スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

気になるチャリティー・コンピレーション

私が好きで、何度か記事にしているアメリカのバンド、The National。
彼らは5人中2組も兄弟がいるというユニークな編成なのですが、そのうちのデスナー兄弟(AaronとBryce Dessner)が中心となって、チャリティー・コンピレーション盤の企画が進行しているそうです。
これは「ポップカルチャーを通じてAIDSと闘う国際組織」Red Hot(1989年以来、14枚のAIDSチャリティー・アルバムを出している)のためのコンピで、2009年2月、"Dark Was the Night"というタイトルで4ADよりリリース予定とのこと。

4ADというだけで、すでにちょっとトキメイてしまいますが(笑)、メンツを見るとさらに!
Pitchforkの記事によると、
Sufjan Stevens, Feist with Grizzly Bear, Feist with Ben Gibbard, Grizzly Bear by themselves, the Decemberists, Sharon Jones & the Dap-Kings, the National with Nico Muhly, David Byrne and Dirty Projectors, Bright Eyes, Spoon, the New Pornographers, Antony (with Bryce Dessner), Belle and Sebastian's Stuart Murdoch, the Books with José González (covering Nick Drake's "Cello Song"), Blonde Redhead, Bon Iver, Andrew Bird, My Brightest Diamond (covering "Feeling Good", famously interpreted by Nina Simone), Sigur Rós offshoot Riceboy Sleeps, and TV on the Radio's David Sitek.

わお~☆

シガロスのヨンシーと友人アレックスのプロジェクト、Riceboy Sleeps(Myspace)なんかも引っ張ってくるとは。
FeistとBen Gibbard (Death Cab For Cutie)とか、どういうつながりなんでしょう?という感じですが、見ているだけでウズウズしてくるリストです。

Riceboy Sleeps / All The Big Trees


The National / Slow Show


The National / Fake Empire

この曲はタイトルがタイトルなだけに、アンチ・ブッシュ&バラク・オバマ応援に使われたそうで。
元々は政治的な歌よいうよりも、「『政治なんてものは存在しない』と思いたがっている」心境についての歌だと、とボーカルのマット氏はインタビューで言ってますが。


でも、実は私、いまだにどの2人がデスナー兄弟なのか分からないの(笑)
スポンサーサイト
2008年11月30日 | Comments(7) | 未分類

Radiohead Live @ WOWOW

録画予約セットしたのに心配で(笑)、結局リアルタイムで見ちゃいました。
でも夜中だから大きい音が出せないし、ヘッドフォンはコードが短すぎてTV激チカになっちゃうし、TVと同じリビングで飼ってるハムスターがカラッカラ回りまくってるし(爆)
「あう~、爆音で聴きたい!」
「ハムちゃん、シャラーップ!!」
な、1時間半でした。
後で(いつ?^ ^;)、PCでヘッドフォンしながら見たいです♪

12/ 26 27(土)午前6:05より再放送されるので、逃した方々はご安心を。

2時間たっぷりの公演を1時間半に詰め込んでいるので、曲と曲の間の空気とか余韻が割愛されてしまっているのは仕方がないとして。カメラの数がすごく多かったため、いろんなアングルを欲張って挿入して、かえって映像的には見辛くなっている気がした部分もありました。
でも、やっぱり永久保存版(^-^)

放送された曲は
15 STEP
Just
There There
All I Need
Weird Fishes / Arpeggi
The Gloaming
Optimistic
Jigsaw Falling Into Place
Ideoteque
Fake Plastic Trees
Bodysnatchers
Videotape
Paranoid Android
Reckoner
Everything In Its Right Place
My Iron Lung
How To Disappear Completely
でした。
ちなみに、収録が行われた10月5日のセットリストはこちらの拙記事に。

個人的にNudeは入れて欲しかったですけどね~


2008年11月29日 | Comments(6) | 音楽[R]

Dear K. and C.

11月28日は友人の娘さんたちの命日です。
享年3歳と1歳。

毎年この日には、彼女たちのことを考えます。
(この日以外にも、ですが)
皆様、くれぐれも、お酒を飲んだらハンドルを握らないようお願いします。

この曲が合うかというと、音的にはちょっと…なのですが(小さい女の子たちを偲ぶには、マディで大人っぽすぎる)、歌詞にすごく引っかかるものがあるので、今年はこれで。

Joan As Policewoman / Flushed Chest


(前略)
i saw you tonight
you were in your ghost
singing white christmas
how you know
it's before me
今宵あなたを見かけた
あなたは自分の亡霊の中で
ホワイト・クリスマスを歌ってた
なぜ知っているの
もうすぐクリスマスだということを

it's your song
so divine
dying time
is a part
of your laughter
あなたの歌は
あまりに神聖
死の時は
あなたの笑いのさなかに

(中略)

greet me with flushed chest again
morning bird i'll wait for you
how could i not?
how could i not?
ふくらませた胸で
また私を迎えて
朝の鳥
あなたを待つ
そうせずにはいられないから
そうせずにはいられないから
(後略)

歌詞全体はこちら

Real LifeReal Life
(2007/06/12)
Joan as Police Woman

商品詳細を見る
2008年11月28日 | Comments(2) | 未分類

もうすぐ。

WOWOWでRadiohead@さいたまスーパーアリーナのライブが放送されますね。
11/28(金)深夜0:30~2:00

http://www.wowow.co.jp/music/radiohead/
番組表

このためにWOWOW契約しました。
これしか見ない可能性大なのですが、初回契約なんちゃら2100円でも(我が家はJ:COMなので、「翌月末まで1200円見放題」キャンペーンが適用されないんです 泣)、DVDを買うと思えば、まあ。。。
コピーワンス機能とか、がっでむ&ふぁっきゅー なんですが!(苦笑)

失敗しないように録画予約しなくては。
2008年11月26日 | Comments(7) | 音楽[R]

Talk Talk / I believe In You

うー。
連休の疲れが抜けません…(苦笑)

疲れを洗い流してくれそうな音ばかり求めてYouTubeをウロウロ。
もう20年前の曲ですが、全く色褪せませんね。



天と地がゆるやかに溶け合うような音…
ベッドの中でも、これを聴きながら寝ることにします♪

Spirit of EdenSpirit of Eden
(2001/09/11)
Talk Talk

商品詳細を見る
2008年11月25日 | Comments(2) | 未分類

Charlotte & Beck

いつもベックに関する詳細な情報をアップされているROSEMINT cafeさんで知った情報ですが、ベックがCharlotte Gainsbourgの次のアルバムのためにシャルロットとコラボレーションしているとのこと♪

Nigel Godrichプロデュース、ベックの父David Campbellがストリングで参加していたシャルロットの前作5:55(2006年発表。なんとセカンドアルバムにして、ファーストから20年経ってからのリリース)も、すごく好きなアルバムだったので、期待が高まります。
前作にAirやJarvis Cocker(ex-Pulp)、Neil Hannon(The Divine Comedy)が提供した音や歌詞はシャルロットの魅力をとても良く引き出していましたが、ベックはどんなアプローチでいくのかな?
英語詞ではなくフランス語だともっと嬉しいのですが。
やっぱり、耳がくすぐったくなるフランス語の響きが好き(≧v≦)

シャルロットの前作5:55より
The Operation

素晴らしいビデオ!と思ったら、監督がJean-Baptiste Mondinoらしいです。
もう全面降伏。
素敵すぎ!

The Songs That We Sing


5:55

こちらはシャルロットの夫、イヴァン・アタルが監督。
イヴァンらしい視点がてんこもり?(笑)

5:555:55
(2008/03/03)
Charlotte Gainsbourg

商品詳細を見る


2008年11月21日 | Comments(14) | 音楽[G]

Glasvegas 初来日

グラスゴーの4ピースバンド(ドラムスは女性☆)、Glasvegasが来日するそうです。
気になるバンドではあるのですが、デヴィッド・バーンが翌週にあるし、迷っています。
くー!

1.20 (tue) LIQUIDROOM (東京)
1.21 (wed) BIG CAT (大阪)
(詳細はSMASH-jpn.com
SMASH friends会員予約は14日(金)から。イープラスのプレオーダーは、東京公演が21日(金)から 、大阪は20日(木)からだそうです。

Please Come Back Home

この曲は、モロ U2っぽいですね。
でも若々しいので、U2よりフレッシュに響きます(暴言失礼! ^ ^;)

Daddy's Gone
http://jp.youtube.com/watch?v=3uSdQxKaBfU
この曲は50sっぽい。
The Viewsを聴いても思うのですが、スコットランド訛りって可愛い!

It's My Own Cheating Heart That Makes Me Cry

こういうギター、せつない美メロ、王道UKサウンドのエッセンスがぎっしり詰まってるという感じ。

どの曲もよく練り上げられています。
このままいくと、ひょっとするとU2やコープレみたいなアンセム・バンドに化けるかもしれないし(そうなっちゃうと、私は興味が薄れてしまうんですが 苦笑)、そうはならないかもしれない。
いつもは自分の中で評価が固まっているアーティストを見に行くことが多いので、久しぶりに今後どう伸びていくか分からない未来の芽を、リキッドのような小さな箱で見ておきたいような気がするのです。でも、1月のライブが3回になっちゃうから、迷う、迷う!(><)

…家族に相談しようっと。(笑)

Glasvegas Myspace
ここで試聴できる曲の中では、Come As You AreとEverybodys Got To Learn Someが特に好みです♪
2008年11月20日 | Comments(7) | 音楽[G]

Beck / Guess I'm Doing Fine

今日もまた、鳥が登場する曲。



There's a blue bird at my window
I can't hear the songs he sings
All the jewels in heaven
They don't look the same to me
窓の外に青い鳥がいる
その歌声は聴こえない
天の宝石もすべて
僕には違うものに見えてしまう

(中略)

It's only lies that I'm living
It's only tears that I'm crying
It's only you that I'm losing
Guess I'm doing fine
僕はただ偽りを生きている
僕はただ涙を流すだけ
僕が失おうとしているのは君だけ
きっと僕は大丈夫なんだろう

(中略)

Press my face up to the window
To see how warm it is inside
See the things that I've been missing
Missing all this time
顔をガラスに押し当て
部屋の温もりをたしかめる
自分がこれまで逃してきた物事が見える
これまで、ずっと、逃してきたことが

----------------------------------
この歌詞、ついついベックの生い立ちを考えて深読みしてしまうのですが(^ ^;)
まあ、それは抜かしても、窓と鳥と、窓辺の人物と…シンプルだからこそ、情景と心象風景が手に取るように伝わってきます。
それにしても「青い鳥」のメタファー、ほんっと色んな曲で使われますね。


2008年11月18日 | Comments(4) | Trackback(0) | 音楽[B]

小鳥のネックレス

bird

子どもが生まれてから、ごくたまにしかアクセサリー類を身に着けなくなったのだけれども、久しぶりにネックレスを買いました。実は男物だったりしますが。

鳥かごの外に葉っぱをくわえた小鳥がいて、革のチャームには月の刻印。

子どもの頃、飼っていたカナリアを逃がしてしまったことがあります。部屋の中で放して遊んでいるうちにあっという間に浴室まで飛んで行き、換気のために開けてあった小窓にちょんと留まったのを、なんとか連れ戻そうと掴もうとしたら、パッと窓の外に飛び去ってしまって。
今思えば、窓辺に留まった小鳥をそんな風に追ったら逃げるのもあたりまえなのですが、幼児だったのでそれはもうショックで悲しくて、わあわあ泣いたような記憶があります。
今なら、そんなシチュエーションに遭遇したら、ダメ元で歌でも歌ってみるかしら?(笑)
小鳥が一瞬、仲間と間違えそうな声を出してみて。

その後、小鳥を飼ったことはないのですが、鳥かごの「外」に小鳥のモチーフがあるこのネックレスを着けると、なんだか元気が出る気がするのです。仕事をしなきゃいけないけど、体調や気力がいまひとつ…という時でも、ちょこっと背中を押してもらえるような。パワーストーンとかそういうものには「ふーん?」という感じなのですが、なんとなくこのネックレスには「お守り」的なものを感じる。
そういえば、何気なくつけた、このブログでのハンドル名skysongも、空の歌だから鳥が歌ってるのかな?って、まあ、こじつけですけど、自分でその気になれればハッピーなわけで。

なので最近は鳥関係の歌がひときわ気になるのです。
昨日のThe Siren Songsのsiren(セイレーン)も、半女半鳥の海の精だし。

で、今日はこの曲
Death Cab For Cutie / Talking Bird (Live from Seattle)


(歌詞はこちら)
窓が開け放たれた家の中の、扉の開いたケージで飼っている、「言葉を話す小鳥」についての歌ですが、これってやっぱり恋人のことなのでしょうね。

窓は開いていて、いつでも自由に出て行っていいのだけれど、
「ああ、僕の話す小鳥
君の羽根は古びて
固く閉じられているけれど
君との日々を愛するよ
その華奢な骨格から息が絶えてしまう
時が来るまで

君がここにいてくれる限り
全ては君のためのもの
君が飛び去らない限り
全ては君のためのもの」

Narrow StairsNarrow Stairs
(2008/05/13)
Death Cab For Cutie

商品詳細を見る
2008年11月17日 | Comments(7) | 未分類

Thomas Feiner & Anywhen / The Siren Songs

今シーズン初めて風邪をひきました。
久しぶりの、ふわぁ~んと、変な重力の中を漂っているような感覚。
すぐ病院に行き、まじめに薬を飲んでいるので、明日にはすっきりしているかな?

ともかく、睡眠!
こんな曲でも聴いて、眠りの海におぼれることにします。Zzzzzz.....



ところで、このビデオがアップされていたの、ごく最近まで気付きませんでした。
アルバムが出た直後はなかったですけど、しばらく経ってからだったんですね。

The Opiates RevisedThe Opiates Revised
(2008/07/29)
Thomas Feiner And Anywhen

商品詳細を見る
2008年11月16日 | Comments(4) | 音楽[F]

About Today

今日もそれなりに普通の一日でした。
朝起きて、仕事して、ごはん作って、子ども達を寝かせるまでのバタバタとしたルーティーン。
ま、そんな私の一日のことはさておき (^_^)

特にきっかけがあったわけでもないのに、今なんとなく自分の中で再燃しているThe National。
YouTubeをうろうろしていて見つけた、数年前のスピン・マガジンでのライブに思わず涙です。

The National / About Today


凝った修辞は一切使わず、平凡な語彙だけで組み立てられているのに、陳腐に陥らず、リアルに生きている言葉。ごく普通の、ひとりの男性のつぶやきが胸にせまってきます。普通なのに、やたらとグッとくる。インパクトのある言葉で惹きつけるよりも、難易度が高い離れ業だと思います。

「今日
君は遠いところにいた
なぜだか聞かなかった
何が言えるというんだ
俺も遠いところにいた
君はただ歩み去り
俺はただ君を見つめていた
何が言えるというんだ

(中略)

ねえ、起きてるのかい
ああ、俺はここにいるよ
今日のことについて聞いてもいいかな

君を失うところに
俺はどこまで近づいているんだろう」
(原詞は こちら

ラストが近づくにつれエモ度がクレッシェンドしていく、ギターやヴァイオリンも最高。
英米では遅咲きながら知名度上がってきたのに、日本で今ひとつ知られていないのが残念です。
バンド名がまずいかなぁ。「ナショナル♪」って家電メーカーみたいで(苦笑)
一応、Boxerは日本盤出たのにね~。
来日して欲しい!
ワーナーさん、プロモお願いします☆

About Todayは、このEPに入ってます。
Cherry TreeCherry Tree
(2005/04/18)
The National

商品詳細を見る


The National オフィシャル

The National @ Warner Music Japan
2008年11月12日 | Comments(12) | 音楽[N]

ZTTのTシャツがやってきた☆

以前記事にしたユニクロのZTT RecordsTシャツ
我が家のかなり近くにもユニクロショップがあるのですが、希望の柄とサイズが入っているか分からないし、行くとついつい安さに目がくらんで予定外のモノまでホイホイ買ってしまうので(笑)、初めてユニクロオンラインストアを利用してみました。

デザインとカラーは迷いに迷ったあげく、「ZTT」ロゴマークのナチュラル(生成り)に。
ラインナップの中でアルバム的に一番好きなのはArt Of Noiseのなのですが、あの仮面柄プリントを身に付けるのはなんか怖くてダメなんです。あと、それがクローゼットに入っている部屋で寝るのが怖い!(いい年してどれだけ怖がりなんだか ^^;)
ZTTロゴTではブラックの方が無難にカッコいいと思ったものの、先日シガロスで黒のツアーTを買ってしまったばかりなので、爽やかに(?似合わなーい 笑)ナチュラルってみました。

ztt
オンラインストアで購入すると、こんなデザインボトルに入って届きます。
オンラインストア&UT原宿店限定だそうです。
このボトルどうしよう?捨てるのは勿体ないけれど…。
モノの使い道を考えるのが上手な人は、便利に活用なさるのでしょうが、私は”死蔵→結局捨てる”になりそうな予感バリバリ。
誰か使い道アドバイスして~!(他力本願)

ztt2

広げるとこんな感じ。
XSサイズを購入しましたが、身長155cmの私には、丈・幅があと3cmくらいずつコンパクトだと嬉しいのだけれど、もともとメンズ用デザインなので仕方がないですね。

今の季節だと、黒のロンTと重ね着して、ブルーデニムのロールアップ+ブーツでいこうかと思いますが、それに合わせた青系の巻物が無性に欲しくなってきた…(><)
あと、ブラックもやっぱり欲しい!(笑)

ああ、洋服とチョコレートの誘惑はエンドレス。
誰か、私を止めて~!!(また他力本願)

あ、そだ!
このTシャツボトルで500円玉貯金したら…満杯だと多分すんごい金額です!
誰か満杯にしてみませんか~?(またまた他力本願。自分でやる気ナシ!)
2008年11月07日 | Comments(8) | 未分類

朗読するデヴィッド

昨年(2007)10月末のツアー以来、Joan As Police Womanの新譜うめき声コーラスで参加していたこと以外にはニュースの無かったDavid Sylvian。
Nine Horses(David Sylvian, Steve Jansen, Burnt Friedmanのユニット)のSnow Borne Sorrowに参加していたノルウェーのトランペット奏者Arve Henriksen(アルヴェ・ヘンリクセン)のニューアルバムCartography (UK盤/日本盤)にて、デヴィッドが自作の詩を朗読しているそうです。
情報ソースはDavid Sylvian.net
こちらで朗読部分の一部を試聴できます。

cartography

朗読もいいけど(それにしてもいつ録音したものなんだろう?)…歌を聴かせて欲しいのが本音だったりしますが。(^ ^;)
2008年11月06日 | Comments(21) | 音楽[R]

『メメント・モリ』 藤原新也

メメント・モリ―死を想えメメント・モリ―死を想え
(2008/10)
藤原 新也

商品詳細を見る


藤原新也さんの『メメント・モリ』の21世紀エディションを買いました。
新たに写真22点、コピー21点が加わり、出版社も以前と変わっています。

この作品については、私ごときが駄文であれこれ感想を書くのもおこがましい。
ご本人のブログ記事「君、生き急ぐことなかれ、死にたもうことなかれ」をお読みいただくのが一番だと思います。

今日、特に深く、心に飛び込んできた言葉。
「死のとき、
闇にさまようか
光に満ちるか
心がそれを選びとる。」

2008年11月03日 | Comments(13) | 小説以外の本
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。