スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Beirut / Elephant Gun



とりあえず、解釈はいろいろあると思いますけど、試訳です。

it や themが指しているもの、それは最初の節に出てくる「夢」ではないかと私には思えるのですが、シンプルながら考えさせられるメタファーです。
最初聴いたときから自分の頭の中では、白地に黒の線画でライフルや象や狩をする青年の絵がスルスルと現れては消えていくような映像が頭に浮かんでいて、このオフィシャルビデオとは正反対(^^;)
でもまあ、混沌とした群集の中にザックが埋もれていくエンディングを含め、オフィシャルの映像も歌の世界をさらに広げるメタファーに満ち溢れていますね。

If I was young, I'd flee this town
I'd bury my dreams underground
As did I, we'd drink to die
We drink tonight
もし僕が若かったなら
この町を逃れ
夢を地中に埋めるだろう
そうして僕らは死ぬほど酒を飲む
今宵 酒を飲もう

Far from home, elephant gun
Let's take them down one by one
We'll lay it down, it's not been found
It's not around
故郷を離れ
エレファント・ガンを手に
やつらを一頭ずつしとめ
横たえるんだ
まだ見つからない
この近くにはいない

Let the seasons begin
It rolls right on
Let the seasons begin
Take the big king down
狩の季節よ、来たれ
ちょうど季節が巡ってきた
狩の季節よ、来たれ
やつらの王をしとめるんだ


・・(中略)・・・

And it rips through the silence
Of our camp at night
And it rips through the silence
All that is left is all that I hide
僕らの夜営の静寂を切り裂き
そいつはやってくる
静寂を切り裂き
残されたものは、僕が隠しているものだけ

(Lyrics by Zachary Condon)
(日本語訳 skysong)
2009年07月02日 | Comments(0) | 音楽[B]
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。