スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

「無限から有限へのマッピング: ものを書くということ 」

著名人のブログ類でいくつかRSSリーダーに登録しているもの、定期的に覗いているものがありますが、今日は梅田望夫さんのブログMy Life Between Silicon Valley and Japanの「無限から有限へのマッピング: ものを書くということ」というエントリに唸ってしまいました。

まず

ギリギリまで「構造化」「想定読者」「書き手の個性」という三変数をいじりながら、文章という構造物をああでもないこうでもないと構築していく真摯な努力


という部分。

音楽ブログをお気楽にやっていても、あるアルバムや曲について書くとき、メロディーについて語ろうか、演奏者の特徴について、それともこの音楽を聴いた時に沸き起こる感覚を中心に書く?などと「構造化」の見通しをたてて、同時に「想定読者」「書き手の個性」も微妙に変動させて書いているんですよね。

意識の海に潜って、言葉を手に水面に戻る。その言葉をまじまじと眺めてみる。これは使える?この音楽にふさわしい?どうやって組み立てる?また幾度も潜っては言葉を探す。貝がらでブリコラージュするように、あつまった言葉でささやかな文を構築する。この作業が時に苦しいこともありますが、好きです(^-^)。

それから、今回の梅田さん記事のキーポイントである

そしてこの三要素のすべてに重要なのは、わざと「うそを書く」リスクをとる、「うそが書かれている」という状態に対する批判を受ける決心をするということである。


という見解が興味深かったです。
「うそ」と言っても、人をだますためのものではなくて、よりよく伝えるための「うそ」が必要な時も確かにあるかもしれません。
浮ついた演出ではなく、あくまでも真実に近づくための、あえての「うそ」。
あるある大辞典みたいな、ポリシーもプライドのかけらもない「うそ」じゃなくてね。

音楽ネタを書こうと思っていたのですが、今日は久しぶりにガツンときたので、この話題でした。
2007年01月26日 | Comments(3) | Trackback(0) | 未分類
コメント
かなりいい加減なんですよね。
いつもうつろってますから。ある日に聴いた音楽は
次の日に聴く音楽とは違ってきこえる場合がある訳だし、
ミュージシャンにとっては自己表現そのものだから
作品そのもので自分を語れるけど
聴く側が何かを語ろうとしても、それは所詮感想何ですよね。
その分自由が保証されている。
どのような感想を持っても、色んな見方があってもいいわけです。
その辺、評論家になるとつらいですね。
でも自分は評論家じゃないし、お気楽に音楽を語れることが
この上ない幸せと思ってます。。。なんちゃって(*^-^)

論点ずれてるかも・・・難しいですね。
かくさん URL 2007年01月27日 02:02:38 編集
どうも、にどめまして。

いや、こちらでは、はじめまして。

もっと、早くに訪問しようと思っていましたが、
最近、敷居が高くて、高くて。

申し送れました、人様のブログには、まごころと思いやりと真新しい白い靴下でお邪魔する、でびすてと申します。

さて、当方も最近「書き手」として悩み苦しんでいます。
良いものを追求すると袋小路に陥ってしまい、なかなか抜け出せません。

三要素の勉強のし直しです。「うそ」だけに頼っているのかなぁ。

という事でまた来ます。
でびすて URL 2007年01月27日 10:15:02 編集
>かくさん

そうですね。同じ音楽でも、聴く時の心境や集中の仕方などによって全然違って聴こえたりします。同様に、同じ音楽について何度も書いたとしても、その都度全く違うものが生まれてもおかしくない。
だから「無限から有限へのマッピング」なんですよね。

>でも自分は評論家じゃないし、お気楽に音楽を語れることが
>この上ない幸せと思ってます

同感です。(笑)

>でびすてさん

にどめまして~
敷居、高かったでしょうか?
そんなことはありませんって。とっても低いです!
それどころか、あちこちに落とし穴すらあります(うそーん)

でびすてさんの記事が楽しみな読者としては最近ちょっと寂しいのですが。。。
うーん。
じゃあ、休養と研修をかねてロンドンのステのスタジオに飛んでもらって、「早くソロアルバム出せ!」と毎日催促する業務を担当していただきましょうか。
交通費、まかない付きです。
いかが?
skysong URL 2007年01月27日 14:48:31 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。