スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Porcupine Tree / Fear Of A Blank Planet ('07)

Fear of a Blank Planet Fear of a Blank Planet
Porcupine Tree (2007/04/24)
Roadrunner International

この商品の詳細を見る(amazon)


はい、感想書くのが遅くなりました~m(_ _)m
4月に発売された、Porcupine Tree(以下PT)の新譜です。

2005年に発表された前作Dead Wingは、多種多様なスタイルを巧みに練りこみつつも、「キャッチー」とすら言えるアルバムだったと思います。Dead Wingでぐぐっとファンが増えたと思うので、そのフォローアップアルバムはさらにキャッチーなものを打ち出してくるかも?などと想像したりもしたのですが。でも、新作Fear of a Blank Planet(以下FoaBP)に耳を傾けたら、「Steven Wilson(PTのリーダー:Vo,G)ってマイペースな人ねぇ(微笑)」とシミジミ思いました(^-^)。

FoaBPも決して「とっつきにくい」とか「難解」ではないのですが、Dead Wing(特に冒頭2曲)にあったような、エネルギーを外向きに放出しながら疾走していくイメージはなく、むしろ内面的迷宮の奥へ奥へと船を漕ぎ進めるような印象を受けました。

だいたい歌詞が暗い(笑)。いや、Steven Wilsonの歌詞はいつだって明るくはないんですが。今回はアルバムを通して、ティーンエイジャーらしき人物(達)の無気力で絶望的な内面吐露&回想が語られていて、歌詞に気をとられすぎると、ちょい気が滅入ります(苦笑)。Lasse Hoile監督のタイトル曲のビデオもその世界を忠実に映像化していて、やっぱり、見ていて滅入ります(泣)。単に不快で滅入るというより、なんか負の方向に気持ちがシンクロしてしまってね。



Stevenがこういうテーマでアルバムを作ったのは、自分の過去に思うところがあるのか、現在のティーン風俗について言いたいことがあるのか。アルバムを聴き込むまではと、これまでインタビュー類の情報をシャットアウトしていたので、そろそろ封印を解いてみようと思っております。予備知識無しの率直な感想(歌詞世界についての)は、YouTubeのコメント欄にあった、ある方の意見とほぼ同じなんですけど。"the social criticism is valid but I think it was handled a bit on the corny stereotipical way"

ま、歌詞は無気力で殺伐としているんですが、音に意識を集中させると非常に饒舌で、豊かな世界がひろがっていきます。すさんだ言葉しか口にできない少年少女の心の奥にも、こんなに多様な情景が隠されている……とでも言わんばかりに。

全6曲からなる構成ですが、ひとつの曲に数曲分の要素が盛り込まれていて、区切り方によっては、もっと曲数の多いアルバムと捉えることもできるし、逆に、アルバム全体でひとつの組曲のような受け止め方も可能ではないでしょうか。様々な織り糸・織り方を組み合わせた、一枚の大きなテキスタイルでふわりと包まれたような、そんな統一感があります。

このアルバムの重低音をもっと充実した音で聴きたくて、「低価格カナル型のわりに重低音が充実している」という評判のイヤフォン、ゼンハイザーCX300を買ってしまいました。エイジングを経て、確かに重低音はこれまで使っていたオーディオ・テクニカのATH-CK32よりも出てますが、中・高域の音の響き方はオーテクの方が好きだなぁ。ATH-CK32が安いわりに中高音の音が良すぎる(少なくとも、私好みの響き方)のかもしれませんが。やっぱり1万円クラス以上か、密閉型ヘッドフォンにしないとダメなのか。ヘッドフォン探しのブラックホールに吸い込まれそうな予感です。怖い…(笑)。

Porcupine Treeオフィシャル

Porcupine Tree Myspace

☆日本語情報ならSteven Wilson JPBO

アップ直後追記:Fear of a Blank Planetが早くもWikipediaの項目(英語)になっているとは。へぇ?へぇ~?な情報がいくつかありました。小説Lunar Park、読んでみようかな。

スポンサーサイト
2007年05月27日 | Comments(17) | Trackback(0) | 音楽[P]

ええ!?

デヴィッド・シルヴィアンがワールド・ツアー!?
この時期に?

the world is everything tour
「この世界が全てだ」ツアー?

here are the first of the confirmed dates:
決定された日程のfirst=第1弾ということは、ひょっとして極東に来たりする???

7th Sept - Stockholm - China Theatre
8th Sept - Oslo - Sentrum Centre
9th Sept - Copenhagen - Royal Theatre
12th Sept - Dublin - Vicar Street
14th Sept - Manchester - Bridgewater Hall
15th Sept - Glasgow - Royal Concert Hall
17th Sept - London - Royal Festival Hall
18th Sept - Birmingham - Symphony Hall
20th Sept - Brussels - AB
21st Sept - Paris - La Cigale
23rd Sept - Milan - Conservatorio Sala Verdi
24th Sept - Reggio Emilia - Teatro Valli
26th Sept - Treviso - Teatro Accademia
27th Sept - Rome - Auditorium Della Conciliasione
29th Sept - Torino - Teatro Colosseo

ツアー前にソロアルバムが出たりするなんてことは???

なんだか???ばっかり多くなってしまいましたが、目をごしごしこすっても、やっぱり本当のようです。

日本にも来てくれなきゃ、グレますよね?>ファンのみなさま

(情報源David Sylvian.comニュース
2007年05月22日 | Comments(13) | Trackback(0) | 音楽[S]

Nine Inch Nails @ 新木場Studio Coast '07.5.18

18日の金曜日、新木場Studio CoastでNine Inch Nailsを見てきました!

前座のSERENA MANEESHはポストロック系の音なんですが、ちょっと決め手に欠けるというか。ボーカルやバイオリンがギターに埋もれていて、CDだったらもう少し良いのかもしれないですけどね。。。だいいち、階段脇にいたもので、前座の間中ひっきりなしに人が上ったり降りたりして、全く集中できなかったんです。昨年のモグワイでもほぼ同じ場所で見ていたのですが、前座の最中でもそんなに移動が無かったんですけど。

今回何しろNINだし、前の方で見るのは絶対に私の体格では無理!とあきらめてました。案の定、前方ではダイブが発生していましたので正解。ああ、ライブの時だけドラえもんの「ビッグライト」か何かで屈強&頑丈になりたい……。

それにしても、激しくかつ緻密で、めちゃめちゃタイトなライブでした~。完璧。ギターのアーロンの動きは最高ですね!ギターを持って生まれてきた野生児って感じです。トレントは……いかつい(笑)。
映像や特殊なセットもなく、スモークと照明だけのシンプルなステージ。Year Zeroが政治的なコンセプトをこめた内容だったので、そういう含みのある映像やコメントでもあるのかと想像していたけれども、特に無く。ひたすらたたみかけるように、約2時間、次々と曲が飛び出し、アンコール無しで潔く終了。すごいエネルギーです。トレント、とても29歳(笑)とは思えません。

某巨大掲示板さんにアップされていたセットリスト:
Hyperpower!
The Beginning of the End
Last
Survivalism
March of the Pigs
Piggy
Capital G
Burn
Gave Up
Help Me I Am In Hell
Me, I\'m Not
Eraser
La Mer
Into the void
The Good Soldier
Wish
No, You Don\'t
Only
Suck
Hurt
The Hand That Feeds
Head Like A Hole

ちょっとうろ覚えですけど、MCで、「日本に来られてうれしい。一番好きな国のひとつだ。くそアメリカから抜け出して、文化のあるところに来られてうれしいよ。みんなおしゃれだし。」と社交辞令(?)も交えたトークに、「アキバ!」っていうツッコミが会場から入ったような気が(笑)。

Hurt前の機材セッティング中、「ハッピー・バースデイ」合唱が前方で始まって。そう、前日の17日がトレントの誕生日だったんですよね。で、"Thanks!.....29!"と、笑いをとってました(サバ読みすぎ~笑)。意外と気さくな人なのね(くすくす)。でもすぐ「キャラを保たなきゃいけないから、ごめんね」みたいなことを言ってHurtの演奏開始。そりゃそうだよね。「気さくなおっさん」モードのままじゃHurtは歌えないって。そのHurt、それはそれは素晴らしかったです(涙)!声の伸びもすごく良かったし。

でも、今日はInto The Voidを貼ります。
ライブ中、この歌詞が頭から離れませんでした。
tried to save myself but myself keeps slipping away♪



2007年05月20日 | Comments(5) | Trackback(1) | 音楽[N]

XTC / The Wheel And The Maypole ('00)

Wasp Star (Apple Venus, Pt. 2) Wasp Star (Apple Venus, Pt. 2)
XTC (2000/05/23)
TVT

この商品の詳細を見る(amazon)
試聴可能リンク(HMV)


iPodをシャッフルモードにしていたら、XTCのWasp Star (Apple Venus, Pt. 2)収録のThe Wheel And The Maypoleが流れてきました。ちょうど5月だし、タイムリー♪と耳を傾けたら、かなりグッときてしまいました。

Maypoleって何?だったので調べてみたら、ヨーロッパのお祭りなどで踊りに使われる、リボンのついた柱のことなのですね。(Wikipedia英語版)Men Without HatsのSafety Danceのビデオにもmaypoleが登場するので、これを見るとイメージが沸くかも。ついでに、Men Without Hatsもすっごく懐かしいです(>o<)

この曲は前半後半二つの曲を合わせた構成になっていますが、この合わせ技が効いています。
まず前半はデモ段階ではThe Pot Won't Hold Our Love(デモアルバムHomegrown収録)と呼ばれていた、ポジティブな部分。

Time is but clay
and I'll see you and the wheel turn
時は陶土なのさ
僕は君がろくろと回るのを眺める

And if the pot won't hold our love
Then we'll dash it to the ground
And if the pot won't hold our love
We'll build one bigger all around
Goes the wheel
もしも壷が僕らの愛には小さすぎたら
地面に叩きつけよう
もしも壷が僕らの愛には小さすぎたら
もっと大きいのを作ればいいさ
ろくろは回る

一方、後半のmaypoleは苦味を含んだ内容です。

Maypole you've spun me round and knocked me off my axis mundi
Maypole the ties that bind you will unwind to free me one day
And everything decays

メイポール、君は僕をぐるぐる回して
自転軸からはじき飛ばしてしまった
メイポール、君を束縛する絆はいつかほどけ
僕を解放するだろう
そして、あらゆるものは朽ちていくんだ

And what made me think we'd last forever
Was I so naive?
Of course it all unweaves

僕らは永遠に続くと、どうして僕は思ったんだろう
そんなに僕はナイーブだったのか?
もちろん、あらゆるものは、ほどけていくんだ

そして、ラストは2本のリボン、そして曲の前半後半部分が縒り合わさるように、コーラス部分が重なって終わります。
Maypole (round goes the wheel)
Maypole (round goes the wheel)
Maypole (the ties that bind you will unwind to free me one day)
Maypole (if the pot won't hold our love)

この、ちょっとほろ苦い内容が、超ド級ひねくれポップスに乗って歌われる所が良いんですよね。(歌詞全体はこちら

アンディー・パートリッジの即興セッション音源が最近発売されたりしていますが、できればXTC名義で、緻密なひねくれポップスをもっと聴かせて欲しいものです。


2007年05月06日 | Comments(12) | Trackback(0) | 音楽[X]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。