スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Ryuichi Sakamoto Playing the Piano 2009

初日の東京フォーラムに行ってきました☆
(以下、ネタバレあり)



ピアノコンサートなので2005年のように純粋にピアノだけかと思っていたら、一曲目にout of noiseのglacierを演ってくれたのが嬉しい驚きでした。
客電が消える前からノイズと水音のループが微かに聞こえてきて、徐々に暗くなるにつれ、音量が増していく演出が良かったなぁ。
暗い暗いステージのピアノを照らす一条のスポットライトと、弦に直接触れて音を出す教授。
光も、音も、ストイックに限定されているからこそ、どんなきらびやかなステージよりも、その光とひとつひとつの音が貴重に響く。
まるで現代美術のアクションペインティングの現場に立ち会っているような、実験的アートの空気。
そう、生の演奏に触れるということは、時間という(記録することはできるけれども)決して取り戻すことのできない流れに軌跡を刻む現場に立ち会うということなんだというのを再認識させられ、ゾクゾクしました。

glacierの後は、基本的に普通の(普通のと言っても、「坂本さんの」「普通」なんですが)ピアノコンサートでした。特に終盤、+33でMIDIピアノとの音の重なりの心地よい緊張感でテンションが上がった後、put your hands upとaquaで一気にやわらかく包み込んでくれる展開に弛緩しました~。
実は会場に座っている間中(…いえ、朝起きた時からすでに^^;)、なんだか全身に疲労物質が満タンに詰まっているような状態だったので、とてもありがたかったです。高級エステなんかよりも贅沢なひとときだったのではないでしょうか。

毎回公演後24時間以内にiTunesStoreでライブ音源をアップし販売するということで、その場の思いつきで曲を決めているらしく、日々かなりセットリストは変わるんでしょうね。
[追記:この日の音源@iTSはこちら:tokyo031809]
あと、composition 0919の間だけ、公式に「カメラ撮影OK」でした。
私は切っていた携帯の電源を入れるのも面倒だし、自分の携帯カメラでは暗い場所の撮影が上手くいったためしが無いので撮りませんでしたが、みんながこぞって携帯でパシャパシャやっている光と音が、なんだか不思議~な光景でした。
[追記:その写メをキャンペーンサイトに送ると抽選でいろいろ当たる、という企画なのですが、抽選系もほとんど当たったためしがないので…苦笑]

CD2枚&ブックレット6冊入りの豪華ツアーブック@5000円も購入。
最近、「モノ」は増やしたくない。本を含め、「モノ」はいいや…という感じなのですが、CD付きだと買っちゃいますね(笑)本棚にしっくり納まりそうな、シックな(洒落じゃないから!ホントに!^ ^;)装丁です。

[追記:そうそう、KOKUYOとのタイアップで、教授のフォトがプリントされたA4サイズのクリアファイルを会場で配ってました(もろもろのチラシ&缶バッジ入り)。小さなバッグでおでかけの女性はA4が入るサブバッグ類をしのばせておくといいかも☆]
2009年03月19日 | Comments(10) | 音楽[S]
コメント
教授!!
教授の新譜も出て、世間では盛り上がっているのですが、僕は幸宏師匠の方で盛り上がっている最中でして・・・。教授は放っておいてました。落ち着いてたら・・・教授の方も・・・。

師匠の方はSteveと二曲やってますが、どちらもいかにもという感じですね。

joyuki URL 2009年03月19日 13:44:15 編集
No title
>joyukiさん
今回、仲良く(?)近いタイミングのリリースでしたからね~。
私はコンサートチケットを買ってあった教授から聴きはじめたので、逆にまだ幸宏さんにたどり着いていません。買ってあるんですが。

まあ、先に聴き始めた方を充分聴きこんでから次…でいいんじゃないでしょうか。

幸宏さんの6月のライブもチケット申し込んでます☆
skysong URL 2009年03月19日 16:12:36 編集
No title
昨日の公演、無事配信スタートしました。
TY URL 2009年03月19日 17:06:50 編集
No title
>TYさん
iTunesからの宣伝メールも早速入ってました。
glacierが単曲ダウンロードできないのが、うぐぐぐぐ…(^^;)
商売上手だなぁ、もうw。

連日のセットリストを見比べてから、気に入った日のをアルバムダウンロードしようと考えてます。
といいつつ、やはり自分が実際に行った初日のを購入しそうな気はしますが。
skysong URL 2009年03月19日 18:43:40 編集
初めまして
初めまして。
教授のライブを検索してたどり着きました。
TYさんもコメントされていたので少し驚きました^^

僕も大阪でライブに参加するのですが、CD二枚組&ブックレットはいかがでしょう?
特にCDが気になっているのですが・・・
宜しければ感想をお願いします。
存在する音楽 URL 2009年03月21日 11:45:37 編集
No title
>存在する音楽 さん

初めまして☆
Cacaoさんのブログでお名前を拝見した気がするのですが…(記憶違いでしたら、ごめんなさい!)

ツアーブックのCD、私はとても満足しています♪
2005年ピアノツアー、2007年Morelenbaumとのイタリア公演、昨年のフェネスとのイタリア公演でのライブ音源と、スタジオ録音からセレクトされていて、メーリングリストによると全30曲中、未発表が25曲だそうです。既発表曲は/05のライブDVDとの重複ではないかと思いますが、まだ確認してません(^ ^;)


/04、/05以上に、out of noiseを作り終えた「今」の坂本さんの気分にしっくりくる演奏が収録されているように思います。

装丁も、昔のAvev Pianoの楽譜のようなグレーのざらりとした紙がケースに使われていたりして、素敵です。

大阪公演、楽しんで下さいね!
skysong URL 2009年03月21日 18:11:37 編集
有難うございます
そうです。Cacaoさんのところにも行かせていただいております。

ご丁寧にコメントを返して頂いて有難うございます。

TYさんも、私のBLOGにコメントを下さいました。
なるほどーそういう構成でしたか。HPだけでは判別不能であったので、とても有難いです。

サンケイ・ブリーゼは会場とともに教授の演奏を楽しみたいと思います。
存在する音楽 URL 2009年03月22日 00:09:12 編集
No title
>存在する音楽 さん

世間は狭いですね~(笑)

拙ブログもTYさん情報にいつもお世話になっております。

サンケイ・ブリーゼ、あまり聞いたことのない名前だと思ったら新しいホールなんですね。
いいなぁ~(建物好き ^^;)
たっぷり堪能してくださいませ☆
skysong URL 2009年03月22日 19:16:51 編集
No title
遅ればせながら、今日仙台公演行ってきました。
ネタばれを恐れ、skysongさんの記事を読まずに行ってきたのですが
どう表現したら・・・とにかくすごくよかった!
「今日は雨なので・・・」
とかいいながら始まった中盤からは
ああ~あの曲もあの曲もで、もう感動です。
あっという2時間でした(^^♪
kaku-san URL 2009年04月25日 20:47:58 編集
No title
>kaku-sanさん
行ってこられましたか~☆
ピアノだけのシンプルなコンサートなので、聴いているこちらもどんどん気持ちがシンプルになってきて、無心に近い感覚になれたような…。
私もあっという間でした♪
skysong URL 2009年04月29日 00:03:28 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。