、自分ひとりの「スキーム」を超えて、社会や時代の「スキーム」というものも、日々変動しつつも、目に見えない大系を形づくっているのだと思います。

そのような社会や時代の「スキーム」に、私の日々の慌しい「プラン」の積み重ねは寄与するものになり得るのか。そんなささやかな問いに声を与え、羽ばたかせてくれるのが、この曲なのです。

And I'm ready to shape the scheme of things♪


David Bowie / Word On A Wing + Stay (1976 rehearsal)


※リハーサルとはいえ、Word On A Wingに続くStayのギタープレイの緊張感はすごいものがあります。この時のギタリストはカルロス・アロマーとステイシー・ヘイドン。

※Word On A Wingの歌詞については、ともすけさんのサイトに詳細な考察とすばらしい訳詞が掲載されています。 http://www1.ocn.ne.jp/~tomosk/awing.htm

デヴィッド・ボウイ詩集―スピード・オヴ・ライフ
デヴィッド・ボウイ詩集―スピード・オヴ・ライフ


2006年12月10日 | Comments(4) | Trackback(0) | 音楽[B]
コメント
こちらでははじめまして、ですね。
ええと、こういうマルチタスク的スケジュール管理ははウチのツレアイが得意分野、というか、キャリアパス的にプロジェクト管理のクラスに行ったりした事もあるので、強いんです。
オンラインで共有カレンダーなんかはもう数年前から使い倒してますしね。

で、長年彼が個人的に使っているのはこのシステム↓
http://www.franklincovey.co.jp/
かなりレフィルでカスタマイズしているみたいですよ。
MM URL 2007年01月10日 05:35:58 編集
>MMさん
はじめまして~(笑)!
ご主人様、世界を股にかけるビジネスマンですから、こういうのはすごくお得意そうですね。ぜひ私にも秘策を伝授していただきたいものです。

システム手帳を上手に活用できる仕事人は憧れです。
私は仕事の拠点を自宅に移してから一度手帳によるスケジュール管理をやめてみたのだけれど、外(仕事に限らずPTAとか含め)にも結構出るようになるとそういうわけにもいかなくて、再び試行錯誤の状態です。
ご主人愛用のシステムも文具店にあるか見てみますね。
skysong URL 2007年01月10日 06:52:29 編集
このシステム、今オンライン版が30日無料お試しになってます。それを試して御覧になってはいかがでしょう。
気に入られたのであればそのままオンライン版に移行しても良し、またコンベンショナルな「紙」バージョン購入されても良し、だと思います。

というのも、アメリカではこれは殆ど「直営店」でしか取り扱っていないんですよ。ビジネスレベルでは有名なシステム故にそういう営業形態が成立しているんだと思いますが。
MM URL 2007年01月11日 02:21:38 編集
>MMさん
おー、オンライン版おもしろいかも。
試してみます。

伊東屋ならあるかなと思ったけど、サイトでレフィルも見られてそのままオンラインで買えるから、わざわざ文具店に行くこともなさそうですね。

それにしても、「価値観」「ミッション」「役割」ページって、なんともアメリカ的ですねー(笑)。
skysong URL 2007年01月11日 06:41:30 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。