スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

XTC / The Wheel And The Maypole ('00)

Wasp Star (Apple Venus, Pt. 2) Wasp Star (Apple Venus, Pt. 2)
XTC (2000/05/23)
TVT

この商品の詳細を見る(amazon)
試聴可能リンク(HMV)


iPodをシャッフルモードにしていたら、XTCのWasp Star (Apple Venus, Pt. 2)収録のThe Wheel And The Maypoleが流れてきました。ちょうど5月だし、タイムリー♪と耳を傾けたら、かなりグッときてしまいました。

Maypoleって何?だったので調べてみたら、ヨーロッパのお祭りなどで踊りに使われる、リボンのついた柱のことなのですね。(Wikipedia英語版)Men Without HatsのSafety Danceのビデオにもmaypoleが登場するので、これを見るとイメージが沸くかも。ついでに、Men Without Hatsもすっごく懐かしいです(>o<)

この曲は前半後半二つの曲を合わせた構成になっていますが、この合わせ技が効いています。
まず前半はデモ段階ではThe Pot Won't Hold Our Love(デモアルバムHomegrown収録)と呼ばれていた、ポジティブな部分。

Time is but clay
and I'll see you and the wheel turn
時は陶土なのさ
僕は君がろくろと回るのを眺める

And if the pot won't hold our love
Then we'll dash it to the ground
And if the pot won't hold our love
We'll build one bigger all around
Goes the wheel
もしも壷が僕らの愛には小さすぎたら
地面に叩きつけよう
もしも壷が僕らの愛には小さすぎたら
もっと大きいのを作ればいいさ
ろくろは回る

一方、後半のmaypoleは苦味を含んだ内容です。

Maypole you've spun me round and knocked me off my axis mundi
Maypole the ties that bind you will unwind to free me one day
And everything decays

メイポール、君は僕をぐるぐる回して
自転軸からはじき飛ばしてしまった
メイポール、君を束縛する絆はいつかほどけ
僕を解放するだろう
そして、あらゆるものは朽ちていくんだ

And what made me think we'd last forever
Was I so naive?
Of course it all unweaves

僕らは永遠に続くと、どうして僕は思ったんだろう
そんなに僕はナイーブだったのか?
もちろん、あらゆるものは、ほどけていくんだ

そして、ラストは2本のリボン、そして曲の前半後半部分が縒り合わさるように、コーラス部分が重なって終わります。
Maypole (round goes the wheel)
Maypole (round goes the wheel)
Maypole (the ties that bind you will unwind to free me one day)
Maypole (if the pot won't hold our love)

この、ちょっとほろ苦い内容が、超ド級ひねくれポップスに乗って歌われる所が良いんですよね。(歌詞全体はこちら

アンディー・パートリッジの即興セッション音源が最近発売されたりしていますが、できればXTC名義で、緻密なひねくれポップスをもっと聴かせて欲しいものです。


2007年05月06日 | Comments(12) | Trackback(0) | 音楽[X]
コメント
あれがMaypoleというものなんですね。
(へえへえへえ)

拝読してWasp Starが聴きたくなってCDラックを探したのですがまぎれて出てこず、なぜかMen Without Hatsは出てきてしまいまして…そっちを聴いています。ベスト盤ですけれど。

懐かしいです。確かカナダのユニットでしたね。別の曲には少しだけフランス語が混じったりしていました。
kensuke URL 2007年05月11日 13:41:11 編集
>kensukeさん
Wasp Star、往年のBlack SeaやOranges & Lemonsに比べると影が薄いアルバムかもしれませんが、やっぱり良いですね。

私の方はMen Without Hatsを探したのですが、CDラックに見当たらず、代わりにMen At Workが出てきました(笑)こちらも懐かしい!
skysong URL 2007年05月11日 20:51:32 編集
おお! このアルバム、自分の披露宴の後半、エンドレスで流していたもので懐かしいです。
この曲も苦み走っていますよね~。
他にも全然おめでたくない曲(笑)も入っているのはわかってたのですが、
他にかけるCDがなくなったと耳打ちされても面倒くさくて
「誰も聴いてないから大丈夫!」と流しっぱなしでした。
うーん、OKOK(笑)!
スージー URL 2007年05月14日 16:09:50 編集
>スージーさん
すごい。
披露宴でWasp Starですか!!
素敵すぎます!(いやマジで)
I'm The Man Who Murdered Loveとか、Standing In For Joeとか、おめでたい席にどーなのよって感じですが(笑)、音がポップで楽しいですものね。
OKOK!!(笑)
skysong URL 2007年05月14日 17:51:40 編集
記事を読んで久々に聴き返しました。当時なんとなく地味な印象が強かったのですが、やはり地味でしたね(笑)でもやはり良いですね。OKOK!!!
ところでこちらにリンクを貼らさせてもらってもよろしいでしょうか?
TY URL 2007年05月14日 19:11:49 編集
>TYさん
もう職人芸というか、地味でもギュウッと濃密な世界ですよね(笑)
リンク貼っていただけると、非常に嬉しいです♪
そのうち、拙ブログもリンク集作ります~
(と、いい続けて早数ヶ月…汗)
skysong URL 2007年05月14日 21:43:13 編集
skysong様>
リンクの件ありがとうございます。さっそく貼らさせてもらいました。
TY URL 2007年05月16日 04:23:43 編集
>TYさん

リンクを貼っていただき、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします!
skysong URL 2007年05月16日 16:45:52 編集
お疲れ様です。おかげ様で無事HAS終わりました。今日のライヴはNHK-BSで放送されますので楽しみにしていてください。
TY URL 2007年05月20日 05:00:46 編集
>TYさん
そうですか、NHK-BS!!!
楽しみにします♪
skysong URL 2007年05月20日 17:00:51 編集
No title
こんにちわ、おじゃまします、
随分以前の記事ですけれど。
拙ブログのアクセス分析で表示されたリンク元の検索結果一覧を通じて、御記事を拝読しました。

『ワスプスター』は、XTC のどの作品よりも、手重りのする作品だと私は思います。

http://noerukaerufueru.seesaa.net/category/2210503-1.html
ノエルかえる URL 2011年01月28日 09:39:02 編集
No title
>ノエルかえるさん

こんにちは。コメントどうもありがとうございます。
リンクを辿り、御ブログの記事も読ませていただきました。
私はI,youを単純に恋愛関係にある2人と解釈していたので、ノエルかえるさんのweを人類全体と捉える大きな視点がとても新鮮でした。

たしかに、Wasp Starはシンプルだけれども非常に深いアルバムですね。
skysong URL 2011年01月30日 00:03:39 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。