スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

World Happiness @ 夢の島 '08 Aug. 10 (その3)

その1は→こちら
その2は→こちら

10.GANGA ZUMBA 5:20 (left stage)
The Boomの宮沢和史さん率いる総勢10人の多国籍バンド、GANGA ZUMBA。
フェスのタイトル"World Happiness"の"world"への広がりを最も色濃く感じさせてくれました。
最初がラテンっぽくアップテンポにアレンジされた安里屋ユンタ(あるいは別の曲名が付いているのかしら?)で。ノッていたら同行者chika嬢に「こういうのでノッテるskysongちゃんって新鮮…(^ ^;)」とのコメントを頂戴しまして。
やははは~(^ ^ ;)
たしかに、私の血液中に、ラテン成分はほとんど無いのよね~。
でも、ライブで、しかも野外なら、だるびっしゅ「アリ」なんです。
なんかこう、flesh&bloodがムンムン。人間って血と肉で出来てるよね!というテンション。
日頃の私には全く欠如している南方情熱系の息吹に触れ、まるで久しぶりに焼肉食べてエネルギーチャージでもしたような気分でした。
ラストに感極まって(?)ギターの高野さん(pupaに続いて2度目の出演)のほっぺたに宮沢さんがチュー☆
いやもう、 暑苦しい 熱いですってば(笑)!

それにしても、実はGANGA ZUMBAのバンド名、何回見聞きしても忘れます。
ん?ガンボ・マンボ?ザンボ・ガンバ?バンザ・ズンボ?
ダメです…このブログ編集画面を閉じたら、また分からなくなりそうです(苦笑)

11.NRT320 guest 野宮真貴 5:50 (left stage)
アートディレクター信藤三雄さんとエンジニア成田真樹さんのデュオに野宮真貴さんがゲスト出演。
最初のうちは野宮さんはステージにおらず、信藤さんたちだけでクラブ系の音を鳴らして。
なかなか野宮さんが登場しなくて、センターステージに映像だけ映っているから、野宮さんは映像だけかも?と思い始めましたが、「大きなパラボラ型のディフューザーとマイクが中央にセットされているから、やっぱりご本人出てくるよねー。」と、待ち。
ようやくステージに現れた野宮さん、やっぱりマネキンのようでした。
彼女が登場すると、信藤さんはカメラマンとしてパチパチ写真を撮りはじめ。
モデルとカメラマン、という設定のステージのようですが、ここで私はドリンクゲットのため中座。
最後まで見ていたchika嬢によると、信藤さんはラストまでずっと写真を撮り続けていて、観客としては覗き見をさせられている気分だったと。
うーん、なるほど。
ディレクターである信藤さん、「見られる」立場よりも「見る」立場でいた方が落ち着くのでしょうけれど。
信藤さんの照れや見られて落ち着かない気分が伝わって来てしまって…せっかくだからもう、野宮さんと一緒に見られる側に徹してくれた方がカッコよかったような気がします。

12.シーナ&ロケッツ 6:10 (center stage)
WH_7
空の色が、深い青みを帯びたグレーのグラデーションに染まり始めました。
この空の下でライブを体験できる素敵な時間帯に登場したのはシーナ&ロケッツ。

シーナさんの皮のホットパンツにヘソ出しタンクトップ、網タイツにブーツといういでたちにまずビックリですw。にしおかすみこさんより、おヘソ周りの分、露出度高いです、キャー!
バディライン、鍛えられてます!
そしてシーナさんのお声にまたビックリ。えーーっと…こんなに低ーいお声でしたっけ?
頭の中には「デス…メタル…」という言葉が浮かんでは消え、浮かんでは消え…。(^ ^;)
なにぶん最近のシナロケがどうなっているのかサッパリ知らなかったもので、ちょっと呆然。
でも、でも、歌はデスメタルなんだけど、鮎川さんのギタープレイには踊らずにいられない!さらにシーナさんのサービス精神旺盛なステージパフォーマンスを見ていると、こちらも頑張らなきゃいけないような気がしてきて、取り憑かれたようにノッてしまったのでした。
あの和製ロケンロー!の味わいはもはや古典芸能。
鮎川さんのレスポールがスクリーンに大写しになったとき、長年愛着をもって使い込まれてきたことが伝わってくる、塗装があちこち剥げたヴィンテージ感にグッときましたが、バンド全体の存在感にもそんなヴィンテージな香りが漂ってました。


13.東京ブラボー 6:40 (left stage)
シナロケで妙にハイテンションになった後だけに、東京ブラボーはシートに座ってワインをすすりながらまったりと。んー、80年代の匂いがしました。

WH_8

空の色が、よりディープに。
この次は…次は…(ドキドキ)

14.HASYMO 19:10 (center stage)
昨年(2007年)5月パシフィコ横浜公演の抽選に、そろってはずれてしまったchika嬢と私。
その時から、心待ちにしていました。
実はお三方が揃った状態をナマで見るのは二人とも初めて。
当然気合を入れて待っていたのですが、逆に舞い上がりすぎてしまったのか、HASYMOのステージの細かい記憶、実は他のアーティストよりも少なかったりします(泣)。
なんかもう、「うわー」「ほんとに3人並んでるー」「演奏してるー」(あたりまえやん)…で、あっという間に終わってしまった感じ。本当にあっという間でした。
お三方がどのようにステージに登場したかも、いまいち記憶になく。
ただ、アンコール前に一度退場していった時、「幸宏さんの背中、細っ!」と感心したのは覚えてます(笑)。あんなに華奢なのに、ドラムの音は大きいから凄いですよね。
お三方の後方には高田さんと高野さん。pupa、GANGA ZUMBAに続いて3度目のステージの高野さん、ひっぱりだこですね~。
何といっても、あまりにも素晴らしいEPのCity Of LightとTokyo Town Pagesを生で聴けただけでも感無量でした。それから、教授のwar & peace、やっぱり幸宏さんのドラムと細野さんのベースが加わると肉体性というか立体感というかが増した感じで、オリジナルバージョンよりさらに素敵だったと思います。そしてアンコールはRydeenと幸宏さんがドラムを叩くcue。かつては3人のわだかまりがあったというcueも淡々と演奏され、淡々と30分のステージが終わりました。

この、淡々とした空気にお三方が到達している境地のようなものを感じました。
執着とか確執とか、一切がサラサラと流れていくのをすべて受け入れているような。
City Of LightとTokyo Town Pagesの音に感じられるのも、叙情性は充分に湛えつつ、過剰な感情やわだかまりや主張は排除された、淡々とした流動性。
その融通無碍な感性で、また気が向いたら三人一緒にやるもよし、別々にやるもよしで、ファンを楽しませていただきたいと思います。

とにかく、このステージを見せてくれたHAYMOに感謝!
フェスを実現してくれた幸宏さん&信藤さん、そしてスタッフの方々に感謝!
ご一緒してくれたchikaちゃんに感謝!
と、大感謝祭でございました。

WH_9
最後に、首掛け式のタイムテーブル&マップ。
ブックマッチみたいで可愛い、大事な記念です♪

今日、pupaはライジングサンですね!

World Happiness オフィシャル
World Happiness オフィシャルブログ
2008年08月16日 | Comments(8) | 音楽[VA]
コメント
No title
私はセニョールココナッツでラテンの血が自分にも流れてる事に気付きました(笑)

さっきテレビにHASYMOのお三方が出てましたよ。
「オーラの泉」でしたっけ?林家三平についてのコメントでした。
たまたま観れてラッキーでした!
haru URL 2008年08月16日 23:27:43 編集
No title
>haruさん
さすが、ラテンの血、入ってますか!

私のラテン血中濃度は1%未満だったのですが、GANGA ZUMBA体験で2%ほどには上がったかもしれません。セニョールココナツを体験できたら、もうちょっと上がるかも?
それ以前に、「人間の血」があんまり入っていなかったりして(苦笑)

お三方、出てらしたとは。
なんで林家三平について?という感じですがw、見られてラッキーでしたね!
skysong URL 2008年08月17日 00:10:31 編集
又ヌヌですが(笑)
そう!あなた盛り上がってましたよぉー☆スカパラもGANGA ZUMBAにも乗~りのりで!気付かれないように写真を1枚と企んだけど、残念失敗でちた。
『写真とってブログに載せてもい~い?』ってご本人に伺いましたら余裕綽々、『モザイクかけちゃったりして~?あはは~♪』とか、普通に笑ってましたよこの人、大物。
でも、やっぱりちょっと不思議な光景でしたわ。貴重なお姿見せてくれてセンキューです。

私もHASYMOのレポ書く時思ったんだけど、なんか思いが熱い分冷静に見れてないよね!YOUTUBEとか画像上げてる人すごいっ!

それにしても東京ブラボー、お互い字数が。。。(苦笑)

HASYMOがオーラとは、レア映像ですね!>haruさん 横から失礼しま~す。
chika URL 2008年08月17日 00:32:09 編集
No title
>又ヌヌchikaさん

そこに音があるかぎりィ~♪
体が勝手に乗っちゃうのよ。。f(^^;)
モザイク写真、失敗とは残念です(内心ホッ? 笑)
chika嬢も、特にシナロケではかなり渾身の踊りでしたよw。

どうも気合が入りすぎると、脳みそがショートしてしまってダメダメです(泣)。
東京ブラボーは…(苦笑)
高木さんには申し訳ないけど、次が気になって&ワインがおいしくてw全然集中できませんでした!

「オーラ」に出てたHASYMO、見たかったな~


skysong URL 2008年08月17日 16:48:23 編集
オーラ
この番組って普段見てないんですが、ホントたまたまだったんですよね。
サンペーさんの「よしこさ~ん」とか「どうもすいません」とか嬉しそうにお三方がマネしてらして!!
皆さん、お笑い好きですもんね。

skysongさんのノリノリ姿、私も見てみたいです(笑)
haru URL 2008年08月17日 21:08:13 編集
No title
>haruさん
私、「オーラの泉」って一度も見たことのない、貴重な(?)日本人なのです。絶滅危惧種?
この際、見ないまま、一生を終えたいと思ってますw。

それはさておき、お三方、きっとHASYMOとして演奏する時よりずーっと楽しそうにしていたに違いない!ちょっと悔しいわ~(笑)

ノリノリなわたくし、あのライブでも、このライブでも、haruさんのすぐ後ろあたりにいたんですが…(ストーカーっ!? 苦笑)
skysong URL 2008年08月17日 22:44:57 編集
No title
あのライヴにこのライヴ・・・自分がノリノリだと周り見えてないから(苦笑)
たとえストーカーされていても気づきませんわ(爆)

次回は周りを要チェックですねん♪
haru URL 2008年08月18日 09:21:21 編集
No title
>haruさん

次の機会にはご一緒にノリノリしたいですね。

そして周りのチェックよりも、ステージ(の、ごく一部?)に熱視線ですっ☆ジューッ!
skysong URL 2008年08月18日 17:22:21 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。