スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Anywhen

Steve JansenのアルバムでもSow The Saltという曲でボーカルを取っていて、David Sylvianツアーパンフ付属CDにもSiren Songという曲が収録されている、スウェーデンのボーカリスト、Thomas Feinerさん。

この方のお声がすばらしすぎて、ノックアウトでございます!
楽器に喩えるなら、チェロのような深い低音美。
そして、彼の歌うメロディーラインもデカダンで濃厚な美メロ。
寒い冬の夜に飲むホットチョコレートのように、心も体も溶けていきそうな…。

パンフを見ると、Steveのソロアルバムに続く、次のSamadhisoundレーベルからのリリースは、トーマスさんが所属するユニットAnywhenのアルバムThe Opiatesらしいです。(カタログナンバーss013)スウェーデンで出したアルバムの再発のようですが。

早くフルアルバムで聴いてみたいです!
それまでは、Myspaceで4曲堪能!

この方、Steveの2月のライブに来てくれないかな~?

SteveThomas


左側がThomasさん。
以前この写真を見て、Steveとヒゲや髪の生え際がそっくりなことにばっかり目が行ってましたけどw、お声を聴いて背筋を正しました!
スポンサーサイト
2007年11月04日 | Comments(6) | Trackback(0) | 音楽[A]

The Age Of Rockets / The Drive Home ('06)

The Age Of....と来たら「Plastic!」と言いたくなって世代がバレバレなのですが(笑)、こちらはNYの3人組インディーズバンド、The Age Of Rocketsです。
(バナーをクリック→Myspace)


CD入手法は今のところ本人たちのMyspaceへの直接注文のみ。あとはiTSとeMusic.comにてダウンロード配信されています。(eMusicとは?

TheDriveHome

The Drive Home ('06)
・iTS
・eMusic.com

正直、アートワークと音が全く合っていないと思うのですが、切ないメロディーが印象的でドリーミーなエレクトロニカです。
彼らはMyspaceで自分達の音を「The Postal ServiceとHer Space Holidayが赤裸々でドロドロした×××をしているところをSigur RosとThe State Of Matesが窓から覗き見している感じ」と説明してますけど(笑)、たしかにThe Postal ServiceHer Space Holidayの影響は強いです(リンクはそれぞれのMyspaceへ。ただし、ハースぺは今、マークの別ユニットxoxopandaの曲ばっかり載ってますね)。いかにもThe Postal Service(そしてDeath Cab For Cutie)のBen Gibbard風の節回しや、Her Space Holidayちっくなアレンジが多々あって。

数曲を試聴した時の印象は、そんな調子で「ポスタル・サービスやハースペっぽいサウンド」に留まっていましたが、アルバムを通して聴いてみたら、彼ら独自の輝きも見えたような気がしました。
まず、ボーカルが地声からファルセットまで曲によっていろいろな声を使い分けていて、ウィスパー系の声を多用しているのもウィスパー好きの私としては嬉しいところ。
あと、インディーズで、しかもファーストだからというのもあるでしょうが、所々曲としてすごく大胆な部分があって(特に6曲目Oh Sailor, Sail)、良くも悪くもまとまりきっていない。それを「破綻している」と思う人もいるだろうけれども、私はどちらかというとアイデア先行型大胆アレンジは「行け行けどんどん!」派なので(笑)、応援したくなってしまったのでした。

Myspaceにアップされている新曲avada kedavraをクリックすると"Working on new album! 2007(?)"と表示されるので、期待してます。本当に今年中に出るのかも分かりませんが、今から「買い」決定!

The Age Of Rocketsオフィシャルサイト
んー、サイトのアートワークも頑張っているけど、どこか手作りっぽいです…(^o^;)
こういうのもつい応援したくなってしまうのが母ゴコロ(笑)。
2007年02月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽[A]

Au4/On: Audio ('06)

onAudio

Au4 / On: Audio (iTS)
以前、旧ブログでご紹介したことがあったAu4ですが、当時は流通が悪くて、CDは入手していませんでした。
ところがいつの間にかiTSに入ってたとは!(気付くのが遅すぎ?)
もう、即!ダウンロードですよ~(涙)
いまだにアマゾンにもないので、とても嬉しいです。
無いと思っても、こまめに探すものですね。


彼らはカナダの4人組。
凍える大地の上を吹き渡る風と雲のような、神秘性をたたえた美しさ。
それでいて、適度にキャッチーなんです。
曲によってはフレットレスっぽいベースがM.カーンを彷彿とさせたりして。彼らはUnderworld、Massive Attack、BjorkやNine Inch Nailsに影響されたと語っているそうです。
特に圧巻は6曲目Paper Cuts from Paper Butterfliesでしょうか。なめらかに広がる雄大なランドスケープに無機的な電子音がオーバーラップし、自然美と人工美が絡まりあう、至福の7分間。

まだの方はぜひMyspaceオフィシャルでご試聴ください。

なんだか春めいてきて、早くも「花粉が…」なんて話も聞こえてきますが、冬にじっくり聴きたい音かもしれません。
2007年02月06日 | Comments(6) | Trackback(1) | 音楽[A]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。