スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

XTC / The Wheel And The Maypole ('00)

Wasp Star (Apple Venus, Pt. 2) Wasp Star (Apple Venus, Pt. 2)
XTC (2000/05/23)
TVT

この商品の詳細を見る(amazon)
試聴可能リンク(HMV)


iPodをシャッフルモードにしていたら、XTCのWasp Star (Apple Venus, Pt. 2)収録のThe Wheel And The Maypoleが流れてきました。ちょうど5月だし、タイムリー♪と耳を傾けたら、かなりグッときてしまいました。

Maypoleって何?だったので調べてみたら、ヨーロッパのお祭りなどで踊りに使われる、リボンのついた柱のことなのですね。(Wikipedia英語版)Men Without HatsのSafety Danceのビデオにもmaypoleが登場するので、これを見るとイメージが沸くかも。ついでに、Men Without Hatsもすっごく懐かしいです(>o<)

この曲は前半後半二つの曲を合わせた構成になっていますが、この合わせ技が効いています。
まず前半はデモ段階ではThe Pot Won't Hold Our Love(デモアルバムHomegrown収録)と呼ばれていた、ポジティブな部分。

Time is but clay
and I'll see you and the wheel turn
時は陶土なのさ
僕は君がろくろと回るのを眺める

And if the pot won't hold our love
Then we'll dash it to the ground
And if the pot won't hold our love
We'll build one bigger all around
Goes the wheel
もしも壷が僕らの愛には小さすぎたら
地面に叩きつけよう
もしも壷が僕らの愛には小さすぎたら
もっと大きいのを作ればいいさ
ろくろは回る

一方、後半のmaypoleは苦味を含んだ内容です。

Maypole you've spun me round and knocked me off my axis mundi
Maypole the ties that bind you will unwind to free me one day
And everything decays

メイポール、君は僕をぐるぐる回して
自転軸からはじき飛ばしてしまった
メイポール、君を束縛する絆はいつかほどけ
僕を解放するだろう
そして、あらゆるものは朽ちていくんだ

And what made me think we'd last forever
Was I so naive?
Of course it all unweaves

僕らは永遠に続くと、どうして僕は思ったんだろう
そんなに僕はナイーブだったのか?
もちろん、あらゆるものは、ほどけていくんだ

そして、ラストは2本のリボン、そして曲の前半後半部分が縒り合わさるように、コーラス部分が重なって終わります。
Maypole (round goes the wheel)
Maypole (round goes the wheel)
Maypole (the ties that bind you will unwind to free me one day)
Maypole (if the pot won't hold our love)

この、ちょっとほろ苦い内容が、超ド級ひねくれポップスに乗って歌われる所が良いんですよね。(歌詞全体はこちら

アンディー・パートリッジの即興セッション音源が最近発売されたりしていますが、できればXTC名義で、緻密なひねくれポップスをもっと聴かせて欲しいものです。


スポンサーサイト
2007年05月06日 | Comments(12) | Trackback(0) | 音楽[X]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。