スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ミック・カーン基金にJakko- Kingdom of Dust (mp3 download)

Jakko M. Jakszyk(ジャッコ・ジャグジク:wikiで見たら本名はMichael Lee Curranなのですね。知らなかった…)の1994年のミニアルバム Kingdom of Dustが、Burning Shedにてダウンロード再発されました。収益は全て、癌と闘っているミック・カーンの基金へと寄付されるそうです。32.0MB、474円。(購入は こちら から)
KingdomOfDust

オリジナル・アルバムにはJBK(スティーヴ・ジャンセン、リチャード・バルビエリ、ミック・カーン)も参加しており、もちろんミックのあのベースラインも堪能できます。
さらに、ジャッコとリチャードによるボーナス・トラックも追加されています。雄大なランドスケープの上空を大きな鳥がゆっくりと飛んでいるようなスケール感あふれるサウンド。辛いことに直面している人物の心の叫びのようなWake me when it's overというリフレイン、下を見るな、飛べ!と呼びかけるメッセージが交錯する歌詞に胸が熱くなります。

Standing on the edge, but
Don't look down
Keep both eyes shut
Don't make the sound and
(Wake me when it's over)
Fly

崖っぷちに立っていても
下を見るな
両方の目を閉じて
音をたてるんじゃない
(悪夢が終わったら起こしてくれ)
飛ぶんだ…!




1. The Hands of Che Guevera [JJ/R.Barbieri] (4:20)
2. Drowining in My Sleep [JJ/S.Jansen] (4:12)
3. It's Only the Moon [JJ/R.Barbieri] (4:24)
4. The Judas Kiss [JJ/S.Jansen] (4:28)

bonus track:
5. Fly [R.Barbieri/JJ] (6:02)


Burning ShedではPorcupipne Treeのライブ音源もミック・カーン基金へと提供していましたが(拙記事)、そちらと同じく、購入の決済を済ませてから24時間以内にダウンロードを完了しなくてはならないのでご注意を。


この再発についてのジャッコのメッセージにも感銘を受けたので訳させていただきました。

Last year the charming people at Burning Shed informed me that all the physical CD copies of 'Kingdom Of Dust' had sold out, and suggested making it available again as a download. Not being enamoured of the download concept and assuming there was little interest to justify a re-print, I declined this well meant offer.
昨年、Burning Shedの親切な人々から、「キングダム・オブ・ダスト」のCD在庫が全てなくなったのでダウンロードとして再発してはどうかという提案をいただきました。けれども私はダウンロードというコンセプトに魅力を感じておらず、かといってCDとして再発するだけの需要もないと思い、その善意の申し出を断りました。

As some of you may know, earlier this year Mick Karn was diagnosed with a terrible illness and subsequently a fund was set up to help both Mick and his family through this awful time. It seemed entirely appropriate, therefore, to release 'Dust' as a download with all the proceeds going to Mick's appeal.
けれども、一部の人には知られているように、今年になってミック・カーンが重篤な病と診断され、彼と家族が辛い時を乗り越えるのを支える基金が設立されました。そこで、「ダスト」をダウンロード再発し、全ての収益をミックの基金へと贈るのが何よりもふさわしいと考えたのです。

I also wondered if we might somehow be able to include an extra track, as I remembered that many years back I had started work on a piece with Richard Barbieri. I managed to find it in the archive and reassembled what we'd done. I then added some new guitars and sent it to Richard for his approval. He came back with a number of suggestions. Adding to the rhythm parts and the suggestion of some editing. He also wondered if I might be able to turn this instrumental piece into a song. This is what we have done.
さらに、何年も前にリチャード・バルビエリと作りかけていた曲があったことを思い出したので、なんとか追加曲を入れられないかと考えました。どうにかアーカイヴからその曲を見つけ出し、我々がやったことを組み立てなおすことができました。そして新たなギター・パートをいくつか加え、リチャードの承諾を得るため送ったところ、リズム・パートへの追加や編集すべき箇所などの提案がいくつか返ってきました。彼はさらに、そのインスト曲を歌物にできないかという意見もくれました。こうやって追加曲ができました。

A piece started around the time of the original 'Kingdom Of Dust' and completed many years later, it's simply entitled 'Fly' and adds an extra 6 minutes of music to the original mini album.
オリジナルの「キングダム・オブ・ダスト」の時期に着手し、何年も後に完成したこの曲は、シンプルに「フライ」と名付けられ、元のミニ・アルバムに6分という時間を付け加えることになったのです。

For my pal Mick.

Jakko

友人ミックのために。

ジャッコ


スポンサーサイト
2010年09月17日 | Comments(10) | Trackback(0) | 音楽[J]

やはり今夜は…

この曲を。

2010年05月18日 | Comments(0) | 音楽[J]

Jonsi / Boy Lilikoi

シガー・ロスの「残響」に英語曲があるのに気付いた時は驚きましたが(数回聴いてから「……そういえば、これ、ひょっとして英語?」みたいな 笑)、ヨンシーのソロアルバムGo(2010年3月発売予定)は英語のアルバムになるそうで。
やっぱり世界に発信するとなると、英語なのかな。
フランスでも、最近は(私の耳に入ってくるような、世界に流通しているフランスのアーティストは)英語詞中心ですよね。Airしかり、Phoenixしかり、5:55以降のシャルロット・ゲンズブールしかり。
意味が分かりやすいのは嬉しいけれど、色々な国の言葉の響きを楽しみたいというのもあるので、この傾向には複雑な気分になってしまいます。


とはいえ、さすがのメロディー・ラインと歌声。
最近各所で大活躍のNico Muhlyが、ストリングス・アレンジで参加しているのにも注目ですね。




[追記] Lilikoiってアイスランドの言葉かと思ったのですが、パッション・フルーツのハワイでの呼称だったんですね。
    パッション・フルーツ・ボーイ!?
2009年12月11日 | Comments(2) | 音楽[J]

Steve Jansen Interview他

本日のSteveのバースデイを記念してリンクを2点☆

①数日前に、コメント欄でMORIさんに教えていただいた、イタリアのデヴィッドファンサイトでの2008年Steve Jansenインタビュー♪
http://www.davidsylvian.it/interviste/2008-davidsylvianit-interview-with-steve-jansen

Steve Jansen.comのニュースより、DVD『オカーレンス・オブ・スロープ』が紹介されているリンク一覧♪
http://www.stevejansen.com/news/the_occurrence_of_slope_japanese_introduction_webpages.html

えーと、何歳になられたのでしたっけ?って話は置いておきましょうか(笑)
上記インタビューで、「Nine Horses2か次回ソロ作に入るかもしれない新しいマテリアルに取り組んでいる」とのことでしたので、期待して待ちます。何年でも(^o^)

本年2月に東京で行われたソロコンサートのDVDも、まだの方はぜひ~♪

オカーレンス・オブ・スロープ [DVD]オカーレンス・オブ・スロープ [DVD]
(2008/11/21)
スティーヴ・ジャンセン小山田圭吾

商品詳細を見る

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!


2008年12月01日 | Comments(2) | 音楽[J]

Steve Jansen / The Occurrence Of Slope ('08) [DVD]

ようやく通常業務(笑)
やっとRadiohead以外の音楽も聴けるようになってきましたよ~。

今年(2008)2月29日、めぐろパーシモンホールで行われたSteve Jansenソロコンサート(拙レポはこちら)を収録したDVDが11月21日に発売されます。

occurrence


オカーレンス・オブ・スロープオカーレンス・オブ・スロープ
(2008/11/21)
スティーヴ・ジャンセン

商品詳細を見る(amazon)
HMV


参加アーティストはスティーヴ・ジャンセン、小山田圭吾、高木正勝、徳澤青弦率いるストリングスカルテット、ビジュアル担当・伊瀬聖子(いせ しょうこ)。

コンサート映像の他、特典映像として4本のショートフィルム(スティーヴ・ジャンセン&伊瀬聖子)が収録されているそうです。


参考価格(税込)は4.500円ですが、10月17日現在、アマゾンだと3,420円、HMVで3,466円(DVDマルチバイ価格@DVD3枚購入した場合、通常価格は3,555円)です☆

stevejansen.comのニュースでこのコンサートのフォトがいくつか見られますが、どの写真も非常にスタイリッシュでシビれます!
鼻の穴どアップのデヴィッド、モヤイ像デヴィッドもいますが…ははは(^^;)
晩秋の夜長に、温かい飲み物片手にゆっくり鑑賞したいですね♪

UK-Japan 2008 WEBサイトに記事掲載!

タグ:Steve Jansen
2008年10月17日 | Comments(17) | 音楽[J]
 | HOME |  NEXT »»

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。