スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ベイベー!

君がいなけりゃ…



黙祷。

あの時代の遠さをあらためて痛感した訃報。
R.I.P.


2009年05月02日 | Comments(14) | 未分類
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2009年05月03日 00:10:06 編集
No title
もう一度、ステージに戻ってきてくれると信じていたのに・・・

ご冥福をお祈りします。
haru URL 2009年05月03日 00:25:07 編集
No title
改めて、死は平等だな、でもその分、生が良くも悪くもいかに不平等であるかというのも実感したニュースでした。音楽に始まり闘病生活まで、そのお名前の通りきちんと生を全うされましたね、清志郎さん。合掌。
MM URL 2009年05月03日 02:32:10 編集
No title
>非公開コメント@00:10:06さん
本当にねぇ。。。
ファンとは言えない私でしたが、高校・大学時代、RCのカバーを演奏するバンドがに必ず周囲にあって、常に彼らの音楽が身近にあったので。自分でも驚くほど悲しみを感じています。

>haruさん
再復帰の願いが叶わなくて、ご本人が一番悔しいのかもしれませんが。。。
それとも、やれるところまでやったと、納得されたのか、知る事はできませんけれど。
でも、最期まで生命の輝をほとばしらせたヴィヴィッドな生き様にはとても感じるものがありました。

曲を聴き継いであげるのが、ミュージシャンにとっては一番の供養かな。

>MMさん
私も、お名前について考えて、「ああ…!」と思いました。
今際(いまわ)まで志のある方でしたね。
清志郎さんのイメージには高校の学園祭がセットで刷り込まれているので、「あの時代の終焉」を感じてしまって、余計に悲しいです。

skysong URL 2009年05月03日 21:00:33 編集
No title
skysong様>

ほぼ同じ様な時刻に触れてましたね。

カヴァーズ以後のポリティカルな路線には
実はついて行けなかったりしました。
(※少し自分とはズレていたからなぁ)
が、単純にイイ曲を作った人の側面は
もっともっとクローズアップさせたいところですね。

ライブでストーンズとかJBとかのパロディをやってた感じでしたが、
彼自身の憧れを素直に反映させたのは明白。

そういう光景をずっと見るにつけ、
本当に好きな音楽をやり切ったんじゃないかと。

ご家族以外は笑って見送るべきですよ。
曲は残りますからね、ハイ。
kikka URL 2009年05月05日 00:02:37 編集
No title
>kikkaさん

お返事遅くなりまして申し訳ありません。

今振り返ると、欧米からの借り物であるはずのロックを、パワーとユーモアと独特の色気で「ニッポンのロック」にしあげた功績をあらためて実感します。
あの、昭和な「ニッポン」の空気、今のバンドには出せないでしょうね~。

いろんな心情の人がいるでしょうから、どう見送る「べき」とは私には言えませんが、代表曲はずっと愛され、歌い継がれるでしょうね。そんな曲たちを遺してくれたことに、深い感謝をささげたいです。


skysong URL 2009年05月08日 23:27:06 編集
No title
忌野清志郎さんは、アルバム「氷の世界」でいい曲作る人だなと思いました。

(①skysongさん、私のデヴィシルサイトでお助けを~

『いきなりで申し訳ございませんが、david sylvianのblue skinnedがどのアルバムはいっているか教えてください。』by キー

アマゾンで調べてみましたが、わかりませんでした。

②最近1号が好きになったアーティスト:FLEET FOXES

③ピート・ドハーティーについて、skysongさんがお書きになった「天の人」説、前に1号に読んで聞かせたときはわからなかったみたいですが、彼の詩を読んだらよくわかったと昨日言ってました。)
Sam URL 2009年05月17日 08:47:19 編集
No title
>Samさん
アクは強いですが、やはり純粋に良い曲作る人でしたよね。

Blue Skinned Godについて、先ほどお返事に伺いました~

Fleet Foxes、まだ聴いたことありません。マイスペ探してみます☆

ピートについての先日の記事は私が勝手に思っていることではあるんですが、「わかった」と思ってくださる方がいると嬉しいです♪
skysong URL 2009年05月17日 22:32:19 編集
No title
☆skysongさん
Blue Skinned Godについて、お答えして頂き、ほんとうに有難うございました。いつもお世話かけてすみませ~ん

Fleet Foxesは、まだでしたか☆
Sam URL 2009年05月18日 08:56:51 編集
No title
>Samさん

いえいえ~(^-^)
skysong URL 2009年05月18日 10:36:51 編集
No title
昔、「戦メリ」の舞台挨拶かなんかで、坂本さんがファンに質問されてたのが、「清清志郎とBowieとどっちのキスの違いは」とかだったかな。大島監督は笑ってたかな。教授は「清志郎の方が強引だったかな」といって笑わしてました。

このビデオはSylvianに見せないようにしていた様な事をアッコちゃんが言ってました。そうか強引だったのか。

棺桶出てたんですね。30年間全然老けない人だったので、実感がないです。TVで見たお通夜に来た坂本さんの方が老けてた様な。

ご冥福をお祈りします。私たちには永遠にあの姿ですね。
kimira Cat URL 2009年06月10日 00:31:55 編集
No title
>Kimira Catさん

お返事遅くなってすみません!

坂本さんのコメント、上手いですね(笑)。男からも女からもモテモテですごいな~(^o^)

シルヴィアンに見せないように…っていうの、私もうっすら記憶にあります。まさに8ビートギャグの世界ですねっ♪

坂本さん、メルマガの近況文でも清志郎さんのことについては触れていなくて、逆にそれだけショックが深かったのかもしれないなぁと推測してみたり。

>私たちには永遠にあの姿ですね。

ですね。
ずっと80年代の姿のままです。
skysong URL 2009年06月13日 22:17:31 編集
No title
高校時代、すき放題していたので(苦笑)サボタージュを決め込む時の心のBGMはいつも清志郎。背徳感は微塵もありませんでしたね~(遠い目)
でもそんな過去は私の今を知る人は全く想像しない様であります。清ちゃんラブ♪
chika URL 2009年06月22日 18:02:02 編集
No title
>chikaちゃん
いつも思うけど、chikaちゃんの過去…
オトコマエ度が高そうだよね~(笑)

私は、授業を抜けたことはなかったけど、教室に座ったまま脳内では好き勝手にいろんなとこに行ってたな。その時の心のBGMはやっぱり「トランジスタ・ラジオ」☆

あ、例のブツ、今日発送しました~♪
skysong URL 2009年06月22日 22:50:26 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。