スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Charlotte Gainsbourg / IRM ('10)

前作より約3年ぶりの、シャルロット・ゲンズブールのアルバム。
ご存知の通り、ベックが作詞・作曲、プロデュースで全面的にサポートしております。

先行でダウンロード提供されていたIRM(曲)や、ビデオが公開されたHeaven Can Waitを視聴し、「ベックそのまんまで、シャルロットの持ち味ゼロだな~」としか思えず、リリース前からテンションが下がってしまったので、やや遅れて入手しました。ベックもシャルロットも両方好きなのですけどね。

前作「5:55」は、エールの2人とジャーヴィス・コッカー、ニール・ハノン、プロデューサーのナイジェル・ゴッドリッチが、総力をあげてシャルロットの持ち味、彼女からインスパイアされるイメージを形にした作品だったと思います。しかし「IRM」は、アルバムを通して聴いても、やはり、ベックのアルバムとしか思えません(笑)。ただし、シャルロットが関わっている意味が全く無いかというと、そうではなく、シャルロットがいることで、ベックのアウトプットの幅が広がった部分もあると感じました。ベックのアルバムfeaturingシャルロット、というスタンスで楽しめます。

それにしても、アマゾンには「本作はベックが全曲書き下ろし、プロデュースも手掛けている。」(日本盤解説)、"He wrote all of the music and co-wrote the lyrics and produced and mixed the recording. "(US盤解説)と書かれているのですが、なんでこんな間違いが堂々とまかり通っているのでしょうか(2010年2月7日現在)。3曲目のLe Chat du Café des Artistesはカヴァー曲なのに。You Tubeにアップされていたこの動画では、Jean-Pierre Ferlandのオリジナルと、シャルロットのカヴァーバージョンを続けて聴くことができます。うーん、とても親切な投稿者さん!



カナダのシンガー、フェルラン氏の名前自体IRMが出るまで知りませんでしたし、もちろんオリジナルを聴くのも初めて。70年代フレンチポップスの香り漂うロマンティックなメロディーと、重いストリングスのフレーズの絡みが何とも言えない、いかにもベックが好きそうな曲だと思いました。
これまでセルジュ・ゲンズブールのMelody NelsonがSea Changeに与えた影響については色々なところで語られていましたけれど、Paper Tiger って、まんま、Le Chat du Café des Artistesの前半部分じゃないですか。この2曲を続けて聴くと、ものすごく自然に繋がりますよ~。ネコが紙製のトラにメタモルフォーゼ?



シャルロットは、本当はレディオヘッドにプロデュースして欲しかったという噂です。アルバムまるごとはどうだろう?と思いますが、1曲位はトムとデュエットとか、聴いてみたい気もします。トムのこれまでのデュエットって、ビョークしかり、P.J.ハーヴェイしかり、力強い女性ヴォーカルの半歩後ろから細~い声で付いていきます…みたいな感じでしたがw、シャルロットと囁き合戦もアリかも。いえ、完全妄想ですが。





スポンサーサイト
2010年02月07日 | Comments(0) | 音楽[C]

Elvis Costello & The Imposters / Momofuku ('08)

アルバムタイトルを初めて聞いた時は「なぜに『モモフク』?」と首をかしげました。
Momofukuとはカップラーメンの考案者、安藤百福氏にちなんでつけられたタイトルとのこと。
さらに「は?」という感じだったのですが、コステロ自身の説明によると「水を足しただけで出来ちゃった」アルバムだそうで。
Like so many things in this world of wonders, all we had to do to make this record was add water. (オフィシャルサイト4/22付けエントリより)

要はJenny Lewisのアルバムへの参加を求められたところ、The ImpostersのベーシストDavid Faragherも数曲参加していて、だったら、ということでThe ImpostersのドラマーDavid Faragherにも連絡して…という、軽いノリから始まって、レコーディングからミキシングまでわずか一週間でできてしまったとか。「もうレコーディングはしない」なんて言っていたそうですから、気が変わってくれて本当に良かったです。

だって、このアルバムのコステロは「どうしちゃったの?」っていうくらいハジケていて、すごく勢いのある作品で。短期間で即席レコーディングした勢いと、長いキャリアのたまものの職人芸が絶妙に合わさっていて、聴いていて本当に楽しい!Oliver's Armyばりの、キュンとくるチューンから、ボサノバ調、ディストーションがガリガリかかったハードめのロックまでもりだくさん。メロウなコステロも良いけど、やっぱりポップでロックなコステロ、好きだな~☆
ところで、Stella Hurtのギターリフ、ベックのNauseaとソックリなんですけど、さらに大元のソースがあるのでしょうか。

それはさておき、安藤百福氏の名前も英国人のコステロ経由で初めて知ったような日本人ですが、このMomofukuには、百の、いやもっとたくさんの幸福をもらえそう♪

2枚組LPレコードで聴くのがベスト、なんて言われるとプレイヤーが欲しくなるなぁ。
"this is how it sounds the best: with a needle in a groove, the way the Supreme Being intended it to be… "(上記リンクより)


MomofukuMomofuku
(2008/05/06)
Elvis Costello & the Imposters

商品詳細を見る(amazon)
iTS


Myspaceで試聴をどうぞ。
2008年05月08日 | Comments(2) | 音楽[C]

Elvis Costello / Indoor Fireworks

この曲は、長い時間を一緒に過ごしてきたカップルを描いていて、ビターな味わいです。

(前略)
You were the spice of life
The gin in my vermouth
And though the sparks would fly
I thought our love was fireproof
Sometimes we'd fight in public darling
With very little cause
But different kinds of sparks would fly
When we got on our own behind closed doors

君が人生のスパイスだった
僕のベルモットに注がれたジン
火花は散るけれど
僕らの愛はそれに耐えられると思っていた
時にはささいなことで
人前で喧嘩もしたが
閉じられた扉の向こう側で二人きりになったとき
違う種類の火花も飛んだだろう

Indoor fireworks
Can still burn your fingers
Indoor fireworks
We swore we were safe as houses
They're not so spectacular
They don't burn up in the sky
But they can dazzle or delight
Or bring a tear
When the smoke gets in your eyes

室内の花火でも
指に火傷をすることがある
室内の花火
僕らは安全だと言い張っていたけれど
空で燃え上がるような
華々しさはない
でも、室内の花火だって
目をくらませたり悦ばせたり
煙が目にしみれば
涙を流させたりもするんだ

It's time to tell the truth
These things have to be faced
My fuse is burning out
And all that powder's gone to waste
Don't think for a moment dear that we'll ever be through
I'll build a bonfire of my dreams
And burn a broken effigy of me and you

本当のことを言うべき時が来た
きちんと直面しなくてはいけないんだ
僕の導火線は燃え尽きそうで
あれだけあった火薬も消耗してしまった
でも、僕らが終わりになるなんて
一時たりとも考えないでくれ
これから僕は夢を焚き火にくべて
君と僕の壊れた偶像を燃やすから

(歌詞全体はこちら

最後のパートがなんともシビアですが、
Don't think for a moment dear that we'll ever be through
と言っているから、一応、最終的にはポジティブなのだと解釈しています。
特に、
「夢を焚き火にくべて
君と僕の壊れた偶像を燃やす」
の部分に凄味を感じるのですね。
やはり、二人の人間が一緒にいるには、indoor fireworksや、こういう炎を幾度かくぐり抜ける必要があるのかもしれません。



キング・オブ・アメリカキング・オブ・アメリカ
(2005/06/22)
ザ・コステロ・ショウ、エルヴィス・コステロ 他

商品詳細を見る


今月は、バレンタインモードで色々なラブソングについてのエントリを書いてきました。
1, The National / Slow Show
2. Elliott Smith / Angel In The Snow
3. Badly Drawn Boy / The Shining
4. Cass McCombs / Sacred Heart
5. Morrissey / The More You Ignore Me, The Closer I Get
6. Fiction Plane / Cold Water Symmetry
7. Jeff Buckley / Lover, You Should've Come Over
8. Babyshambles / Love You But You're Green
9. The Velvet Underground / Pale Blue Eyes
10. Echo And The Bunnymen / Lips Like Sugar
11.Broken Social Scene / Lover's Spit
12.Serge Gainsbourg / La noyée
13.Elvis Costello / Indoor Fireworks(当記事)

トリュフを一つ一つ選んで箱に入れていくみたいで楽しかったです。
お口に合う曲があったかどうか分かりませんが、男女問わず、読んでくださった皆様ありがとうございます☆
Happy Valentine's Day !


2008年02月14日 | Comments(2) | 音楽[C]

夕暮れ時を愛する人々へ

こういうタイトルの記事を書くなら、本当は綺麗な夕空の写真でも貼りたいところだけれど…。

最近夕暮れ時は、とっぷり仕事中か、でなければ夕食の段取りなどを考えながら超特急で移動しているとか、そんな状況ばかりで。
写真に撮るどころか、肉眼でもここ数ヶ月ちゃんとした夕空を拝んでいないような気がします。そもそも冬ってあっという間に暮れてしまうから、あんまり夕空って見られないものでしたっけ?そんなことすらよく分からなくなってしまいました。ああ、ゆとりの無い大人って嫌だわ(^^;)。

夕方の空のグラデーションが少しずつ変わっていく様を眺めるのが好きなんですけどね。ちょっと寂しいけれども、それがまた良かったり。

でも、The Clienteleを聴いていると、時間帯がいつであろうと、外の空がどうであろうと、美しい夕空が眼前に広がってくるようです。さて、明日の夕空はどんな色なのでしょう?私は見ることができないけれど、心だけは、やわらかいスミレ色に染めてみます。

The Violet HourThe Violet Hour
(2003/07/08)
The Clientele

商品詳細を見る(amazon)
eMusic.com


Voices In The Mall


House On Fire


The Clientele Myspace

2008年01月26日 | Comments(2) | 音楽[C]

Crowded House / Silent House

今日は涼しくなりましたが、今年の暑さは本当に厳しかったですね。
前回のエントリの後とっぷりと夏バテになってしまって、しばらくは体をひきずる日々でした。めずらしく数日間音楽を聴く気力も沸かず、音楽のない世界でひたすら不調が過ぎ去るのを待っていたのですが、ようやく少しずつ回復に向かってきたようです。数日のブランクを経て再び聴きだすと、まるで乾いた土に水が沁み込むように音が体の中に入ってきますね。

とはいえ本調子ではないので「これが聴きたい!」という前向きな意思が持てず、iPodのシャッフルモードが流してくれる曲たちを浅い眠りの合間に聴いていた、そんな夜。Crowded Houseの新譜Time On Earthからのナンバー、Silent Houseが耳に飛び込んできて、ギターの響きと歌詞に心を奪われ、明け方にすっかり目が醒めてしまいました。アルバム全体の中から、ちゃーんと「これ!」っていう曲を届けてくれるんだから、シャッフルちゃんは人の気持ちが分かるのではないか?と本気で考えてしまいます。

I will try to connect all the pieces you've left
I will carry it on and let you forget
I'll remember the years when your mind was still clear
All the laughter and light that filled up this silent house

僕はあなたが遺した断片をすべて繋ぎ合わせてみるよ
そして、それを受け継いでいくから
あなたは忘れてしまってもいいよ
僕は覚えているから
あなたの記憶がまだはっきりしていた頃を
この静かな家に、笑い声と光が満ちていた頃を
(原詞はこちら

……これってねぇ。アルツハイマーを患った末に亡くなった祖母のことを思い出してしまう歌詞なんですよね(TT)。そして、静かになってしまった家の部屋部屋を、そこに残された空気を、いつくしむ様に鳴り響くNeil Finnのギターがなんともいえません。

この曲はDixie Chicksと一緒に書いたものだそうですが、相変わらずいい曲書きますね。Live Earthのオーストラリア会場でもハートウォーミングなステージを披露していましたが、10数年の月日やメンバーの死を経てもCrowded Houseが健在であることを実感した曲です。
Hey now, hey now, don't dream it's over♪ですね。

Silent House (Coachella Festival 2007)


Silent House アコギ・バージョン


Time on Earth Time on Earth
Crowded House (2007/07/10)
EMI/Parlophone

この商品の詳細を見る(amazon)
iTS(iTunes Plus)
2007年08月29日 | Comments(4) | Trackback(0) | 音楽[C]
 | HOME |  NEXT »»

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。