スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

CONTROL

もう先週のことになりますが、映画CONTROLを公開終了前日に駆け込みで見てきました。
劇場で見ることを半ば諦めかけていたのですが、大きなスクリーンで見ることができて本当に良かったです。もともと写真家だけに、アントン・コービン監督のモノクロ画面はどの瞬間を切り取っても美しく。

もっとも、写真やミュージックビデオでは有名なアントンでも、映画監督としてはどうなんだろう?と正直見るまで不安でもありました。けれども、コンセプトがきっちり貫かれ、監督の伝えたいものが明快に表現された映画だったと思います。映像、音楽、配役等々、しっかりコントロールが行き届いていました。

イアン・カーティスの未亡人、デボラの著書"Touching From A Distance"をベースにしつつも、それをただそのまま映画化するのではなく、CONTROLというコンセプトを抽出したことが大きなポイントだったと思います。

その、行き届いたコントロールによって綴られていくのが、イアンが心のコントロールを失っていく過程…というのがなんとも悲しいですけれども。コントロールがどうにか取れている状態も、そうでない状態も、あざなえる縄のごとく入り組んでいる、危うさと儚さ。

とはいえ、重く深刻なシーンばかりではなく、思春期のイアンの恋には甘酸っぱい想いがよぎったり、ジョイ・ディヴィジョンのマネージャー、ロブ・グレットンがいい味だしていて笑わされたり、ライブシーンではあの奇妙~なwイアン踊りも再現されていたし、楽しめる場面の多い映画でもありました。ライブは、ちゃんと役者さんたちが演奏したそうですね。

それにしても、無名の(ほぼ)新人サム・ライリー演ずるイアン・カーティスがあまりにもチャーミングで、惚れずにはいられず(笑)。結末がすでに分かっている映画ながら、終盤に向かうにつれ、Don't walk away in silence~♪と、心の中でひとり大合唱状態でした(^ ^;)。
見終わった後もずっと悲しい気分をひきずったままBlue Saturday、Blue Sunday、Blue Monday…と過ぎて行き、1週間近くブログ更新する気力も沸かなかった、単純な私(苦笑)。
いい年して、心のコントロールがダメダメすぎますな。

CONTROLオフィシャルサイト

そういえば、もうすぐシネ・アミューズでグラント・ジー監督のドキュメント映画『ジョイ・ディヴィジョン』も公開されるんですよね。
これを機にイアン踊りをマスターしようかしら(笑)

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
2008年05月01日 | Comments(6) | 映画
コメント
No title
サム・ライリーは踊りだけではなく歌もそっくりでしたね。ジョイ・ディヴィジョンのドキュメントかなり良かったですよ。これの公開に併せて、レイト・ショーでピンク・フロイドなんかのライヴの映像なんかも上映されますね。
そう言えば、pupaの発売も決定です。
pupa『floating pupa』
TOCT-26573 ¥3,000-(tax in) 
http://www.floatingpupa.com/

01 Jargon~What's pupa~ 
   作曲:権藤知彦
02 At Dawn 
   作詞:高橋幸宏、天辰京子/作曲:権藤知彦、高橋幸宏
03 Creaks
   作詞:高橋幸宏、天辰京子/作曲:高橋幸宏
04 Anywhere
   作詞:原田知世/作曲:堀江博久
05 Tameiki
   作詞・作曲:高野寛
06 Unfixed Stars
   作曲:高野寛
07 Glass
   作詞:高田漣、天辰京子/作曲:高田漣
08 How?
   作詞:高野寛 天辰京子/作曲:高野寛
09 Laika
   作詞:高橋幸宏、天辰京子、柴岡千穂/作曲:権藤知彦
10 floating pupa
  作曲:高橋幸宏
11 marimo
   作詞:原田知世/作曲:高田漣
12 Sunny Day Blue
   作詞:高橋幸宏、天辰京子/作曲:堀江博久
13 New Order
   作詞:原田知世/作曲:権藤知彦、高橋幸宏
14 Home of My Heart
   作詞:高橋幸宏、天辰京子/作曲:高橋幸宏
15 Cicada
   作曲:堀江博久
TY URL 2008年05月02日 15:07:00 編集
No title
>TYさん
本当に、声質といい、歌い方といい、歌もそっくりでしたね!
ドキュメント、もうご覧になりましたか。あわせて上映というのはFACTORY 510ですよね。
フロイドとウォーホルが気になるのですが、どちらもスケジュール的に無理で残念。

しかも、今日、Mark KozelekのチケットをManda-la2に買いに行ったらソールドアウト。「裏番長」、人気ありますねー(泣)。ちょっと「グレてやる~!」モードですが、とりあえず映画"JOY DIVISION"公開を心の支えに生きることにします(苦笑)。
そうそう、pupaのアルバムも、ライブも楽しみです♪
skysong URL 2008年05月02日 22:35:44 編集
No title
どうもお久しぶりです。

内容自体が世間の評判でしか把握できませんが、
とりあえずはDVDが出た後に見る事になるかな。

つい先日に今際の際(いまわのきわ)を見てしまったんで、
イアン・カーティスの死を特別視したくはないです。

が、自決という行動は否定したいけれど、
歌を書いていたという事は
彼なりに生への欲望はあったのかなって、
そんな事をふと思う事があります。

まぁ、バランスが取れなかった事は事実で、
バンドとイアンの彼女の双方が納得できたという事で、
かなり史実通りの映画になっているんでしょう。

自分自身はバランスを取って行かなきゃなぁって、
そんな事を思いながらやり過ごしています(笑)。
kikka URL 2008年05月03日 15:15:00 編集
No title
>kikkaさん
こんばんは。
その節はかなり大変だったようで…。どうぞご自愛くださいね。

CONTROLは未亡人の手記に加えて、未亡人の許可を得た上で元恋人に取材した内容を盛り込んでいるそうです。ですから二人の女性から見たイアンがメインで、バンドメンバーの視点を中心に描いたら、また違う物語があったのかもしれません。(たしか、バーニーが未亡人の手記に対して「あれは彼女から見たイアンだから」と、インタビューで言っていました)

いずれにしても、イアンが特別な人間だったらそうなった、という描かれ方ではなく、誰でも似たような状況に追い込まれたらコントロールを保つのは難しいだろうと思わせられました。

コントロールを失ったから自殺してしまったのか、あるいは、制御しきれない感情や病をコントロールする最後の手段として死を選んでしまったのか。答えの出ない、そんな問いが頭の中をぐるぐる巡ってしまうものの、一音楽ファンとしては、ただただ彼の遺した曲を愛することしかできないのですが。

そうそう、予告編でI'm Not Thereをやっていました。なんとか空き時間と上映スケジュールが合えば、そちらも劇場で見たいと思っています。が、例によってあまりアテになりません(苦笑)。
skysong URL 2008年05月03日 21:50:00 編集
No title
ご丁寧なレス、Thank youでした。

イアンは元々てんかん持ちだったそうですし、
かなり神経症的な資質があったようですね。
だから、特殊とは言えないでしょうけれど、
でも端から見ると死は受け容れられないかなと。

ただ、メディアのこの映画の反応が
あまりにも死を美化しすぎている気がして、
僕にとってタイミングが悪い時期だった所為もあり
吐き気がしてしまったという感じです。

たぶん、コービンにしろ
あるいは映画を容認したバーニーにしろ
残した業績を素直に記したい感じなのかな。
それを曲解して語ろうとする連中が
なんか嫌になる今日この頃ですわ。

で、姐さん、関係ない話ですが…
NINの新譜がダウンロードできます。

http://dl.nin.com/discipline/nin

タイトルがDisciplineって…。
クリムゾンを思い出した僕は、
誰もが認める昭和の人間です(笑)。
kikka URL 2008年05月04日 03:00:08 編集
No title
>kikkaさん
私はテレビをほとんど見ないので、メディアでどう取り上げられていたのか知らないのですが、映画自体は死を殊更に美化したりはせずに、ただ事実として伝えていました。

23歳という若さでの死はやはり衝撃的なので、どうしてもそこがクローズアップされるのでしょうが、基本的には彼の死の物語ではなく、生の物語だと思います。死は本当に最後のことで、その直前まで彼は生きていたんですから。

イアンに関しては、情報が少ないまま長いこと音だけを聴いてきたので、この映画で生身の人間としての彼が初めてイメージできるようになりました。曲の聴き方も少し変わってきたような気がします。それが一番良かったかな。

NIN情報ありがとうございます。
Ghostsも出遅れてしまったんですが、態勢たてなおしますw。

Disciplineと言えば、もちろんクリムゾンですとも!
ハイ、わたくしも昭和の人間でございます(笑)。
skysong URL 2008年05月04日 17:26:13 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。