スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

David Sylvian @大阪 Oct.29 '07 [追記完了]

DS2007

(注:超長文です ^^;)
10月末というのに、暖かな大阪。
某西のブロガーさんと、開場30分ほど前の6時に大阪厚生年金ホール前の公園に到着。…人、少なっ(汗)。ダフ屋もいない。パチもんのTシャツを売る屋台もない。いたらいたでダフ屋も鬱陶しいけど、コンサート前の風物詩というか、いないのもそれなりに寂しいものですね(^^;)。会場への階段を登っていると、バックステージパスを胸からさげた外人さんが、すとすと降りてくる。すれ違いざまにお顔を見ると、ベースのキース・ロウさん!反射的に"Hello!"と声が出たら、きさくに"Hello!"と返してくれた。キースさんは2度ほど出たり入ったりしていたような。裏口からじゃなくて、フツーに正面の出入り口から。
しばらく並んで待ち、ようやく開場になると、その列はそのままツアーパンフ購入の行列に。5000円のパンフを購入し、Tシャツは「んー、いいや」と見送ると、もう7時10分前近くになっていました。
お手洗いを済ませ、自分の席に。
中央ブロックのB列は最前なのですが、なんと座席の前にガッチリとした金属板の囲いがあり、ステージと座席の間を隔てています!座席前のスペースはとても狭くて窮屈。同じ列の6つほど離れた座席のharuさんに手を振って、(この柵、邪魔ね~!)と小声で文句を。邪魔なだけじゃなくて、演奏中もこの柵は変な共鳴音を発したりして、本当に頭にきました!せめて音響に配慮した、違う素材のものにしてくれれば良かったのに。
ステージに向かって右側は渡邊琢磨さんの弾くグランドピアノ。上に小ぶりのシンセ、左側にパソコンと、もう一つシンセ。中央にハイスツール、その横にアコギとエレキが一本ずつ。右奥にエレキベースとアップライトベース。右側Steveのコーナーは、シンバル類はハイハットを入れて(多分)5枚位、スネア+タム1個+フロアタム+パッド+バスドラ。右隣にマックのノートとシンセ。そんな感じのセッティングでした。ここまで詳しくブログに書くつもりは全くなく、漫然と見ていたので、ちょっと間違っているかもしれません(^^;)。ステージ奥に紫色の背景に白抜きで、新興宗教のマークのような(?汗)今回のツアーシンボル。アンビエントな音の繰り返しがひたすらバックに流れています。

20分ほど押した後、BGMが消え、照明が変わり、4人が淡々とステージに入ってきました。おおー。…ん?ベースのキースさん、さっき外を出歩いていたときは普通の格好だったのに、スカートをはいている!?スコットランドのお方?フジロックでも似たようなスカートをお召しになっている外人男性を見たことがありますけど、あれはファッションなのか、実用性(涼しい?)なのか。そんなこんなで、しばらく視線はキースに釘付け(笑)。気を取り直してDavidを見ると、やっぱりちっさな白い靴を履いて、スツールにちょこんと着席。好きですね~、white shoes(笑)。Steveも見たいんだけれども、いまひとつ照明が暗い。もっとSteveに光を~!琢磨さんは丈の長いジャケットを着用。

1.Wonderful World
(Nine Horses / Snow Borne Sorrow)

生ではない再生音のイントロが短く流れ、「来るぞ、来るぞ」とタメたところで、ブンッ!キースのベースが入って一気に音圧が上がり、音が立体的になる。心のテンションも一気にアップ。繊細かつ力強くスウィングするSteveのドラム。柔らかい手首のスナップで、完全に正確でありながら、随所に変則的なスパイスを効かせた見事な叩きっぷり。一昨年のサカモトツアーの時よりも、Steve色が前面に出たドラミングで嬉しい!やっぱりこういうSteveが見たかったのよ~!(サカモトさん、ごめんなさい。あのツアーは、それはそれで素晴らしかったです♪)
琢磨さんのピアノがCDには無かった音を加えていて、新鮮な色合いを添えている。Stinaが生で参加してコーラスをしてくれたら、さらにゴージャスだったでしょうねー。

Live In Brussels Sep.20 '07

妙に音・映像の質が高いと思ったらオフィシャルだった(笑)
ブリュッセルではトランペットも生で加わってますから、豪華ですね。


2.It'll never happen again
打って変わって、穏やかでレイドバックした雰囲気の曲に。私は知らなかったのですが、後でmiinoさんに教えていただいた情報によるとThe Dream Academyもカバーしたことがある曲だそうで。オリジナルはTim Hardinというフォーク系の方のよう。
Davidも丸くなったな~と、しょうもないことを考えつつ、聞き惚れる。

Live In Brussels Sep.20 '07


3.World Citizen
(Sakamoto+Sylvian / world citizen)
フォーキーなアコギ演奏の流れのまま、World Citizen へ。静と動の狭間を行ったり来たりする構成。Steveのドラムは静かな部分では薄いガラス細工のように限りなく繊細、力強い部分は後半からはどんどん音圧を上げ、しっかりしたロックのドラムになっていく。このメリハリが素敵!

4.The Day the Earth Stole Heaven
(Nine Horses / Snow Borne Sorrow)
キースはこの曲に限らず、ほとんどずっとSteveの方を見ている。Steveが刻むリズムに喰らい付くようにベースを一音一音絡ませていく姿は、(良い意味で)猛獣のように野性的。琢磨さんもこのリズム隊の音の芯に食い込むようにピアノをのせていく。ざっくりとした曲だからこそ、このトリオ(と呼びたくなる)のアンサンブルのタイトさが光っていました。

5.Ride
(David Sylvian / Everything and Nothing)
この曲では琢磨さん、教授のピアノを忠実に完コピしてましたねー。
美しい。
Steveのドラムが、これまた…。CDバージョンもすごいですが、ライブでもやはり、ドラムという楽器の可能性、表現の幅の広さをこれでもか、これでもかと見せてくれますね。キラキラとしたシンバルワークにさりげないドラムロール、リムショット。あまりにも緻密で美しくて、超一流パティシエが作った芸術的なスイーツのようで。今回のライブを見て「ドラム界のパティシエ」の称号をSteveに捧げようと思いました。(そんなん呼ばれても嬉しくないだろうけどw)

ただ、私の前の邪魔な柵にしょっちゅう音がビリビリ反響していて、それだけがすごく残念でした。あの柵、ふぁっきゅー!(失礼^^;)

6.Playground Martyrs
(Steve Jansen / Slope)
出たばかりの、SteveのソロアルバムSlopeより、しっとりとしたPlayground Martyrs。歌の部分ももちろん素晴らしかったけど、その後、キースさんがアップライトベースを弓で弾いていた幽玄な部分もとても良かったです。その幽玄な空気の中、次のTransitへ。

それにしても、Davidは「これはSteveの曲で…」位のことをMCで言ってくれても良さそうなのに、何にも無し(苦笑)。この日は曲間に何度かThank you very much.と言ったのと、メンバー紹介をした以外は徹底して何も話さなかったですね。
今思えば、喉を極限までセーブするため?
まあ、もともと愛想の良いステージをする人ではないですが…。

~Transit
(Fennesz / Venice)
Playground Martyrsの余韻の中、フェネスのTransitへ。オリジナルよりずっとノイズ成分控えめで、メロディーラインがくっきり出ていました。この曲では、ハウリング音が出てしまったのが残念です。

7.A fire in the Forest
(David Sylvian / Blemish)
フェネスつながり(?)で、お次はFire In The Forest。こちらもノイズ控えめで、しっとり。ジャズバーでくつろいでいる雰囲気?

~Ghosts
(Japan / Tin Drum)
しっとりジャジーな雰囲気のまま、曲が変わり、よくよく聞き入るとGhosts~!オリジナルとかけ離れたメロディアスなアレンジ。
この曲を書いた当時と、現在のDavidの距離、そこに至る過程などに思いを馳せると感慨深いものがある。
今でも、
 Just when I thought I could not be stopped
 When my chance came to be king
 The ghosts of my life
 Blew wilder than the wind
と、Davidは感じているのか、いないのか。

8.Snow Borne Sorrow
(Nine Horses / Snow Borne Sorrow)
そして、YouTubeに上がっていた映像でも見ていましたが、拡声器登場!
冒頭のエフェクトをかけた声の部分で使用。Steveがマラカスをシャカシャカ振り始めたのはこの曲でしたっけ?
…(YouTube 視聴後)そうでしたね。
どうせなら、素敵でおもろいシャカシャカ姿をアップで映して欲しかった(笑)
マラカス振りながらリズムキープは難しそうに素人目には見えるのですが、さすが天然リズムマシーン「すて」。片手でカクテルを作りながらもう一方の手でオムレツをさらりと作り上げるように、やってのけてくれます。

Live In Brussels Sep.20 '07


9.Mother & Child
(David Sylvian / Secrets of the Beehive)
ご存知、この曲のオリジナルでは、サカモト教授のもの凄いピアノソロがフィーチャーされていますよね。何かが降臨しているとしか思えない、何度聴いても鳥肌モノの。
今回のツアーバージョンでは、その部分が琢磨さん流のソロに置き換えて演奏されました。門外漢ですが、いわゆるジャズっぽいソロのアプローチということになるのでしょうか?トリオ(と呼びたくなる)の息がピッタリと合い、タイトな緊張感がカッコ良かったです。

ただ、野暮を承知で教授のソロと比べてしまうと…。リズムにゆらぎがある教授のソロは、まるで荒野に降り付ける突然の雨のような予測不可能性に満ちているのだけれども、琢磨さんのは文法に沿っている印象で、ちょっと予定調和な感が拭えなかったかな。
すみません。素晴らしい演奏ではあったのですが、辛口な感想で。

10.Jean the Birdman
(Sylvian&Fripp / The First Day)
やっぱりこの曲はライブ映えしますね。ブルージーなピアノが入っていい感じでした。

11.Sugarfuel
(Readymade / Bold)
この曲は何と言っても、またまたSteveのドラムが印象的でした!
複雑な原曲の打ち込みリズムが生ドラム(+パッド)で力強く立体化され…。特にSteveの16ビート萌えな私としては、後半以降萌えまくりでございました(笑)。

この香港の映像、曲全体ではないのですが、Steveをメインに据えていてエライ!
David Sylvian - Sugarfuel live in Hong Kong 10/07

くーーーーーーーーーーーーーーっ!!o(≧_≦)o
この、ストイックな職人っぽい叩き方がたまりません!

12.Brilliant Trees
(David Sylvian / Brilliant Trees)
CDで印象的なイントロの音がなく、さりげなく始まったので、サビまできてようやくBrilliant Treesだと気付きました(恥)。
オリジナルのアートっぽい装飾音がカットされている分、メロディーと歌詞がしみじみとにじみ出てくる。

~Before the bullfight
(David Sylvian / Gone To Earth)
もうこの辺は、なつかしさでぼうっと聞き入っていました。
やはり、ライブではもう聴き収めなのでしょうか。

13.The Librarian
(Nine Horses / Snow Borne Sorrow)
Nine HorsesよりThe Librarian。おなじみのイントロに重ねて、ブルージーなギターがどこからともなく「ひよひよと」(ここがポイント)聞こえてくる。見れば、やっぱりDavidが弾いているのね。(そりゃそうだ。ステージ上でギターはDavidだけだもの。)そんな風に、Davidのギターは他の3人のミュージシャンに比べると影が薄いのだけれども、薄いなりに良い味を加えていたりして侮れないのでした。(褒めてるんです、ホントに!)

まったりと演奏し終えると、Thank you very much.と挨拶して、4人は淡々とステージから去っていきました。デヴィッドはお得意(?)の投げキスをしながらの退場。

しばらくアンコールの拍手を続けると、再び4人が登場!

(First Encore)
14.Every Colour You Are
(Rain Tree Crow / Rain Tree Crow)

~Riverman
(David Sylvian / Gone To Earth)

~Every Colour You Are

この辺も夢見心地で、細かいところまで覚えていないのですが、移行が本当にスムーズで、いつの間にか?という感じでEvery ColourからRivermanになり、再び戻っていました。

4人退場後、また熱い拍手が鳴り響き、再びステージへ再登場。
この時でしたか?
女性達が3,4人ほどステージに駆け寄り、プレゼントを渡そうとしたのですが、Davidは受け取りに行かず、「下に、下に…(参勤交代?)」のジェスチャ-。女性達はその場でしゃがんでスタンバイ。

(Second Encore)
15.Wonderlust
(David Sylvian / Dead Bees On A Cake)
Help me I feel like I'm weightless♪
んー♪
私にとって、旅先である大阪でWanderlustが聴けるなんて幸せ。
心地よくスウィングに身を任せる。

結局、Davidは待っていた女性達のプレゼントを受け取らずに退場。
愛想ないなー。
なんかこう、タイミングや、その時の気分というのもあるんでしょうけど。数日前の香港では、ステージに押しかけたファンと握手したりしていたそうですが、やっぱり香港の時よりもテンションが低かったのかしら。

もしかしてもう一回、と淡く期待しつつ拍手をしてみたけれど、すぐに客電が付き、終演のしらせ。
音響で気になる部分はあったけど演奏はどれも素晴らしかったし、スティーヴの「パティシエ」「カクテル・オムレツ両刀遣い」「職人16ビート」も満喫できたしと、ほっこりした気分で席を立つ。
何度か「トリオ」という言葉を使いましたが、淡々とオレ流をマイペースに貫くDavidの背後で、絶妙にタイトなアンサンブルを繰り広げるトリオ…そう、4人の「バンド」というより「Davidと絶妙トリオ」という感の強いライブでした。

*********************************************************
で、その後、某西のブロガーさんとmiinoさんの3人でお食事。miinoさんと私、女二人はジョッキで、西のブロガーさんはお茶で乾杯!
でびすて話をひとしきりした後、某西のブロガーさんは「あんたらとはつきあいきれへんわ」と、帰途へ。
女性二人はその後しばらく大阪の街を颯爽とウォーキングして、良い汗を流したのでした。(世間ではそれを「道に迷った」とも言う 笑)

この日はね、Davidの調子がそんなに悪いなんて、全然思わなかったのですよ。まさか、翌日ああいうことになるとは。
2007年10月31日 | Comments(40) | Trackback(0) | 未分類
コメント
はじめまして・・・
初めてブログへお邪魔します。^^
ついにデビちゃんのライブ終わっちゃいましたね~(涙)
傷心の私を支えてくれているのが唯一skysongさんのブログです。いつも本当に感謝しております。
さて、私は大阪のみの参戦だったのですが、やはり目玉はデビの生咳でしょうか!?とりあえずキャンセルにならなくてホッ!
公演中は、やはりデビに会えた喜びと、思い出深い曲が後押しして、何度もジーンときてしまいました。デビの曲ではないでが、it'll never happenagainは、コニー・スティーブンスという人のアルバムで聞いて大好きな曲だったので、またまたデビが歌ってくれて感激でした。^^ライブ終了後、恐る恐る楽屋口へ・・・一時間近く待たされて、ようやく出てきたデビは意外にも機嫌よくてビックリでしたよ~車が信号待ちの間サプライズが!!デビがわざわざ窓を開けてくれて、いざ握手!と思いきや、その手は男性ファンとガッシリ!!(こういうところ変わってないなぁ~)次回は男装していこうと決心した私でした。^^
honolulu URL 2007年11月03日 23:58:16 編集
>honoluluさん

はじめまして、ようこそ♪
こ、心の支えとは…いえ、そんな、ポリポリ(照)
ただ書きたい事を書き連ねているだけですので(^^;)

大阪でもデヴィッド、咳していましたっけ?
私は歌声が素晴らしかったせいもあって、全然気にならなくて。ただ、曲間にせっせと水を飲んだり、鼻か口のあたりを拭いていたな…とは思っていました。
大阪では何度か満面の笑みを浮かべていたし、去り際に投げキスもしていたし、ご機嫌でしたよね。

出待ちもなさったんですね!しかも1時間!
デヴィッドが自ら窓を開けるなんて意外ですっ。
しかも、男性ファンとガッシリ握手ですか~!?(爆)

私も次の機会は男装で行こうかしら(笑)
貴重なエピソードありがとうございました♪
skysong URL 2007年11月04日 19:46:26 編集
あの柵ホントにジャマでしたね。
あそこまでガッチリとガードしなくても飛び出さないわよ!って思ったのは身に覚えがあるから?(笑)

honoluluさん いいですねっ。私は入り待ちしたんですが大阪では1秒くらいしかお目にかかれず・・・
オーチャードはステに気をとられている間に入ってしまったようで、デビには全くお目にかかれませんでした。
ステにはちゃんと会えましたけど(^^)
haru URL 2007年11月05日 01:12:04 編集
>haruさん
ほんとにね~
あの柵の中でずっとビデオを撮影していらしたので、ぜひサイトでストリーミング放映とかして欲しいものですが。東京が短くなった分も埋め合わせも兼ねて。

まあ、とりあえず、ステちゃんに会えればハッピーということで(^^)
skysong URL 2007年11月05日 11:37:53 編集
skysongさん、はじめまして、haruさん
皆さんとこんな風にお話できてホントに感動です。^^
なんだか元気を取り戻せました!!
パソコンは苦手なのですが、トライしてよかったです。^^
今回のデビちゃんのライブはTV放映はないのですかね~blemishの時はありましたよね。(blemishの時は子供が産まれたばかりだったので行けなかったんですぅ(涙)それにしてもあのライヴは行きたかったなぁ・・・なんて今でも悔やまれます。この次のライヴではskysongさん、haruさんに是非お目にかかりたいです。^^
honolulu URL 2007年11月05日 14:18:00 編集
>honoluluさん
苦手なパソコンなのに、トライして下さってありがとうございます!

今回、少なくとも日本の2公演でテレビカメラは無かったようで。ただ大阪では、「ふぁっきゅー!(失礼)」な柵の内側でビデオ撮影していました。家庭用っぽい、小型のビデオカメラで。テレビでは使えないでしょうが、その映像をサイトにアップしてくれたら嬉しいのですけどね。

ほんと、次のライブではお目にかかりましょうね♪
skysong URL 2007年11月05日 16:22:23 編集
honoluluさん 私にまでコメントありがとうございます。
国内だったらどこまででも観にいこう!と心に決めたので、次のツアーで絶対お目にかかれると思います♪
でもっ・・・この人コワいってひかないで下さいね(笑)
haru URL 2007年11月05日 20:55:54 編集
>honoluluさん
次の機会に、haruさんの武勇伝をぜひw♪
決してコワくはなく、聞いているとこちらまで気合が入ってきますよ~

You Tubeに上がっていたブリュッセル公演からの3曲は、サマディサウンドのオフィシャル映像だけに、綺麗です。この記事本文に本日貼りましたので、ぜひご覧を。
もっと曲数たくさんアップしてくれると嬉しいのですが。
skysong URL 2007年11月05日 23:10:57 編集
> honoluluさん
でびちゃんにお会いできたんですね!!羨ましい!の一言です!出待ち1時間とは素晴らしいです。根性です。
素敵な裏話をアリガトウです!!
カキコ読んでいて、こっちがうっとり~しちゃいました!まるで自分がこの眼ででびを見ているかの様な錯覚がぁ~!!

> haruさん
haruさんの武勇伝、武勇伝聞きたいです!!私にも気合を~!(因みにMじゃないですよ、ワタシ)


> skysongさん
素敵な大阪公園レポをアリガトウです!大阪は行ってないから、レポを読んで堪能?しました。
東京で演奏していない曲の数々・・・(泣)
でも東京をキャンセルしなかったって事で・・・と、くどくど書いちゃいますが、レポ読んじゃうと「あぁ~」と悲痛な心の叫びが!クスンクスン。

大阪では、投げキッス!をしたんですか~~~!?あぁ羨ましい!!前回の来日でも、その前の来日も投げKISSしてました(東京で)が、今回、ツアーのラストである東京オーチャードホールでは、でびちゃん唇に手を押し当てるだけで、キスを投げてくれなかった!(そう見えたのは、私だけ?)ショックでした。楽しみだったのに。
serene URL 2007年11月06日 02:19:55 編集
>sereneさん
済んでしまったことですが、やっぱり東京公演は短くて残念でしたよね…(TT)。

投げキス、2度ほどしていたと思います。

東京でも唇に手を押し当てていましたっけ?
東京ではやはり度重なる咳と、セットリスト変更が気になってしまい、気付きませんでした~
skysong URL 2007年11月06日 12:59:33 編集
気合が入ってますね♪

数日に分けてゆっくり読ませてもらいます。

しかし、アンコールのところを見ると、えっ、そんないっぱい・・・。アンコール以外も・・・。東京公演はなんか損したような・・・。

いや、まじかで見ることができたこと、行くことができたことを喜ばないと。前向き前向き・・・。
joyuki URL 2007年11月06日 14:36:08 編集
>joyukiさん
気合というか、簡潔にまとめる能力がなく、ダラダラやらせていただきました(笑)

どんなに曲数が少なかろうが、生の素晴らしい演奏が聴ければ価値がある…という見方もできますが、同じ値段のチケットで内容が大きく違ってしまうとやりきれないですね。

後味はちょっと苦いですが、
What's done is done.
ライブはやはり、一期一会です。
skysong URL 2007年11月06日 16:07:02 編集
あ~あれから1週間たってしまったんですね。
大阪よかったですよね~
レポ読みながら「そうそう!」とPCの前でうなずく私です。

ただいま頭の中で「Ride~Playground Martyrs 」がリピート中。

>sereneさん
そんな~たいした武勇伝ないですよ(^^;
お恥ずかしい。
ただ・・・ステをモノでおびき寄せたりした事あるだけです(爆)
haru URL 2007年11月06日 22:51:17 編集
はい。確かにでびは、唇に手をあててました。が、何気に口を拭いていたのか、鼻水を押さえていたのか、投げキスしようとしたのかは、神(でび)のみぞ知る。

東京しか行ってませんが、おしぼり持参で登場した時に、なんだか笑えませんでしたか!?(そうでないファンの方、本当にすいません!!!純粋に彼の曲を聴きに来てくれた方も!すいません!)

でびが、おしぼり・・・ですよ。私の中では、居酒屋で「らっしゃ~い!」と店員の掛け声とともに出てくる、おしぼりを連想させるのです。

風邪っぴきとは知っていても、おしぼり持参でステージに上がり、ミネラルウォーターをゴクリ、ゴホンゴホン・・・。
途中から、相当具合悪いのかな…って心配でしたが、でびがジャパニーズオシボリ(白)を片手に登場が、脳裏から離れず・・・。
おちゃらけ専門のワタシは、素晴らしい歌声&演奏を堪能しつつ、突っ込みどころもチェックしてました。(脳が勝手に!)
マジメなブログならどうか許して下さいね。
ファンになったのは、彼の曲と歌声が素晴らしいからです。今も昔も好き。


私の好きな曲のひとつであるRide。その演奏が終わった時の拍手が、他の曲の拍手と比べて、一番大きな拍手でしたね。皆さんも好きなんですねこの曲!

私のケータイの着歌はRideで~す。
serene URL 2007年11月07日 01:03:52 編集
>sereneさん
鼻水と投げキスじゃあ、えらい違いですよね(笑)
本当はどっちだったのでしょう?
神様(でび)教えて~!

たしかにおしぼり持ってましたねぇ。
さすが日本通、「風邪にはジャパニーズおしぼりが一番!」と握り締めて登場したのか。
しかも楽屋に大量にお取り寄せしていたりして。
おちゃらけ、歓迎ですよ~☆
David本人が日頃マジメ・キャラなだけに、いじりがいがあるというか(笑)
ついつい脳が勝手にね♪

Ride、本当に良かったですね~。
今晩はEverything And Nothingを聴きながら寝ようかな♪
skysong URL 2007年11月07日 19:26:10 編集
sky songさん、完璧です!!レポ、じっくり読ませて頂きました。^^当日のライヴの様子が思い出されるとともに、sky songさんの書く文章にウットリ!!
ただ、大阪でもデビは何度か咳をしていて、しっかり聞いてしまった私は、最後まで不安な気持ちでデビの歌を聞いていました。(残念!)歌は本当によかったんですけどね~^^今回はなんといってもステちゃんの生ドラムが光ってましたね~感動でした。(只今、先ほど届いたslopeをリピート中!!)playground martyrs♪ライヴで歌ってましたね~誰の曲?って思ってたのですが、ようやく判明しました。(笑)それにしてもsteve、年を重ねるごとに魅力が増して・・・本当に素晴らしい兄弟です。2月のライブ、当たったんですね~おめでとうございます。^^Daveの東京公演のおとしまえ!つけてきて下さいね(笑)
>sereneさん
いつか機会があれば、一緒に出待ちしましょうね!男装で!(笑)
honolulu URL 2007年11月10日 18:45:07 編集
>honoluluさん
長文をお読みいただいて、ありがとうございます(^-^)
そういえば、大阪でも何度かは咳していたかもしれませんね。でも、楽天的な私は、歌声がちゃんとしていたから、その時は全然心配しなかったんですよ~(^^;)

Playground Martyrs、やっぱり誰の曲?って思われちゃいますよね。MCが無いから…。「オレの曲だよ~」なんて横からアピールするキャラじゃないし>Steve

Slopeお買い上げ、ありがとうございます!
パチパチ☆
ますます格好よくなっていくSteve、2月に応援してきますね!落とし前つけてもらえるといいのですが(笑)
skysong URL 2007年11月10日 20:46:33 編集
<honoluluさん
はい!チャンスがあれば、出待ちしましょうね!出待ちした事がないので、出待ちの仕方?伝授して下さい!!

きっとskysongさんとharuさんも出待ちして下さるでしょう!haruさんはきっと「あるモノ」で、でびすてブラザーズを誘き寄せするでしょうね!
まさかすてちゃんの大好きな日本酒!?でおびき寄せしたのでは・・・!?鬼ころしとか・・・美少年ってお酒もありますよね。
男装、頑張ります!
大人の女性の色仕掛けじゃぁ、でびは釣れないよなぁ。

私もお酒大好きだから(強くないけど)、すてなら「飲みに行こう~!」ってストレートに誘えば釣れるかも~!リール巻いて巻いて~!餌は酒で!魚釣り作戦で!コードネームは「酒釣り!」

私、英語出来ないから、事前にskysongさんのレッスン受けて望みましょうよ!


serene URL 2007年11月10日 21:04:47 編集
>sereneさん
日本酒…いい線突いてますねw
やっぱりSteveのイメージというと、昔っからお酒ですものね(笑)
4人男装して並んだらすごい光景になりそうです。
人民服で、Red Armyの旗を持って待ちましょうか?(笑)
skysong URL 2007年11月11日 19:31:56 編集
sky songさん
私、大阪でも咳・咳って書いてしまいましたが、体調が悪いのにもかかわらず、最後まで素晴らしいライブをしてくれたDaveに申し訳ないなぁ~って、反省しちゃいました。ただ心配だったのですが、わざわざその事にふれる必要なかったなぁ~ってなんだか自分が恥ずかしいですぅ・・・。それよりこれが最後のライブにならない事を祈って・・・一日も早くまた日本に戻って来て欲しいです。次回のライブでは、やっぱり人民服で、旗ですかね(笑)いいですねぇ~^^4人でちょっくら笑いとりに行きましょうか!?
>sereneさん
伝授だなんて、そんなそんな・・・ただただひたすら待ってるだけです(笑)後頭部しか見れないかと思いきや、今回は本当にラッキーでした。冷ややかに見られる事もなく(ユカさんは呆れてましたが・・・)、Daveはとても穏やかな眼差しでしたよ。^^その時はまだ元気そうだったので、東京公演でまさかそんなに体調が悪くなるとは・・・驚きました!お腹にきちゃったのかと思ってたら、咳だったんですね~(デビのふぁっきゅー!!の声が聞こえたような・・・汗)それにしても、早く体調良くなってほしいですね~次回の時はぜひお目にかかりたいです。^^
honolulu URL 2007年11月11日 21:31:29 編集
>honoluluさん
申し訳ないとか、反省とか、全然そんなことないですよ~!
同じライブを見ても、気になるポイントや感想が一人一人違って当たり前。それを、こういう場でお話するのもまた楽し。咳を見逃さず、心配し続けた優しいファン心理、素敵だと思います♪

本当に、また生の歌声を聞かせて欲しいです。もっと小ぢんまりしたライブハウスでしっとりと…なんていうのもいいなぁ。
skysong URL 2007年11月12日 00:11:41 編集
sereneさん もしや・・・現場を見てました?(笑)
「美少年」ではありませんが、今回もウケ狙ったネーミングのお酒差し入れてます。
名前きいてのステのリアクションが気になります。
ステの好みはわかるけど、デビは何で釣れるんでしょうね。

honoluluさん 私も芸術ホールで咳がでてたの気になってたんですよ。
でもアンコール2回もあったし良くなったのかな~って安心してたら翌日のオーチャードが・・・
曲の合間で後ろ向いて咳き込む姿は観てて辛かったですね。
お前はステしか観てないだろ~が!とアチコチからお叱りの声が飛びそうですが、けっぱり目の前で咳き込んでるからついつい見ちゃって。
ライブ中にどんどん血の気がなくなっていくんですよ。
観ていて大丈夫なの~?って心配でドキドキしちゃいました。
心配という気持ちがあるのは嘘じゃないけど、でもあっという間に終わった感はどうしても消えないし、
ファン心理は難しいですね~

今度はもっとゆったりしたスケジュールで季節も良い時に来日してほしいですね。
skysongさんの小さいライブハウスでしっとり!って意見に大賛成です。


しかし冬真っ只中のステは大丈夫なのかしら?
今から乾布摩擦でもしてもらって、身体を鍛えてもらわねば(笑)
haru URL 2007年11月12日 21:21:31 編集
>haruさん

sereneさんの予想、めちゃめちゃ鋭かったですね!
やはり現場を見られていたのでは?(笑)

次の入り待ちでは遅いので、今から乾布摩擦の布と手順DVDでもロンドンに送りましょうか?

skysong URL 2007年11月13日 15:04:54 編集
>skysongさん  haruさん
ま、まさか・・・だったのですが、ビンゴですか?現場見てないですよ~。(そんな武勇伝なら見たいです!!)すてちゃんが好きなら皆さん分かりそう!?(笑)

>「美少年」ではありませんが、今回もウケ狙ったネーミングのお酒差し入れてます。

さすがです!ネーミング、気になります!リアクションも!
私の妹が、金沢に嫁に行きましたが、石川県のお酒も旨いっすよ~。
面白いネーミングを探してみますね。
でびは本当に何で釣れるのでしょうか?やっぱりART系の物ですかねぇ。いや、教授の生写真とか・・・。

>ライブ中にどんどん血の気がなくなっていくんですよ。

そうだったんですか!大阪のLiveでのことですか?
オーチャードホールでは、ラストソングの「The Librarian」で辛そうに歌っているようだったので、とても心配でした。本当に辛い中、よくキャンセルしなかったわ!もう、風邪、喉の調子は良くなったんでしょうか。帰りの長距離フライトも辛かったんでしょうね。代われるものなら、私が彼の代わりに・・・と思います。
どうかもう風邪、喉の調子が良くなってますように!!


>honoluluさん

>(ユカさんは呆れてましたが・・・)
ミーハーな私は、この部分に大きく反応しました!!
でもでびちゃんにお会い出来て、本当に良かったですね!ひたすら待った甲斐がありましたよね。いや~羨ましい。

次回は、人民服に旗と毛沢東の写真を持っていきましょうよ~!(毛沢東はマズイか。)


実は、私もでびと握手をした事があるんです。昔ですが。詳細はまた今度でも・・・。
只、skysongさんみたいに英語が話せないので。(号泣!!!)skysongさんが羨ましいですよ~~~!緊張しちゃって「こんにちは」も言えなかった。(号泣!!!)
serene URL 2007年11月14日 00:58:50 編集
>sereneさん
今回のharuさんセレクトの日本酒も、銘柄名が最高なんですよ!
デヴィッドが釣れるのは…
今回のパンフレットで、赤い吸殻入れ(ひらがなで「すいがら」と書いてある)の写真だけなぜか2回も使われていたのが個人的にツボだったのですが、あのすいがら入れを4人で1個ずつ持って立ってるとか…
いかん!どうしても笑いの方向に!(泣笑)

なんと、sereneさん、でびと握手の秘話(?)が!
ぜひぜひ今度詳細を教えてくださいね!
言葉なんか無くていいんです!
愛があれば~(*´o`*)(笑)
skysong URL 2007年11月14日 07:45:37 編集
今回の銘柄の方が周りにはウケたんですよ。
「おんな泣かせ」静岡のお酒らしいです。
ステにぴったり!と酒屋で即決いたしました。
「美少年」はかなり昔の幸宏ツアーで差し入れた記憶がありますね。

>sereneさん
私も英語あまり喋れないんです。
でもね、愛があればなんとかなりますよ~
もちろん英語できたほうがイイにきまってますが。
去年ステと話した時は動揺して頭が真っ白に!
半泣きになりましたが、可哀想に思ったステが通訳さん呼んでくれて訳すよう指示(イイ人だ!)
伝えたいことの半分も言えなかったけど、なんとかなりました。
haru URL 2007年11月14日 15:23:40 編集
>haruさん

「おんな泣かせ」は最高のヒットですよね!

 >半泣きになりましたが、可哀想に思ったステが通訳さん呼んでくれて訳すよう指示(イイ人だ!)

イイ話だぁ!(ToT)

私、2005年の坂本サイン会の時は、事前に話すことを考えていたし、ステもサングラスをかけていたので、緊張しつつもちょこっとお話できたのですが。
その数日後ICCで偶然会えたのですが、ココロの準備が出来てなかったし、サングラスなしのステとバッチリ目が合った瞬間、あまりのカッコよさに全身の力が抜けてしまい…一言も言葉が出ませんでした(泣)。
ほんと、「おんな泣かせ」~(><)
ということで、語学以前の問題もあったりします(*--*)
skysong URL 2007年11月14日 20:16:15 編集
>haruさん

女泣かせ! 最高ですね♪
私は、静岡県民ですがお酒はあまり飲めないので(味は大好きなのに(涙))、「女泣かせ」を知りませんでした。

女泣かせってどんなのだろうとネットで検索して、みて見ました~ (^o^)丿

浮世絵みたいな女の人のラベルのですよね!
ツボです、ツボ!!
最高のチョイスですね♪

そちらの製造元では、、「若竹 鬼ころし」というブランドで知られるお酒も造っているそうですよ~
「鬼ころし」は、デビ向けでしょうか?いや、失礼。

私の住んでいる市から20分ほどで行ける所に醸造元が有るようですので近くまで行ったら生「女泣かせ」見てきます(笑)

sereneさん同様私も出待ちした事がないので御伝授願いたいです、男装でっ!

JAPANの頃ステがよく穿いていた千鳥格子のパンツにそっくりなパンツを少しでもステに近づきたくて穿いていました。
あと、人民服も着てました(恥)。
これも男装? って違うか・・・(#^.^#)
harry URL 2007年11月14日 21:18:35 編集
>harryさん

皆で出待ちするなら、男装して行く&トイレには気をつけましょうね~!アレ、地獄の修行ですよね。心は演奏で感動してるのに、体の自然現象は私の心を裏切る・・・。

>haruさん

「おんな泣かせ」最高ですね!!!私も検索してみました。ラベルも外国人にはたまらない。Theニッポン!って感じで。チョイスが素晴らしい!

>半泣きになりましたが、可哀想に思ったステが通訳さん呼んでくれて訳すよう指示(イイ人だ!)

素敵なお話を有難うございます!読んでいてコーフンでした。すてちゃん、本当にイイ人なんですね!感動だぁ!優しいな~すて。
きっと、すてちゃんはharuさんの事を覚えていますね。

にんにくの日も気合い入れまくり~で。なんせ初ソロライヴを日本で演るのですから~。よっ!会長!

>skysongさん

>サングラスなしのステとバッチリ目が合った瞬間、あまりのカッコよさに全身の力が抜けてしまい…一言も言葉が出ませんでした(泣)。
ほんと、「おんな泣かせ」~(><)

もう、本当に羨ましいです。バッチリ目が合ったんですね~!すてちゃん、歳を重ねてもカッコいいですよね!兄の方は・・・あえてコメントは控えさせて頂きマス(笑)

私の握手事件?ですが、ロバート フリップとアルバムを作った時に、東京でシークレットギグを演ったんです!どなたか行かれた方いらっしゃいますか?
しかも、1日に2回も公演したんです。今じゃ考えられないですよね。

もう、skysongさん好み?の少人数でまったりと。
両方聴いたんですが、2回目は要領が分かったので、運良く1列目のでびの真ん前の席をキープ。チケットを持っていても席はフリーで、先着順で入場の為、好きな席を取れたのです。

で、怒り事件があったので、聞いて下さい。
2回目の時、友達と並んでいたら、男性が後ろに並びました(一人でした。)何気にこちらに話かけたのでしょうが、「シルヴィアンのファン?」と、ものすごくイヤ~な感じで聞くんです。鼻でフンって嫌味笑いをして!いかにもお前らミーハーなんだろって感じで。(いや、ミーハーだけど)
私が「うん」っていったら「やっぱりな~」と。
どうやら、この男性はフリップのファンだったらしく、でびの事はよく知らないようでした。
ぶち切れた友達は「悪かったなっ!!」と言ったから、もう会話はなかったのですが、席が私の隣だったのです。

で、肝心な握手なんですが、アンコールも終わり、観客が出口に向かって帰っていってるのに、ステージ上では、でびがTheフツーにキーボードの所で、お片付けをしていたのです!ちょっと考えられない光景でした。
友達はとても積極的な性格で、このチャンスを逃しませんでした!先に友達が、多分「David!」って声をかけたと思うんですが、もう次に声が出なくて・・・手を出すことしか出来ませんでした~。でびちゃんは、気さくに優しく握手をしてくれました。
で、次にわ、わ、わたしが握手をしたのです!
で、やっぱり、緊張&コーフンで声が出ないんですよ!呆然としちゃって。しかも握手の瞬間はでびの目を見ず、でびの手をバッチリ見ちゃったんです~あぁ後悔!
一応、目も合わせたけど、こんなシャイな自分が憎い。
握手は相手の目を見ながらが基本なのにぃ~。


で、オチで、隣の感じの悪い男性が「俺も!」って握手してもらっていました。
このLiveをきっかけに、Davidの声に魅せられ、大ファンになったら嬉しいのですが。またそうである事を望みます。

Skysongさんの前のブログで書かれていた通り、ふんわりしていて、暖かかったですぅ~
読んでいて「そうそう。」と思いました~。

あぁ・・・長々書いちゃってすいません!!しかもただの自慢話にお付き合い頂いて。ファンの心理とどうか広いお心で許して下さい~。
思い出すだけで、胸が熱くなるんですよ~(しつこい)
この出来事は、わたしの心のヒストリーに永遠に輝きを放つのです。形はなくともココロに!
もうこんな事件ないだろうな~と思うとちょっぴり悲しい・・・。
だからこそ(私は)皆さんのでびすてに会えた!ってカキコに感動しちゃうのです。

本当に長文でごめんなさい。

serene URL 2007年11月15日 01:03:32 編集
>harryさん

私も千鳥格子のパンツ持ってます!(笑)
今でもクローゼットの中に。
やっぱりコーディネートは白いシャツ、しかもスタンドカラーだとなお良し。θ(^-^)θ

デビステ関係のコンサートだと、その路線狙っているのがバレバレすぎるので、ちょっと着る勇気が出ませんがw。

>sereneさん
握手話、どうもありがとうございました♪

あの貴重なシークレットギグに行かれたのですね!
いいなぁ。
そして、Davidが普通にステージでお片付けしていたなんて!それはラッキーでしたね~。
恥ずかしくて目が見られなかった…分かるような気がします。昔から憧れてた人にいきなり接すると、自分がいくつになっていても、憧れ始めた時の精神年齢に瞬間的に帰ってしまうものなのかもれません。

やっぱり当時もふんわり温かい手でしたか(^-^)

>この出来事は、わたしの心のヒストリーに永遠に輝きを放つのです。

分かります、分かります~☆

いつかまた、そんな機会がありますように。
あと、その会場にいた男性がDavidのファンになってくれてますようにw!
skysong URL 2007年11月15日 19:46:11 編集
>sereneさん

お互い修行、辛かったですね(>_<)
ステの時は、お互い修行しない様に気をつけましょう(笑)

生デビに握手してもらった時のsereneさんの気持ち、とてもよく分かりますよ!
私なんて、Live だけでも舞い上がってしまっているんですから生デビなんて失神ものです。

皆さん、デビ・ステにお会いになっているんですね~
何とうらやましい!!

私はまだ触れ合っていないので(涙)、やっぱりニンニクの日のステの入り待ち・出待ちに懸けるしかないかな?

>skysongさん

千鳥格子のパンツ持ってますか!
私は、10代の頃に穿いていて引越しの時か何かに処分してしまって、現在は無いんですが時々ステの昔の写真とか見ると思い出に取って置けばよかったな~と後悔する時がありますよ。

勿論当時は、白いシャツ!(笑)と組み合わせていました。
襟も普通の物と違う変わった形の物でした。
今そのシャツの形を鮮明に思い出しました!
懐かしいなぁ(^_^)

>haruさん

面白い名前のお酒見つけましたよ~

★あ、不思議なお酒(日本酒)
☆いけない酒(日本酒)
★獺祭(だっさい)(日本酒)
☆むかしのまんま(日本酒)
★笑う門には福喜多留(日本酒)
☆くどき上手(日本酒)
★だだっこ(日本酒)
☆蔵粋(くらしっく)(日本酒)
★爆弾はなたれ(芋焼酎)
☆チンタラリ(芋焼酎)
★おつかれさん(泡盛)

等など、お勧めは「くどき上手」でしょうか?
「女泣かせ」の次の「くどき上手」・・・ステって、どんだけ女好き?
Live 後の「おつかれさん」ってのも良いかも知れませんね。
「いけない酒」は、いけないルージュマジックと引っ掛けているのを察してもれえれば受けるかもしれませんね(笑)
harry URL 2007年11月15日 20:46:27 編集
>harryさん
私は会社員時代なんかもよくそのコーディネートしてましたよ~。基本的にベーシック・アイテムなので、流行関係なく着られそうですよね。
ということで、「一家に一枚スロープ」、「クローゼットに一本千鳥格子パンツ」を推奨したいです(笑)。

で、面白い名前の日本酒リスト、すごい、すごい!(笑)
「おんな泣かせ」の次に「くどき上手」…最高です(爆)ステの奥様の目がつりあがってしまうかもしれませんが(^^;)。
「いけない酒」は、むしろデヴィッド向き?
あ、でも清志郎に嫉妬してご機嫌をそこねちゃうかしら?(と、相変わらず8ビートギャグ的思考から抜けられません 笑)
skysong URL 2007年11月16日 14:41:39 編集
皆さま、お久しぶりでぇーす。^^今日は4才になる息子を実家に放り込んできてですね~(笑)ようやく落ち着いて皆さんのコメント読ませてもらっている今日この頃です。^^
>skysongさん
遅ればせながら、「ライブハウスでしっとりと・・・」にとろけそうになりました。しばらく、頭の中はhonoruru worldでグルグル回っていましたよ~(笑)ぜひ、実現してほしいですね。^^それから、赤い吸殻入れには笑わせて頂きました!!sky songさんの発想、だ~い好きです。8ビート書けそうそうですね。^^
>sereneさん
シークレットギグ行かれたのですね~いいですね~^^確か東京のどこかでやるような事テレビのインタビューで言ってたのを思い出しました。でも2回公演ってすごいですよね~!若かったんですね^^daveとの握手、たまりませんよね~失神ものです(笑)気持ち凄くわかります!でも、あの手はお顔同様、見ごたえがあるのでは!?(笑)
>haruさん、ホントにホントにsteveが好きなんですね~ものすごく伝わってきますよ~^^もう早く武勇伝聞きたいですぅ。次のライブまで待てない感じ(笑)それから、2月のライブ楽しんできて下さいね。^^お兄ちゃんから解き放たれて、活き活きとしたsteveが目に浮かびます(笑)また、steveとお話できればいいですね~haruさんガンバって!!
harryさんもsteveのライブ行かれるのですね~うらやますぃ~!!でも、一日だけってやっぱり寂しいですよね~またすぐに戻ってきてくれる事を祈ってます!
honolulu URL 2007年11月17日 19:02:21 編集
>honoluluさん

4歳の息子さん、ご実家でいっぱい甘えられたかしら?
(^-^)
うちの5歳の娘は最近、兄(もうすぐ10歳)と一緒なら親無しでも祖父母宅に泊まれるようになったので、そんな夜はちょっぴり(いや、かなり)楽をさせてもらってます。いないと家の中が妙~に静かで、寂しいですけどね!

すいがら入れ、ウケてくださってありがとうございます♪頭の中のほとんどが8ビート的妄想で占められているもので(笑)。
もしもマンガが描けたなら、今いちばん作品化したいのは、「久しぶりにJBKのレコーディングがあると聞いて喜んでスタジオ入りするリチャード。ところがスタジオにいたのは、JK=ジャンセン&カーンではなく、JK=次長課長だった…。新星JBK、次長バルビエリ課長ここに誕生!」というネタです…(^^;)
このユニット、ぜひライブが見たいんですが!
ヨシモト∞ホール@渋谷で!
skysong URL 2007年11月18日 16:29:27 編集
私もすいがら入れの話はウケました!
しかも私の勝手な脳内イメージは、皆で、すいがら入れを持った、かさ地蔵の格好で並ぶ。
8ビートでボーイ・ジョージがかさ地蔵の格好してましたね。(彼、また捕まりましたね。)そんなイメージです。

実は、わたし今回のツアーパンフ買ってないんですよ~。
開演前に買えばよかったのですが、帰りに買おう・・・と思っていたら、物凄い並んでて、(公演時間が短くてショック受けてたので)めげて帰ってしまったのです。

ウーン。買っていれば、すいがら入れでもっと盛り上がれたのに~ 残念!

リチャードと次長課長!!ウケます~!
serene URL 2007年11月20日 00:42:58 編集
>sereneさん
そうでした!
8ビートでかさ地蔵は「基本」でしたね!(笑)
雪がハラハラ降る中、かさ地蔵の格好ですいがら入れを持って出待ち。泣ける話に…ならないか(笑)。
あら、ボーイ・ジョージ、また捕まったんですか?
彼はちょっと才能の使い方がもったいないことになっちゃいましたね。。。

sereneさんもパンフ買えなかったのですか~。
そのうちサマディのサイトから買えるようになるのではないかと思うのですが…。まだネット販売はしていないようですね。どうなってるんだろう、マーチャンダイズ担当!?

次長バルビエリ課長には、まず「リチャードが東京で部屋を探す」という設定で、かつぜつの悪い不動産屋さんネタをやってもらいましょうかね♪
skysong URL 2007年11月20日 17:23:03 編集
>skysongさん harryさん honoluluさん

お礼を言い忘れていました!
私の握手話の感想を有難うございます。コメント嬉しかったです。
何気にプチ自慢にならないか…と思いつつ、書き込みって、読み手によってむかっ!ってきたりもするので、カキコ、迷いましたが、skysongさんのブログなら・・・と思い書いちゃいました。

私個人的には、前から述べている通り、みなさんのでびすてに会えた話は、幸せな気分になれるのです。
幸せのおすそわけを頂いてる気分です。
そうでない方もいらっしゃるかも・・・と思うのです。

ボーイ・ジョージ君事件、本当です。
ホ○サイトで、モデル募集をし、そのモデル男性に○×★▼したようで、訴えられました。
ネット検索してみて下さい~。
こちらのブログでは、放送禁止用語?だとマズイので(笑)
会社の同僚が中学の時、ジョージ君のファンだったと聞き、朝から大盛り上がりでした。
serene URL 2007年11月21日 00:08:58 編集
>sereneさん
私も、他の人が嬉しく思った純粋な気持ちが伝わってくるお話を伺うのは大好きです☆

たしかに世の中には色々な受け止め方をされる人がいるでしょうが、このささやかなブログの中では、幸せのお裾分け大歓迎ということで♪

ボーイ・ジョージ、そっち路線でしたか(クスリかと思った…)。そういえば、ボーイ・ジョージ抜きでカルチャー・クラブ再結成という無理のある話も以前聞きましたけど、どうなったのかな(^^;)。
skysong URL 2007年11月21日 14:55:45 編集
>skysongさん、sereneさん

私も、皆さんがでびすてに会えたお話聞くの大好きですよ~^^sereneさん同様、私もシアワセな気分になれます。なので安心なさって下さいね。^^
skysongさんは、Daveとお話なさったんですよね~さすがです!私が英語を話せて、会えたとしてもきっと何も話せないだろうなぁ・・・なんて思います。
話変わりますが、ヨガを習ってるのですか?私も随分前に2年ほどやっていたのですよ~「鼻から吸って~」の呼吸法をそこで覚えたのですが、とても体にいいみたいですね!ブログ読んで、もう一度習いたくなりました。^^知り合いが、ヨガとピラティスを習っているのですが、身体の深部の筋肉を安定させて、ボディバランスを整えるプログラムらしいのですが、とても体が軽くなったそうです。私はピラティスがどのようなものか解らないのですが、機会があればぜひ習ってみたいです!!
honolulu URL 2007年11月22日 16:58:10 編集
>honoluluさん
Davidとお話できた時…会えただけでもラッキーだったのですが、なんだか自分の中に勢いがあったんでしょうね(^^;)。Steveの時は「(仮称)おんな殺し光線」にやられてダメダメ・モードになっちゃいましたが(笑)。
あのDavidにツッコミを入れてしまったと思い返すと、我ながらツワモノと呆れるやら感心するやら(苦笑)。

そして、honoluluさんもヨガをやっていらしたのですね!しかも、2年も。忙しくなったり、継続が困難になる時もあるでしょうが、私もなるべく長く続けたいと思っています。まずは、目標1年で。できれば、一生!
honoluluさんも機会がありましたら、ぜひ再開を。
そして、初心者の私に教えてください!(笑)
ヨガとピラティスを組み合わせたヨガラティスなんていうのもあるらしですね。お知り合いがなさっているのは、それかしら?深部筋って大切みたいですね。こうしてパソコン打っている時も、正しい筋肉が使えていれば肩こりなんかも減るんだろうな~。(って、結局パソコン中毒なんだから 笑)
skysong URL 2007年11月22日 21:57:10 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。