スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Thomas Feiner & Anywhen / The Opiates ('08)

ジ・オピエイツ・リヴァイズドジ・オピエイツ・リヴァイズド
(2008/06/25)
トーマス・フェイナー&エニーウェン

商品詳細を見る

過去記事にも書きましたが、本国スウェーデンで2001年に発表されたアルバムThe OpiatesがSamadhiSoundレーベルから再発されました。
到着したその日から、どっぷりヘビロテだったこのアルバム。
まさにopium=阿片のような(って、吸ったことありませんけど)作品です。
Feinerさん、声の渋さだけでも充分インパクトがあるうえ、さらにソングライティングも歌詞も素晴らしい。

David SylvianのThe World I Everythingツアーのパンフレット付属CDにも収録されていたThe Siren Songsの、濃密なデカダンスとロマンティシズム。


アルバムのオープニングになっているこの曲だけで、もうThe Opiatesの世界にずぶずぶと溺れてしまうわけですが、その後に続く曲たちも異空間から響いてくるようなFeinerさんのバリトン・ヴォイスが様々な情景を描いていきます。

6曲目Mesmereneはブライアン・フェリーのソロや後期ロキシーを想起させる、80sの香りたちこめるナンバーで、私のツボのど真ん中を押さえてくれちゃってます(笑)。Feinerさんは私と同い年だそうで、なんだか妙に納得してしまったのでした。

続く7曲目Toyは、音数が抑えられてシンプルながら、でもけっこう緻密なミキシングがされているようで、印象に残る曲です。クルト・ワイル的といいましょうか、20世紀前半の欧州の雰囲気を漂わせつつ、"I'm a toy..."って毀れそうなヨロヨロした声で歌われるとねー。なんか、もう、たまりませんよ(´д`;)。鼻血出そうですっ(笑)

でも、やはり圧巻はラストを飾るAll That Numbs You。
8分の6拍子で、重量感のあるベースラインが印象的なせいか、Nine Horses(David Sylvian, Steve Jansen, Burnt Friedmanのユニット)のWonderful Worldと通じるものを感じます。
奇しくも、Wonderful Worldの歌いだしは"It's a wonderful world",
All That Numbs Youは"Such a wonderful life"と…そんなところも似ていたりして。



日常生活の重みや様々なプレッシャーで泥のように疲弊しきり、頭の中をネガティブな思考が渦巻いてしまったとき…Feinerさんの深い歌声が、雄大なストリングスが、全てを包み込み、苦しみや痛みをやわらげてくれる。
麻酔のような、麻薬のような、甘い毒を含んだ癒し。
中毒になりそう…いえ、もうすでに中毒です。

Feinerさんの今後の作品も早く聴いてみたいです。
あと、生歌も!(販促部長、よろしくお願いします!)

Thomas Feiner オフィシャル
Myspace
現在、The Opiatesから2曲、Steve JansenのソロアルバムにてFeinerさんがボーカルをとったSow The Salt、映画『青い棘』(Love In Thoughts)サントラから3曲が試聴できます。
2008年07月04日 | Comments(4) | 音楽[F]
コメント
No title
すでに注文済みなんですが、一緒に頼んだ商品がまだのため・・・
聴いていないのです。
どんな音楽かは想像できますが、とにかくアルバムを聴きた~~~い!

生ウタにつきましては販促部長に頑張っていただいてと(笑)
ワタクシも部長の指示のもとキッチリ働きますよ~
haru URL 2008年07月04日 16:35:33 編集
No title
>haruさん
あら、お預けですか~
早く来ますように!
マイスペやオフィシャルで一部試聴もできますけれども、やっぱりちゃんとした音でフルに聴くと良さが倍増です☆
楽しみに待っていてくださいね。

販促部長、ぜひとも頑張っていただきましょうw。
私も草の根運動しちゃいますよ!
skysong URL 2008年07月05日 00:15:54 編集
No title
本日、ようやく到着ですっ!!
素敵なバリトンにうっとりv-238

一緒に頼んでいた no-man ティムさんの声がかすんじゃうくらいでした(笑)
haru URL 2008年07月05日 21:44:23 編集
No title
>haruさん
祝 到着!
うっっっとりですよねーv-238

no-manは日をおいて、気持ちを切り替えてからお楽しみ下さいませ。あちらはあちらで、細かな音の配置が絶妙なアルバムですので!
skysong URL 2008年07月05日 22:06:12 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。