スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Mogwai @ Studio Coast, Jan.11 '09

大好きなライブに行くためとはいえ、寒がりの私、冬の夜に外出するには気合を振り絞らないと玄関から出られません。今シーズンは暖冬だけれども、ここ数日はしっかり冬らしく冷え込みましたし。
マフラーぐるぐる巻きつけてえいやっと出かけると、駅前駐輪場のおじさまが「さみ~のによう、よく出かけんなぁ。もう時間も遅いから駐輪券いらんよ」と、サービスしてくれてラッキー♪
おじさまのサービスに心温まったとはいえ、やっぱり寒風が身にしみる…ぶるぶるぶるっ(><)
でも、寒いおかげでとっとこ早足になって、新木場駅からスタジオ・コーストまでの道のりが短く感じられた、1月11日の夜。

mogwai2009

スタジオコーストに来ると、必ずこのビルボードの写真撮ってる人たちがいるんだよねー(笑)、と思いつつ、私も必ず撮っちゃうのですwww。そっけないけど、このシンプルさが好き。

外ロッカーに荷物と上着を入れて屋内に入るまでが、またぶるぶるぶるっ(><)
モグワイは激しく踊るようなライブではないので、半袖にはならなくても良いのがせめてもの救い。

会場奥の高くなっている部分の、手すり付近でポジションゲットしました。
全くストレスなくステージ全体が見渡せて快適~♪

オープニングはRemenber Remebmer。
ステージ前にカタカナで「リ メ ン バ ー リ メ ン バ ー」と一文字ずつ書かれた、見るからに手作りの表示板(?)が置かれていて、学園祭のような、アマチュアっぽい雰囲気がむんむん(^^;)
ステージにお兄さんがひとり現れ、自分の演奏した音をひとつひとつサンプリングしてはループさせ、次の音を重ね…って、Peter Broderickもそういうスタイルでやってましたが、流行っているんでしょうか?ひとりバンド。綺麗だなと思わせる瞬間もいくつかありましたが、ずーっとひとりだと、視覚的に単調、かつ、せわしない(苦笑)。音の面でも、バンドだったら、例えば5人なら1+1+1+1+1の音が5よりもずっと大きくなるケミストリーが発生しうるのですが、ひとりサンプリングでは1+1+1+…がその合計以上にはならないどころか、時に目減りしてたりして(汗)。
頭の中で何度も「一緒にバンドやるトモダチいないんかいっ!?」とツッコミを入れずにはいられず(^ ^;)。まあ、そういう問題じゃなくて、このスタイルにもバンド並みのライブを展開する可能性が秘められているだろうけど、Rememberx2さんはちょっと…(ー。ー;)と思ってしまいました。

さて、それから30分ほどの調整を経て、8時過ぎにモグワイの面々がステージに登場。
最初の音が鳴り出した瞬間から、ガラリと空気が変わります。
まだテンション上がってなくても、音数が少なくても、ひとつひとつの音の響き方、音同士が醸し出す距離感や間合いだけでものすごく饒舌なんですよね。
セットリストは、おおむねニューアルバムThe Hawk Is Howlingの曲と、旧譜からの曲を交互に織り交ぜた感じで進行。
特に印象的だったのは、新譜からシングルカットされたBatcat。ひとりヘッドフォンで聴いている時は、へヴィーな音があまり得意でないので、重苦しくて苦手だったのですが、ライブでは素直にカッコいいと思えました。奇妙な未知の生物がうねり、うごめくようなBatcatの音像には、ライブ会場くらいの空間の広さが必要なのかも(笑)。
他の曲も、言語の世界からできるかぎり逃れ、直接、音の波を体で受け止め、そこから喚起されるおびただしいイメージに翻弄されながら聴き入っていましたが、やはりラストのMogwai Fear Satanでやられてしまいましたw。
2006年のライブでも中盤の「あの」部分で飛び上がっちゃったんですけど、今回も思いっきりビクーッッ!!!と体が動いてしまい。
後の人には「どんだけビビリやねん?」と思われたことでしょう(恥)
そういう展開だってことは分かってるのにね~(^^;)
でも、それも含めてw、寒い中足を運んで本当に良かったです。
これからもモグワイ、来日のたびに絶対に見続けようと心に誓った夜でした(^-^)

Yes! I Am A Long Way From Home
Precipice
I Know You Are But What Am I?
Scotland’s Shame
Secret Pint
I Love You, I’m Going to Blow Up Your School
Summer
Thank You Space Expert
Friend of the Night
Helicon 1
Batcat
I’m Jim Morrison, I’m Dead
We’re No Here
<encore>
Hunted by a Freak
Mogwai Fear Satan

Mogwai Fear Satan@Tokyo, 2006
2009年01月12日 | Comments(9) | 音楽[M]
コメント
No title
スカイソングさん、こんばんわん^^

スカイソングさんに影響されて、モグワイの「EP+6」を買ってみたのですが、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、何かが足りないのです、自分としては。

で、よ~~~く、考えてみたら、それは「イコン」の不在でした。

ベック
ヨンシー
トムヨーク

は、紛れもなくイコンなのです。
というか
イコンに触れるために音楽を通じて、届くはずない「場」に、思いっきり右手を伸ばして、空を掴んでいるんです。

<神>というのは、言い換えれば

・「偶然」であり
・「脳」であり
・「わたくし(私)」

なんですけど
たぶん。
このあいだある人に「あなたは猛烈なイコン主義者なのよ。だから不幸を感じるのよ」と言われましたが、当たっていて。外れています。

、、と、へなちょこ持論なんか展開して御免なさい。
スカイソングさんの音楽への愛は、すっごく届いてます。
このブログがなかったら今頃ぼくなんか....


スカイソングさん、ほんとうにありがとう!
ぜろ URL 2009年01月15日 21:56:38 編集
No title
>ぜろさん
たしかに、モグワイの音には明確な「イコン」は感じられないかもしれません。
絵画で言えば、具象ではなく、テクスチャーや色彩のパターンで視覚を刺激する抽象画。
でも、聴いているうちに心のチャンネルがピタリと合ってくると、抽象の奥から様々なイメージが浮かび上がってくる音だと思いますよ。

それに、彼らは「イコン」無しで、そのまま森羅万象になったり、言語野を素通りして、ダイレクトに感情を左右する神経細胞にアプローチできるのです。
「イコン」不在でも、届くはずのない「場」に手を伸ばすこともできるのではないか。むしろ、「イコン」があることによって、「場」が限定されてしまうこともあるのではないでしょうか。

あと、モグワイのライブのダイナミズムはCDにはとても記録できないので、いつか機会があったらライブを体験されると印象が変わるかも…。

まあ、反論めいたことを書きましたが、もちろん音楽の好き・嫌い、ピンと来る・来ないは人それぞれなので、あんまり気にしないで下さいね~☆
むしろ、私の記事で散財させてしまったのなら、ちょびっと恐縮です(^-^;)
skysong URL 2009年01月16日 23:16:30 編集
No title
mogwaiのデビュー当時のCDを買った記憶があります。気になる音ではあったのですが、followするほどまではのめり込めませんでした。まだ、活動してるんですね、そして日本公演も頻繁に行ってる。動画観ましたが、彼らの良さがやっと理解できるようになった気がします。ライブ体験してみたくなりました。
MORI URL 2009年01月17日 03:26:03 編集
No title
>MORIさん
まだ活動してま~すw
かなりマメに来日してくれてるんですよね。2006年はフジロックと単独と、2回観られて嬉しかったです。ぜひ機会があったらライブ参戦してみてください☆
skysong URL 2009年01月17日 21:12:10 編集
No title
1号も友達と2人でライブ行って来て、とってもよくて、ライブベスト3だったと言ってます。(あと2つはレディオヘッドとザ・ヴァーヴ)。シガーロスよりよかったと。。

skysongさんと全く同じ、来るたびに行きたいそうです。

こんどぼくも行きたい。。
Sam URL 2009年01月18日 09:25:26 編集
No title
昨日泣いたカラスが今日、笑った、でもうしわけないです。

モグワイ
ゆうべ土曜出勤から帰って、大音量で聴いたら、
印象、一変しました。良い!

というか、ちがう次元に連れてってくれる。
しかも悪でも闇でも格差社会でもない、べつのところ、へ。

きのうから
EP+6

4回聴いてます。というか、他の音楽聴けません、
アマゾンでBBCライブが中古で810円だったので買いました。
なんか評によると、ライブ音源聴くと、スタジオが聴けなくなるとか、、、楽しみでぇ~す。
ぜろ URL 2009年01月18日 11:01:34 編集
No title
>Samさん
昨年のシガロスはヨンシーの体調が悪かったし、ストリングス隊も連れてきていなかったので、100%の出来ではなかったですね。
本調子でフル編成だったら、シガロスのライブもかなりの非日常体験なのですが…。

次のモグワイ来日時には、Samさんもぜひ!(今年もフジロック来たりして)

>ぜろさん
昨日泣いたカラスが…って面白い(笑)
やっぱり爆音だと別世界に飛ばされますよね~。
ほんと、ライブがすごいのでGovernment Commissions(BBCセッション)お楽しみに♪
skysong URL 2009年01月18日 17:29:47 編集
No title
mogwaiのpvが怖くて
いつも最後まで見られません。

マトペ URL 2009年03月05日 15:38:14 編集
No title
>マトペさん

たしかに(^o^;)
Batcatも怖くて、最後まで見られませんでした(苦笑)
skysong URL 2009年03月06日 18:33:34 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。