スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Bryan Ferry / Dylanesque ('07)

友人(←thanks!)のおかげで、最近もっぱらBryan FerryのDylanesqueがお気に入りです。タイトル通り、ボブ・ディランの曲ばかり集めたカバーアルバム。

Dylanesque Dylanesque
Bryan Ferry (2007/02/26)
Virgin

この商品の詳細を見る(amazon)


1曲目Just Like Tom Thumb's Bluesでは、一生懸命ディラン風のかすれた声を作っているのにちょっと戸惑いました。でも、フェリー先生、すぐに真似っ子に疲れたみたいで、あっという間にいつものフェリー節に戻ってるし(笑)。1993年のオールカバーアルバムTaxi (個人的にはオリジナルのソロアルバム作品を凌駕する最高傑作だと思っています)と比べると、作り込んだ感じはなくてナチュラルですが、相変わらず気だるいダンディズムが耳に心地よく響いてまいります。

そんなわけで、非常に気持ちよくリピートしていたわけですが、ふと「気持ちよくていいんだろうか?」という思いが芽生えてしまいました(^^;)。野暮な邪念ではありますけれども、メッセージ性が強いはずのディラン作品がこんなに心地よいというのは、ディランのメッセージが骨抜きになっているのではないか、と。音楽なんて楽しきゃいいじゃんとも思うのですが、ついついそんなことが気になってしまう自分もいて。ホントに鬱陶しいヤツでっあります。(←ケロロ軍曹の声でお願いね☆)

気になりだすと、止まらなーい(笑)。ディランの曲はオリジナルもカバーも、常にどこかしらで耳にしてきたものの、自分でCDは一枚も持っていなかったので、ベスト盤を購入~。Dylanesqueと重複しているのは4曲。聴き比べる…と。

心地よいフェリー先生のカバー、全面的に「アリ」と判定いたしました~!
(別に私の太鼓判があってもしょうがないんですが 苦笑)

「時代は変わる(The Times They Are A-Changin')」などでは、たしかにオリジナルバージョンの方がひとつひとつの言葉がグサグサ突き刺さり、「時代は変わっていくんだ。古い慣習にしがみついている奴らは沈んでしまうぞ」という若き日のディランのメッセージがはっきりと伝わります。

一方、フェリー先生の「時代は変わる」は、言葉そのものはそこまで直接的に響いてきません。でも、淡々と刻まれるリズムにさりげなく加味されるギターやピアノ、オルガン、コーラスなどがゆるやかなグルーブ感を作り出し、言葉の代わりに音が饒舌に語っています。その音から伝わってくるのは、古い権威に対する若者からの警鐘ではなく、時が過ぎていってしまうことの切なさを飲み込みつつそれを受け入れているような、大人の包容力。そういえばTaxiでもWill You Love Me Tomorrowで、「明日になっても私のことを愛してくれる?」と問いかける若者の恋の歌を完全に大人のラブソングにしてしまっていて、圧倒されました。そうか!大人の恋愛の方が明日がないことも多いだろうし(恋愛中の大人の方々、すみませーん! 苦笑)せつないものなのねと、当時20代半ばだった私はこのカバーによって学んだような気がします。(^o^;)

話をDylanesqueに戻すと、他の曲も、原石を磨き上げるようにディランのメロディーの良さを引き出すアレンジがほどこされ、良い意味での換骨奪胎が成功していると思います。さすが、カバーの帝王。もちろん、TaxiやMamouna(1994)でも一緒に仕事をしているRobin Trowerや、イーノ先生の貢献もあるのでしょうね。Taxiほどのインパクトはないけれど、時代が変わっても繰り返し聴き続けるアルバムになりそうな予感です。


Bryan Ferry.com

Bob Dylan.com
2007年03月10日 | Comments(14) | Trackback(5) | 音楽[F]
コメント
skysong様>

フェリーとは全く接点がない男でございます(笑)。
でも、Same Old SceneとAvalonとMore Than Thisだけは
iTunesに取り込んでおりますが。

逆にディランの方は、我が青春時代に欠かせない存在でした。
来日公演は過去2回ほど見に行ってますし、
アルバムも代表的なモノはキチンと購入しております。

個人的なお勧めを申しますと、
『ナッシュビル・スカイライン』から『欲望』のあたりまでが良いかなと。
ディランの声のコンディションが最も良かった時期と認識してますが、
ザ・バンドなど名うてのミュージシャンとの共演や、
ローリング・サンダー・レビューなどの一大イベントがあったり、
非常に充実した活動期であったんじゃないかと。
ローリング~の後は、キリスト教改宗問題や色々な訴訟があったりで、
音楽活動自体はトーンダウンしていきます。
ただ、彼自身の生き様は感じられて、それはそれで面白いんだけど。

一番のFavorite Songは、
ライブアルバム『激しい雨(The Hard Rain)』のラストを飾る
『愚かな風(Idiot Wind)』ですかね。
この時のディランの声は鬼気迫るモノがありまして、
聴いているこちらも震えが来るほどでございますです。

そんなワケで、拙ブログのディランのエントリーをトラバします(笑)。

話をフェリーに戻すと、
曲目一覧を見ましたけれど、彼が歌う事が想像付かん(笑)。
特に最後の「見張塔からずっと」とか鋭い歌詞のナンバーを、
フェリーが歌う事を想像した違和感といったら…(苦笑)。

ま、機会があったら聴いてみる事にします。
kikka URL 2007年03月10日 08:38:42 編集
>kikkaさん

ボブ・ディランのおすすめを教えてくださってありがとうございます。何しろ作品数が多くて初心者には手が付け難いアーティストですので、参考になります。
後ほどトラックバックしていただいたエントリーも読ませていただきますね。
……と、思ったらまだトラックバックされていないようで。お手数ですが再度トライしていただけたら幸いです。

長年愛着をもって聴いてこられた楽曲のカバーには違和感がつきまとうでしょうが、ぜひいつかフェリー・バージョンもお聴きになって感想をお聞かせ下さい。イーノも参加してますしね(^-^)。

「見張塔からずっと」では、歌詞の持つ寓話的な幻想性みたいなものをフェリーの声が担っていて、バックの演奏でドラマティックな激しさを出している感じだと私は思いました。

そうそう、英語ブログでは次にボブ・ディランのインタビュー映像をやろうと企画しておりました~。
skysong URL 2007年03月10日 17:05:31 編集
ど~もでっす。
TBありがとうございました~!
このアルバム、聴くほどに味が出てきて、フェリー先生が「スルメ」に見えて来ちゃいます(笑)
はじめは正直あんまり期待してなかったんですが、ミスマッチが、ベストマッチに変わっていくのが手に取るように分るというか、とっても心地よくなってきて、ヘヴィロテになってました(笑)
あまりディランを知らない世代は、本家との聞き比べは必須だとも思いました。
2月に聴いた「ベスト」なので、アリマス!(軍曹風に)
shuuma URL 2007年03月10日 20:52:53 編集
>shuumaさん

ガブッ、もぐもぐもぐ……じゅわ~
本当にスルメ(笑)

フェリー先生は原曲がミスマッチであればあるほどご本人の個性が引き立つタイプだと思います。お汁粉やココアに塩みたいなものってことで、どすか?どすか?どすか?(BGM:ケロロ軍曹-勝手に侵略者)

バックに本当に良いミュージシャンを揃えているし、その音の配合が絶妙なのもスルメの極意ですね!
skysong URL 2007年03月10日 21:35:52 編集
ここんとこお財布に余裕がないため(全てコンサートのチケットにばけました・・・)最近CD買ってないんですよ。
このアルバムも買うぞリストには入ってるんですが、聴くのいつになるんでしょう?(^^;

フェリーさん(ボウイさんもだけど)のカヴァーは選曲に驚かされて、目から鱗が毎回10枚は落ちてます(笑)

skysongさん THE BAYS&ミカバンド凄くよかったですよ!次は5月のYMOです!(YMOって言っちゃダメ?)
haru URL 2007年03月10日 22:45:05 編集
skysong様>

あのですね…トラバが送れないのよ(涙)。
ココログだとFC2に送信するのってダメなのかなぁ…。
自分の機械がMacだという事は関係ないと思うけれど(苦笑)。

とりあえずエントリーのURLを貼っておきますね。
http://kikka.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/__ab94.html

もし宜しければ、ご参考下さい。
取り上げたアルバムは史上に残る名盤だと思います。

>作品数が多くて初心者には手が付け難いアーティスト

skysongさんが購入された「Best of Bob Dylan」、
これなんかは入門編として良いのではないかと。
ただ、僕がディランを知った頃(80年代前半)というのは
当然ですが当該アルバムは発売されていなかった。
そこで僕が一番最初に入門編として買ったのは、
グレイテストヒッツの第1集と第2集でしたね。
初期の頃のフォークソングも入っている第1集
完全にロック色を身に纏った第2集、
どちらも入門編としては最適だと思いますが、
サウンドも声質も違っていて戸惑う向きも多いかも。

先のコメントで挙げた時期の他には、
マイク・ブルームフィールドやアル・クーパーといった
名うてのセッションミュージシャンをバックに揃えていた頃、
即ち『追憶のハイウェイ61』の頃が音的に好きです。
特に、アル・クーパーのオルガンってのが、
なかなか良い音色で印象に残ります。
彼は当時のディランにとって欠かせない人材でした。

スマンね、フェリーから離れちゃって(笑)。
kikka URL 2007年03月11日 12:20:46 編集
>haruさん
ライブに通うとお金がどんどん飛んで行きますよね(^^;)

The Baysもミカバンドも、羨ましいです~
YMO…HASは抽選にハズレましたよ(泣)
一般発売で手に入るかどうか。

フェリー先生のカバーは、意外性のある選曲が良いですよね!

>kikkaさん
ココログからトラバが出来ないことはないはずです。
ただ、以前ギャンブルサイトからの迷惑トラバが続いたことがあって、昨日まで「ギャンブル」を禁止ワードに設定していたというのがちょっと気になるのですが
(^0^;;;)
でも、ディラン記事にもサイドバーにも、「ギャンブル」って言葉は入っていないですよね(?_?)
サイドバーに「競馬」はあるけど(笑)。
いずれにしても、昨日の夕方に「ギャンブル」を禁止ワードからはずしておきましたが…関係ないかしら。

記事の方は、読ませていただきましたよ。

ライブアルバムも、色々な時代の作品を統一感のあるアレンジで聴くことができるので、入門二歩目にいいかもしれませんね。
『追憶のハイウェイ61』は「ライク・ア・ローリングストーン」が収録されているアルバムですね。なるほど、あのオルガンの音がアル・クーパーさんですか。

 >スマンね、フェリーから離れちゃって(笑)。
いえいえ、色々教えてくださってありがとうございます♪
skysong URL 2007年03月11日 15:33:49 編集
skysong様>

>「ギャンブル」を禁止ワードに

あーた、まるで僕が「賭け事中毒」みたいじゃん。
一般社会で普通の生活をしている男になんて事を(笑)。
僕はですね、考える事を辞めないために競馬して、
ウルトラマンが好きだから
最近はパチ屋に行ってるだけですよ(爆)。
やらない時は、ピタッと止まりますから>賭け事。
まぁ、日常での不幸の代償をそこに求めてるってのが
正解なんでしょうけれどねぇ…今はそんな時期。

>ライブアルバム

有名な有名な『武道館』って、あまり好きじゃないんです。
ディランのモノだとレビューしたヤツと、
バンドと組んでる『Live1966』と『Before the Flood』が好み。

アルバム選択の際に参考にするならば、
ディランの公式サイトに行ってみるのが宜しいかと。
断片的ですが試聴できる曲が用意されています。
一度お立ち寄りになってみたらいかがでしょうか。
http://www.bobdylan.com/moderntimes/music/albumsMain.html

>あのオルガンの音がアル・クーパーさんですか。

ハイ。
彼はBlood,Sweat&Tearsでの活動や、
レーナード・スキナード等のプロデューサーとして、
またソロアーティストとして
米ロック史上に残る非常に著名な方ですが、
同時にディランとの関わり合いが非常に密な方ですね。
音の話をすると、Like a Rolling Stoneを聞き比べても、
バンドのリチャード・マニュエルが弾いたモノと、
アルが弾いたモノとは、同じ音階でも全然違う感触ですよ。
紡ぎ出す音の全てに、
アル独特のエッセンス(または手癖w)があるんでしょうね。
昔のミュージシャンなんて、ベックやペイジもそうだったし、
そんなのが多かったんだけれどねぇ。

フェリーは嫌いじゃないんですけれどね。
ロキシーのアルバムは3枚ほど持っています。
ただ、ディランとはどうしても結びつかないなぁ(笑)。
そこがフェリーの狙いでもあるんでしょうけどね。
kikka URL 2007年03月12日 00:30:37 編集
またカバー集かとあまり期待しないでいたら
もうでていたんですね。
しっかり最近の情報に乗り遅れてしまって
しかも評判も上々だというのに、
ああ~すっかりのり遅れてしまいました(涙
買いにいってきます(;´д`)
かくさん URL 2007年03月12日 00:32:09 編集
>kikkaさん

 >あーた、まるで僕が「賭け事中毒」みたいじゃん。
そんなこと言ってませんて(笑)。
…そこまでは。(あ?)
息抜きや気晴らしとして楽しまれるのは良いと思いますよ(^-^)
ともあれTBがはじかれちゃう原因は何でしょうねー?

ディランの公式サイト、後ほどあれこれ聴いてみますね。

先生はずっと昔(1973年)にもディランのカバーを1曲やってるんですよ。A Hard Rain's A-Gonna Fall。
まだ若かったし、(たぶん)意図的にギラギラしたキザ男全開のポップアレンジになってますから、純粋なディラン・ファンの方々には「邪道」と言われそうですけど(苦笑)。
カッコつけすぎの映像↓も笑えます。
http://www.youtube.com/watch?v=JYP3NKOr98U
ま、私はこういう路線も好きだったりするのですが(笑)、今回のDylanesqueはもっと落ち着いたアプローチです。
選曲などからも、ディランの曲を通じてフェリーが自分の人生を振り返り、老いと向き合っているような、内省的なモノも感じたりして。

 >そこがフェリーの狙いでもあるんでしょうけどね。
それもあるだろうし、純粋にやっぱり好きなんだと思います。ディランが。

>かくさん
オリジナルの方がカバーよりも表現として格が上っていう感覚が世間的にあるでしょうけれど、私は結構カバーってあなどれないと思います。(でもやっぱり「またカバー?」って思いましたけどね 笑)
特にフェリー先生は、Mamouna以降、オリジナルになると考えすぎというか作りこみすぎる感があったので、かえってカバーの方が、「この曲が歌いたい!」という気持ちが純粋に出ていて楽しそうな気がします。

お聴きになったら、ご感想を聞かせていただけると嬉しいです☆
skysong URL 2007年03月12日 22:09:13 編集
これは是非聴いてみたくなりました。ディランの原曲はあんまりピンと来ない私ですが、U2はじめカヴァーになると、良さが伝わってきてるので。
一昨年、ディランのアニバーサリーイヤーだったのでしょうか、BBCでも特集番組組んだりペーパーバック(伝記?)が平積みされてたりして、この国でもアメリカのある一面代表のようなあの方がかなり愛されてるんだなとビックリしました。漠然と、UKシーンはソウルやR&Bはリスペクトしていても、フォーク方面はあんまり称揚していないのかなと思ってたので…Ferry氏もそのディラン再燃ブームの流れを自分なりに表現されたのでしょうか。…来年、ジョニー・キャッシュのカヴァー出したらどうしよう(笑)
Madorena URL 2007年03月14日 15:52:56 編集
>Madorenaさん
ディランの曲はすごくたくさんカバーされてますよね。
私は「天国の扉」を、長いことクラプトンの曲だと勘違いしてたし(滝汗)
一般のファンもたくさんいるでしょうが、musician's musicianて感じでミュージシャンから敬愛されているイメージがありますね。
フェリーさん、さすがに再燃ブームに乗って、というキャラでもなさそうですが……と、フェリー公式サイトのNewsを読んだら、1973年にA Hard Rain's A-Gonna Fallをカバーした時すでに一枚まるごとディランのカバーをやりたいって構想はあったみたいです。
ジョニー・キャッシュは無さそうだけど、ジョン・レノンのカバー・アルバムなんかはあるかも?(^^;)
skysong URL 2007年03月15日 19:03:42 編集
ご無沙汰しております、kazz12000(←意味なく桁が増えました)です。
大人のラブ・ソングの名手って云うのにはひどく同意であります。60歳を超えたフェリーさんが唄うとどんなに未練たらしいラブ・ソングでも「...仕方ないよね」なんて思っちゃう私がいたりします。Taxiの「Are You Lonesome Tonight?」とかフェリーさんが唄うと情けなさ倍増でピッタリハマっちゃうのが凄く素敵でした(もちろん最上級の褒め言葉です)
なんだかんだ言いながらこれからもオリジナルであろうがカヴァーであろうがずっと追い続けてしまう大好きなアーティストの一人です。トラバ送りました、よろしくお願いしますです。
kazz12000 URL 2007年03月16日 22:07:46 編集
>kazz12000さん
お久しぶりです!
実はkazz12000さんがブログをお引越しなさった頃、ちょうど私もネットから少し離れておりまして、お引越しに気付くのが遅れてしまいました。こうして桁数もお増えになって(笑)、再びコメントをいただけるとは嬉しい限りであります。お引越し先の方もRSSリーダーに登録させていただいたので、今後ともよろしくお願いいたします。

実はkazz12000さんのトラバが届いていないようなのです。先日他の方(kikkaさん)のトラバも受けられなかったので、あらためて調べてみたところ、「環境設定」の「言及リンクを含まないトラックバック制限の設定」を、深く考えずに「設定する」にしていたのがいけないみたいです!
すみません、すみませーん!!(平謝り)
「設定しない」に変更しましたので、再度チャレンジしていただければ幸いです。
(kikkaさんも、お読みでしたらぜひ。「ギャンブル」が原因かも…なんて勘ぐってごめんなさい! 爆)

フェリー先生にお話を戻しますと、同性の方々にも「...仕方ないよね」とか、「情けなさ倍増でピッタリハマっちゃうのが凄く素敵」と、支持されるフェリー先生の人徳(ええ、人徳ですとも!)って素晴らしいなとシミジミしてしまいます(笑)。

年齢とともにヌメヌメ感が脱脂されても、これからもずっとダンディなおじさん、おじいさんとしてアルバムを出し続けて欲しいですね。
skysong URL 2007年03月17日 15:48:22 編集

管理者だけに表示する
トラックバック
ブライアン・フェリーの4年ぶりの新作は全曲ボブ・ディランのカヴァー。これが、なかなかイイのであります(´▽`)
Secrets of the Beehive 2007年03月10日 20:56:28
Boys and Girls、Bete Noir 以降フェリーさんの新作はいつも過大な期待に胸詰まらせてしまいます。で、毎回その期待は肩透かしを食ってしまいます(とはいえ、実際はどれもいいアルバムなんですよ)。あくまで「過大な」期
KleeiZm 2007年03月15日 23:53:23
いつまで経ってもイカすダンディ親父Bryan Ferryの前作『Frantic』から5年ぶりとなるカヴァー・アルバム、しかも全作がBob Dylanの曲から取られたカヴァー・アルバム。
Fractalism 2007年03月19日 23:38:29
ボブ・ディランというと、私にとっては80年代のアフリカ救済キャンペーンソング"We Are The World"の中盤過ぎ頃に歌う皮ジャン着たおじさま、みたいなイメージ位しかありませんでした(汗)。ところが、最近敬愛するブラ
心に響く英語を ☆ Skysong's Diary(音声付) 2007年03月20日 18:43:06
リンクを貼らせていただいている姐さんことskysongさんのブログで、こんなCD
kikka's blog :大人になりきれない人の日記(仮題) 2007年03月23日 05:12:49
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。