スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Up On The Ladder (In Rainbows Disc 2)

I'm stuck in the tardis
trapped in hyperspace
one minute snake charming
the next in another case
俺はターディスで身動きがとれず
ハイパースペースに捕らわれている
ある瞬間は蛇遣い
次の瞬間には別の状況

all the right moves and
in the right places
watch me dance I'm a puppet
you can almost see the strings
正確に動き
正しい場所へ
踊りを見てくれ
俺は操り人形
いまにも糸が見えそうだろう

give me an answer
give me a line
i've been climbing up this ladder
i've been wasting my time
答えをくれ
命綱をくれ
俺はこの梯子をのぼり続けてきた
時間を無駄にしてきたんだ

up on the ladder
allow time to escape
up on the ladder
we wait for your mistake
梯子の上で
時間をやりすごす
梯子の上で
俺たちはお前が失敗するのを待つ

up on the ladder
try to call out your name
up on the ladder
you're all the fucking same
梯子の上で
お前の名前を呼ぼうとする
梯子の上で
お前らはみんなうんざりするほど同じだ

**************************************
この曲もかなり聴き取りにくくて、外人さんも苦労しているようで、いろんなサイトにいろんな歌詞が載ってます。私には概ねこう聞こえますけど、自信のない部分もあります。特に冒頭部分。
追い詰められた切迫感がヒシヒシと伝わってくる歌詞ですね。
Kid Aの頃作った曲だそうですが、OK コンピューターが売れて大きなプレッシャーがかかったり、プレス等に祭り上げられたりした状況が反映されているのでしょうか。

途中で湧き上がるように挿入される、ツブツブツブツブした音が個人的にすごくツボですw。
2007年12月16日 | Comments(0) | 音楽[R]
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。