スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Candy Says....

The Velvet Underground The Velvet Underground
The Velvet Underground (1996/05/07)
Verve

この商品の詳細を見る(amazon)


キャンディは言うんだ
私は自分の体が嫌になったの
この世界で、体が要求する全てのことも

青い鳥たちが、肩越しに飛んで行くのを眺めるわ
彼らが私を通り過ぎるのを
もっと年を重ねたら
私は何を見るのかしら
自分から歩み去ることができたなら
何を見ると思う?

(Lyrics by Lou Reed 部分意訳:skysong)

私は長いこと、これは思春期の少女の、自分の身体と、それが要求してくるもの、されるもの(生理的に、あるいは社会的に)に対する嫌悪感と戸惑いを歌った曲なのかと勝手に思っていました。でも、この歌詞のCandyは、ウォーホルの映画などに出演していた伝説的ドラッグ・クイーンCandy Darlingなんですね。キャンディの肉体に対する苦悩は性的倒錯を抱えていたことなのだろうけれども、そういう葛藤がなくても、私などはちょっと体調が悪かったりするだけで、自分の体と付き合うのに疲れてしまうことがあります。

だいたい体と精神は、いつもどこかアンバランスで、頭ばっかり「こうありたい」とか「あんなこともこんなこともしたい」と先走っても、体がついていかないことがしばしば。宅ヨーガを始めて1ヶ月(きっかけはこのエントリに書きました)。ヨーガとはもともと「くびきをつける」という意味で、馬を御するように心身を制御することだそうです。少しずつ、ヨーガの呼吸やポーズを通して体の声に耳を傾けられるようになっていきたいものですが、まだいきなり熱を出して寝込んだり、耐え難い頭痛でのたうち回ったり、体と上手にお付き合いできているとは言えません。それでも、ゆっくりと呼吸をしながらポーズを取っていると、以前は固かった関節が突然すうっと開いていき「お?」と驚く瞬間があったりして。頭で「自分の体はこうだ」と決め付けたり、ねじ伏せるように制御するのではなく、体の方が密やかに語りかけてきていることに気付くこともある、今日この頃です。

そんなこんなで体と心の対話をヨーガで探る毎日を送っていても、体と心の悲しい乖離を甘美なメロディで包み込んだ、この曲のデカダンスを愛さずにはいられない。根っからの健康・健全人間にはなれないようです(笑)。肩越しに青い鳥が飛んでいくのをただ眺めるしかない時だって、やはりささやかな生の一断章なのですから。

YouTubeには残念ながらヴエルヴェッツやルー・リードによるものがなくて、カヴァーばかりなのですが、Beth Gibbonsバージョンで。

Beth Gibbons & Rustin Man / Candy Says

スポンサーサイト
2007年09月28日 | Comments(4) | 音楽[V]

私信:nigamuさんへ

すみません(汗)
昨日から、いただいたメールに返信しようと何回トライしてもエラーメッセージ554で戻ってきちゃって。
HTML形式ではなくテキストメールにしたり、文字数減らしてみてもダメ。最初のメールは送れたのに、なんでだろう?

ということで、公開返信で恐縮ですが、イラスト見せてくださってありがとうございました。シンプルなラインで特徴がとらえられていて、涼しげな感じが素敵でした。(ところで、『8ビートギャグ』はご存知ですか?)

シルヴィアンのライブでお目にかかれたら、うれしいですね♪

2007年09月28日 | Comments(10) | 未分類

アップせずにはいられないってば

いけないっと思いつつ、電柱の影からチラ見モード。
[電柱]_ ̄))
ネタバレが嫌な人は我慢しましょう(^^;)
私は我慢できませんでした(苦笑)

Snow Borne Sorrow (Live in Milan Sep. 23, 2007)

声にエフェクトがかかっている部分でDavidが手にしているのはメガホン?(…じゃないですよね 笑)

Ride (Live in Milan Sep. 23, 2007)


今回のライブの映像は他にもいくつかアップされていますが、今のところ、このミラノのものが一番音質が良いようです。

ロンドンのRoyal Festival Hallにはデヴィッドのご両親やリチャード(もちろんバルビエリ)、スティーヴの奥様もいらしていたようですね。リチャードが来ていたというのが、なんだかとても嬉しい。
2007年09月25日 | Comments(7) | 音楽[S]

藤野未来展 @ Gallery 惺 SATORU

本日、買い物帰りに寄った吉祥寺の珈琲店でお会計をした時に、そこに置いてあったポストカードに目がとまりました。シンプルなラインで描かれたふたつの手。その指先に不思議な紋様が描かれていて…。独特な空気に惹かれて手に取ると「下のギャラリーでご覧になれますのでよろしかったらどうぞ」とマスターが教えてくださいました。

同じビルの半地下(?)に入っているGallery 惺 SATORUで開催されている、藤野 未来 Miku FUJINO " The Darkest Metaphor "展。小ぢんまりしたスペースに、宮沢賢治の小説『銀河鉄道の夜』にインスパイアされた、絵画、本、インスタレーションが展開する小宇宙でした。

私はトレーシングペーパーのパリパリと淡い質感がとても好きなのですが、そんなトレーシングペーパーの質感が生かされた作品も。涼やかでありながら、ちょっと懐かしいような、泣きたくなるような印象を受けました。何でしょう?子どものような無邪気さをたたえたやわらかな「手」が、グレーの紋様に染まっていく感じが、悲しさを惹起するのでしょうか。。。

残念ながら、この個展はあと2日で終了だそうです。もっと早く知ってアップしたかったと悔やまれますが、ひょんなきっかけで終了直前に見られた偶然に感謝しなければ。

ギャラリーHPの作家紹介ページやギャラリーのブログg-satoru:blogにも関連記事(Miku FUJINO ''The Darkest Metaphor''@GallerySATORU藤野未来展始まりました。三日目。インスタレーションは撮影が命)がありますので、興味を持たれた方はご覧ください。

ちなみに、このギャラリーの上にある保久良珈琲店は、洗いたてのシーツのようにパリッとした明るい空気に満たされた、珈琲店では珍しい雰囲気です。(珈琲店ってどちらかというと照明を暗く落としたお店が多くないですか?そういうお店も好きですが…。)そのストイックな佇まいに、長年、入店を躊躇していたのですが、いざ入ってみると、背筋が伸びるのにちゃんとリラックスもできる、気持ちの良い空間でした。コーヒーのお味も、清々しいスッキリ感。どちらかというと、もっと深煎り系が好きなのですが、これはこれでアリだと思います。
吉祥寺では以前、井の頭公園の「もか」という珈琲店のファンだったものの、そちらが喫茶部門をやめて豆販売のみになって以来、珈琲店ジプシーになっていました。保久良珈琲店は、また時々行ってみたいです。
2007年09月21日 | Comments(4) | Art

Steve Jansen / Slope ('07)

slope


ついに!
オフィシャルでジャケット等が公開されましたね♪
Steve Jansenの初ソロアルバム、Slope。
斜面からゴロゴロ転がるように、早く手にしたい気持ちが盛り上がっちゃいます☆
オフィシャルの説明文;
「小気味良いリズムと緻密なプログラミングの底に緊張感を湛えつつ、個性的なボーカリスト達が楽曲の情感を引き出している。ジャンセンによると、『このアルバムで僕は、曲作りのアプローチとして、コードや曲の構成、いつものなじみ深いパーツなどを避けようと試みたんだ。かわりに、関連性のない音、サンプル、リズムやイベントをくっつけてみたかった。それによって自分自身がミュージシャンとして囚われてしまっているものから逸脱しようとしたんだ。』」
ゲストはTim Elsenburg(Sweet Billy Pilgrim), Thomas Feiner, Anja Garbarek, Nina Kinert, David Sylvian, Theo Travis and Joan Wasser (Joan As Policewoman。以前、話が出ていたEmilie Simonは実現しなかったんですね。
デジパックのデザインは、お馴染みChris Biggさんだそうです。

マイクロサイトもあるし、こちらで一部試聴もできますが、1曲目Gripから引き込まれました。あと、DavidをボーカルにフィーチャーしたPlayground Martyrsは、あまりにも良いので、すでに何十回も試聴しちゃいました!この曲は、なんだかスタンダード・ナンバーの風格が漂っているようにすら感じました。ほめすぎ?(笑)
早く全体を通して聴きたいです。

Samadhi Soundで買うと10月22日発売で$15.99(プラス送料)。

HMV(日本盤)amazon(同じく日本盤)だと10月24日発売で2,548円。

さて、輸入盤と日本盤(Pヴァイン)、どちらにしようかな?


2007年09月13日 | Comments(17) | 音楽[J]

惑星の思考

9月11日、昨日のこと。
作家、宮内勝典(かつすけ)さんと坂本教授によるシンポジウム「惑星の思考--9・11以後の芸術と言葉」に行ってきました。
宮内さんの最新著書の刊行記念イベントです。
planet

惑星の思考―〈9・11〉以後を生きる / 宮内 勝典

始まるまでは、「ああどうしよう、夏バテ以来まともにアタマを使っていなかったから、お話が理解できるだろうか?」と心配で(笑)。しかも、数日前には、せっかくシンポジウムに来たのに、席に着くなり昏々と眠ってしまい、気付いた時には全部終わっていた…という、ものすごーくリアルな夢を見てしまった私(苦笑)。正夢にならないよう、お友達たちに、万一寝てたらつねってもらうようお願いして臨みました。

けれども、まるで衣装合わせをしたように、黒の野球帽を被った宮内さんと、黒のハンチングを被った坂本教授が登場すると、そんな心配はなくなりました。宮内さんは難解な用語を多用しながら立て板に水でまくしたてるような方ではなく、むしろ、言葉を選びながら訥々と、時折絶句してしまいながらお話しになる、寡黙で純粋な方、という印象でした。坂本さんの『非戦』にも文章(「種・戦争・希望」)を寄せておられたのですね。(帰ってから慌てて『非戦』をひっぱり出しました。)

非戦 非戦
坂本龍一、sustainability for peace 他 (2001/12/20)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


まず、ご友人の紹介により、お二人がメールのやりとりを開始されたことからお話が始まりました。「この『坂本龍一』さんはホンモノだろうか?それとも架空の『坂本龍一』なのかもしれない」と、半信半疑でメールしていたとか(笑)。その後9.11があって、それに関するネット上の興味深い論考等について情報交換を重ねたことで、関係が一挙にリアルになり、『非戦』に繋がった。そして、お二人とも本当だったら社会的発言などしたくはない、可能であれば、ただ芸術をやっていられればどんなに良いかという想いを抱えている。でも、自分自身や家族のことなどを考えると発言せざるを得ないのが、今の世界の状況なんだ、という認識で発言している、というスタンスを明らかに。売名行為だと言われるが、「本当に売名したいなら、こんな大変なことでなく、もっと楽なことでやるよ」と、教授。宮内さんの早稲田大学の講義に坂本さんがゲスト参加された際にも、「(社会的発言は)売名行為ではないか」と発言をした学生がいて、「非常に腹が立った」と、宮内さん。一見、同じ所にいるように見えても、実際には地球の自転によって回転していくフーコーの振り子のように、芸術と社会的発言の両方の間を揺れていくしかないのではないか、という喩え方が、さすが小説家。

私は、ここのところ、月日の流れと生活の慌しさとで、9.11の衝撃が自分の中で薄らいでしまっていたことを白状せざるを得ません。でも、お二人のお話、特に当時も今もニューヨーク在住の坂本さんの当日の回想を生で伺うと、胸の中にひたひたと、あの日の衝撃、やりきれなさ、怒り、悲しみ…そんな感覚がリアルに甦ってきました。「あのような事件がもし日本で起きても、僕たちは本当に『非戦』と言えるのか」、という問いが鋭く胸に突き刺さってきます。個人としての私はやはり「非戦」と言うだろうと思っています(少なくとも、小さな声でなら)。でも、政府や周囲の国民がおしなべて愛国・闘争モードに染まってしまった時、それを食い止めるような発言・行動がどこまでできるだろうとシビアに考えると、胃のあたりがキリキリしてきます。

そんなことをズシンと考えさせられたり、「エ『ロ』ファンティズム」に笑わされたり、良い感じに思考を揺さぶられたひとときでした。最近の風潮として、人々が「癒し(「この言葉はすごく嫌いだけど」と、お二人とも言いながら)」を強く求めていて、芸術などにもそれが見られる。「癒し」を求める気持ちというのは、お二人とも分からないではない、でも、昨今もてはやされている癒しのための癒しのようなものでは物足りない。むしろ、大竹伸朗さん(昨年の回顧展「全景」)のようなすごいエネルギーに鼓舞されたい。あといくつ小説が書けるか、あと何枚ソロアルバムが出せるか分からないけれども、寡作を誇っていても仕方がない。(作品が10トントラック何十台分もあるという)「大竹伸朗さんを見習おう!(笑)」という結論で終了したのでした。(ちなみに『惑星の思考』の表紙は大竹伸朗さんの作品です。)

司会の方がどんどん哲学的な方向に舵を向けられ、熟考型の宮内さんが「うーん」と苦悩してしまう場面も何度かあり、話の落しどころに辿りつくんだろうかとハラハラすることもあったのですが、時に深い悲しみに満たされたり、時に笑い転げたり、感覚を鼓舞していただきました。予約をとってくれたchikaさん、ありがとうね!catcansさんも♪

数日前から、テスト前の駆け込み勉強のように宮内さんの『ぼくは始祖鳥になりたい』を読み始めていたのですが、読了したら『惑星の思考』も読みたいと思います。店頭で手にとってみたところ、『惑星』はエッセイ集のようです。(刊行記念シンポジウムのわりに、それがどういう本かという話が一切無かったんですよ… 笑)
そうそう、昨日言い忘れたけど、『始祖鳥』の表紙はタレルです!>chikaさん、catcansさん
archaeopteryx

『ぼくは始祖鳥になりたい(上)』
『ぼくは始祖鳥になりたい(下)』

☆宮内勝典公式サイト「海亀通信」
☆坂本龍一公式サイト sitesakamoto

2007年09月12日 | Comments(2) | Trackback(0) | 小説以外の本

ツアー写真

オフィシャルアップされていますが、ツッコミどころ満載ですね(笑)。

上の写真。
Davidが前方でドーン!
後ろの3人、地味~。
「Davidと地味な仲間たち」?
Steve、笑いを狙ってこの構図で撮ったんでしょうか(^0^;;)

下の写真。
Steveのヒゲが妙に白くて、髪の毛が妙に黒いな~(^0^;;;)
お隣のThomasさんと髪型、ヒゲがなんだか似ていて、ネガとポジみたいに息がぴったりなお笑いユニットお二人ですね。ThomasさんがSteveのソロアルバムでどんな歌声を聴かせてくれるのか、楽しみです。

この調子で、楽しい写真をたくさんアップしてくださいませ。
2007年09月11日 | Comments(4) | Trackback(1) | 音楽[S]

Penguin Cafe Forever

PENGUIN CAFE ORCHESTRA-tribute- PENGUIN CAFE ORCHESTRA-tribute-
オムニバス、蓮実重臣 他 (2007/08/08)
エイベックス・エンタテインメント

この商品の詳細を見る


長々と引きずってしまった夏バテ以来、ようやく音楽を体内に取り込んで、それを言葉にする体力・気力が戻ってきたようです。
発売から1ヶ月以上経ってしまいましたが、ペンギンカフェオーケストラのトリビュートアルバムです。

トリビュートアルバムは様々なスタイルのアーティストが参加していますから、物によっては通して聴くのが辛い場合があります。まあ、そういう時は気に入った曲だけピックアップして聴けば良いわけですけれども。。。でも、このトリビュートアルバムは(私の場合)通して楽しむことができました。本家ペンギンカフェオーケストラの持つ、独特のメロディーラインという共通軸がハッキリしているからでしょうか。共通軸がありながら、適度なバラエティがあって、セレクトショップや雑貨店でウィンドーショッピングしているような楽しさがあります。

雑貨店と言えば、そもそも「ペンギンカフェ」という言葉が私の中に刻まれたのは、音楽集団のペンギンカフェオーケストラではなく、吉祥寺にあった雑貨店兼カフェが最初でした。あのセピア色の空間と、流れている音楽、置いてある雑貨のテイストが大好きで、通いつめていたものです。たしか、同じ雑居ビルには貸しレコード屋(後にレンタルCDショップ)も入っていて、ペンギンカフェとハシゴをするのが定番で。ペンギンカフェオーケストラの存在も、ジャパンのアルバム「錻力の太鼓」をプロデュースしたスティーヴ・ナイがそのメンバーだったなんて事も、後追いで知った次第です。

かつてペンギンカフェがあった場所はもう別のお店になってしまっていて、寂しい限り。ああ、あの場所にまた身を置いてみたい……と思っていたら、オンラインショップという形で続いていたということを遅ればせながら知りました。
Penguin Cafe
きゃーーー、懐かし!(涙)
ぜーんぶ大人買いしたい!(無理)

あ、すっかり、トリビュート・アルバムの事よりもカフェの話になっちゃいました(汗)
ご本家ペンギンカフェオーケストラの音楽って、優しくて、懐かしくて、癒し系だけれどもキレイ事だけでなくほろ苦さやさりげない毒もあるところが、いわゆる「イージーリスニング」とは一線を画していると思います。そんなペンギンカフェオーケストラの魅力を、多様な質感で変奏してみてくれたトリビュート盤。ペンギンカフェオーケストラの音楽だけでなく、私の中のペンギンカフェまで甦らせてくれた感じがして、勝手に感謝しているのでした。

2007年09月10日 | Comments(3) | Trackback(0) | 音楽[VA]

September 7, 2007

昨日よりDavid SylvianのThe World Is Everythingツアーがスタートしました。会場はStockholmのChina Theatre。

セットリストのネタバレが嫌な方は、「続きを読む」以下、読んじゃダメですよ~。(ただし、正確かどうかは分からないそうで)
ふむふむ、Steveはステージ右側なんですね♪
あと、全日程参加するかは分からないけれどもTheo Travisさんも参加していたらしい?それは嬉しいサプライズですね。

ああ、もうムズムズしてきました!(笑)
2007年09月08日 | Comments(4) | Trackback(0) | 音楽[S]

深く、深く、深呼吸

あんまりネガティブなことを書くのは嫌なのだけれども、8月後半の夏バテから、いまひとつ回復しきれておらず、なんとなくぐずぐずした調子が続いています。
カラダ自体は大分良くなってきたと思うのですが、カラダにつられてロウアーになってしまったココロの復調が半歩遅れているようで。だから、普段だったら気にもならないような事でもずーんと凹んでしまうし、もともとへナヘナ系ではあるのですが、輪をかけたように気持ちが疲れやすくて困ってしまいます。気がつくと「はぁーっ」と深いタメイキが(苦笑)。

と、そんな状態だからこそ、最近はまりつつあるのがヨガなのです。
以前はヨガって、どうにも苦手なスピリチュアル系(お好きな方、ごめんなさーい! m(_ _)m)っぽい空気があるような、運動というよりも修行とか宗教のようなイメージがあって敬遠していたのですが。サンスクリット語のカタカナ言葉やインド哲学などにもとっつきにくいというか、ぶっちゃけ、うさんくさいような(またまた、ごめんなさーい! 滝汗)苦手意識がありましたし。(そのくせ、インド料理は大好きだったりして…笑)

でも、なんとか疲れをカラダの奥底から追い出したいと、ストレッチのDVDで癒し系のがないか探してみたのですが、食指が動くようなものは見つからず。仕方がない、と次善の選択肢という感じでヨガの初心者向けDVDムックを買って実践してみたら、これが妙ーに気持ち良いじゃないですか!カラダだけでなくやり終えた後は不思議なくらいココロもすっきりするんですね!びっくりしました。こんなに気持ち良いなら一日中でもヨガしていたい!(←やりすぎです 苦笑)ってなぐらいで。そういえば中学時代、器械体操をちょっと齧ったこともあり、カラダを曲げたり捻ったり伸ばしたりするのは元来好きなのでした。こわばっていた筋肉が緩んでいく感覚が、なんとも気持ち良い。さらに、ヨガのポイントはそれぞれの動きやポーズをしながら深い呼吸を続けることにあるそうです。新鮮な酸素が体中に行き渡って、スッキリするみたい。

ということで、人様に見られたくはないけれど(苦笑)、朝、家族が起き出す前に早起きして、「○○のポーズ!」などとやるのが楽しみな今日この頃なのでした。それでもまだ日中、凹みやすかったり疲れやすかったりはするのですが、ヨガのおかげでゆっくりと気分上向きになってきているような。シルヴィアンのライブまでにはキッチリ調整していきます(笑)。

ちなみに、購入したDVDムックはこちら。
DVDでよくわかる5分間ヒーリングヨーガ―ココロとカラダを同時に癒す! (Gakken Mook 5分間ヘルスシリーズ) /
5分で完結する短いプログラムがいっぱい入っていて、その日の体調や気分で組み合わせることができます。私でも付いていける位なので、長年、運動を全くやってなかった人でも無理なくできる内容だと思います。ついでに、お値段にもココロ癒される一品(笑)。

それにしても、書店などで見渡してみるとヨガ関係の本は女性のシェイプアップをクローズアップしたものが大多数。そんな雰囲気のカウンターバランスをとる意味で、下記の本とサイトもご紹介しておきます。

ヨーガの奥義 (講談社の実用BOOK) ヨーガの奥義 (講談社の実用BOOK)
綿本 彰 (2004/08/26)
講談社

この商品の詳細を見る

アメリカで大ブレイクしたパワーヨガを日本に広めた第一人者、綿本彰さんの著書で、主にビジネスマンをターゲットに書かれています。女性向けのヨガ本が圧倒的多数な中で異色な存在かも。
綿本さんの語り口はサッパリと明快で、「うさんくさい」(またまたまた、ごめんなさい)ヨガのイメージは全くありません。オフィスや自宅で簡単にできるヨガ・ポーズの紹介の他、ヨガの歴史や呼吸法、瞑想などにも触れており、女性が読んでも面白いです。
それにしても、仕事中のオフィスでプチ腰掛ねじりのポーズを「『ちょっと変な格好だけど、落とした消しゴムを拾おうとしています』のふりで」やったらどうかって(笑)。「ちょっと」じゃなくて「かなり」不自然ですってば!(爆)

綿本彰さんの日本ヨーガ瞑想協会のサイト
アーユルヴェーダやYOGA哲学に関するコラムなど、読みものコンテンツも充実。

男のヨーガ
エディター&ライター田村十七男さんのヨガ体験レポ。
なんとなくほのぼのとしていて、なごみます☆


老若男女問わず、最近お疲れの方、運動していないな~という方!
ヨガ、いかがですかー?(笑)
2007年09月07日 | Comments(2) | Trackback(1) | 小説以外の本

地中美術館オンラインショップ

コメント欄でKimira Catさんに教えていただいた情報です。
(ありがとうございます!^0^)

直島の地中美術館オンラインショップにDavid Sylvian推薦の音楽(2点)と書籍(7点)が掲載されています。

ご興味のある方はぜひ。
お財布に限界が無ければ、「ここからここまで!」と、全部大人買いしたいところですが(笑)。この物欲、どうしましょ~?(^o^;)
2007年09月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽[S]

リハーサル写真がっっ♪

David Sylvian "The World Is Everything"ツアーのリハーサル写真だそうです。
うーん、このスタジオはどこにあるんでしょうね?
ますます10月が楽しみになってきました☆

ツアーに関する情報はこちらでどうぞ。
・David Sylvian.comツアーサイト
・Smash
2007年09月04日 | Comments(8) | Trackback(0) | 音楽[S]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。