スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Sigur Ros / Hvarf/Heim ('07)

HVARF-HEIM~消えた都 HVARF-HEIM~消えた都
シガー・ロス (2007/11/07)
EMIミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


CD1 Hvarf(クヴァルフ)
1.Salka(サルカ)(未発表曲)
2.Hljomalind(ヒリョーマリンド)(未発表曲)
3.I Gaer(イ・ギャイル)(未発表曲)
4.Von(ヴォン)
5.Hafsol(ハフソール)

CD2 Heim(ヘイム)
1.Samskeyti(サムスケイティ)
2.Staralfur(スタルアウルブル)
3.Vaka(ヴァカ)
4.Agaetis Byrjun (アウギャイティス・ビリユン)
5.Heysatan(ヘイサウタン)
6.Von(ヴォン)

先日のyoga記事にもちょっと書きましたが、Sigur Rosの新譜、Hvarf/Heim(クヴァルフ/ヘイム)です。邦題は『消えた都』。
新譜といっても、純粋なオリジナルアルバムではなく、1枚目Hvarfがスタジオ録音盤(未発表曲3曲、ファーストアルバムVon収録曲2曲の新録)で2枚目Heimがアコースティックライブ6曲という構成です。1枚目の未発表曲もライブなどではおなじみだった曲で、このアルバムのための書き下ろしではありません。
このような変則的なアルバムなので、ニューアルバムを手にするワクワク感があまりなく、正直ちょっと中途半端な気持ちで手に取ったのですが…。実際音を聴いてみて、彼らがこのアルバムにこめた思いの大きさが強く、深く、伝わってきました。

エレクトリック新録盤のHvarfでも、アコースティックライブ盤のHeimでも両方とりあげられている唯一の曲がVon。ファーストアルバムに収録されたオリジナルバージョンでは、アマチュアらしさを残した不安定な(でもそこがまた神秘的な魅力でもある)音でした。でも、それがHvarfでは、広大な空間の中をゆっくり進んでいく巡礼の歩みのような着実さをまとい、Heimのアコースティックバージョンは、体の細胞ひとつひとつに染み渡るように温かく響いてくる…。「今」のシガーロスのVonをこのように聴くことができる幸せに心から感謝したくなる、そんな音。

Vonだけでなく、Agaetis Byrjun (アウギャイティス・ビリユン=良いスタート)のアコースティックバージョンもすごく良いし、Hvarfの未発表曲の中ではHljomalind(ヒリョーマリンド)が特にお気に入り。交互に聴いて、何度も何度も楽しめる2枚組です。

1997年にファーストアルバムVonが出てから10年。この節目の年に、タイトル曲Vonを録り直し、スタジオ音源としては未発表だった楽曲を新録するという作業は、彼らにとって10年間の歩みを振り返るためのものだったことは想像に難くありません。そして彼らは今、単なる回顧モードではなく、先に進む自信と希望にも満ちているのではないかと思います。だって、Vonとはアイスランドの言葉で「希望」なのですから。


私事ですが、実は我が家の息子はVonと同じ1997年生まれです。(つまり、RadioheadのOK Computerとも同い年。)早いもので、今月26日で10歳に。こんな人間(脳内メーカー記事参照 笑)の私が10代の子どもの親をちゃんと務め上げられるのか不安だったりもしますがw、ここはひとつ、心をひきしめて初心に帰らなくては。成長とともに親はどんどん口出し・手出しができなくなっていくのでしょうが、彼が希望を持って、この先も歩んで行けますように。
と、書いているそばから「逆上がりができない!裏技を教えて~(><)」などとヘタレな声が飛んできてますが…(^^;)。

ともあれ、アコースティックバージョンのVon♪


Sigur Ros、さらにDVDのドキュメンタリーも発売されます☆
HEIMA~故郷 HEIMA~故郷
シガー・ロス (2007/12/05)
EMIミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


2007年11月21日 | Comments(3) | Trackback(1) | 音楽[S]
コメント
僕も最近寝る時のへヴィー・ローテーションです。
スティーヴのプチ情報です。先日、幸宏さんのレコーディングを覗いたら、スティーヴの参加したトラックのラフを聴かせてもらいました。その辺の話は、USEN発行の雑誌「EYESCREAM」にお二人の対談という形で掲載されますよ。
TY URL 2007年11月24日 02:01:42 編集
>TYさん
ここのところ寝ても覚めてもHvarf/Heimなのですが、寝る時はまた格別ですね。特にHeim。

幸宏さんソロに、ふたたびSteve参加ですか!?
わー、いつ出るんでしょう?すごく楽しみです。
EYESCREAMってUSEN発行なんですね。
普通の本屋さんでも置いてあるのかしら。
夫婦対談(笑)、こちらも楽しみです!
skysong URL 2007年11月24日 10:00:25 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2007年11月25日 03:10:06 編集

管理者だけに表示する
トラックバック
このサイトでの僕のペンネームはTakkと名乗っている。これは僕の本名から取っていると同時に、シガー・ロスのアルバム名でもある。 (ちなみにサイト名がどのミュージシャンから取ら...
Letter from Takk 2007年12月23日 18:18:15
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。