スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

夜の女王に泣かされる

「夜の女王に泣かされる」と言っても、夜の歓楽街に君臨する女王様にムチで打たれるとか、そういうお話ではありませんw。またまたオペラの話題ですが、モーツァルトの『魔笛』に出てくる「夜の女王」です。
初めて『魔笛』に出会ったのは中学生頃でしょうか。ベルイマン監督の『魔笛』を母に連れられて観にいったのが最初でした。その後、中学(それとも高等部に入ってからでしたっけ?)の音楽の時間に『魔笛』の中の数曲を日本語訳で歌う授業があったり、学校の講堂で(やはりベルイマンの)『魔笛』上映会があったり。それまではオペラというと、「派手に着飾った男女が金切り声出してヒステリックに歌ってる…」みたいな苦手意識しかなかったのですが、そのイメージを変えてくれたのが『魔笛』でした。

「パ・パ・パ」のデュエットを音楽の授業で歌うたび、「まるでビートルズだ」という思いがよぎったものです。
恋をしたときの、あの感じというか。
頭の中をまっさらにして、あらためて相手の名前を呼んでみる時の心の震え、とか。
半信半疑が確信に変わっていく瞬間、とか。
そんなムズムズドキドキな心の動きを、かくもシンプルな旋律で描写してしまえることへの驚き。ポップ・ミュージックの原点を感じましたね。
未だに、「パ・パ・パ」のイントロの弦の音が聞こえてきただけでグッときて、涙が出そうになってしまいます。

そんな「パ・パ・パ」の他に、タミーノ王子がパミーナ姫の絵姿を見て歌う恋歌などもしみじみ良いですが、夜の女王のアリアでも、目頭がツーンと熱くなるのです。
この「夜の女王のアリア」、コロラトゥーラと呼ばれる技巧的なものなのですが、聴けば聴くほど超人的な歌唱です。人間が人間でなくなっていくような。正直、何でこれを聴いて涙が出そうになるのか未だに自分でよく分からないのですが。
この曲に関しては、感情移入して泣くというのとは、明らかに違うし。
その芸術性、技巧性の高さに心打たれるとか、モーツァルトの天才ぶりに嫉妬して泣けるのだ、とか、色々考えてみても、ちょっと違うような気がします。私はサリエリじゃないもの。
あ、下で「怖い怖い」と書いてますが、子どもじゃないので、怖くて泣きそうなわけでもないと思います。多分(笑)。
あの高音の周波数が涙腺を直撃するとか?
いつかは「あ、こういうことだったのか」と、思いあたる日が来るのでしょうか。

実家ではショルティのCD(69年盤)を聴いていましたが、今回iTSでアーノンクールの『魔笛』をダウンロードしてみました。序曲と「パ・パ・パ」はショルティの方が好みですが、アーノンクール盤のタミーノ王子(Hans Peter Blochwitz)の声は甘~くて伸びやかで、まさに「王子」そのもの♪ショルティの王子(Stuart Burrows)はもうちょっと男っぽくてりりしい声なのですが、大蛇に追いかけられて気絶して、女王の侍女たちに助けてもらうような弱っちい王子ですから、男らしい声よりも甘み成分が多い方が合っているのではないかと(笑)。


夜の女王第一のアリア(Natalie Dessay)
これはぜひ、オペラに興味のない方にも、いえ、そういう人にこそ見ていただきたい!
なんで小林幸○さんがこんなところにいらっしゃるんでしょうねぇ?(笑)
歌唱も素晴らしいですが、退場のしかたも素敵すぎますw。
王子もおマヌケで、何度見ても笑える…ホントに『魔笛』って芸術であると同時に娯楽大作です☆


夜の女王第二のアリア(Diana Damrau)
こちらのボーイ・ジョージさん、いえ、夜の女王は小林幸○さんの衣装を借りなくても大迫力で、子どもに見せたら大泣きされること確実です(笑)。
いや~、怖いっ!
怖くて、怖くて、ついつい何度も見ちゃいます(爆)


ベルイマンの『魔笛』より、パパゲーノとパパゲーナのシーン。(スウェーデン語)
特に4:50あたりから始まる「パ・パ・パ」のお芝居と演出がとても好きです。二人が照れてコミカルなところがすごく可愛くて。このパパゲーナ、とっても美人さんですね。


で、『魔笛』と言えば、ケネス・ブラナーが映画化したものが最近DVDになったそうで。時代が第一次世界大戦前夜に設定されているそうですが、どのように料理されているのか気になります。
今度借りてこよう♪
2008年01月29日 | Comments(10) | 音楽[Classical]
コメント
鳥刺し
声楽やってますが、夜の女王のアリアはソプラノでもでっかい声が出る人なら良いですね。テゥーランドットのタイトルロールとか。

サリエリには凡人の守護神のイメージがあります。
「アマデウス」の観過ぎか・・・作家が好きなので。

全然ちがいますが、昔からパパゲーノの鳥刺しという職業がよくわからなくて、謎の職業第一位です。
やきとり屋に卸している(・・・)のかと思ったら、
生きてる鳥を刺してる・・・鳥、鳴いてるし。
鑑賞用?ペットショップなのか?
Kimira Cat URL 2008年01月30日 00:18:45 編集
No title
>Kimira Catさん
声楽やっていらっしゃるんですか~!
すごーい♪
私は鼻や喉ががウィークポイントで、風邪もまずそこからだし、ちょっとおしゃべりしただけですぐ声が枯れちゃうくらいなので、声で表現できる人は憧れです。
夜の女王…声のでっかさがポイントですか(笑)
たしかに、あの高いピッチが正確に出せても線が細いと迫力不足ですよね。

アマデウスを観ると、やっぱりサリエリに感情移入しちゃいますね。

「鳥刺し」rって、結局、いろんな方法で鳥をつかまえて、種類によって食用にしたり観賞用にする猟師ならぬ漁師ならぬ、「鳥師」ってことですかね?
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E9%B3%A5%E5%88%BA%E3%81%97&oldid=16714503
現代では成立しない(知らないところでしてるのか?)職業だからどうもピンときませんが。

それはそうと、この舞台で鳥が籠に入る仕掛けが気になります。
CG合成じゃ…ないですよね(^^;)
http://www.youtube.com/watch?v=RhGx4dJsMRg
skysong URL 2008年01月30日 21:44:21 編集
No title
後出しじゃんけんコメントです、お許しを~。
コロラトゥーラは向き不向きがあって、空気がくるくる流れて独楽が回るかのように歌えちゃうヒトって、いるんですよー。本人の意思とは関係ないところで声楽の先生にそっち方面に連れて行かれちゃうヒト(苦笑)っていました。ですから、あくまでも個人的な意見ですが上の動画で言うと1の方がより純粋なコロラトゥーラのイメージですね。で、2の動画のアリアが確かオペラのソプラノの最高音域(D♯でしたか)だったと思います。
MM URL 2008年02月01日 02:48:18 編集
No title
>MMさん
後出しでも先出しでも、いつでもどうぞ☆

「空気がくるくる流れて独楽が回るかのように」
たしかにね~回ってますね。
声帯というより、横隔膜のコントロールがすごいのか?
「そっち方面に連れて行かれちゃうヒト(苦笑)」
第一のアリア動画のナタリー・デセイさんは最初女優だったそうなので「連れて行かれちゃったヒト」と言えるかも。

1の動画方が純粋なコロラトゥーラというのは、歌手が?それとも楽曲が?お手すきの時にでも教えてくださいませ。

第2アリアの最高音はF6ですね。
モーツァルトの妻コンスタンツェのお姉さんがその音が出せたから、そこまでの曲を作ったとか。
で、ありそうだなと思いましたが、やっぱりこんなのが(笑)
「初音ミクの『夜の女王のアリア』」
http://www.youtube.com/watch?v=GVhOqUuAjTo
その音が出りゃ良い歌唱になるわけじゃないということが、よーく分かっちゃいますね(^^;)
作ってみたくなる気持ちは分かるけど。
skysong URL 2008年02月01日 16:10:40 編集
No title
>1の動画方が純粋なコロラトゥーラというのは、歌手が?それとも楽曲が?

歌手が、です。いや、歌手の生まれ持った資質が、といった方が良いでしょうか。ベタな例えで言うとテノールのバヴァロッティとカレーラスの比較みたいな、資質と技術の関係。あ、でも実は2の技術もアップアップかな、と思うところもあり(苦笑)。空気を流している部分よりそれこそ腹筋と横隔膜でコントロールしているのがわかってしまい、その周期はやっぱり自然にビブラートなんかで波形になるような美しいころがりではないのですよ。少なくとも私の耳には。彼女、高音域をコンスタントに発声出来るというだけでコロラトゥーラになった可能性もありますね。それはそれでありなんですけれど・・・
MM URL 2008年02月05日 03:09:57 編集
No title
>MMさん

なるほど、どうもありがとう。
ナタリーさんは天性タイプで、ディアナさんは努力でこぎつけた系なのかもしれませんね。もちろん、どちらもすごい努力はされているでしょうし、もともとの素質も凡人に比べたらすごいのでしょうが。
skysong URL 2008年02月05日 07:30:02 編集
謎はすべて解けた!!
なるほど~~~!恐るべしwikipedia!!
鳥刺しで投稿している人がいるって結構怖い!凄い!!

kimira Cat URL 2008年02月16日 16:47:12 編集
No title
>Kimira Catさん
確かにちょっと怖いかも(笑)
世の中、何でもマニアックにご存知な方はいるもので…
skysong URL 2008年02月16日 20:16:37 編集
No title
4:07 ぐらいからのができなくて困り中。。
asimaru URL 2010年05月09日 21:33:19 編集
No title
>asimaruさん
はじめまして。
声楽をやっていらっしゃるのでしょうか?第一アリアの終盤部分、本当にすごいですよね。
頑張ってくださいませ!
skysong URL 2010年05月11日 20:19:24 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。