スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Harold Budd / Perhaps ('07)

perhaps


デヴィッド・シルヴィアンのSamadhi Soundレーベルよりニュースレターが届いていたので、Harold BuddのPerhapsをダウンロード購入しました。Samadhi Soundのdownload storeで、全13曲フルダウンロードのみの販売です(5.99ポンド=約1,430円、アートワークのJPEGファイルとクレジットのpdfファイル付き)。

この作品は、バッドがカリフォルニア芸術大学(California Institute of the Arts)作曲学部で教鞭をとっていた時の同僚であり当時の親友でもあったJim Tenneyの追悼イベントとして、カリフォルニア芸術大学で2006年12月に即興演奏されたものです。

私はバッドの作品を全てフォローしているわけではありませんが、純粋にバッドのピアノだけという作品は珍しいですよね。

小川を流れる水の動きや、湖の水面に現れては消えていく水紋を無心に眺めていると不思議なくらいに心が安らぐものですが、バッドの即興演奏にもそのような自然の流れを感じます。ひとつの音が波紋となって響き渡り、次の音を呼び寄せ、さらさらと連なっていく……。アートという人為が極限まで自然に近づいたような。

The Pearlのような作品と比べるとあっさりしていますが、自然の流れと共に、心の中までミニマルに浄化されていく音です。

☆ダウンロード前に試聴できた方が良いんですけどね(まあ、バッド先生の音は概ね想像可能ではありますが 笑)。
(5/1追記:Samadhisound Podcast #2の冒頭で少しだけ音が聴けることに気付きました。)☆あと、アルバム一括購入したら、自動で全曲ダウンロードできるようにしてくれると有り難いな、とか。今時、一曲一曲手動でダウンロードさせるサイトもそうそう無いと思うんですけど。
……などと、思うところもありましたが、作品には大満足であります(^_^)

2007年04月30日 | Comments(5) | Trackback(0) | 音楽[B]
コメント
ダニエル・ラノアがプロデュースしたアルバムもピアノだけでしたね。今日タワー・レコードに寄ったら、ハロルド・バッドとヘクトル・ザズーの共演アルバムがでていましたよ。あれ新譜なんですかね?確かハロルド・バッドって引退したんじゃ…
TY URL 2007年04月30日 22:11:00 編集
すいません、先程書いたハロルド・バッドとヘクトル・ザズーのアルバムは新譜じゃないですね。96年に出たやつでした。間違えてしまいすいません。
TY URL 2007年04月30日 22:16:32 編集
>TYさん

ハロルド・バッド、引退宣言して「さよならコンサート」やってましたよね。でも、Samadhiから出た最新Podcastによると、「恥ずかしいけど、前言撤回」だそうです(笑)。
LanoisプロデュースのはLa Bella Vistaでしょうか。そういえばまだ聴いていませんでした。
ヘクトル・ザズーとも共演していたというのも、知らずにスルーしてました。面白そうな組み合わせですね。
skysong URL 2007年05月01日 06:58:05 編集
>skysong様
そうですか、撤回ですか(笑)
ラノアのプロデュースした『La Bella Vista』は本当美しい作品ですよ。サティやニーノ・ロータの映画音楽を聴いているような甘美な感じがして。そこにラノアの音響処理。さすがイーノの弟子!もし機会があれば是非。
TY URL 2007年05月01日 13:27:50 編集
>TYさん
引退宣言をした時は本気だったらしいですけど(笑)
でも、できるかぎり現役で新しい音を届けて欲しいですよね。
La Bella Vista、なるべく近いうちに聴いてみます。
iPodの容量が大幅アップと連動して財布の容量は大幅ダウンなので、計画的に(笑)
skysong URL 2007年05月01日 17:38:38 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。