スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Riceboy Sleeps

シガーロスのヨンシーと、パートナーであるアレックスのプロジェクトRiceboy Sleeps。
これまでCDブックRiceboy Sleepsのリリースと、コンピレーションDark Was The Nightへの参加はありましたが、いよいよフルアルバム発売ということで、期待がふくらんでます☆

先日You Tubeにもオフィシャルのトレーラーがアップされていました。



7月6日にはデラックス・エディションのプレオーダーが始まるそうで、彼らのアートワークはきっと素晴らしいだろうから、ものすごく気になります。お、お幾らなんでしょうか(汗)

http://jonsiandalex.com/

Riceboy Sleeps Myspace



ところで、最近になって知ったのですが、アイスランドの人ってファミリーネームがなく、「父称」なのですね。

ここで言う「父称」とは男性の場合「父親の名の属格+ソン(-son)」に、女性の場合「父親の名の属格+ドッティル(-dóttir)」になり、それぞれ「~の息子」「~の娘」という意味がある。例えば、同国出身の著名な歌手、ビョークの本名「ビョーク・グズムンズドッティル」は「グズムンドゥルの娘ビョーク」という意味になる。古くは他の北欧諸国も同じように命名をしていたが、現在は「ヨハンソン」といった姓に名残を残すのみで、現在この習慣はアイスランド独自のものである。(Wikipedia「アイスランド」の項より引用)


これって、もしかしてメジャーな常識でした~?
知らなかった私はビックリしちゃいました!

じゃあ、うちの子達は、○×・(夫の名前)ソンと、△▼・(夫の名前)ドッティルなのね!?
身近な友人たちをアイスランド名(?)で呼んでみるのも楽しいかも!?

と、アホなことを考えているうちに、もう日が暮れるわ(悲)
2009年07月04日 | Comments(2) | 音楽[R]
コメント
No title
全体的にギターとピアノと、少しのエレクトロニクスによる音響アンビエントですね。ヨンシーの歌(?)は「Indian Summer」のみです。手許に詳しいクレジットがないのですが、ストリングス全般と「Boy 1904」のコーラスはAmiinaではないかと?どこか荘厳なイメージもある感じで、Johann Joannssonの作品に近い感じかな。暑い夏もクール・ダウンしてくれそうです。気持ちいい。
ミュージシャン仲間では今一のシガー・ロスでも、これなら大丈夫かも?
sonic-TY URL 2009年07月04日 22:35:55 編集
No title
>sonic-TYさん
ホント、夏に涼感をもたらしてくれそうなアンビエント・ミュージックですね。
Boy 1904は少年の合唱のようにも聴こえましたが、やっぱりAmiinaですかね。

それにしても、この二人のラブラブな雰囲気にはあてられてしまいます(笑)。だから、音にもすごくピースフルで、安息の地みたいなオーラが漂っているのかな。
skysong URL 2009年07月05日 16:22:32 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。