スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Radiohead @さいたまスーパーアリーナ Oct.5 '08

前日、変な体勢でのスタンディングだったおかげであちこち痛くて。。。
湿布だらけの足をエンジニアブーツで包み、スーパーアリーナ二日目に。

一日目より番号が良かったのでAブロック中央の前から10人目あたりにいたのですが、Radiohead開始と同時にどんどんっと後ろから押し出され、完全にモッシュ渦中の人になっちゃいました(苦笑)
饅頭つぶれる(前日レポ参照)どころの騒ぎじゃありません。
タラバガニを持ち込んだって(持ち込まないけど)殻が割れたかも。
2年前、Kula Shaker復活@フジロックでも「今ここで転んだら死ぬっ!」と思いましたが、今回の方が増量大サービス。後ろに下がって抜けることもままならず、とにかく転ばないよう、肋骨折らないよう、ヘロヘロに潰されながらかろうじてバランス保ってました。
そんな中でも15StepからAirbag、Justの流れは最強でした。Airbagのイントロが流れた瞬間の興奮ときたら!でも、モッシュの最中、ホンモノのエアバッグが本気で欲しかったです。
Justもまたまた大興奮&タラバガニ割れ警報100%でしたが、曲の切れ目でようやく後ろに抜けられました。
あらら?痛くない!
空気が新鮮!
なんか涼しい!
助かった~(´〇`)
こーんなピースフルな場所(「普通の」満員電車程度の込み具合)がこのアリーナにあったのネ!って感じで、その後は平和に楽しめました。
There Thereのタイコが出てくるのもちゃんと見えたし!

Pyramid Songはジョニーが弓で弾くギターとトムのピアノがなんとも妖しく美しく…。
kaku-sanさんのブログ記事を思い出しながら聴き惚れました(笑)
Wierd Fishes/Arpeggiは、前日はジョニー側にエドが行って出だしのタイミングを合わせてましたが、二日目はエド側にジョニーが出向いて。「今度はお前が来いよ」みたいなやりとりがあったんでしょうか?(フォーラムでも1日おきに場所を替えていたので、ツアー中ずっと順番にしていたのかもしれませんね)
Myxomatosisはハンドマイクで歌うトムの動きが少しヒップホップぽくて、ちょっと可笑しかったです。
で、なんとなくYouTubeでMyxomatosisのライブ映像を探してみたら、「ショルキー」しょってるトムを発見。うわっ、あの物体久しぶりに見た!!(爆)
2006年か2007年のライブみたいですが。
「ショルキー」見ると、どうしても小○哲哉さん思い出しちゃうんですけど。
若い人には分からない…ですね(汗)
同世代の方々、どうぞ懐かしがってください。

結局今回のツアーではシンプルにハンドマイクでいくことに決めたようで、ホッとしたような、ちょっと残念なような(笑)。

Faust Arp、この日は失敗なしで一安心w。
お次のKnives Outは、Radioheadの中でそれほど思い入れの強い曲ではなかったはずなのですが(好きなことは好きなのだけれども、もっともっと好きな曲が他にたくさんありすぎて)、どういうわけか聴きながらずっと「うわ~、この曲やっぱ好きだーーーーー(><)」と頭の中で叫んでいました。
雨の夜の濡れた路面をヘッドライトが照らして行くように、暗闇を疾走する光の帯───トムの声。
続くNudeでもその声がアリーナを包み、前日にひきつづき、またまたとろけました。
Kid A からHailあたりまで、トムは歌うことに、特に「キレイに」歌うことに積極的でなかったように思うのですが、In Rainbowsではその辺が吹っ切れたようで、とても気持ち良く歌ってくれているのが嬉しいです。
そしてOptimistic。ドラムスとギターが前面に出ていて、テンポも早く、ロックしてる!Kid Aのアルバムの中で聴くのとは違う魅力があって、鳥肌立ちまくりでした。

Optimistic/May 5, 2008 West Palm Beach


その後Jigsaw、Ideotequeとアップテンポな曲が続いた後で、トムがアコギをかかえ、Fake Plastic Trees!…とにかくもう、沁みます。沁みわたります。
見るもの、触れるものすべてにおいて、フェイクでないものなどない時代。
自分の感情も、自分自身ですら、全くフェイクでないと言いきれる人はいるのだろうか。
それこそが現代のリアルなんだとシニシズムを気取るなり、自分なりのリアルを求めて頑張っちゃうなり、どこかで折り合いをつけて皆、日々を渡っているのだろう。
そんなフェイクとリアルのはざまで揺れ動く倦怠感を、The Bendsが出た当時は半ば私小説的な感覚でトムは描いたのではないかと想像するのだけれど、今では、数え切れないほど多くの人々のフェイクとリアルを優しく包み込むように歌っているように思えるのです。
その声と、それを温かく、時に力強く支えるバンドの音と、降り注ぐ緑の光を、上に伸ばした両腕で受け止め、浸透させました。全身に。
この曲が聴けただけでもチケット代@9500円払って埼玉まで行った甲斐があったと思うほどでしたが、その後も興奮は続き。。。
前日に演奏しなかったLike Spinning Plates、Go Slowly、 My Iron Lung、How to Disappear Completelyで興奮するのはもちろんのことなのですが、前日すでに聴いてる曲でも、いちいち新鮮な気持ちで「キターーーーーッ」と感動できちゃいました。
それにしても、How To Disappear Completelyの、青い映像や照明の美しさ…。これも鳥肌もの!

2度目のアンコールが終わると客電が点き、前日と同じ、愉快な(?)民俗音楽のBGMがズンチャッチャ(笑)
クロークで荷物を受け取り、友人papersnowさんとお友だちに挨拶して、それからスタンドで観ていた友人Cちゃん&お嬢さんA子ちゃんとお食事♪
疲れた体にトムヤムヌードル(決して「トム」つながりで選んだ訳ではなく 笑)が沁みわたりました。しかもこの日は慌しくて、お昼ご飯はおにぎり1個だったので(無謀)なおさら!
Cちゃん&A子ちゃん、ありがとうね♪

01. 15 Step (In Rainbows)
02. Airbag (OK Computer)
03. Just (The Bends)
04. There There(Hail To The Thief)
05. All I Need(In Rainbows)
06. Pyramid Song (Amnesiac)
07. Weird Fishes/Arpeggi(In Rainbows)
08. The Gloaming(Hail To The Thief)
09. Myxomatosis(Hail To The Thief)
10.Faust Arp(In Rainbows)
11. Knives Out(Amnesiac)
12. Nude(In Rainbows)
13. Optimistic(Kid A)
14. Jigsaw Falling Into Place(In Rainbows)
15. Idioteque(Kid A)
16. Fake Plastic Trees(The Bends)
17. Bodysnatchers(In Rainbows)

アンコール①
18. Like Spinning Plates(Amnesiac)
19. Videotape(In Rainbows)
20. Paranoid Android(OK Computer)
21. Reckoner(In Rainbows)
22. Everything In Its Right Place(Kid A)

アンコール②
23. Go Slowly(In Rainbows Disc 2)
24. My Iron Lung(The Bends)
25. How to Disappear Completely (Kid A)

タグ:RadioheadRadioheadTour2008
2008年10月10日 | Comments(2) | 未分類
コメント
もっともっと聴きたかった!
ご紹介いただき、ありがとうございます(^.^)

ライブでこれだけ時間の過ぎるのが早く感じたのは
久々でした。もっともっと聴いていたかった。
2、3階席は盛り上がっているとは必ずしも
言い切れなかったけど押されたら危ないしね(笑
上から見たアリーナの状態は人の隙間なしという感じ
でしたから、足も大変だったでしょうに・・・
怪我がなくてよかったです。

Radiohead・・・再び聴き直したりしてますが
ライブを経験すると今までとはまた違った風に聴こえてきて
いいですねえ。

次回来日時には時間が許す限り行くつもりです。
kaku-san URL 2008年10月14日 17:27:37 編集
No title
>kaku-sanさん
pyramid songが始まった時、kaku-sanさんが土日のどちらにいらっしゃるかうろ覚えで、「今日いらしてるのかな~?」と気になってました。この日にあたって良かったですね☆

2,3階席はゆるりとしていたんですか。それはそれで贅沢な時間かも!

4日行っても「もっと聴いていたかった」と思ってしまうので、中毒としか言いようがないです(苦笑)
モッシュのおかげで未だにあちこち新たなアザを発見してますが、大きなケガはないのでOKということで。。。

次回はいつになるでしょうね?
なるべく早く来て欲しいですが、その前に次のアルバムですね!
軍資金と体力を蓄えておこうと思います(^-^)
skysong URL 2008年10月14日 21:21:19 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。