スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Mick Karn "Japan & Self Existence"

1ヶ月間更新していなかったら、

「上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。 」
というのが表示されるようになっちゃった。コメントをいただいたおかげで気付いたんですけど…。

この秋はワードローブの大整理をしてまして、使える時間とお小遣いのほとんどを、洋服類の処分・収納と新規購入にあてておりました。それにしても、ファッションとは永遠に完成することのないパズルのようなもので、「このトップスに合わせてこんなボトムスが欲しい」とか、「それに合わせてこんな靴が…」なんて考え出すと止まらない、止まらない。そろそろ「誰か私を止めてーーーー!」な飽和状態に近づきつつありますので、エネルギーの矛先を変えていかなくてはいけませんね。

まずはリハビリで、遅ればせながら、ミック本"Japan & Self Existence"の感想を。
japan existence

んー。面白い部分「も」多々ある本でした。
ミックの観察眼や言い回しはウィットに富んでいて、特にギャビン・ハリソンの足に関する描写には大笑い!深夜に思わず「山田くーん、ざぶとん1枚」と言いたくなりました。
あとはやはり、デヴィッド達と知り合った高校時代のエピソードやデビュー当時の裏話が面白かったですね。彼らのマネージャーだったサイモン・ネイピア・ベルの著書"Black Vinyl White Powder"と被る部分もありますが、やはりメンバーの1人だったミック本人による記述とマネージャーの視点では細かな違いがあるので、合わせ読むと興味深いです。アンジー・ボウイとの関係について書かれた部分にも、「へぇ~、ほぉ~?」とゴシップ心を目覚めさせられましたが、その後の女性遍歴(?)を読んでいくうちにだんだん「過ぎたことなんんだし、いいんじゃない?公にしなくても」という気分になってきてしまいました。まあ、ミックが、真面目で不器用で傷つきやすい繊細な人だということは、よくよく伝わってきましたけれど。
そして、時系列順ではなくランダムに並べられたエピソード群の、最後の方にRain Tree Crowに関するすったもんだが置かれていることもあり、読後感がなんとも悪いものになってしまいました。

まあ、Rain Tree Crowに限ったことではなく、Japan時代の作曲クレジットが全部デヴィッドになっているということも相当尾を引いているようで。スミスも訴訟になってましたよね。。。
売れ線の音楽を大量生産するようなタイプのミュージシャンだったら、キャリア初期の4枚程度のアルバムの印税なんてどうってことがなさそうですが、マイナーでアーティスティックな音楽をマイペースに発表していく自由度を保証するのに、その印税の有無でかなりの違いが出てきてしまうのでしょう。
その件ではデヴィッドはちゃっかりしていたのかもしれないし、まあ、色々難しい部分の多い人なんだろうな、というのは想像できるのですが。
でも、それをオンデマンド出版の本でいくら書き立てても、残念ながらデヴィッドには大した打撃は与えず、ミック本人の品位を落とすことにしかならない気がします。そして、せっかくの音楽作品に泥を塗ることに。ゴシップライターならいざ知らず、自らが関わった作品に泥を塗るとは、アーティストをやめる覚悟があるのか?と問いただしたくなります。

とにかく。
いろいろ厳しい状況のようですが、作品で勝負して欲しいものです。
ということで、ミックの新譜、読後の嫌~な感じがもう少し抜けてきた頃に、注文します(^ ^;)


☆Mick Karn "Japan & Self Existence"注文はこちら

☆Simon Napier-Bell  "Black Vinyl White Powder"



スポンサーサイト
2009年11月17日 | Comments(19) | Trackback(0) | 小説以外の本
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。