スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

次にしたことは…

旅から帰ってきて、まず最初にしたのはホニャララ。(正確には、片付けや洗濯ですけど、趣味の分野では)
その次はradioheadのサイトへGO☆

まずは1ポンドでHarry Patch (In memory of)のダウンロード購入
もう、旅行中からムズムズしていたんですよね~。
旅先でメールニュースのタイトルを見た時は、「Harry Patchって誰?ハリー・ポッターに出てくるキャラ?(我ながら安易…^ ^;)」って感じだったのですが、第一次大戦の退役軍人の方がごく最近までご存命で、4年ほど前までラジオにも出演されていたというのには驚きました。
パッチ氏が111歳で亡くなるほんの数週間前に、彼からインスパイアされたこの曲をレコーディングしていたという事実にも奇しき縁を感じます。
radioheadというよりはトム+ジョニーのストリングスという趣ですが、パッチ氏のメッセージを歌うトムの、か細く、若干よろめき気味の(いつものことですが 笑)声を聴いていると、思わず「お骨」を連想してしまいました。
読む方によっては嫌な気持ちになるかもしれませんが、祖父や祖母の葬儀でお骨を拾ったとき、その穢れなき白さに胸打たれたのを思い出したのです。生きている間には、良いことだけでなく嫌なことなどもあっただろうに、全てが浄化されたような白さには、見ているこちらが何故だか救われるような心持になりました。線が細くても芯に強さを感じさせるトムの声が、そのイメージにシンクロして。
そして、澄んだ水のようなストリングスが、その声を包み込み、さらに、さらに浄化し、磨き上げていく…。

(前略)
i've seen hell upon this earth
the next will be chemical but they will never learn

歌詞と、この曲の詳細については こちら を。
収益金は英国在郷軍人会(The British Legion)に寄付されるとのことです。

さらに、無料ダウンロード提供の、These Are My Twisted Wordsも。
こちらは無料なのに、音だけでなくアートワーク(もちろんdonwood and tchockによるもの)のPDFまで付いてきて、思いがけない夏のプレゼントを貰ったみたいですごく嬉しい!PDFファイルのアートワークはトレーシングペーパーにプリントアウトして好きなように重ねて楽しめるようになっていて、さらに嬉しかったり。うちのプリンタで綺麗に印刷できるかしら。

音の方は、ギターが織り成す不穏な音響のトンネルを走り抜けるようなイメージ。エコーがふんだんにかかったトムの歌声には、ブレードランナーの巨大スクリーンに映る映像のようなバーチャル感があって。歌詞は帰ってこない恋人(?)に呼びかけるシンプルなものですが、この声のエフェクトによるバーチャル感が、語り手と相手の距離を一層感じさせて、なんともせつないです(涙)



Harry Patchのように「美しい」radioheadも良いんですが、Twisted Wordsでアヤシイ系radioheadも健在なことにホッとする私でした(笑)
スポンサーサイト
2009年08月22日 | Comments(15) | 音楽[R]

まず最初にしたことは…

1週間、北陸の某市に行っておりまして、昨日帰ってまいりました。

家を空けるとあれこれ雑務が溜まっているわけですが、一通り落ち着いたところで真っ先に済ませたのがコチラ↓のプレオーダー。

manafondelux

David Sylvian / Manafon[CD+DVD Deluxe Edition]
$85+shipping surcharge$7+shipping$20.8=$112.8
うぉーおぉ、こんな金額に!(><)
でも、でも、久々のデヴィッドの新譜だから仕方がないんだってばよう!

なんでも、金エンボス文字の布装丁ハードカバーブックレット2冊が、布装丁のケースにおさまる仕様だそうで、重厚~な感じですね。
CDのブックレットはフルカラー40ページ、福井篤とRuud Van Empelによるアートワーク、全曲の歌詞を収録。
DVDのブックレットはドキュメント映像Amplified Gestureに付随するものでフルカラー24ページ(Clive Bellによる序文、このドキュメントに関わる人々の写真とバイオグラフィー)。
DVDディスクにはアルバムの5.1サラウンド音声 (Dolby & DTS)と PCMステレオバージョンも収録。
加えて、福井篤によるデヴィッドのポートレート(デヴィッドと福井氏のサイン入り18.5cm x 23.5cm)封入。

ってことだそうですが、正直、装丁がどうとかオマケがどうというより、もう、純粋にデヴィッドのだからつべこべ言わずに買っとけ>自分 という動機で動いております(苦笑)
きっと手袋付けてそーっと鑑賞した後は、汚さないように封印しておくことになるんでしょう(^ ^;)


さらに(半ばやけくそ?)日本盤も予約!



ボートラ1曲(アルバム収録曲Random Acts of Senseless Violenceのリミックス)&SHM-CD(違いが分かるの?という話も  ^ ^;)というだけで…

だって、だって、久々の新譜だから仕方がないんだってばよう!
それにね、重厚な布装丁も良いけれど、鹿クンのジャケも欲しいじゃない?
manafon


べんべんべんべんべんべんべんべん、
ひゃら~♪

(ハイ、子どもに付き合ってNARUTOの映画を観てきました。それはともかく。)

9月にはRadioheadデラックスエディションの後半リリースもあるし、出費がかさみます(><)
影分身の術を使ってしゅばばばばっと数人分働きまくれたらいいんですけどね。
あ、でも、疲れも影分身の人数分どっと来るのか?

まあ、なんとかこの秋を乗り切りたいと思います。(^ ^;)

David Sylvian.com
Manafon
☆ファンサイトDavidSylvian.net











2009年08月18日 | Comments(18) | 音楽[S]

祭りの後

サマソニとワーハピも終わり、祭りの後の余韻と寂しさをかみしめています。
今日から某地方都市に来ていまして、明日はキャンプでテント泊だったりしますが、なるべく記憶が薄れる前に記事にしたいと思います☆

ひとまず、関係者各位、お疲れ様でした!
2009年08月10日 | Comments(4) | Trackback(0) | 未分類

All Kinds Of Everything

サマソニ2日目にThe Specialsが出るので…
You Tubeでテリー・ホール関係をいろいろ検索して懐かしんでいたところ、シニード・オコナーとのデュエットに行き当たりました。


髪の毛のあるシニード、初めて見ましたよ!(興奮w)
かわいい!
「ったく、しょうがねぇなぁ…歌ってやっか」って表情のwテリーもカッコいいですなぁ。
1997年か98年頃でしょうか。

この曲について調べてみたら、もともとアイルランドの歌手Danaが1970ユーロヴィジョン・ソング・コンテストで優勝を勝ち取った曲のカヴァー。なのでオリジナルはデュエットではないのですね。
それにしても、2人とも全く気負わず淡々と歌ってますが、それぞれの声のテクスチャーがとても心地よいです。


シニードとテリーによるカヴァーは下の2枚のコンピレーションに収められています。

VA / A Song For Eurotrash


Sinead O'Connor / Collaborations
collaborations

(HMV)
2009年08月03日 | Comments(6) | 音楽[VA]

サマソニ計画☆1日目

今のところこんな感じで見ようかな、と思ってます(^-^)

<東京一日目 8/7>タイムテーブル

11時まで仕事なので、幕張到着は1時すぎになりそう。
Boys Like Girlsが見られなくて、ちょっと残念(ミーハー)

1:00~ School Of Seven Bells (Sonic Stage)


14:05~ Kyte (Sonic Stage)


15:15~ 65daysofstatic (Sonic Stage)


16:05~ Phoenix (Mountain Stage)


Phoenix終了後、お食事タイムかな。
ここらへんまではあまり迷いが無いんですけど…18時過ぎからはすごく困ってしまいます。
18:20~ Nine Inch Nails (Marine Stage)は、ラスト・ツアーと言われていることもあって、もちろん見たいわけですが…

14年前のトレント…若い&細い(笑)

18:45~ The Enemyも見たいんですよ~

英コヴェントリー出身の3人組。英国王道系、ほんとツボど真ん中な音なんですよね。

で、The Enemyの後半は
19:20~ Mogwai (Sonic Stage) と被ってる…(><)


さらにMogwai後半は
20:15~ Kasabian (Mountain Stage) と被ってる(泣)
セカンドはあまり好みではなかったんですが、サードアルバム「ルナティック・アサイラム」はファーストのアヤシサが復活しつつも曲の幅が広がっていて、ぜひぜひライブで踊りまくりたい!と熱望中。
ああ、どうしよう~(><)


ノエルとトムの会話…単語を発するたびにもれなく「ファッキン」が付いてきちゃうのねwww

で、Kasabianが終わったらAphex Twinをラストまで見るかな…。


C&C(カレー屋さんかい?w)のお二方は、どうしますか~?
あと、Tシャツ来ましたよ♪

2009年08月02日 | Comments(12) | 音楽[VA]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。