スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Duran Duran @ Zepp Tokyo, April 14 '08

ふぁい、あいあいあいあい、ふぁ、あ、ふぁいあいあいっ
…ぶぉーーー♪(笑)
いまだに耳に残ってますw。

実は新譜聴いていないんですけど。。。
私の中でDDは3枚目で止まっていたんですけど。。。
ウェディング・アルバムは一応持ってますが)
ポリスの勢いもあり、小さなハコにてDDで踊るのもいいなーと思って、nigamuさんのお誘いにありがたく乗りました。

乗客が自分しかいないゆりかもめから、カシャリ。
DD7

すべてがガラス細工のように脆く、淡くけぶる夕暮れに吸い込まれていきそう。。。
開場時間過ぎに到着したとはいえ、会場に向かいそうな人がほとんど見当たらない車内に、かなり心配になりました(苦笑)。

でも、ひとたびZepp Tokyoに着いたら、普通に混んでました。想像以上に男子率高く(ほぼ半分?)、異人さん率高し(日本在住の方のみならず、海外からのフォロー組とおぼしき方々も多数)。そして年齢層は、やはり私と同世代が大多数。

実はポリスの時のオーディエンスのノリがとっても悪く、なるべく気にせず楽しもうとはしていたんですけど、それでもどーうしても気になるほどだったので、今回も同世代なだけに客ノリもかなり心配でした。でも、大げさなドラの鳴り響くオープニングとともにメンバーが登場すると、会場のテンションは一気にアップ!うん、いいねぇ、こうでないと♪

ステージのバックには高層ビルのファサードが描かれていて、それ以外には特に凝ったセットは無く、シンプルに機材が置かれています。ステージ左から、女性コーラス、ジョン、(奥)ロジャー、サイモン、(奥)ニック、ギターの人、サックスの人…という位置取り。まあ、ジョンはしょっちゅうあちこち動いていましたけれど。

昨年のLive Earthロンドン会場のデュランをネット配信で見た時は、「彼らの音って白昼の野外に合わないよねー」と、ちょっと醒めた目線になってしまったのですが、やっぱり、ビカビカの照明に、熱気がムンムンしている場所がイイですね(笑)。ちょっと音がブーミーでしたけど。知らない曲でもせっせと踊り、往年のヒット曲ではもちろん腕振り上げて合唱しましたよ。

ここで、メンバーのルックスチェック。
ジョンは、相変わらずスラリとしていて格好よかったけど、ヘアスタイルのせいかちょっとトラボルタ風味が加わったような(お気を悪くされた方がいらしたらスミマセン 苦笑)。
サイモンのジャケット姿には「ちょっと痩せてスッキリした?」と思ったのですが、ジャケットを脱いだら…(笑)。やわらかそーうな、お腹のお肉がふるんふるんでした☆やっぱりカッティングの優れたジャケットの着痩せ効果はすばらしいw。次の秋シーズンは私もシルエットがキレイなジャケットを買いたいわー♪などとついつい考えてしまいました。
ロジャーが一番変わっていない感じで、ニックは脱色(ですよね?)の髪色がシュールですが、さすがにちょっとおシワが増えましたね(人のこと言えませんけど ^ ^;)。
皆さん、モノトーンに赤でアクセントをつけた(新譜のイメージなんでしょうね)お衣装で。
途中のエレクトロセットでは光沢のある黒のスーツ。
なんだかんだツッコみましたが、やはり華のある方々ではあります。

セットリスト
1.The Valley
2.Red Carpet Massacre
3,Nite-Runner
4.Hungry Like The Wolf
5.Planet Earth
6.Falling Down
7.Come Undone
8.Skin Divers
9.The Reflex
10.Save A Prayer
11.A View To A Kill

一旦メンバーが退場すると、ステージ前方に機材がするすると並べられ。
「何が始まるんだろう?」「合奏?(笑)」なんて話していたら、オリジナルメンバーの4人による合奏=エレクトロセット。

Electroset
12.Last Chance On The Stairway
13.All She Wants Is
14.Warm Leatherette
15.I Don't Want Your Love
16.Skin Trade
17.Tempted

18.Notorious
19;Girls On Film (Member Introduction)
20.Ordinary World
21.(Reach Up For The) Sunrise
22.Wild Boys

Girls On Filmの曲紹介、Simon"Nick Rhodes is gonna take your picture! " →SE:カシャーン、カシャーン、カシャーン、カシャーン……。これ、Live Earthでもやっていましたけど、ずっと定番なのかしら?あと、メンバー紹介で、ジョンを紹介する時、観客に"Play that f**king bass, John!"と連呼させる
のとか。これまでもずっとデュランのライブをフォローして来られたファンの方に教えていただきたいわ。
個人的に、サックスの人を紹介する時、ジョンとサイモンがサックスソロを吹きまくるサックス奏者の周りを「かごめかごめ」みたいにぐーるぐる楽しそうに回っていたのが面白かったです。

まあ、とにかく、メンバーも観客も終始楽しそうで、これぞエンターテインメントという感じ。
かつて武道館のスタンド席で米粒みたいなメンバー達を見て、「彼らが同じ屋根の下にいる!」と涙した中学生の頃は、ライブハウスの至近距離で彼らを見ながら踊れる日が来るなんて夢にも思いませんでした。今は大きな会場では動員できないと考えれば、ちょっと寂しくもなりますが(英国ではアリーナ会場でやってますけどね)。あえて、彼らの音には、こういう空間が合う!と胸を張って言いたい☆ご本人たち演奏の贅沢なディスコ(古語? 笑)みたいな感じがツボでした。

Encore
23.Rio
この曲のベースラインは本当にすごいですよね。生で聴いて、あらためて鳥肌もの。

Is There Something I Should Know?なんかも聴きたかったですが(ついでに当時のTVCMをイメージして3頭身の着ぐるみなんてどう? 笑)、やはりシメはRioですね。

観覧車にも「おやすみ」の挨拶をして帰りました。
dd03

次にZeppに行くのは、いつ、何のライブになるでしょう☆

☆UK-JAPAN2008 WEBサイトに記事掲載!☆
2008年04月16日 | Comments(12) | 音楽[D]
コメント
No title
来月頭にこちらにも来るんですよー、DD。
なんと、インディアン居留地内のカジノのホールでコンサートなんです。
先月からTVCMでチケット発売案内をしていて、それを見る度にチョーナンが「ママの好きなやつだぁ~」と騒いでおります。

でも行けない(涙)。
MM URL 2008年04月16日 01:33:34 編集
No title
行かれましたか!
ところで、skysongさん写真うますぎ。
kensuke URL 2008年04月16日 01:44:54 編集
No title
あぁ こんなにやったんなら行けばよかったな。
でもでも私は3人テイラーが好きだから
アンディのいないDDなんて・・・と自分を慰めてみました。

数年前のサマソニでオリジナル5人組を最前で観て、そのルックスに愕然としました。
脳内画像処理システムは大事です(笑)
haru URL 2008年04月16日 10:09:58 編集
No title
>MMさん
へぇ~
インディアン・リザベーション内の、しかも、カジノのホール!
カジノ、似合いそうですねー。

彼らもまだまだ元気そうなので、次男くんがもっと大きくなったらきっと…。

>kensukeさん
行ってきました!
踊りました!

写真は…たまたま被写体がフォトジェニックだったんです(照)。

>haruさん
アンディ不在はやっぱり寂しかったですね。

最前で愕然…ははははは(苦笑)
最前はツライかもしれないですね(^^;)脳内画像処理システム駆動、駆動~☆
skysong URL 2008年04月16日 15:57:19 編集
No title
やっぱり楽しそう・・・
次は行こ~♪
それまでに脳内画像処理システムの機能を向上させねば・・・ぷるんぷるん・・・
papersnow URL 2008年04月17日 08:51:49 編集
No title
タイムリーにこちらあと3時間ほどしたらロンドンのライブを某ケーブル局で中継するらしいです。出来るだけ頑張って見なくっちゃ。
MM URL 2008年04月17日 08:53:14 編集
No title
>papersnowさん
楽しかったよ~♪
画家の脳内画像処理システム、ステキなことになってそうで、脳内覗いてみたいです(笑)

>MMさん
見られましたか~?
テレビだと、さらに高度な脳内画像処理システムが必要とされるかもしれないけど(^^;)
skysong URL 2008年04月17日 20:38:46 編集
No title
半分くらい見ました~。
チョーナンに「一番かっこいい人のファンだったんだよねー」っていったら、「この人?」ってサイモンを指さされました(悪意無し)。彼には脳内画像処理システム入ってないんですねー(爆)。
でも、サイモンはキャリアと年齢考えたら声はまだ出ている方だし、演奏も基本的にしっかり聴けるんですよね。それだけでも偉いなぁ、と。
MM URL 2008年04月18日 01:05:23 編集
No title
ついでに。
チョーナンは、聴いた曲の中ではSkin Diversがいい、と躊躇もせずに言ってました。やっぱり今風に聞こえるのかしら。
MM URL 2008年04月18日 01:08:21 編集
No title
>MMさん
あはははは…
チョーナンくん、面白ーい(^o^)
なんてウケていては、サイモンに失礼かっ?(^^;)

アイドル的な立ち位置だった過去から現在にいたるまで、地道にサバイブしている影には技術と努力があるのでしょうね。だから、Ordinary Worldの歌詞にはジンとさせられるのですが。

Skin Divers、なかなかカッコいいですね。チョーナンくん自身は普段どんなアーティストが好きなのかしら?
skysong URL 2008年04月18日 09:08:38 編集
No title
Skin Diversって、確かあのJustin Timberlakeが絡んでいる曲です。
チョーナンは普段はいかにもtweenな音楽聴いている事が多いですよ。今はJonas Brothersとか。
http://www.amazon.com/Jonas-Brothers/dp/B000OZ2CO8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1208544029&sr=1-1
でも、このライブを観た後、彼のリクエストでRed Carpet MassacreDL購入してたりして(苦笑)。
MM URL 2008年04月19日 03:41:03 編集
No title
>MMさん
JustinだったかTimbalandだったか…とにかくラップが入っているんですよね。ライブではたしかラップ部分は抜かしていたような気がしますが。

なるほどJonas Brothers、カワイイですねw。でも、DDも気に入ってくれたなんて嬉しいじゃないですか。You TubeでJonas Brothersを見てたら、ハンナ・モンタナ(ことマイリー)がゲスト出演した映像で我が家の子ども達も反応してました。
skysong URL 2008年04月19日 20:59:06 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。