スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

藤野 未来 Paintings

吉祥寺のギャラリー惺SATORUにて、7月11日より開催されている、藤野未来(みく)さんの個展を見てきました。
藤野さんの作品を初めて見たのは、2年前、やはりギャラリー惺SATORUで前回の個展が開かれていたときのこと。ギャラリーと同じビルの珈琲店にたまたま入って、カウンターに置いてあった個展案内のポストカードに強く惹きつけられたのでした。

その時の作品は、この↓ページの左上のもの。
子どものものとおぼしき、ぷっくりしたあどけない手に、不思議な紋様が染み付いているのがなんとも印象的で。
http://gallerysatoru.com/works_mikufujino.html

今回の作品は、同じページの下半分の作品+数点で、やはり不思議な紋様が、今度は少女(たぶん)の顔に染み付いていく。順を追ってみていくと、なんとなくストーリーが思い浮かびます。
どうすることもできない業(ごう)なのか、宿命なのか、そんななにかに静かに染まっていく、ひたひたとした感覚。一部エロティックな絵もあるのだけれども、それも含めて全体の印象はあくまでも涼しげで密やかなのがとても好みです。
うまく言葉にはできないけれど、「コレってこういうことでしょ」と簡単に言い切ることのできない何かに感覚をゆさぶられる喜びを感じたひとときでした。

2009.7.11 sat. - 8.2 sun.
11:00 - 19:00 最終日 - 17:00
(火・水曜日休廊)
2009年07月17日 | Comments(0) | Art
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。