スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Death Cab For Cutie / Narrow Stairs ('08)

暗闇の中どこか(誰か)に向かって疾走するように、タイトに刻まれるドラムスと、不穏でファンキーなベースライン。背後に飛び去っていく光や風景の断片のように、残響を遺しながら現れては消えるギターとピアノ。
8分半のポップソングの前半4分40秒近くを占めるイントロ(?)部分。
いったいベン・ギバードの歌は始まるのか。
これはインストなのか。
そんな思いを抱えながら高まる音とリズムに身をまかせるうちに、延々と続く闇が一瞬とぎれ、ようやく歌が始まる。

「僕はどんなに望んでいることか
君が僕らの可能性に気付いてくれることを
君と僕の可能性に
それは優美に装丁されているけれども
未だ読むことのできない言語で綴られた書物のようなもの」

「君は僕と時を過ごしてみるべきなんだ
僕と時を過ごしてみるべきだ
僕には分かっている
そうすれば君は愛を見出し
僕は君の心を手に入れる」

懇願でもなく、狂気を帯びた声でもなく、科学的事実を述べるように明晰に、くりかえし歌うベン。
…怖いです(笑)。
怖いけれども、すごくポップ。

そして、一瞬明るい光が差し込むように曲調が変わるけれども、
「君は僕の口説きも絶望的な懇願も拒絶する
そう簡単に失望させられるものか
そう簡単には」
と、ますます怖い歌詞(苦笑)。

でも、この数小節のメロが、長い曲のアクセントとしてすごく効いています。
イレギュラーな構成だけれども、小難しい実験音楽ではなく、あくまでもポップ。
歌詞の中の主人公が相手の心を手に入れられるとはとても思えないけれどもw、この曲の格好よさには心を鷲掴みにされました。

I Will Possess Your Heart


この長いシングル以外のアルバム曲はどれも短くて、まるで中篇小節と短編数編が収められた単行本。短い曲もまた、歌詞とサウンドで人生の様々な風景を切り取っていて、味わい深し。音楽を聴いているはずなのに、好きな小説家の本をめくっていくような、ブッキッシュな言葉と音のひととき。



I Will Possess....以外では、畳み掛けるように始まる、次の曲No SunlightやTalking Bird、Your New Twin Sized Bedが特に気に入っています。
No Sunlightはキラキラしたポップソングなのに、やっぱり歌詞が…(泣笑)。
こんな歌詞をこんな曲に乗せられるのはモリッシーかベン・ギバードか、って感じです。お見事。
Rollingstone.comの このページではYour New Twin Sized Bedをスタジオでリハーサルするデスキャブの映像が見られます。この曲を聴いていると、自然に体が横揺れしちゃう~♪

サマソニ来日のついでに単独公演もやって欲しいんですけど…すごい日程のツアーをこなしているみたいだから、難しそうですね(涙)。

Death Cab For Cutie オフィシャル
Death Cab For Cutie Myspace
Myspaceにはテレビ出演時のI Will Possess...の映像も貼られていますが、さすがに長いイントロはカットしてますね~。テレビでは仕方がないかもしれないけれど、ライブではしっかりイントロも演奏して欲しいです。

Narrow StairsNarrow Stairs
(2008/05/13)
Death Cab For Cutie

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2008年05月30日 | Comments(8) | 音楽[D]

Joy Division

1週間以上前のことになりますが、台風の前日、ドキュメント映画Joy Divisionを見てきました。
監督のグラント・ジーはRadioheadのドキュメントMeeting People Is Easyを撮った人です。
ミーティング・ピープル・イズ・イージーミーティング・ピープル・イズ・イージー
(2005/09/14)
レディオヘッド

商品詳細を見る(amazon)


Meeting People...もそうですが、ドキュメントと言っても説明的なスタイルではなく、音楽やそれを取り巻く空気を伝えることが重視されています。なので、ちょっと分かり難い部分もあったのですが、生まれてはいたけれどw、遠いニッポンで小学生をやっていては知るよしもなかった70年代後半のマンチェスターが、自分の中でまた少しだけ鮮明になりました。
戦争の痛手と、進みすぎた工業化の残滓で殺伐とした街。パンクの息吹。
そこに集まった、四人の若者。一人一人は比較的普通でも、四人の個性が生み出す化学反応。そこに、マッドサイエンティストさながらのプロデューサーMartin Hannett(マーティン・ハネット)、デザイナーPeter Saville(ピーター・サヴィル)、 忘れちゃいけない、ファクトリーのTony Wilson(トニー・ウィルソン)らが絡んだという、どのパーツが欠けても成立しえなかった奇跡の軌跡。
『24アワー・パーティー・ピープル』などでほぼ知っていた内容が中心とはいえ、今回はライブ映像やテレビ出演時の映像なども実際のものが使われているので、「おお、これが!」と興奮しました。どうもトニー・ウィルソンは実物よりもスティーヴ・クーガンが演じたイメージの方がいまだに強いのですが(笑)。

時代の中で何かが創造される瞬間の、歓喜と葛藤、偶然と必然。
ジョイ・ディヴィジョンは終わってしまったけれども、その輝きは彼らの遺した2枚のアルバムの中にいまでも消えずに残っています。時代が進み、あのようにスリリングであぶなっかしい創造の瞬間は成立しにくくなってるようにも思えますが、それでも、今もどこかで新しい何かが生まれているかもしれません。

DVD化されたら、『24アワー・パーティー・ピープル』と『コントロール』とセットにして、書棚の「特別なものコーナー」にそっと入れておきたいと思います。

Joy Divisionは現在、渋谷のシネ アミューズでレイトショー公開中。(終了日未定)
その他、全国順次公開。
5/24〜 愛知 名古屋シネマテーク 052-733-3959 http://cineaste.jp/
6月 大阪 梅田ガーデンシネマ 06-6440-5977 http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/
7月 京都 みなみ会館 075-661-3993 http://www.rcsmovie.co.jp/
7月 兵庫 神戸アートビレッジセンター 078-512-5500 http://kavc.or.jp/
2008年05月29日 | Comments(0) | 映画

no-man / schoolyard ghosts ('08)

Steven Wilsonと、Tim Bownessによるデュオ、no-man
StevenがずっとPorcupine Treeで忙しそうだったので、no-manの方はまだまだお預けかと思っていましたが、めでたくも前作Together We're Strangerから5年ぶりのリリース。
せっかくなので、CDとDVDAの2枚組エディションに、ボーナスCD(別バージョンやエディット・バージョンが6曲収録)が付いたセットをburningshedにて購入しました。(現在ボーナスCDはソールドアウトのようです。)

何というんでしょうね。
気に入ったアルバムには、いつでもどこでもイヤホン耳にずうっと入れっぱなしで繰り返し聴かずにはいられない!というものもありますが、no-manの新譜schoolyard ghostsはそういう感じではなくて。むしろ、静かにじっくりと、磨きぬかれた音たちに集中できる、特別な時間をどうにか作り出して耳を傾けたい。聴ける頻度は少なくても、その分じっくり堪能したい。そんなアルバムです。

Schoolyard GhostsSchoolyard Ghosts
(2008/06/10)
No Man

商品詳細を見る(amazon)


うっかり「キャリア最高傑作じゃない?」なんて思って、過去作も聴き返しましたが、エレポップなLoveblows & Lovecries - A Confession (1993) もやっぱり好きだし、個人的に初めてno-manを聴くきっかけになったFlowermouthも捨てがたい。前作Together We're Strangerも独特なアンビエンスが凝縮されているし…結局どれが最高傑作かという判定は保留ということで(^ ^ ;)。
でも、Timも自身のDiaryに"Subsequently, in many ways, it seems to me that we've created the definitive No-Man album. "と記しているので、本人たちにとっても会心の出来であることは確か。

前作は、明快なコード進行やギター+ベース+リズム隊といったオーソドックスなポップスの枠組みからの逸脱を試みるかのごとく、様々な音色がアンビエントにたゆたい絡まりあう中、Timの歌声が浮遊する音像でした。今作はそれと比べると、音楽の骨格が復活しています。なので、一般的に言って「聴きやすさ」は増していますが、ただただ綺麗で聴きやすいだけかというと、やはり彼らのこと、それだけでは終わらせない。あまりの美しさと心地よさにウトウトしかけて、某曲で叩き起こされビックリしたのは、私だけではない…はず(笑)。それにしても某曲は、PTのアルバムに入っていてもしっくり馴染みそう。もちろん、歌っているのはStevenではなくTimなんですけどね。(ネタバレするとつまらないので、某曲の名前は伏せておきます 笑)

Timの甘く囁きかけるような歌声、Stevenの紡ぎだす様々な音の魅力も相変わらずですが、今回(も)ゲストミュージシャンたちが活躍しています。ドラマーPat Mastelotto、Gavin Harrisonのドラミングも実に饒舌に曲の世界を描き出しているし、お馴染みTheo Travisの枯れた味わいの音色ながら自由闊達なフルートとクラリネットも重要な役割を果たしています。そして、今回特に印象的だったのがBruce Kaphanのペダルスチールギター。どこまでも伸びやかにとろける、つややかな音色がなんとも耳に心地よい♪現在schoolyard ghostsのマイクロサイトでその音色がフィーチャーされたwherever there is lightのビデオが見られますので、興味のある方はぜひ☆

wherever there is lightはTimの声の持ち味をいかした、どこまでも甘~い楽曲ですが、アルバム全体の風味は甘みを引き締める要素がさりげなく(あくまでもさりげなく)盛り込まれていて、その配合比率が個人的に「ど」ストライクです。アルバムのセンターピースは、先行でエディット版のビデオが公開されていたtrue north。この曲は3部構成になっていて(エディット版はpart 2のみ)。抽象的なピアノのループにのせてどこまでも寒い冬景色を粛々と進むようなpart 1、theo travisの笛の音に誘われるかのように動きと広がりを見せていくpart 2、それまでのオーガニックなテクスチャーから一転してエレクトロな輝きを帯びて上昇していくpart3…聴き応えたっぷりの12分48秒。他の曲についてもあれこれ書きたいですが、この辺で。

基本的に甘い美メロが好き。でも、甘いだけでも困るのよねw、という方々に聴いていただきたいアルバムです。選び抜かれた音の数々に耳をひたす至福のひとときを、ぜひ。

no-manオフィシャル

schoolyard ghostマイクロサイト

no-man Myspace

☆Steven Wilsonの日本語情報ならSteven Wilson JPBO

あ!
アルバムばかり聴き入っていて、ボーナスCDをまだ聴いていませんでした!(笑)
これから聴きます。
楽しみ~♪
2008年05月19日 | Comments(18) | 音楽[N]

Thomas Feiner & Anywhen / The Opiates – Revised ('08)

Steve JansenのソロアルバムSlope(amazon, iTS)にて迫力のある渋いボーカルを聴かせてくれていた(曲はSow The Salt)、スウェーデンのボーカリスト、Thomas Feinerさん。当初二人で始まったユニットAnywhenはアルバム完成時にはFeinerさんひとりになってしまったそうですが、その、2001年のアルバムThe OpiatesがDavid SylvianのSamadhi Soundレーベルから再発されることになりました。(David Sylvian.comより
Slopeや、Davidのツアーパンフ付属のCDを聴いて、得も言われぬFeinerさんの声のファンになったので、「待ってました!」と叫びたい。

thomasfeiner.com試聴もできます。
opiateとは阿片(opium)の形容詞形ですが、確かに麻薬的な、引きずり込まれそうな音。。。

そして、このジャケ。「オピアって」おられますねー(^ ^;)
セシル・ビートン撮影のジャン・コクトーだそうです。
マルセル・キルの写真もあるそうですが、ジャケ表面はコクトー1人のようですね。
くぅ~~!素敵すぎっ!!(≧≦)
早く音全体も聴きたいけれど、パッケージ全体も見たいです☆
TheOpiates


ちなみに2001年リリースのオリジナル版のジャケはこちら。
TheOpiatesOriginal


Samadhi Sound Storeにてプレオーダーできます。
それにしても、正式なリリース日がどこにも書いていないようですが、見落としているでしょうか?

[2008年5月9日22:45追記]
h.さんにコメント欄で教えていただきましたが、6月16日発売だそうです。


[2008年5月10日追記]
amazonでもP-VINE盤のプレオーダーを受け付けていました。
2,548円(税込)、6月25日発売。
Samadhi Sound Shopプレオーダーですと、CD価格が$15.99、日本への送料が$10.00なので、P-VINE盤を買った方が若干お安そう。
産地直送(?)にすべきか、日本盤(P-VINE)にするべきか(笑)
2008年05月09日 | Comments(14) | 音楽[F]

Elvis Costello & The Imposters / Momofuku ('08)

アルバムタイトルを初めて聞いた時は「なぜに『モモフク』?」と首をかしげました。
Momofukuとはカップラーメンの考案者、安藤百福氏にちなんでつけられたタイトルとのこと。
さらに「は?」という感じだったのですが、コステロ自身の説明によると「水を足しただけで出来ちゃった」アルバムだそうで。
Like so many things in this world of wonders, all we had to do to make this record was add water. (オフィシャルサイト4/22付けエントリより)

要はJenny Lewisのアルバムへの参加を求められたところ、The ImpostersのベーシストDavid Faragherも数曲参加していて、だったら、ということでThe ImpostersのドラマーDavid Faragherにも連絡して…という、軽いノリから始まって、レコーディングからミキシングまでわずか一週間でできてしまったとか。「もうレコーディングはしない」なんて言っていたそうですから、気が変わってくれて本当に良かったです。

だって、このアルバムのコステロは「どうしちゃったの?」っていうくらいハジケていて、すごく勢いのある作品で。短期間で即席レコーディングした勢いと、長いキャリアのたまものの職人芸が絶妙に合わさっていて、聴いていて本当に楽しい!Oliver's Armyばりの、キュンとくるチューンから、ボサノバ調、ディストーションがガリガリかかったハードめのロックまでもりだくさん。メロウなコステロも良いけど、やっぱりポップでロックなコステロ、好きだな~☆
ところで、Stella Hurtのギターリフ、ベックのNauseaとソックリなんですけど、さらに大元のソースがあるのでしょうか。

それはさておき、安藤百福氏の名前も英国人のコステロ経由で初めて知ったような日本人ですが、このMomofukuには、百の、いやもっとたくさんの幸福をもらえそう♪

2枚組LPレコードで聴くのがベスト、なんて言われるとプレイヤーが欲しくなるなぁ。
"this is how it sounds the best: with a needle in a groove, the way the Supreme Being intended it to be… "(上記リンクより)


MomofukuMomofuku
(2008/05/06)
Elvis Costello & the Imposters

商品詳細を見る(amazon)
iTS


Myspaceで試聴をどうぞ。
2008年05月08日 | Comments(2) | 音楽[C]

M83 / Saturdays = Youth ('08)

YouthイコールSaturdaysなら、Old AgeやMiddle Ageは何曜日でしょうね?
なんとなくThursdayあたりか…って全くテキトーですが。

gonzalez anthonyによるフランスの一人ユニットM83。
楽曲はポップな歌ものから、80年代ディスコ調、アンビエントな音響ものまで、バラエティーに富んでいますが、透明感とシュワシュワ泡立つ質感は統一されている、音の万華鏡となっています。
今作では Sigur RósやThe Sugarcubes、 Cocteau Twins、 Suedeなどとの仕事で知られるKen Thomasもレコーディングに参加しているそうです。
アメリカのインディー・バンドThe Romanovsの女性ボーカリストMorgan Kibbyがゲストで数曲参加していますが、彼女の儚いハイトーン・ヴォイスにはBlonde Redheadを連想させられました。もっともM83にはBlonde Redheadほどの「病んでる感」はありませんけれどw。なんだかんだ言って「病んでる感」大好きだったりするので(笑)そういう意味では若干の物足りなさもありますが、キレイな音にシュワーッと耳を浸せる好盤ではあります。

Saturdays=YouthSaturdays=Youth
(2008/04/15)
M83

商品詳細を見る(amazon)
iTS


Graveyard Girl


M83 Myspace
2008年05月03日 | Comments(0) | 音楽[M]

CONTROL

もう先週のことになりますが、映画CONTROLを公開終了前日に駆け込みで見てきました。
劇場で見ることを半ば諦めかけていたのですが、大きなスクリーンで見ることができて本当に良かったです。もともと写真家だけに、アントン・コービン監督のモノクロ画面はどの瞬間を切り取っても美しく。

もっとも、写真やミュージックビデオでは有名なアントンでも、映画監督としてはどうなんだろう?と正直見るまで不安でもありました。けれども、コンセプトがきっちり貫かれ、監督の伝えたいものが明快に表現された映画だったと思います。映像、音楽、配役等々、しっかりコントロールが行き届いていました。

イアン・カーティスの未亡人、デボラの著書"Touching From A Distance"をベースにしつつも、それをただそのまま映画化するのではなく、CONTROLというコンセプトを抽出したことが大きなポイントだったと思います。

その、行き届いたコントロールによって綴られていくのが、イアンが心のコントロールを失っていく過程…というのがなんとも悲しいですけれども。コントロールがどうにか取れている状態も、そうでない状態も、あざなえる縄のごとく入り組んでいる、危うさと儚さ。

とはいえ、重く深刻なシーンばかりではなく、思春期のイアンの恋には甘酸っぱい想いがよぎったり、ジョイ・ディヴィジョンのマネージャー、ロブ・グレットンがいい味だしていて笑わされたり、ライブシーンではあの奇妙~なwイアン踊りも再現されていたし、楽しめる場面の多い映画でもありました。ライブは、ちゃんと役者さんたちが演奏したそうですね。

それにしても、無名の(ほぼ)新人サム・ライリー演ずるイアン・カーティスがあまりにもチャーミングで、惚れずにはいられず(笑)。結末がすでに分かっている映画ながら、終盤に向かうにつれ、Don't walk away in silence~♪と、心の中でひとり大合唱状態でした(^ ^;)。
見終わった後もずっと悲しい気分をひきずったままBlue Saturday、Blue Sunday、Blue Monday…と過ぎて行き、1週間近くブログ更新する気力も沸かなかった、単純な私(苦笑)。
いい年して、心のコントロールがダメダメすぎますな。

CONTROLオフィシャルサイト

そういえば、もうすぐシネ・アミューズでグラント・ジー監督のドキュメント映画『ジョイ・ディヴィジョン』も公開されるんですよね。
これを機にイアン踊りをマスターしようかしら(笑)

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!
2008年05月01日 | Comments(6) | 映画
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。