スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Cello Song

26歳で早世した英国のSSW、Nick Drakeのファーストアルバムに収められた名曲Cello Song。

AIDSチャリティー・コンピレーションDark Was The NightでのThe Books Feat. Jose Gonzalezバージョンも、とても素晴らしくて。緻密な手工芸品のようなニック・ドレイクのアコギの音を、シンプルな打ち込み音で置き換えつつ繊細にほどこされたアレンジ。印象的なチェロのサウンドは原曲のイメージのまま。

The Booksバージョンを聴いていると、長距離列車の車窓から見える、電線が微妙に上下動しながら続いていく様子をなぜか思い出しました。なんとなく、列車の音を連想させるようなカチャカチャした音がバックに小さく入っているからでしょうか。子どもの頃、長い列車の旅の間、退屈しながらあの電線の動きをボーっと見ているのが好きだったなぁ。いや、当時は純粋に退屈していただけで、大人になって懐かしく感じられるだけかも。


そんな「旅」ないし「漂泊」の感覚が、Dark Was The Nightのそこここに漂っています。
Cello Songに続くTrain Songも、しかり。カナダの歌姫ファイストのニュアンスに満ちたヴォイスをベン・ギバード(Death Cab For Cutie)が渋く受け止め、列車に乗って昔の恋人に会いに行く心情を切々と歌います。Antony and the JohnsonsのAntonyとBryce Dessnerがコラボした、ボブ・ディランのカバーI Was Young When I Left Homeも、旅情たっぷり。。。

様々なアーティストが様々なカバーやオリジナル楽曲を提供したコンピレーションながら、互いに切り離されたものが個別に並べられているという感覚ではなく、どこか見えない糸のようなものでゆるく関連しあっているように感じられるアルバムになっていると思います。

旅情もそうなのですが、昔のアメリカを彷彿とさせる南部の香りもふんだんで、米国の大統領が変わったばかりでもあるし、アメリカ的なるものを再び見つめ直す旅、のように聴こえてしまうのは深読みしすぎかもしれませんが、私にはそういう風に聴こえる部分が多々ありました。

Nick DrakeのCello Song

(歌詞は こちら)


The Books Featuring Jose GonzalezのCello Song
(クリックで試聴↓)


Dark Was the NightDark Was the Night
(2009/02/17)
Various Artists

商品詳細を見る


THIS DISC
1 Knotty Pine – Dirty Projectors + David Byrne
2 Cello Song (Nick Drake) – The Books featuring Jose Gonzalez
3 Train Song (Vashti Bunyan recorded, written by Alasdair Clayre) – Feist + Ben Gibbard
4 Brackett, WI – Bon Iver
5 Deep Blue Sea – Grizzly Bear
6 So Far Around the Bend – The National (arrangement by Nico Muhly)
7 Tightrope – Yeasayer
8 Feeling Good (popularized by Nina Simone) – My Brightest Diamond
9 Dark Was the Night (Blind Willie Johnson) – Kronos Quartet
10 I Was Young When I Left Home (Bob Dylan) – Antony + Bryce Dessner
11 Big Red Machine – Justin Vernon + Aaron Dessner
12 Sleepless – The Decemberists
13 Stolen Houses (Die) – Iron and Wine
14 Service Bell – Grizzly Bear + Feist
15 You Are The Blood – Sufjan Stevens

THAT DISC
1 Well-Alright – Spoon
2 Lenin – Arcade Fire
3 Mimizan – Beirut
4 El Caporal – My Morning Jacket
5 Inspiration Information (Shuggie Otis) – Sharon Jones & The Dap-Kings
6 With A Girl Like You (The Troggs) – Dave Sitek
7 Blood Pt 2 (based on original song “You are the Blood” by the Castanets) – Buck 65 Remix (featuring Sufjan Stevens and Serengeti)
8 Hey, Snow White (Destroyer) – The New Pornographers
9 Gentle Hour (Snapper) – Yo La Tengo
10 Another Saturday (traditional song) – Stuart Murdoch
11 Happiness – Riceboy Sleeps
12 Amazing Grace (traditional song) – Cat Power and Dirty Delta Blues
13 The Giant Of Illinois (Handsome Family) – Andrew Bird
14 Lua – Conor Oberst + Gillian Welch
15 When the Road Runs Out – Blonde Redhead + Devastations
16 Love vs. Porn – Kevin Drew


スポンサーサイト
2009年02月26日 | Comments(2) | 未分類

今年の夏はサマソニかな…?

サマソニ09の第1弾アーティスト発表がありました。
http://summersonic.com/09/lineup/index.html
第1弾でここまでそそられるのは初めてかも。
やっぱりモグワイは一年に複数回来てくれるのね(嬉)

まだ発表されていないフジのラインナップも一応気になるところですが、やっぱりサマソニが近くて楽だなぁ。
あと、気になるのは、某YTさん主催のフェスの日程です。またサマソニにぶつけてくるの~?(笑)
2009年02月26日 | Comments(8) | 未分類

Sufjan Stevens / You Are The Blood

The Nationalのメンバーが中心となってコーディネートした、2枚組のチャリティー・コンピレーションDark Was The Night(4AD)。まだ手元に届いたばかりですが、Sufjan Stevens(スフィアン・スティーヴンス)のYou Are The Bloodにやられています。
これは、SufjanのレーベルメイトCastanetsの曲のカヴァーですが、すごいことになってる…。
この世の混沌、美、不安がこれでもか!とばかりに渾然とこめられていて。

Pitchforkで
It's refined and cacophonous at once, working as much within the classical and jazz traditions as folk and/or rock-- Gerswhin meets Yorke, maybe?
「この曲はフォークおよび(あるいは)ロックと同じくらいクラシックやジャズの伝統にも取り組んでおり、洗練されていると同時に騒音に満ちている。-----ガーシュウィン・ミーツ・(トム)ヨーク的とでも言おうか?」と評されたのも頷けます。
レディオヘッド的なカオスを感じるんですね~。
http://www.pitchforkmedia.com/article/download/148784-new-music-sufjan-stevens-you-are-the-blood-castanets-cover-stream

このウィジェットで試聴できますので、興味のある方はぜひ☆



you are the blood flowing through my fingers
all through the soil and up in those trees
あなたは私の指を流れる血液
大地から木々にも流れゆく

you are electricity and you're light
you are sound itself and you are flight
あなたは電気 あなたは灯り
あなたは音そのもの あなたは飛翔

(後略)
(日本語訳 skysong)

オリジナルのCastanetsバージョンはこんなアレンジ。
これはこれで、かなり好きですけれど。


Dark Was The Night オフィシャル
Dark Was the NightDark Was the Night
(2009/02/17)
Various Artists

商品詳細を見る


まずスフィアンのインパクトが大きかったですが、他もグッとくる曲がいろいろあって、これからもっと聴きこみたいコンピです。

…と、こんなん書いてますが、夕方から急に風邪っぽい感じに(汗)
明日、ひょっとするとやばいかもしれません>関係者各位
薬飲んで寝て、朝になったらスッキリしていると良いのだけれど(><)
2009年02月19日 | Comments(5) | 未分類

David Byrne & Brian Eno / Strange Overtones

先月のデヴィッド・バーン公演の1曲目に演奏された、Strange Overtones。
困っている人に手をさしのべるような行為、古臭くて流行遅れかも知れないけど、僕は共感するよ、という主旨でしょうか。
音楽のメタファーも分かりやすくて、ハートウォーミングな歌詞だと思います。

Life Is Longも訳そうとしているんですけど、1行でひっかかって難航中(苦笑)



I wake up ev'ry morning
I hear your feet on the stairs
You're in the next apartment
I hear you singing over there--
毎朝目覚めると
階段を歩く君の足音が聞こえる
アパートの隣室から
君の歌声が聞こえる

This groove is out of fashion
These beats are 20 years old
I saw you lend a hand to
The one's out standing in the cold--
このグルーヴは流行遅れ
このビートは20年前のもの
寒空の下立ちつくす人に
手を貸す君を見かけた

Strange Overtones
In the music you are playing
I'll harmonize
It is strong and you are tough
But a heart is not enough-
君が奏でる音楽の
風変わりな響き
僕もハーモニーを加えよう
その音は力強く君はタフだけど
ひとりの心だけでは足りないから

Put on your socks and mittens
It's getting colder tonight
A snowball in my kitchen
I watched it melt before my eyes--
靴下とミトンを身に着けて
今夜は冷え込んできた
僕のキッチンの雪の玉が
目の前で溶けていった

Your song still needs a chorus
I know you'll figure it out
The rising of the verses
A change of key will let you out--
その歌はまだサビを必要としている
きっと君はその旋律を見つけるだろう
曲調が高まり
転調(change of key)で鍵を替えれば
出口が開く

Strange overtones
Though they're slightly out of fashion
I'll harmonize
I see the music in your face
That your words cannot explain
風変わりな響き
ちょっと流行遅れだけれど
僕もハーモニーを加えよう
僕には見える
君の顔に浮かぶ
言葉では説明できない音楽

Strange Overtones
In the music you are playing
We're not alone
It is strong and you are tough
But a heart is not enough--
君が奏でる音楽の
風変わりな響き
僕らだけじゃないよ
その音は力強く君はタフだけど
ひとりの心だけでは足りないから

(Lyrics by David Byrne)
(日本語訳 skysong)
2009年02月15日 | Comments(2) | 未分類

深い静寂の中、黄金とダイヤモンドを捧げる

どうも今年に入ってから気分がダウナー寄りです。
まあ、昨年末に風邪をひいて、体力が落ちた状態でスタートしたというのもありますし。
純粋にトシ(今に始まったことではないですが 苦笑)のせいで元気がないという説もw。
でももうひとつ、年明け早々に知人が自死したのも、心に影を落としているようです。

一応「知人」と書いたものの、20年ほど前に大学の新入生歓迎オリエンテーションで数回同席しただけの後輩で、その後ずっと接点もなく、本当は「知人」を名のる資格も私にはないかもしれません。
2、3年前、彼が仕事上でかなり大きなミスをしたと風の便りに聞き、「そういえば、そういう人がいたな。」と思い出し、事の顛末を案じていました。それでも、記憶に残る20年前の彼はかなりエネルギッシュで明るい人だったので(&ちょっとお調子者)、困難な状況でも乗り越えていくのではないかと楽天的に期待していました。そんな中、今年に入って飛び込んできた訃報。

さほど深い知り合いだったわけではないけれど、様々な可能性が目前に広がっていたあの頃、あの若き時代に多少なりとも面識のあった人が、失意のうちに自ら命を絶ったという結末には、暗澹たる気持にならずにはいられません。

それに、彼は確かにミスを犯したのですが、そのミスが発生した経緯にしろ責任の取らせ方にしろ、彼が属していた組織にもかなり問題があったのではないかと憤りを感じています。
「自己責任」とは一見もっともらしいですが、一個人が責任をかぶることで逆に隠蔽されてしまうものもあるのではないか。そもそも、何でもかんでも「自己責任」で片付けていくようになると、社会全体が、失敗から学んで成長する機会のない場所になっていきそうな閉塞感をおぼえます。

まあ、私が伝え聞いている以上に、色々なことがたくさんあったのでしょう。
死ぬまで黙っているしかなかった事実も。
部外者の私が滅入ったところで何にもならないし、本人やご家族の苦悩とは全く桁違いのものであることは自覚しているつもりですが。
それでも、できることなら、失意のうちに去った彼に、大学に入りたての頃、あの場にいた皆に平しく注がれていた可能性の輝きの残照を届けてあげられたら、と思うのです。年月を経て、紆余曲折を経て、だいぶ輝きも薄れ、暗闇の中の砂金ほどになっていたとしても。
そのささやかな輝きを必要としているのは、未だ生きている私達に他ならないのだけれど。

Byrne&EnoのEverything That Happensを聴いていると、微かな光に優しく包まれているような、救いを感じます。起こるべきことは全て今日起こり得るから、生ける者たちの間で黄金とダイヤモンドを捧げることを忘れないようにしたいです。

Nクン、とてもつらかったんだね。
何もしてあげられなかったけれど、どうかこの歌の光が、君にも届きますように。



I ride on a perfect freeway
Many people on that road
I heard the sound of someone laughing
I saw my neighbor's car explode
Just up ahead
Against the sky
Quicker than you blink your eye
完璧な高速道路を走る僕
道にはたくさんの人々
誰かの笑い声が聞こえ
僕は見た
隣人の車が爆発するのを
すぐ目の前で
空をバックに
まばたきよりも瞬時に

Oh my brother, I still wonder, are you alright?
And among the living, we are giving, all through the night
兄弟よ、僕はいまでも思う
君は大丈夫かい?
生ける者たちの中で、僕らは捧げる
夜の間ずっと

From the milk of human kindness
From the breast we all partake
Hungry for a social contract
She welcomes you with dark embrace
puts socks and shoes
Upon our feet
Little fishes swim upstream
人間の温情という乳を
僕らはみな乳房から分かち合う
社会的契約に飢えて
彼女は暗い抱擁で迎え入れ
僕らの素足に
靴下と靴をはかせる
小魚達は上流へと泳ぐ

Oh my brother, I still wonder, are you alright?
In the deepest silence, gold and diamonds, all through the night
兄弟よ、僕はいまでも思う
君は大丈夫かい?
深い深い静寂の中、黄金とダイヤを捧げる
夜の間ずっと

Everything that happens will happen today
And nothing has changed, but nothing's the same
And every tomorrow could be yesterday
And everything that happens will happen today
起こるべきことは全て今日起こるだろう
何も変わっていないが
何も元のままではない
全ての明日は昨日になるはず
起こるべきことは全て今日起こるだろう

Everything that happens will happen today
And nothing has changed, but nothing's the same
And every tomorrow could be yesterday
Everything that happens could happen today
起こるべきことは全て今日起こるだろう
何も変わっていないが
何も元のままではない
全ての明日は昨日になるはず
起こるべきことは全て今日起こり得るんだ

(Lyrics by David Byrne)
(日本語訳 skysong)
2009年02月13日 | Comments(4) | 音楽[VA]

d'Agostino / Foxx / Jansen

何年も前にジョン・フォックスのサイトに「スティーヴ・ジャンセンとコラボした」と書かれ、「へぇ~?」と思いましたが、ようやくアルバムとして世に出ることになったようです(^-^)
タイトルは A Secret Life。

ハロルド・バッドがライブ活動を止めると宣言した時の(結局その後、気が変わったようですが 笑)Harold Budd Farewell Concertにフォックス氏とスティーヴの両者が参加したのがきっかけなので、2005年にスタートしたプロジェクトですね。

キーボード奏者&レコーディング・エンジニアのSteve d'Agostinoさんはどんな音を出される方なのでしょう?
4月6日のリリースを待ちたいと思います。

Release date: April 6, 2009
Label: Metamatic Records
http://www.stevejansen.com/news/a_secret_life_dagostinofoxxjansen.html
http://www.stevejansen.com/news/a_secret_life.html
2009年02月10日 | Comments(8) | 未分類

15 Step

グラミーでのパフォーマンス、マーチングバンドと一緒とは(笑)
YouTubeに上がっている動画だと音はモコモコしてしまっているけど[2/10 少し音が良い動画に差し替えました]、実際の会場の音はどんな感じだったのかな?



トム、髪の毛長いですね。
あれ?でもエドとコリンとフィルはどこ?(^ ^;)
2009年02月09日 | Comments(3) | 音楽[R]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。