スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

The New Pornographers / All The Old Showstoppers

A Happy New Yearとご挨拶するにはやや遅くなってしまいましたが、代わりにnewつながりで(苦しいな^^;)カナダ出身ザ・ニュー・ポルノグラファーズの2007年のアルバム、チャレンジャーズからのナンバーを。
キャッチーなリフと謎めいた歌詞が後引く曲で、一時期ほんとうにリピートしまくってましたね。



When John he saw the numbers he lied
Made up the whole thing, failed when he tried
To cash in on his cautious new fame
Always the numbers but never the name

(中略)

And somebody beside you
Slipped your head inside the crown
The princes of the paupers
And all the old showstoppers
Till this moment's still unknown

(後略)

(原詞全体は こちら


寓意が盛りだくさんのこの歌詞、翻訳はとても難しい。。。
英語でJohnなら、ごく一般的な男性の名前としての「ジョン」と、聖書に出てくる「ヨハネ」の両方をさすことができるけれども、日本語に訳すとなると、どちらかになってしまうわけで。
Johnとnumbers ⊇ 黙示録のヨハネと数字「666」
princeとpauper ⊇ マーク・トウェインの『王子と乞食』(顔がそっくりの王子と乞食の少年が入れ替わる話)
略した部分には天使ガブリエルやセイレーンも登場します。
こうしたメタファーの数々を使って、この曲を書いたA.C. Newmanが誰に何を言いたかったのかは、全く分かりません。
でも、ここ2・3日、この歌詞が再び頭の中にひっかかっているのでした。


あと、このアルバムではDan Bejar(Destroyers)の書いたMyriad Harbourという曲も大好きです。
ビデオがまたインパクト大!
http://www.youtube.com/watch?v=xO_VONrCJQE




The New Pornographers Myspace
2010年01月12日 | Comments(4) | 音楽[N]
コメント
あけまして
おめっとさんです!
たった2年ちょっと前なのに、とっても懐かしいです。
iPodに入ってるのに最近聴いてないな~と思いつつ、懐かしさに浸っております。
今年もヨロシクお願いします。
shuuma URL 2010年01月12日 20:34:18 編集
No title
>shuumaさん

おめっとさんです!(笑)

私も久しぶりに聴きましたが、やっぱりこのリフ、クセになります~

こちらこそ、今年もよろしくお願いします☆
skysong URL 2010年01月12日 22:21:29 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2010年01月13日 00:22:46 編集
No title
>非公開コメント@00:22:46さん

いえいえ、ご丁寧にありがとうございます~☆

ショックですよね。。。
また何かの機会によろしくお願いします!
skysong URL 2010年01月13日 15:18:38 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。