スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

試写会『17歳の肖像』

2年前、拙ブログは英国大使館とブリティッシュ・カウンシルが主催するイベント企画「UK-Japan2008」の公認ブログに登録していました。そのイベント終了後も、駐日英国大使館よりブロガー対象のイベント案内が時々あり、今回の試写会に軽ーい気持ちで応募したところ、意外にも(抽選運ゼロなので!)当選♪ 昨日ありがたく赴かせていただきました。

まず、どんな映画に応募したのかも当選の通知をいただくまで忘れていたので(汗)、慌てて事前に確認しましたよ。
『17歳の肖像』
原題は"An Education"。そう、これは「教育」についての物語。
17歳の肖像

女性ジャーナリストLynn Barberの自伝的回想録をもとに、「アバウト・ア・ボーイ」「ハイ・フィデリティ」の原作でおなじみの作家Nick Hornby(ニック・ホーンビィ)が脚本を手がけています。監督はLone Scherfig(ロネ・シェルフィグ)という女性監督さんです。
1960年代イギリス。オックスフォード大学をめざす優等生ジェニーはふとしたことで中年男性と出会い、お洒落なレストラン、素敵なコンサートなど「大人の世界」を知り、夢中になってしまう。堅物だった両親も男性の巧みな話術につられ、デートや旅行を次々と許可。つらい勉強を続けて進学するか、華やかな世界で人生を楽しむか、揺れるジェニー。しかし、実はその中年男性は…。
こちらの→公式サイト でトレーラーなどを見ることができます。



あらすじを知っって、う…これはシャルロット・ゲンズブールの『小さな泥棒 [DVD](La Petite voleuse )』みたいに、ずっと心の中で「うわー、ダメーーー!その男、だめんずに決まってるじゃない!ダメダメダメ!わーーー!あ"---まったくー!」と母親目線で叫び続けなきゃいけない映画???と身構えてしまいました(笑)。しかも、ちょっとネタバレしますが、主人公が惚れてしまった中年男性は実は超嘘つきで、詐欺まがいの不動産売買や泥棒をやっている人間。実は私事ですが、ごく最近、数年来のリアル知人が詐欺師&泥棒だったことを知ってしまいショック!だったものですから(拙記事)、このタイミングで、この映画の試写に当たったことに因縁めいたものまで感じてしまったのです。

そんなこんなで、少々身構えながら試写室の闇の中、スクリーンと対峙。
意外や意外、ともすると重く堅苦しくなりそうなテーマが、テンポよく、「楽しく」見られる映画に仕立て上げられていました。

不満を挙げるとすれば、主人公の両親があまりに愚かで不甲斐ないことでしょうか。それと反比例するかのように、詐欺師の詐欺師たる巧みさ、胡散臭さがもう一歩。ここまで見事な詐欺師だったら、我が子の将来を真剣に考えているどんなに真面目な両親だって騙されてしまうよな!!!という説得力がない。リアル詐欺師を知ってしまった私としては、ホンモノの詐欺師はこんなもんじゃないですぜ!と言いたい。(そんなツッコミが入れられるようになってしまったのは悲しいんですが 泣。)ひるがえって、こんなにブレブレな親だったら、私にだって騙せちゃうよ(騙さないけど)!?とも思ってしまいました。あと、校長先生など周辺人物のキャラがもう少し立っていても良かったかな。

その不満を除いては、ともすると、やれ3DだのCGだの制作費○億ドルといった部分が妙に肥大化した映画が目に付く昨今、「何のために教育は必要なの?」「人生を楽しむことと勉強と、どちらが大切なの?」という真面目なテーマを直球で投げかけてくるこんな映画が今でも作られていることに、何やら安堵感を覚えましたよ。これから伸び行く若者たちと接する大人たるもの、その問いにはどうにか答えられるようにしておかないとね。英文学の先生と主人公のやりとりには思わず目頭が熱くなりました(TT)。

主人公を好演したキャリー・マリガンの、真面目女子高生モードのちょいダサ素朴ファッションとドレスアップしたヘップバーン的美女モードの落差、それから60年代風インテリア(特にキッチン)のレトロな可愛さも、女子目線を楽しませてくれました。
ドギツいシーンも無いので、親子でも安心して観に行ける映画だと思います。
4月17日(土)TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショーです。興味のある方はぜひ♪


余談ですが。
実は人生◎▽年にして、試写会というもの自体が初体験だったのです。
おっかなびっくり訪れたSony Picturesの試写室はまるで会員制の映画館のようで、その素敵さに感動!仮に映画が見られなかったとしても、あのビルに入れただけで大満足だったかも!?受付に立っていたスパイダーマン人形の写真をちょっと撮っておきたかったけど、恥ずかしくてできず。。。(笑)そういう意味でも、貴重な体験をした夜でした☆

サントラはこちら。
Duffy、Madeleine Peyroux、Melody Gardotの歌も収録されています。
2010年03月31日 | Comments(6) | Trackback(0) | 映画
コメント
No title
An Educationってそういう映画だったんですね。時々広告を見かけてはいたのですが、あまり注意してませんでした。多分近いうちにDVDになると思うので、観てみたいです。
MORI URL 2010年04月02日 21:01:06 編集
No title
>MORIさん

タイトル(特に原題)だけ見ると、どんな映画か想像しにくいですよね。試写を見た後に知りましたが、アカデミー賞にも数部門ノミネートされていたり、サンダンス・フィルム・フェスティバルでも二部門受賞しているそうです。

MORIさんのご感想にも興味があります!
skysong URL 2010年04月03日 00:54:14 編集
『小武』
『一瞬の夢 小武』という中国映画を本日DVDで観ました。DVDレンタルリストの中に入れておいてどんな内容なのか忘れてたのですが、内容が「スリに生きる青年」の話で、なんかこれもタイムリーな。。。笑。そういうものを呼び込むオーラが出ちゃってるのでしょうかね~。映画全体がスローなペースで今のムードではちょっとキツかったですね。違う時に観たら楽しめたかもしれませんが。『17歳の肖像』の方がもうちょっとアップビートで楽しめそうな気がしますね。今頃気がつきましたが、自伝的回想録なんですか?こんな詐欺師に若くして出会っちゃうなんて~~~!ですね。

『一瞬の夢 小武』
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=5794
MORI URL 2010年04月04日 04:38:05 編集
No title
>MORIさん

中国映画のご紹介ありがとうございます。
スリのお話ですか~(苦笑)
スローペースで、かなり深刻なムードなのかしら。『17歳の肖像』は、真面目なテーマではあるのですが、娯楽作品として軽く見られます。人によってはそこが物足りないと感じられるかもしれませんが。

そう、自伝をベースにしているんですよ。まさに、手痛いeducationを受けてしまったお話なのですね(^^;)
skysong URL 2010年04月04日 17:04:46 編集
No title
DVD借りて観ましたよ~。
正にタイムリーな内容の映画ですね。笑。
彼女が彼が嘘をついて、盗みも働く詐欺師だって知っても離れられずに深みにハマって行く姿に、いろいろ考えさせられましたね。人間って、その立場になってしまうと客観的に物事を見る事が出来なくなってしまうのですね。さらに、両親までもが娘と一緒に舞い上がってますものね。イギリスの中流階級家庭の上への憧れというのも背景にあるのかな?とも思いました。

女優さん、現在のトム・クルーズの奥さんっぽい雰囲気ですね。特に、ドーソン・クリークに出ていた頃の。俳優さんは、ポスターの写真とかなり違いません?もっと気持ち悪いオヤジって感じのオーラだしてて、見てて気持ち悪かったです。だから、余計に騙されないで~~~って心の中で叫んでました。笑。
MORI URL 2010年04月23日 10:26:05 編集
No title
>MORIさん

ほんとにタイムリーで(苦笑)
彼女の両親にはイライラさせられましたが、英国の「余裕はあまりないけど上を目指したい」中流階級にはそういう面があったのでしょうか。

ケイティ・ホームズさん、表情によっては似ているかもしれませんね。

私もポスターとかなり違う!と思いました。仰向けだからスッキリ見えるのかな(笑)。きちんとジャケットを着ている時はまだ良いけれど、ランニング姿になると見事なビール腹で、10代の女の子なら普通はドン引きじゃないの~?と思いましたwww

まあ、最後は爽やかな感じで見終わることができますけどね。
skysong URL 2010年04月23日 11:39:43 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。