スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

after all

ryuichi sakamoto playing the piano 2009の東京フォーラム初日(3/18)に行ってきたことを前回の記事で書きましたが…。実はこの日はちょっと大変だったんです。

一人で行ったので、公演終了後飲食もせずサッサと帰ってきたのですが、地元の最寄り駅に着いてなんとなく携帯を確認すると、夫からメールが入っていました。受信時間はちょうど帰りの電車に乗っていた頃でしたが、マナーモードだったので気付かなかったようです。
そのメールの内容は、
「娘(6歳)が夕方いきなり激しく嘔吐&意識混濁。○○大学病院の救急外来で点滴してもらい、今は意識も戻り快方に向っているがまだ歩けない。今日中に帰れるか未定。息子(11歳)がひとりで留守番しているのでなるべく早く帰ってきて。病院内は携帯が使えないのでまた連絡する。」というもの。


!!!
えー!!?
先週ひいた風邪が治った後、少し咳が残っていたものの、いたって元気だったのに。
意識混濁?
携帯持つ手がぶるぶる震えました。
とにかく、既に地元駅に着いていて、すぐ帰宅する旨を返信し、家路に。
「おちつけ。」
と自分に言い聞かせつつも、頭の中でいろんな考えが交錯します。
息子を寝かせたら、すぐ病院に問い合わせの電話をしよう。
入院の準備も必要?
明日の仕事に穴が開くかもしれないことを連絡しておいた方が良いか?
…いやいや、詳細がもっと分かってからだな。
全く兆候はなかったけれども、実は重大な病気が潜んでいたの?
そして、
娘が嘔吐で苦しんでいた時に自分は音楽を楽しんでいた
という自責の念が、ぐるぐるぐる。

家に着いてみると、息子はひとりで寝支度をほぼ終えていて、表情を見るかぎり妹の急変にそれほど大きな動揺や不安は抱いていない様子でちょっとホッとしました。親の自分が内心動揺しまくっているだけに、息子にまでオロオロされたらたまらないので(^ ^;)。
「さあ、二階に行って寝なさいね」と促していたところ、玄関でガチャガチャという物音。
夫が娘を抱えて帰ってきた!

娘を見ると、ほっぺたはバラ色でツヤツヤ。
いつもどおりの、ちゃっかりとしたイタズラ娘の表情全開。
一応、歩けない(自己申告)ので抱っこされてますが…。

なあ~んだ、元気じゃない!?
しまいには「おなかすいた~(^o^)」なんて言い出す娘。
「ひょっとして3人家族になっちゃうかも?」なんて悲愴な想像までしちゃっていただけに、脱力です。
病院でレントゲンや血液検査をひととおりしてもらった結果、特に悪いところは無いようなので、たまたま体調不良が嘔吐に出てしまったのかもしれません。
それにしてもこのスピード回復は、点滴と若さのパワー。おそるべし。

人生いつ何があるか分かりません。
娘が嘔吐で苦しんでいた時に自分は音楽を楽しんでいた
自責の余韻はいまも体内に響いてますが。。。
かと言って、一切の外出をやめて四六時中べったり一緒にいることがお互いのために良いわけでもないので。出かける時は出かけるけれども、一緒にいる時は、その時間を大切にしなくちゃいけないな。
と、そんなことをあらためて考えた夜でした。

2009年03月20日 | Comments(6) | 音楽[S]
コメント
気合い入ってるって
ある意味、skysongさんの音楽への気合いはうらやましく思ってます。僕はどうしても、自分の信念を曲げて引いてしまうところがあるため、楽しみを欠いているように思います。人生、突発的なことはいつあるかわかりませんが、それのおびえていたら何もできないわけで・・・。

一度きりの人生?悔いを残さないためには・・・、難しいですね。

お子さん元気になって良かったですね。^_^
joyuki URL 2009年03月20日 19:28:55 編集
No title
>joyukiさん

んー、気合はあっても、物理的に無理でライブに行ってなかった時期も10年ほどありましたしね。

突発的なことが有り得るからこそ、出来る範囲でやりたいことはやっておきたいものですが。
「やりたいこと」と「やるべきこと」のバランスのとり方に、「これで良いのだろうか?」と自問させられることの多い日々です。

 >お子さん元気になって良かったですね。^_^

ありがとうございます。
ちょっと寿命が縮まりました(苦笑)。
skysong URL 2009年03月20日 22:20:27 編集
No title
大したことがなくて、本当に良かったですね!
こういうのはバランスの問題でしょうか…
 
Cacao URL 2009年03月21日 19:57:20 編集
No title
>Cacaoさん
ありがとうございますm(_ _)m

バランスの問題にすべきではないんでしょう、きっと。
でも、やるべきことがキャパシティを越えている現状を根本的に変えるのが今のところ難しいので、ジャグリングしながらヨロヨロと平均台を歩いてる気分です。

おーっとっとっと…!(^^;)


skysong URL 2009年03月21日 22:43:48 編集
No title
その罪悪感こそ、教授の音楽なのではないでしょうか?
ゼロ URL 2009年03月24日 09:35:11 編集
No title
>ゼロさん

優れた音楽には、シンプルな喜怒哀楽だけでなく、罪悪感のような負の意識も含んだ、複雑な機微が織り込まれているのでしょうね。

私の感覚では、罪悪感「こそ」という言葉に一番似合うアーティストは、坂本さんよりモリッシーですけど(笑)
skysong URL 2009年03月24日 14:39:39 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。