スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

流れゆく風景と、スロープ。

昨日は、仕事関係の本を物色しに、とある書店へ。
帰る途中、本当は途中でも何でもなく遠回りだったのだけれども、最近「吉祥寺欠乏症」だったので、カフェ・アマルで吉祥寺成分をクイック・チャージしてきました。
やっぱり、古い家具や雑貨でいっぱいの、ほの暗いカフェって落ち着きます♪

久しぶりにバスに乗って、Steve JansenのSlopeを聴きながら帰途に着いたのですが、車窓から見える、木の葉が全て落ちて寒々とした井の頭公園を見ながら聴くSlope(たしか曲はA Way Of Disappearing)は鳥肌ものでした。

先月22日から東京都写真美術館で開催されている「スティル/アライブ展」(~2008年2月20日まで)でSteveは伊瀬聖子さんの映像に音を提供しています。こちら、初日に見に行ったものの、年末の慌しさで記事にしそびれていたのですが…。2面の壁に映し出された、花や水面の植物、森の中、(水族館の水槽を鑑賞していると思われる)人々のシルエットなどが移りゆく映像と、ほのかに叙情性をたたえたSteveのアンビエント・サウンドがよくマッチしていました。視覚と聴覚のマッサージというか、自然に触れて五感がほぐれていく感覚を疑似体験しているようで、ベンチでもあったらぼんやり長居したかったです。(後日、クッションが置かれていたという情報が。初日には無かったな~ 笑)

Steveの音は、流れる風景と相性が良いのかもしれません。
密室で聴いている時はどちらかというと緻密さに意識が向くのですが、動く風景の中で聴くと、背後に秘められたさりげないリズムが風景の動きと対話をはじめるようで。ま、あくまでも個人的な印象ですけれども。

上記の伊瀬さんとのコラボ'Swimming In Qualia'は、Steve Jansen.comで抜粋が見られるようになりました。すでにご覧になった方も、写真美術館までおいでになれない方も、ぜひ☆
スポンサーサイト
2008年01月30日 | Comments(2) | 音楽[J]

夜の女王に泣かされる

「夜の女王に泣かされる」と言っても、夜の歓楽街に君臨する女王様にムチで打たれるとか、そういうお話ではありませんw。またまたオペラの話題ですが、モーツァルトの『魔笛』に出てくる「夜の女王」です。
初めて『魔笛』に出会ったのは中学生頃でしょうか。ベルイマン監督の『魔笛』を母に連れられて観にいったのが最初でした。その後、中学(それとも高等部に入ってからでしたっけ?)の音楽の時間に『魔笛』の中の数曲を日本語訳で歌う授業があったり、学校の講堂で(やはりベルイマンの)『魔笛』上映会があったり。それまではオペラというと、「派手に着飾った男女が金切り声出してヒステリックに歌ってる…」みたいな苦手意識しかなかったのですが、そのイメージを変えてくれたのが『魔笛』でした。

「パ・パ・パ」のデュエットを音楽の授業で歌うたび、「まるでビートルズだ」という思いがよぎったものです。
恋をしたときの、あの感じというか。
頭の中をまっさらにして、あらためて相手の名前を呼んでみる時の心の震え、とか。
半信半疑が確信に変わっていく瞬間、とか。
そんなムズムズドキドキな心の動きを、かくもシンプルな旋律で描写してしまえることへの驚き。ポップ・ミュージックの原点を感じましたね。
未だに、「パ・パ・パ」のイントロの弦の音が聞こえてきただけでグッときて、涙が出そうになってしまいます。

そんな「パ・パ・パ」の他に、タミーノ王子がパミーナ姫の絵姿を見て歌う恋歌などもしみじみ良いですが、夜の女王のアリアでも、目頭がツーンと熱くなるのです。
この「夜の女王のアリア」、コロラトゥーラと呼ばれる技巧的なものなのですが、聴けば聴くほど超人的な歌唱です。人間が人間でなくなっていくような。正直、何でこれを聴いて涙が出そうになるのか未だに自分でよく分からないのですが。
この曲に関しては、感情移入して泣くというのとは、明らかに違うし。
その芸術性、技巧性の高さに心打たれるとか、モーツァルトの天才ぶりに嫉妬して泣けるのだ、とか、色々考えてみても、ちょっと違うような気がします。私はサリエリじゃないもの。
あ、下で「怖い怖い」と書いてますが、子どもじゃないので、怖くて泣きそうなわけでもないと思います。多分(笑)。
あの高音の周波数が涙腺を直撃するとか?
いつかは「あ、こういうことだったのか」と、思いあたる日が来るのでしょうか。

実家ではショルティのCD(69年盤)を聴いていましたが、今回iTSでアーノンクールの『魔笛』をダウンロードしてみました。序曲と「パ・パ・パ」はショルティの方が好みですが、アーノンクール盤のタミーノ王子(Hans Peter Blochwitz)の声は甘~くて伸びやかで、まさに「王子」そのもの♪ショルティの王子(Stuart Burrows)はもうちょっと男っぽくてりりしい声なのですが、大蛇に追いかけられて気絶して、女王の侍女たちに助けてもらうような弱っちい王子ですから、男らしい声よりも甘み成分が多い方が合っているのではないかと(笑)。


夜の女王第一のアリア(Natalie Dessay)
これはぜひ、オペラに興味のない方にも、いえ、そういう人にこそ見ていただきたい!
なんで小林幸○さんがこんなところにいらっしゃるんでしょうねぇ?(笑)
歌唱も素晴らしいですが、退場のしかたも素敵すぎますw。
王子もおマヌケで、何度見ても笑える…ホントに『魔笛』って芸術であると同時に娯楽大作です☆


夜の女王第二のアリア(Diana Damrau)
こちらのボーイ・ジョージさん、いえ、夜の女王は小林幸○さんの衣装を借りなくても大迫力で、子どもに見せたら大泣きされること確実です(笑)。
いや~、怖いっ!
怖くて、怖くて、ついつい何度も見ちゃいます(爆)


ベルイマンの『魔笛』より、パパゲーノとパパゲーナのシーン。(スウェーデン語)
特に4:50あたりから始まる「パ・パ・パ」のお芝居と演出がとても好きです。二人が照れてコミカルなところがすごく可愛くて。このパパゲーナ、とっても美人さんですね。


で、『魔笛』と言えば、ケネス・ブラナーが映画化したものが最近DVDになったそうで。時代が第一次世界大戦前夜に設定されているそうですが、どのように料理されているのか気になります。
今度借りてこよう♪
2008年01月29日 | Comments(10) | 音楽[Classical]

夕暮れ時を愛する人々へ

こういうタイトルの記事を書くなら、本当は綺麗な夕空の写真でも貼りたいところだけれど…。

最近夕暮れ時は、とっぷり仕事中か、でなければ夕食の段取りなどを考えながら超特急で移動しているとか、そんな状況ばかりで。
写真に撮るどころか、肉眼でもここ数ヶ月ちゃんとした夕空を拝んでいないような気がします。そもそも冬ってあっという間に暮れてしまうから、あんまり夕空って見られないものでしたっけ?そんなことすらよく分からなくなってしまいました。ああ、ゆとりの無い大人って嫌だわ(^^;)。

夕方の空のグラデーションが少しずつ変わっていく様を眺めるのが好きなんですけどね。ちょっと寂しいけれども、それがまた良かったり。

でも、The Clienteleを聴いていると、時間帯がいつであろうと、外の空がどうであろうと、美しい夕空が眼前に広がってくるようです。さて、明日の夕空はどんな色なのでしょう?私は見ることができないけれど、心だけは、やわらかいスミレ色に染めてみます。

The Violet HourThe Violet Hour
(2003/07/08)
The Clientele

商品詳細を見る(amazon)
eMusic.com


Voices In The Mall


House On Fire


The Clientele Myspace

2008年01月26日 | Comments(2) | 音楽[C]

iTunes Storeでオペラ。

昨年末から、無性にワーグナーの『タンホイザー』が聴きたくなってムズムズしていたのです。
たぶん、Sigur Rosの『Hvarf/Heim』に収録されていた再録バージョンVonの、厳かに一歩一歩進んでいくようなイメージが頭の中で化学反応をおこし、タンホイザー序曲の巡礼の主題につながったのだと思います。
大学時代、研究室にワグネリアン(かつクラフトヴェルキアン)の先輩がいらっしゃいまして、ハイティンク盤のCDを貸していただいたのが、私の初『タンホイザー』でした。その後時々探してきたもののハイティンク盤はずっと廃盤のようで、結局CDを購入しそびれたまま○×年が過ぎてしまったのですが…。ようやくここにきて、このムズムズを解消すべく、バレンボイム盤をiTSでダウンロードしました。
このバレンボイム盤、全曲収録なのに普通のポップスのアルバムと同じ1500円というのにビックリです(@o@)。オペラのCDはダイジェスト盤はいざ知らず、全曲だと5000円以上するものが多いですし、ましてや本物の舞台を観に行ったらチケットは数万円しますよね。
iTSでも他の『タンホイザー』(全曲)は4000円~4500円がほとんどなので、バレンボイムだけお買い得な感じです。
ショルティ盤4,500円
カラヤン盤4,500円
シノーポリ盤4,500円
カイルベルト盤iTunesPlus 4,500円
サバリッシュ盤iTunesPlus 4,000円
ベーム盤iTunesPlus4,500円
…ダウンロードなのに「盤」というのは変かもしれませんね。「版」?
それはさておき、4,000円台になると1,500円ほどは気軽に買えませんが、現在CDでは手に入らない演奏も多いので、このiTSのコレクションは貴重ではないでしょうか。できれば、デジタルブックレットで解説なども付けてくれるともっと嬉しいのですが。ワーグナーの楽劇のリブレット(台本)は、ドイツ語と英語対訳が併記されている有り難~いサイトがあるので助かります。が、やっぱり演奏ごとの歌手や録音に関する情報が欲しいですね。ある程度はネットで探せますが。

tannhauser

それにしても。色っぽいんですけど、このジャケ(笑)
 指揮:ダニエル・バレンボイム
 演奏:ベルリン・シュターツカペレ
 歌:ペーター・ザイフェルト(タンホイザー)、ジェーン・イーグレン(エリザーベト)、トーマス・ハンプソン(ヴォルフラム)、ヴァルトラウト・マイヤー(ヴェーヌス)etc.

オーケストラの演奏も緩急のメリハリがきいてドラマティックで、タンホイザーとヴォルフラムもそれぞれハマリ役だと思いました。ただ、エリーザベトがちょっと「マダム」っぽいお声でw、もう少し初々しい感じだと良かったのに。

この物語、あらすじ(wikipedia参照)だけを追うと「タンホイザーのバカッ!!!(><)」と腹が立って仕方がないのですが(苦笑)、音を聴くと否が応でも感情移入させられます。やっぱり音楽の力は大きい。
人間、タンホイザーほど極端ではないにしても、自分が手にしている幸福だけに安住することがなかなかできず、ついつい手に入らない、入りにくいものを求めてフラフラしてしまうことも多いもので。だからこそこの巡礼の歌が胸に迫ってくるのだな、などとつらつら思いつつ、聴き入ってしまうのでした。

静かに歩を進める、巡礼の主題。
艶やかに、くすぐったく跳ね回りながらまとわりつくような、ヴェーヌスの主題。
それぞれのテーマが絡まり合い大きなうねりを作り出す序曲だけでも、相当な聴き応えです。
また、第二幕第四場のタンホイザーx騎士たちxエリーザベトなど、それぞれが異なる歌詞と旋律を歌い上げるのが重なりあう重唱部分も圧巻ですね。異なる素材、構法が複数組み合わさった巨大建築物がものすごいスピードで構築されていくような、圧倒的迫力があります。
その一方で、エリーザベトに密かに想いを寄せる騎士ヴォルフラムが歌う「夕星の歌」なども静かに心に沁みて、涙を誘い…。

Wagner rocks!

ということで、カラヤン指揮による序曲をどうぞ。
タンホイザー序曲(カラヤン)part1


タンホイザー序曲(カラヤン)part2

2008年01月25日 | Comments(0) | 音楽[Classical]

Kula Shaker @ Shibuya AX , Jan.17, 2008

本年初ライブはKula Shaker@渋谷AXでした☆
昨年のフジには行けなかったので、クーラは2006年のレッド・マーキー以来です。

友人papersnowさんと、示し合わせることなく全く別個にチケットを取ったのに、同じ公演の数番違いの整理券番号(349と353)だったことが数日前に判明。すごくないですか~?(@o@)でも、2人とも開場前から並んだりせず開演前滑り込み入場だったので、整理券番号ぜんぜん意味なかったですが(笑)そういえば、特に何も考えずに選んだロッカーの番号も349でした。この日の私のラッキーナンバーだったのかしら?
349…「ミにヨく付ク(ぜい肉が)」とか(苦笑)

ほぼ定刻の7時に前座の日本のバンド、クワトロ(Myspace)の演奏がスタート。バンド名から「4人組なんだろうね、きっと」なんて話していたんですが、ファイブ・ピースでしたw。クワトロの演奏は30分ほどで終了、30分のセッティングを経て、ほぼ8時頃Kula Shaker登場!

始めは左よりの前から6,7列目あたりにいたのですが、いきなりSound of Drumsがスタートするとぐんぐん押されて、かなり中央寄りに流されました。最初の2曲はモッシュで前後左右からおしつぶされると同時に、ジャンプの上下摩擦まで加わり、私の体がもし饅頭でできていたら、あっという間にボロボロになってアンコがはみ出ること必至な状態。これぞスタンディングの醍醐味でもあるのですが、「こ、この場所でやっていけるのか?あたし…(´д´;;)」とハラハラしちゃいました。さすがに3曲目以降は落ち着いてきてホッ。人々の頭の間から王子のお顔もかなり間近に見えて、うれしゅうございました。王子は相変わらず王子であられまして、サラッサラの金髪キューティクルも健在でしたね。あと、アロンザは細身のグレースーツに黒シャツ、黒ソフト帽、ダークレッドの幅広ネクタイという、マフィアみたいなコーディネートがお似合いでした。長身でお顔が小さいですからねっ。他のお2人はあんまり良く見えませんでした、あしからず~。(^ ^;)

セットリスト
Sound of Drums
Hey Dude
Out on the Highway
Second Sight
Jerry was There
Die for Love
Into the Deep
Kick Out the Jams (MC5カヴァー)
Mystical Machine Gun
Shower Your Love
Temple of Everlasting Light
303
Dr. Kitt
Melody Day (Caribouカヴァー)
Hurricane Season
Tattva
Hush
True Love Will Find You In The End (Daniel Johnstonカヴァー)
Song of Love /Narayana
--------------------------------------------------
Great Dictator (Of The Free World)
Govinda

一昨年のフジでは、フェスなので単独公演より持ち時間が短く、やはり何と言っても久しぶりの復活だったので、ステージ側は一音一音をすさまじい集中力で叩き出し、聴く側も(少なくとも前寄りのオーディエンスは)それに喰らい付くように反応するような凝縮された緊迫感を感じました。
一方、今回は単独のフルセットだし、良くも悪くも(あの時と較べると)ゆるい雰囲気で、ステージも観客も、音の海の中で泳いだり飛び跳ねたりして楽しむ、という雰囲気だったように思います。Song Of Loveのイントロの、テンションがピピピピピピピピ!と高まっていくところが個人的にはハイライト☆もちろん、303やHushみたいな昔からの代表曲も最高でしたけどね。

正直、今のイギリスのロックシーンに彼らの居場所はあるのかな?ということが気にならないではないのです(^^;)。レトロなロックとあやしいインドっぽさをブレンドしたサイケなサウンドは、90年代には新鮮に受け入れられたけれども、今やマジックが解けてしまった感が否めません。でも、魔法が解けても、王子、やっぱり良い曲が書ける人だと思うので。フェイクでフィクショナルなファンタジーもそれはそれで楽しいのですが、地味でも内省的な良曲を書く方向を深めていくのが、最終的に王子が王に(何の?)なる道ではないか、などと、1ファンとして考える今日この頃なのでした。

キャッチ・ザ・サ~ン♪


Kula Shaker オフィシャル

Kula Shaker Myspace
2008年01月18日 | Comments(3) | 音楽[K]

テルミンmini☆音出してみました

記事にするのがすっかり遅くなっちゃいました。
『大人の科学 vol.17』付録のテルミンをいじってみた感想です。

テルミンは毎回チューニングをしなければならないデリケートな楽器ということで…。
本誌を見ながらチューニングしても、いまひとつコツがつかめなかったのですが、大人の科学.net動画が分かりやすくて助かりました。

この動画でも聞けますが、テルミンminiの音、「プピーーーーーーッ♪」とか「ブイィィィィーーーー♪」みたいな感じです(笑)
デフォルトだと音域が1オクターブしか出ませんでしたが、本誌を参考にアルミホイルでアースを取ると、2オクターブまで広がりました。本当はジャックを付けてミニアンプに繋ぐ改造をすると音質が向上するそうなんですけど、うちにはこんなに(↓)可愛いミニミニアンプは無いしなぁ。もうちょい大きいお兄さんサイズ(?)のマーシャルならあるんですけど。。。
theremin6


で、やっぱりピッチを正確にとるのはかなり難しいです。訓練してどうこう、という以前に、器械自体のピッチの安定性もいまひとつですね。
上手くいけば、何か録音してアップしようかと思ったのですが、今のところ自粛することにします(笑)。
でも、楽器に直接手を触れず、手をかざすだけで演奏する感覚は他では味わえないもので、何とも新鮮です。端から見ると念力で音を出しているアブナイ人っぽくて、そんなことやってる自分がちょっと好きだったり(爆)

本誌に「テルミンはどうして音が鳴るの?」と、原理を解説するコーナーがあったのですが、テルミンのアンテナと、演奏者の手が「可変コンデンサ」の役割をしているそうです。「おお!私、今、コンデンサになってるんだーーーっっ!」…って、喜ぶところなのかよく分かりませんが、なぜか嬉しい(^^;)。

思い起こせば、初めてコンデンサや抵抗に触れたのは小学3年生の誕生日に親からプレゼントされた「自分でラジオを作ろうセット」でした。「このちっさいm&mみたいなの、何だろ?」なんて思いながら、親の手ほどきを受けつつ説明書に従ってあちこちハンダ付けして完成させたんですけど、さすがに小3では何故ラジオが聞けるようになるのかサッパリ分かりませんでした。高校物理を習ってからなら、もっと深く楽しめたと思うんですけどね。小3の娘にそんなの買い与えた両親、何を考えていたのやら?
で、今なんだか無性~!にハンダ付けがしたい気分です(笑)。
あと、いつか、本物のテルミンを演奏してみたいな~。
と、夢がふくらむ付録でした(^-^)

んー、『大人の科学』、他にもいろいろやりたいです☆


2008年01月15日 | Comments(8) | 未分類

テルミンmini作りました☆

アマゾンから届きました~、『大人の科学 vol.17』
梱包から出してニマニマしていたら、隣に奇声をあげながら身悶えする人影が。

「こ、こ、こ、これはーーーっ!?」(ノンノン1号@小4男児) 
「えへ。買っちゃった(^-^)」
「やりたい!オレが組み立てる!」
「ちーっちっちっ。これは、『お・と・なのかがく』なの!」
「ええー?やりたいよーー (´д`)」

仕方なくということで、夜中に1人でこっそりと組み立てようかと思ってましたが(笑)、一緒に作業することにしました。

これがテルミンmini組み立てセット。
自分で用意するのは小型のプラスドライバーと単三電池4本だけ。
theremin1


基板です。とてもシンプルですね。
左側の丸いのがスピーカーです。
theremin2


基板を本体に嵌め込んでー
theremin3


アンテナやスイッチ棒を取り付け、フタをするだけで完成!
この手の作業に不慣れな私と子どもでも、所要時間30分程度。
想像していたサイズよりも若干大きく、手の平からはみ出ます。
指まで動員すれば、かろうじて「手乗りテルミン」。
theremin4


それでは、さっそく記念撮影。
あけましてるみーん♪
theremin5

……アホな大人ですみません^^;
アンテナが曲がっちゃったのは、鏡餅から1回つるっと落っことしたからです 苦笑

音出しについては、また後日。

大人の科学.net
2008年01月08日 | Comments(9) | 未分類

やばいくらい、欲しい。

明けましておめでとうございます。

2008年は、less is moreな一年にしたいと思っております。
自分にとって節目の年でもあるし(年齢的にね)。
いい加減、結婚前から夫や私が持っていたもの、双方の実家からのいただきもの、子どもが生まれてから増えたものたちで我が家の空間的キャパシティは限界を超えているし。
昨年ヨーガを始めて、血液やリンパ等々、体の中がサラサラと流動している感覚の心地よさを実感したこともあり、食べ物にしろ、情報や知識にしろ、詰め込みすぎよりも本当に必要な厳選されたものだけを採り入れたい。家の中も同じこと、という思いが強くなっているのです。

が!

今日、子どもたちのための本を買いに書店に行って見ちゃいましたよ~(><)
平積みしてあるんだもの~

大人の科学マガジン Vol.17 ( テルミン ) (Gakken Mook)大人の科学マガジン Vol.17 ( テルミン ) (Gakken Mook)
(2007/09/28)
大人の科学マガジン編集部

商品詳細を見る


昨年の9月に出ていたんですね。知らなかった。
付録がテルミンmini~!?
矢野さん(アッコちゃん)、小山田君の記事まで。

年末大掃除&整理でかなり抑えめになっていた物欲がここにきて一気にMAXまで上昇してしまいました(泣)。まだ1月4日なのに。

どうなる?今年の抱負。

でも、欲しい。
欲しすぎる。

あーあ、きっと買っちゃうな。
ここまで惚れたなら、抵抗しても無駄。
せいぜい、何か一つ買ったら不要物を5個整理する位の覚悟で…。
本年の抱負、計画倒れに終わりそうな気配濃厚な滑り出しですが、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

あ、音楽だけはless is moreでなく、心の赴くままにドンドン楽しもうと思ってます♪
2008年01月04日 | Comments(9) | 未分類
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。