スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Nine Inch Nails / With Teeth ('05)

With Teeth With Teeth
Nine Inch Nails (2005/05/03)
I Nothing

この商品の詳細を見る


来日の知らせを聞いてから、最近Nine Inch NailsのWith Teethをよく聴いています。
Nine Inch Nails聴いていると、よく頭が痛くなるんですよね(苦笑)。
ヘッドフォンの音量を上げすぎだっていう話もあるんですが。
頭痛はともかくとしても、NINの音楽はもともと「痛み」を伴うものではないかと思っています。トレントの怒りや苛立ちが時にヒリヒリと、時に銃弾のように伝わってくるものが多くて。それでいて、ただひたすらにマイナスのエネルギーをぶちまけるだけでなく、細部に知的なコントロールが感じられるので好きなのですけれども。

痛みと言えば。精神的に極度の痛みを感じる時、「胸が痛む」だけではなく「全身」が痛むこともあるのだと知ったのは、15年前のことでした。ある人に言いにくいことを告げなければならなくなり、言葉のひとつひとつを搾り出すたびに、両腕が、両足が、背中が、頭が、痛くて痛くて、千切れそうで。SFXを駆使した映像なら、皮膚を突き破って体中から得体の知れない何かが噴き出しそうな感覚。例えば、口に出せなかった言葉の載った結晶が体を突き破って四方に飛び散り、部屋の壁を抜けて、どこまでも飛んでいくようなイマージュが時折フラッシュバックします。
8年前に友人家族が交通事故に遭った時にも、悲しみと怒りで(加害者と、そのようなことが起こりうるという現実に対して)痛みが全身を走りました。もちろん、当事者の痛みからは程遠いものに違いないのですが。
…あーもう、なんか暗い話になっちゃってすみません。(^o^;)

ともかく、ギターがチェーンソーのように鳴り響く時、トレントが激しくシャウトする時、この手の痛みを思い出すのでした。皮膚という皮膜を内と外から揺さぶる痛みというか。まあ、単に「カッコいい音楽」として聴いてもいいのですけどね。トレントの声ってとても色っぽいし。

来日公演、やっぱり行こうかな。新木場スタジオコーストは昨年のMogwai(引越し前の拙ブログ記事)で初めて行ったのですが、奥行きが浅くて、床が高くなっている部分が広く(=小柄な私には有り難い)、音も良い会場でした。
ひとつ気になるのは、息子の小学校の運動会シーズンなんですよね。
…NINと運動会。似合わな~い(笑)

イープラス申込ページ(東京公演の先行予約は2/7~2/14 2/12~2/15に変更
Nine Inch Nails オフィシャル(日本)
Nine Inch Nails オフィシャル
Nine Inch Nails Myspace
2007年01月30日 | Comments(12) | Trackback(2) | 音楽[N]
コメント
こんにちは。

そりゃ似合うわけない、と私も思いますです。

最近ようやく「The Downward Spiral」を手に入れたのですけど確かにひりひり感がたまんないです。
でもかっこいいからなぁ。
るき URL 2007年01月30日 18:07:16 編集
>るきさん
似合わないですよね~
と言いつつ、ハチマキしめて運動しているトレントを想像してみたりして。(やっぱり似合わない 苦笑)

そうそう、るきさんのブログでも最近取り上げられていたのでタイムリーだと思っていました。
ほんと、ひりひりカッコいいです☆
skysong URL 2007年01月30日 19:19:34 編集
5月は難しいなぁ。
skysong様>

いま、新譜が待ち遠しい最右翼になってます>NIN

自分のブログの一番最初の音楽感想文がWith Teethだったんだけれど、
そこで書いた印象ってのは「トレントなりの慈愛の空間」ってのだったかな。
Downward Spiralのような、あるいはThe fragileのような
断崖絶壁に立たされた切迫感のようなモノが薄く、
どちらかといえばポジティブな匂いがするような感がありました。

>「全身」が痛む

いやぁ、いろいろな意味で、まさに全身が痛んでいる最中です(笑)。

まぁ、生死に関わるような話じゃないにしても、
自分の存在を全否定したいような瞬間ってのは誰しもあるんじゃないかと。
でも、今作のトレントの場合は
完全ではないにしても外向的な指向性が感じられたりします。
それは、あなたの言う「痛み」を経てきたからこその外向性じゃないかなぁ。
彼自身の中のアレコレに折り合いを付ける事ができた強さ、
これを聞き取ったつもりではありましたが。

痛み→慈愛と来て次は何を提示しようとしているのか。
トレント=NINの次回作が非常に気になるこの頃です。
kikka URL 2007年01月31日 01:58:18 編集
>kikkaさん

最右翼ですね(笑)
少し後方に続かせていただきます。

最初の音楽感想がWith Teethでしたか~。のちほど過去記事を読みにうかがいます。
たしかにDownward SpiralやThe Fragileは「殺伐」という言葉を使いたくなるほど痛み成分が優勢なのに比べると、With Teethはほのかな希望もあちこちに見られますね。タイトル曲の甘美なインターバル部分や、Right Where It Belongsのようなメロディアスな曲とか。この、痛みと癒し(kikkaさんのおっしゃる「慈愛」)のバランスがとても好きです。

kikkaさん、全身痛んでおられるのですか!?
甘く優しい物に触れることで痛みが癒される時と、痛みそのものでしか制することができない時があるかと思いますが、いずれにしても早く楽になられますように。。。

もともと内向的だった人が様々なものを乗り越えて外向性を身に付けた状態というのは、とても魅力的だと思います。(D. Sylvianもそうですが。)

新作が本当に楽しみですね。
skysong URL 2007年01月31日 09:35:50 編集
skysong様>

こちらから当ブログに訪れる方がボチボチいらっしゃいます。
まずは御礼を。

>痛みと癒し(kikkaさんのおっしゃる「慈愛」)のバランスがとても好きです。

曲調だけでイメージを語ってしまうと、
上手く「二律背反」しそうな材料をバランスよく扱ってるなと。
そのバランスの良さが「トレントの健全に近い精神状態」を表す風もあるし、
彼の世界観自体も今までのような悲観オンリーでなく
希望的側面を見いだせるように変化した事の証明にも思えましたね。

それが嫌なファンもいるかは思うけれど、
個人的にはこういう変節は評価したいなぁ。
早川義夫の言葉じゃないけれど、
自分の中で欠落したモノを補う手段=音楽に向かう動機、だと思うので。

>kikkaさん、全身痛んでおられるのですか!?

ご指摘の通り、精神的にも肉体的にも少し痛んでおります(笑)。
前者は、「思いっきり凹んだ」っていう程度のものですからご心配なく。
ただ、1週間程度はアレコレと想いを巡らすでしょうね。
後者は「ぎっくり腰」ならぬ「きっくり腰(つまり、一歩手前)」かな(苦笑)。
背筋を痛めたみたいで、腰に負荷がかかると全体に激痛が走るんですわ。
この辺は、姿勢を正しくしていれば大丈夫…歩くのも支障なしではありますが。

…ここで書いたから、もう自分の所には書きません(爆)。
何にしろ心配していただき、ありがとうございました。
kikka URL 2007年01月31日 22:21:48 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2007年02月01日 16:47:51 編集
>kikkaさん

 >こちらから当ブログに訪れる方がボチボチいらっしゃいます。
 >まずは御礼を。
私からも皆様にお礼を♪

>それが嫌なファンもいるかは思うけれど、
>個人的にはこういう変節は評価したいなぁ。

そうですね。
そもそも、「この時代の音を出し続けて欲しい」といくらファン心理で願っても仕方のないことだと思いますし、ポジティブさへの変化の形として、私にも自然に受け入れられました。
いきなり商業主義一色みたいなポジティブさに転じられたら嫌ですけど、トレントに限ってそれだけはないだろうし。(笑)

精神的な凹みは早く軽くなりますように。
腰は文字通り体のカナメですからね~。どうぞお大事に。
私もパソコンの前で長く座り続けると、背中や腰が疲れます。
運動も必要ですね!



 
skysong URL 2007年02月01日 20:05:18 編集
>非公開コメント@16:47さん
こんにちは!
あちらも再開ですか~、それはうれしいです。
リンクの方もお願いします。
こちらもリンク集をどのように整理して貼るか検討中なのですが、いずれ作成しますので、その折はそちらも貼らせていただければ幸いです。
Peelの翻訳、いいかもしれませんね。そちらも楽しみです。
では☆
skysong URL 2007年02月01日 20:10:35 編集
skysong様>

本当に、新譜が発売されるんですね!

http://www.hmv.co.jp/news/newsDetail.asp?newsnum=702070021

アテにしてなかっただけに、ビックリ(苦笑)。
kikka URL 2007年02月08日 13:18:20 編集
>kikkaさん
アテにしてなかったんですね!?(爆)
マイスペに「新譜のレコーディングが終わった」って書いてあったから、私は信じてましたよ(笑)。
こうして正式に発表されると実感が湧きますね。
skysong URL 2007年02月08日 13:26:53 編集
skysong様>

昨日は失礼をばいたしました(笑)。

お詫びと言っちゃ何ですが、こんなリンクを。
http://www.myspace.com/nin

新譜から2曲ばかり聴けますな…本当に曲を作ってたんだねぇ(笑)。
音の使い方がDownward~以前に戻った気もしますが、
WithTeethを経由しているためか荒涼感は感じないですね。

やっぱり、どの作品とも違うという感じが先に立ちます。
毎回、こうやって違う側面を見せてくれるってところに、
NIN=トレントに付いていく面白さがある感じですな。
kikka URL 2007年02月18日 01:11:53 編集
>kikkaさん

おおっ!つい2,3日前にアップされたばかりですね>新曲

カ~ッコいい~~~~~~~!!!!!
萌え死にしそう……。
両方ともかなりアグレッシブな印象です。

すでにここにはSurvivalismの歌詞が。
http://www.echoingthesound.org/phpbbx/viewtopic.php?t=20399

My Violent Heartの歌詞も。
http://www.echoingthesound.org/phpbbx/viewtopic.php?t=20399

まずはどっぷり音に浸った方が良いかもしれないけれども、見つけちゃったので(笑)、貼っておきますね。
skysong URL 2007年02月18日 11:12:28 編集

管理者だけに表示する
トラックバック
-
管理人の承認後に表示されます
2008年03月16日 11:51:43
-
管理人の承認後に表示されます
2008年03月16日 14:50:50
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。