スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Thomas Feiner & Anywhen / The Siren Songs

今シーズン初めて風邪をひきました。
久しぶりの、ふわぁ~んと、変な重力の中を漂っているような感覚。
すぐ病院に行き、まじめに薬を飲んでいるので、明日にはすっきりしているかな?

ともかく、睡眠!
こんな曲でも聴いて、眠りの海におぼれることにします。Zzzzzz.....



ところで、このビデオがアップされていたの、ごく最近まで気付きませんでした。
アルバムが出た直後はなかったですけど、しばらく経ってからだったんですね。

The Opiates RevisedThe Opiates Revised
(2008/07/29)
Thomas Feiner And Anywhen

商品詳細を見る
2008年11月16日 | Comments(4) | 音楽[F]
コメント
No title
ぼくはいまNHKで源氏物語の特集見て
興奮しちゃった、

天皇の嫁と光源氏の密通の話だったんですね。知らなかった。

正直、みんなあまりに真面目で吃驚。
けど、千年前から人間は「動物」じやなかったんですね、獣じゃない。
永井均が疑う「倫理観」って
植え付けられたのか
もともとあるのか、
疑わしくなりました。
しかし
誰かかを本気で好きになったら、殺されようと構わないです。
ただただ「誠実」でいたい。
それは強く感じたし、平安でも真摯な二人がいたのだというコトが、僕には目から鱗です。

ただ
捕まらないから追う
逢われるから逃げる
といのはどうやら「本能」みたいです。

ぜろ URL 2008年11月17日 00:13:51 編集
No title
人間が産まれるまでの映像みたいって思いました。B型の特徴でその後ポンポンと思考が飛んで、ティルマンスの作品を思い出したり、ブリキの太鼓(映画の方ね)の「僕は母の子宮に戻ろうと思った。でも祖母の『ブリキの太鼓を買ってあげるわ』の言葉でそれをやめた」(正確なセリフじゃないけどそんなような)を思い出したりしてました。

良く眠れそう。
風邪はよくなったかしら?お大事に。
papersnow URL 2008年11月17日 11:03:54 編集
No title
トーマスさんの渋い歌声ならば、気持ちよく眠れそうです♪
栄養と睡眠とって早くよくなってくださいね。
お大事に。
haru URL 2008年11月17日 14:53:50 編集
No title
>ぜろさん

源氏物語、ほとんど漫画(『あさきゆめみし』)だけでなんとなく読んだ気になっています(笑)。古文の教科書や、円地文子さんの現代語訳もちょっとは読んだとは思うのですが、いまひとつ記憶が(^^;)

女の私としては「藤壺の宮をずっと想っていると言いながら、おいおい、紫の上にも手を出しちゃうの~!?」みたいなツッコミをあちこち入れたくなってしまうのですが、後年、後妻にむかえた妻が密通するという、数奇な運命がぐるりと巡るところまで描ききっているからなんだか納得させられてしまうのでしょうか。紫式部、現代に生きていたらすんごいTVドラマの脚本を書きそう。

百人一首などを見ても、人を恋する気持ちというのは今も昔もそうは変わらないものだと思わせられます。
倫理観には社会的に植えつけられたもの以前に、生理的、本能的に持っているものもありそうな気がします。ただ、どこからどこまでが、と切り分けるのは難しい。。。

 >誰かかを本気で好きになったら、殺されようと構わないです。

ぜろさん、情熱的なお方ですね!!(^o^)
ワタクシ、ウン十年くらい前はそのような情熱があったような、微か~な記憶もありますが(遠い目~)。今は若者&young at heartな方々を温か~い目で見守るモードです(爆)

 >捕まらないから追う
逢われるから逃げる
といのはどうやら「本能」みたいです。

そうですね!
今日、下の子の参観で保護者チーム対幼児チームでドッジボールをしたのですが、アタマでは「幼児相手だから負けてあげよう」と思っていても、いざボールが飛んでくるととっさに避けてしまうし、いざボールを手に取ると、幼児相手でも本気で狙って投げちゃって。
あら?話がズレてる?
…追ってくるのが人間(恋愛)でも、ボールでも、本能は共通のようです。(苦しいマトメ 笑)

>papersnowさん
たしかに胎内を連想させられます。Massive AttackのTeardropはモロですけど、こちらはもっと抽象的に表現されていて、純粋にキレイだなと思います。
ティルマンスの流体みたいなイメージもありますね。
そっからブリキの太鼓に行くところがpapersnowさんですわ!(笑)

siren(セイレーン)って漁夫を海に引きずり込む海の精ですけど、怖いはずなのに、しばしば美術や音楽の題材に美しくとりあげられるのは、引きずり込まれて胎内回帰したいという願望が人間にあるからかもしれませんね。

昼頃まではちょっとダルダルしていたのですが、風邪、だいぶよくなりました!
調子にのって夜更かししないように気をつけないと(笑)

>haruさん

ありがとうございます。
トーマスさんのおかげでグッスリ眠れました。
ここ3日ほど子どものように10時に就寝していたし、今日はかなり元気回復しつつあります。

http://www.pennyblackmusic.co.uk/MagSitePages/Article.aspx?id=4716
この記事の最後の方に、トーマスさんは初のソロアルバム制作中と書かれているので、いつになるかは分かりませんが、楽しみですね!
skysong URL 2008年11月17日 20:27:44 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。