スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

パシュチモターナ・アーサナ & Tamas Wells

ひさびさにヨーガの話題です。
パシュチモターナ・アーサナとは「両足の前方ストレッチ」。「背中を伸ばすポーズ」と呼ばれることも。
平たく言えば、両足を前に伸ばして座った状態での前屈です。(ポーズ辞典参照

ヨーガを始めたばかりの頃は、膝裏の筋肉がイタタタ…となってしまい、お腹を太ももにぴったりつけることは難しかったのですが、1,2ヶ月ほどでつけられるようになりました。と言っても、二つ折りケータイみたいに瞬時にパタン!となるわけではなく、何度も繰り返し呼吸の力を借りて各所の力みを取っていくうちに、徐々に上半身が降りていく感じなのですが。

「たかが前屈」と思われそうですが、上半身と下半身がぴったりくっつくと、自分との一体感が驚くほど気持ち良いのです。「自分との一体感」というのも矛盾しているようですが、意外と日常の中での「自分」はあちこちとっちらかっているもので…。「ああしたい」自分と、「こうすることしかできない」自分との乖離とか。相手やTPOに合わせて、様々な面を使いわけている自分とか。様々な面があることは自然でもあり、社会的必然でもあるのだけれど、忙しすぎたりストレスがオーバーフローしてくると、私の場合、様々な「自分たち」の扇のカナメがどんなものなのか、何を望んでいるのか、良く分からなくなってしまうことも多々あるのです。でも、このポーズをとっていると、そんな混乱がすーっとリセットされていきます。自分で感じる自分の体は、想像以上に柔らかく、あたたかく。(日頃、どんな自己イメージを持っているんだか ^ ^;;)そんな自分のぬくもりを感じながら繰り返す、ゆったりとした呼吸。空気がおいしい。自分の体があたたかい。とてもシンプルで、イノセントな幸福感が心の奥から沸き起こる。ヨーガって不思議。そして、ありがたい。

疲れ、汚れ、悲しみがゆっくりと洗い流されて、生成り布のような色合いと肌触りになったような、このイノセンス。Tamas Wellsのエンジェル・ヴォイスに通ずるところがあるような気がするのです。5月にサードアルバムが発売されました。
オーストラリア出身、ミャンマー在住のSSW、Tamas Wells。
今作ではピアノが使われておらず、ストリングスも控え目。前2作より更にシンプルですが、彼の作るメロディーや声は相変わらずです。昨年の来日はスケジュールが合わず泣く泣く諦めたので、今回はライブ行きます!

Two Years In AprilTwo Years In April
(2008/05/16)
タマス・ウェルズ

商品詳細を見る


Tamas Wells Myspace
新譜からはThe Northern Lightsという曲が試聴できます。

pastel records
こちらにも試聴リンクあり。
来日ツアーの日程等はこちらでどうぞ。
スポンサーサイト
2008年06月05日 | Comments(8) | Yoga

切り離し、結ばれる

ふとしたきっかけでyogaをやるようになって、2ヶ月あまり。
基本的にはDVDを見ながら宅yogaしているのですが、奇しくも最近近所にスタジオができて、何度か生レッスンも体験してきました。

yogaレッスンの最後には必ずといっていいほど、シャバアーサナ(屍のポーズ)というポーズを行います。ただ、仰向けに寝て脱力するだけなのですが、これが実は奥深い。自分では力を抜いているつもりでも、全身あちこち結構まだ力んでいる部分が残っているもので。また、精神的に集中できていなくても、逆に変に頑張りすぎていてもうまくいかないもの。インストラクターさんによってこのシャバアーサナの誘導もさまざまなのですが、ご近所スタジオのとあるインストラクターさんの誘導には初めちょっと驚きました。

(優しい、静かなトーンで)「右足の足先、足首、ひざ、全体の力を抜いて……そして、右足をそっと体から切り離します」

え。切り離しちゃうの?なんてシュールな。
頭の中に、マネキンのような抽象的な体をイメージしながら、「さよなら…」と右足をそっと切り離す。グレーの空間に冷たく横たわる、右足と、それ以外の体。なんだか寂しいような、怖いような、ちょっと涙が出そうな気分になりながら。

インストラクターさんは淡々と、穏やかな口調で、今度は左足を切り離すように促していく。その次は右腕、最後に左腕。
ひとつひとつ、「さよなら…」と切り離していくうちに、最初の寂しさや怖さが消えていき、不思議と穏やかな諦念が広がってきました。
いつの間にかこだわりすぎていた日常の些事。
どうしてもしがみついてしまう過去の記憶。
思い悩んでも仕方がないのに不安になる未来。
手足のイメージと共に切り離されていったのは、そのような、知らず知らずに頭と心の中に澱のように溜まっていた執着の数々。
その執着から切り離され、広がった諦念が安らかに舞い降りると、そのグレーの空間の中心にぽっかりと、「ありがとう」という感情が光のように生まれ、広がっていくのが「見えてしまいました」(アブナイ人? 笑)。それは自分の内的感情のはずなのに、初めて見る映画のように未知な光景で、なんだか心底驚いてしまった私。
その後には、運良く平和に命を全うすることができたら、こんな感謝の念に満たされながらこの世と別れられるのかもしれない、そうであれば嬉しいという思いがよぎり…。

日頃から、自分の境遇、家族、友人たち、その他色々なことに感謝の念は忘れていない「つもり」ではあったけれども。でも、「感謝すべきなんだろうな」と頭で「考えて」する感謝より、もっと奥深いところで、もっとシンプルに、体は感謝していたようです。
いま、ここに、こうして存在していられるという事実に。
背中を大地(の上の、スタジオの2階の床の、ヨガマットの上だけど)に抱きとめられて、ただただ息を吸って、吐くことを繰り返していられる幸せに。

元来ネガティブ人間な私は、自分の体の内側に潜んでいたその素朴な感謝に生まれて初めて気付いたのです。そして、それに驚愕し、涙が滲んでしまいました。最初に右足に別れを告げた、寂しさの涙とは違った種類の涙が。心が体の言い分に気付き、心と体が結びついた瞬間。

毎日yogaをしていても、毎回かならずこんな気持ちになれるわけでもなく、なったところでyogaを離れれば、また瑣末なことに神経をすり減らす日常に戻るのだけれども。でも、時々でもこんなリセットを体験させてくれるyoga、本当にありがたい。大掛かりなリセットまでいかなくても、やれば確実に気持ちが落ち着きますし。まだ、始めて2ヶ月の超初心者ですけど!

ということで(?)
Sigur RosのTakk...とGlosoliをライブバージョンで。
(Takk...=Thank You、Glosoli=Glowing Soul)
歌詞の英訳はこちらのサイトにあります。


インドで生まれたyogaとアイスランドのSigur Ros。距離的も気候風土もめちゃめちゃかけ離れていますけど(笑)。深い、ゆったりとした呼吸のペースとシガロスの音楽、個人的にはしっくりくるのです。

Takk... Takk...
Sigur Ros (2005/09/13)
Toshiba EMI

この商品の詳細を見る


今月発売された新譜(オリジナルアルバムではなく、コンピというか企画盤ですが)、ヘビロテ中です☆
HVARF-HEIM~消えた都 HVARF-HEIM~消えた都
シガー・ロス (2007/11/07)
EMIミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


2007年11月20日 | Comments(6) | Trackback(4) | Yoga
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。