スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Portishead / Chase The Tear ('09)

昨年末からずっと、音楽を聴く時間と気持ちのゆとりがなかなか持てなかったのですが、ようやくなんとなく平常運転に戻れそうな気がしてきました。
これは昨年12月に人権団体アムネスティのチャリティとして発表されたポーティスヘッドの曲。
日本からはチャリティとして購入できるようになっていないのが残念ですが。。。



シーケンサー(でいいのかな?)から延々と繰り出される無機的なベースに重ねられた、べス・ギボンズの搾り出すようなかすれ声。「ここぞ」という時だけに絞って挿入されるギター。
無機質さと生々しさ、緻密さとラフなエッジの絶妙なバランス。
惚れました!
ファーストやセカンドの頃のポーティスとは全然違ってきましたね。
でも、いい。





スポンサーサイト
2010年01月26日 | Comments(2) | 音楽[P]

Northern Portrait / Criminal Art Lovers ('10)

突然ですが、もし、ずうーっと昔に好きだった人のソックリさんが目の前に現れたら、誰でもとまどいますよね?
どうしてこんなに似ているんだろう?と、意味もなくオロオロしたり(笑)、逆に似ていないところを一生懸命探して安心しようとしたり。そんなシチュエーションはとっても疲れそうなので現実としては真っ平ごめんなのですが(なんて書くまでもなく、まず無いだろうけどw)、音楽だったら、そんなとまどいもちょっと楽しいかも。と、思わせてくれたのがデンマークのバンド、Nothern Portrait。

Northern Portrait Myspace



何のソックリさんか、とっても分かりやすいですよね(笑)?

ライブバージョンはこちら。

ボーカルくん、クネクネしないんだ!?とか、間違い探し(?)もまた楽し。
歌詞も頑張って屈折感を出そうとしてますが、M氏の域までは…(較べるのも酷か)。
音もまあ、似てはいるけど全体的にサラリとしてますよね。良くも悪くも聴きやすい。

でもやっぱり、このキラキラしたギターのフレーズ、メロディーラインには有無を言わさず惹かれちゃうんですね~。
もうなんか、長年刷り込まれている感覚にストレートに響いてくるもので。
ここはとりあえず、つべこべ言わずに楽しんじゃおう。

これまでシングルが2枚出ていて、そちらはeMusic(The Fallen Aristocracy , Napoleon Sweetheart)で入手済みだったんですが。。。



今年1月リリースのファーストアルバムのジャケはなんと言ってもサヴォア邸なので!
これもeMusicに入ったんですが、やっぱりCDを買おうかな~っ(><)
と、悩むのもまた楽し。
CriminalArtLovers

あ、YouTube映像を貼ったCrazyという曲は、シングルThe Fallen AristocracyとアルバムCriminal Art Loversの両方に収録されています。
2010年01月25日 | Comments(4) | 音楽[N]

The New Pornographers / All The Old Showstoppers

A Happy New Yearとご挨拶するにはやや遅くなってしまいましたが、代わりにnewつながりで(苦しいな^^;)カナダ出身ザ・ニュー・ポルノグラファーズの2007年のアルバム、チャレンジャーズからのナンバーを。
キャッチーなリフと謎めいた歌詞が後引く曲で、一時期ほんとうにリピートしまくってましたね。



When John he saw the numbers he lied
Made up the whole thing, failed when he tried
To cash in on his cautious new fame
Always the numbers but never the name

(中略)

And somebody beside you
Slipped your head inside the crown
The princes of the paupers
And all the old showstoppers
Till this moment's still unknown

(後略)

(原詞全体は こちら


寓意が盛りだくさんのこの歌詞、翻訳はとても難しい。。。
英語でJohnなら、ごく一般的な男性の名前としての「ジョン」と、聖書に出てくる「ヨハネ」の両方をさすことができるけれども、日本語に訳すとなると、どちらかになってしまうわけで。
Johnとnumbers ⊇ 黙示録のヨハネと数字「666」
princeとpauper ⊇ マーク・トウェインの『王子と乞食』(顔がそっくりの王子と乞食の少年が入れ替わる話)
略した部分には天使ガブリエルやセイレーンも登場します。
こうしたメタファーの数々を使って、この曲を書いたA.C. Newmanが誰に何を言いたかったのかは、全く分かりません。
でも、ここ2・3日、この歌詞が再び頭の中にひっかかっているのでした。


あと、このアルバムではDan Bejar(Destroyers)の書いたMyriad Harbourという曲も大好きです。
ビデオがまたインパクト大!
http://www.youtube.com/watch?v=xO_VONrCJQE




The New Pornographers Myspace
2010年01月12日 | Comments(4) | 音楽[N]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。