スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

試写会『17歳の肖像』

2年前、拙ブログは英国大使館とブリティッシュ・カウンシルが主催するイベント企画「UK-Japan2008」の公認ブログに登録していました。そのイベント終了後も、駐日英国大使館よりブロガー対象のイベント案内が時々あり、今回の試写会に軽ーい気持ちで応募したところ、意外にも(抽選運ゼロなので!)当選♪ 昨日ありがたく赴かせていただきました。

まず、どんな映画に応募したのかも当選の通知をいただくまで忘れていたので(汗)、慌てて事前に確認しましたよ。
『17歳の肖像』
原題は"An Education"。そう、これは「教育」についての物語。
17歳の肖像

女性ジャーナリストLynn Barberの自伝的回想録をもとに、「アバウト・ア・ボーイ」「ハイ・フィデリティ」の原作でおなじみの作家Nick Hornby(ニック・ホーンビィ)が脚本を手がけています。監督はLone Scherfig(ロネ・シェルフィグ)という女性監督さんです。
1960年代イギリス。オックスフォード大学をめざす優等生ジェニーはふとしたことで中年男性と出会い、お洒落なレストラン、素敵なコンサートなど「大人の世界」を知り、夢中になってしまう。堅物だった両親も男性の巧みな話術につられ、デートや旅行を次々と許可。つらい勉強を続けて進学するか、華やかな世界で人生を楽しむか、揺れるジェニー。しかし、実はその中年男性は…。
こちらの→公式サイト でトレーラーなどを見ることができます。



あらすじを知っって、う…これはシャルロット・ゲンズブールの『小さな泥棒 [DVD](La Petite voleuse )』みたいに、ずっと心の中で「うわー、ダメーーー!その男、だめんずに決まってるじゃない!ダメダメダメ!わーーー!あ"---まったくー!」と母親目線で叫び続けなきゃいけない映画???と身構えてしまいました(笑)。しかも、ちょっとネタバレしますが、主人公が惚れてしまった中年男性は実は超嘘つきで、詐欺まがいの不動産売買や泥棒をやっている人間。実は私事ですが、ごく最近、数年来のリアル知人が詐欺師&泥棒だったことを知ってしまいショック!だったものですから(拙記事)、このタイミングで、この映画の試写に当たったことに因縁めいたものまで感じてしまったのです。

そんなこんなで、少々身構えながら試写室の闇の中、スクリーンと対峙。
意外や意外、ともすると重く堅苦しくなりそうなテーマが、テンポよく、「楽しく」見られる映画に仕立て上げられていました。

不満を挙げるとすれば、主人公の両親があまりに愚かで不甲斐ないことでしょうか。それと反比例するかのように、詐欺師の詐欺師たる巧みさ、胡散臭さがもう一歩。ここまで見事な詐欺師だったら、我が子の将来を真剣に考えているどんなに真面目な両親だって騙されてしまうよな!!!という説得力がない。リアル詐欺師を知ってしまった私としては、ホンモノの詐欺師はこんなもんじゃないですぜ!と言いたい。(そんなツッコミが入れられるようになってしまったのは悲しいんですが 泣。)ひるがえって、こんなにブレブレな親だったら、私にだって騙せちゃうよ(騙さないけど)!?とも思ってしまいました。あと、校長先生など周辺人物のキャラがもう少し立っていても良かったかな。

その不満を除いては、ともすると、やれ3DだのCGだの制作費○億ドルといった部分が妙に肥大化した映画が目に付く昨今、「何のために教育は必要なの?」「人生を楽しむことと勉強と、どちらが大切なの?」という真面目なテーマを直球で投げかけてくるこんな映画が今でも作られていることに、何やら安堵感を覚えましたよ。これから伸び行く若者たちと接する大人たるもの、その問いにはどうにか答えられるようにしておかないとね。英文学の先生と主人公のやりとりには思わず目頭が熱くなりました(TT)。

主人公を好演したキャリー・マリガンの、真面目女子高生モードのちょいダサ素朴ファッションとドレスアップしたヘップバーン的美女モードの落差、それから60年代風インテリア(特にキッチン)のレトロな可愛さも、女子目線を楽しませてくれました。
ドギツいシーンも無いので、親子でも安心して観に行ける映画だと思います。
4月17日(土)TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショーです。興味のある方はぜひ♪


余談ですが。
実は人生◎▽年にして、試写会というもの自体が初体験だったのです。
おっかなびっくり訪れたSony Picturesの試写室はまるで会員制の映画館のようで、その素敵さに感動!仮に映画が見られなかったとしても、あのビルに入れただけで大満足だったかも!?受付に立っていたスパイダーマン人形の写真をちょっと撮っておきたかったけど、恥ずかしくてできず。。。(笑)そういう意味でも、貴重な体験をした夜でした☆

サントラはこちら。
Duffy、Madeleine Peyroux、Melody Gardotの歌も収録されています。
スポンサーサイト
2010年03月31日 | Comments(6) | Trackback(0) | 映画

実在クリミナル・ミュージック・ラバー遭遇記

その人物のことは2006年から知っていました。私が交流していたブロガーさん達(YMOや元JAPAN=David Sylvian, Steve Jansen, Richard Barbieri, Mick Karn 等のファン)の所に、それらのアーティストと親交があるというコメントを時々書きむようになったので「一体どんな立場の人なんだろう?」と仲間内で話題になっていたのです。私自身のブログに、初めて彼のコメントが書き込まれたのは、2007年1月のことでした。

最初は正直なところ疑ってました。普通、業界の「中の人」は、素人相手に情報を小出しにリークして喜んだりしないでしょう?と。彼のハンドルなどを手がかりに検索も試みました。が、残念ながらこれといった情報は引っかかりませんでした。疑問を抱きつつも、コメント欄を通じてやりとりしているうちに、いつしか警戒心が薄れている自分がいました。そして、今最も後悔しているのは、彼をオフ会に招待してしまったことです。デヴィッド・シルヴィアンのThe World Is Everything Tourで来日が決定し、浮かれていた…というのは言い訳にもなりませんが。デヴィッドが渋谷オーチャードホールでコンサートを行った(そして、体調不良で短時間で終了してしまった;拙記事)2007年10月30日、そのオフ会が開かれました。

初めて顔を合わせた彼は、やはり音楽にとても詳しく、明るく気さくで話し上手な人物という印象でした(ただし、私が気付かないところで、こっそり出席者のお一人に暴言を吐いていたことが、ごく最近判明。怒り心頭です)。ワーナー・ミュージックとアーティスト契約をしており、主にエンジニアやPAなどをしている関係で数多くのアーティスト達と交流があると聞きました。その後も年に2、3回ペースで彼を含めたオフ会を開催しましたが、「打ち合わせでAvex本社にあるcommmonsに行ったら…」といった裏話も非常に具体的で、ここまで具体的な話が出てくるのだし、本当にそういうお仕事なのだろうと概ね信じるに至ったのです。

それでもやはり、首をかしげることはありました。どんなアーティストのどのアルバムについて話す時でも、ほぼ必ず「発売よりずっと前からサンプルをもらって愛聴していましたが、これ、いいですよね」といった自慢が入る。自慢の部分を言わなくても、アルバムの良さは語り合えるんですけどね(^^;)。「すごいですね」、「さすがですね」、そんな賞賛への異様なまでの渇望を感じました。本当に業界人だったら、そんな渇望はあったでしょうか?また、2009年坂本龍一ピアノ・ソロ・ツアー(拙記事)でPAを担当していると言っていたので、3月の東京公演に行ったあと、購入したツアーパンフを見てみました。かなり詳細なスタッフ・クレジットが掲載されていたにもかかわらず、そこに彼の名前はありませんでした。音楽業界にいたとしても、少なくとも華々しい立場ではなく、周縁で雑務的なことをやっているのだろうか?とも考えました(もちろん、雑務的な内容でも立派なお仕事です)。それにしても周縁的立場の人に、発売前のサンプルが(しかもデラックス版まで)色々届くほど、不況と言われている業界にゆとりはあるのか?という疑問もよぎりました。

しかし、そんな疑念があっても、6月の高橋幸宏ソロ・コンサート"OUT OF HERE"(拙記事)後のオフ会で、当時自分がちょっと気がかりにしていたことについて「○○の件、大丈夫?」などと声をかけてもらっただけで、「色々謎な部分もある人だけど、心根は優しいよね」などと思ってしまったおめでたい私。その後もリアル生活の忙しさからブログや音楽に充てられる時間とエネルギーが減り、彼に対する疑問を深く追求することなく、2009年はあっという間に過ぎていきました。

急転直下、今年(2010)1月。ある方に「このサイトを見てください」という非公開コメントをいただきました。そのサイトには彼の本名と写真、そして、元ページをたどると彼によるCD窃盗事件についての記述がありました。なんと!まるでドアを開けたら床がなく、どこまでも落ちていく深い穴を発見してしまったような、墜落感を伴う衝撃。発言に色々嘘があるらしきことは薄々感じていたので「やはり」という思いもありましたが、犯罪行為まで行っていたとは。まさに、 "He that will lie will steal"(嘘をつく者は盗みもするだろう)の格言そのものではないですか。

さらに大きな衝撃だったのは、同コメントの「(ブログとオフ会常連の)haruさんが彼とトラブルになって困っています」という一行。焦りました。震えました。早速彼女にメールで事情を聞き、あらためて彼のことを調べるとちょっとした糸口をきっかけに、上記サイトの件以外にも、彼がこれまでしてきた行為の数々、ついてきた嘘のあれこれが判明しました。commmonsと、(Steve Jansen所属事務所の)エピ○ニー▲ークスより、彼の嘘を裏付ける正式文書も発行されました。彼の実態や彼女との金銭トラブルの経緯については、彼女自身のブログに詳しいので、そちらをご覧ください。
c_letter
commmons文書
(クリックで拡大)

以上、己の愚を反省するためにも、他山の石にしていただくためにも、長々と書かせていただきました。

これまで私は、彼のことに限らず、少し疑問に感じる相手に対しても「きっと良い部分もたくさんある人だから」と考える傾向がありました。しかし、小さな疑問でも、それを放置すると、他の人にも害が及ぶ可能性がある。そのことをこれからは忘れないようにしたいです。彼は今後も似たような行為を続ける可能性が高いですし、残念ながら彼のような人間は他にもそれなりにいるのでしょう。これをお読みになった方々はぜひ自衛してください。彼の守備範囲は相当広いので、どんなジャンルの音楽好きの近くにでも擦り寄っていくはずです。映画ファンもご注意ください。

最後に。
彼は何故嘘で塗り固めた生活を送ってきたのか。別に業界関係者を気取らなくたって、巧みな話術と明るい振る舞いをもってすれば、たくさんの友人と楽しく付き合えたはずです。踏み倒し詐欺に遭いかけたharuさんも、彼が有名人と知り合いだからではなく、音楽の話が楽しくできる気の合う人だから、友人付き合いをし、信頼してお金を貸したのです。それなのに、嘘で自分を飾らずにいられなかった彼の心の闇の理由を知ることはできません。音楽が好き。それだけはきっと真実。でも、彼の行為は音楽を汚すことに他ならない。その事実を、直視して欲しい。できることなら、嘘で固めない、そのままの自分を愛する努力をしてみて欲しい。そんな言葉は本人に届かないでしょうが、ウェブの海にそっと浮かべる自己満足をお許しください。
2010年03月27日 | Comments(14) | 未分類

Telefon Tel Aviv / Made a Tree On The World

人間不信が重く心にのしかかっている時は、言葉は外に向かわず、心の中に溜まりゆく。

外に言葉を発することに意味を見出せない時、音の洪水、こだまする微かな囁き、集まり、高まり、、、やがて消滅。

スパイラル、無限リピート、いつまでも。

意識が遠のくまで、幾度でも。




branch by branch
they came together
leaf by leaf
for stormy weather

Charlie, R.I.P.
2010年02月06日 | Comments(4) | 未分類

Jonsi / Boy Lilikoi

シガー・ロスの「残響」に英語曲があるのに気付いた時は驚きましたが(数回聴いてから「……そういえば、これ、ひょっとして英語?」みたいな 笑)、ヨンシーのソロアルバムGo(2010年3月発売予定)は英語のアルバムになるそうで。
やっぱり世界に発信するとなると、英語なのかな。
フランスでも、最近は(私の耳に入ってくるような、世界に流通しているフランスのアーティストは)英語詞中心ですよね。Airしかり、Phoenixしかり、5:55以降のシャルロット・ゲンズブールしかり。
意味が分かりやすいのは嬉しいけれど、色々な国の言葉の響きを楽しみたいというのもあるので、この傾向には複雑な気分になってしまいます。


とはいえ、さすがのメロディー・ラインと歌声。
最近各所で大活躍のNico Muhlyが、ストリングス・アレンジで参加しているのにも注目ですね。




[追記] Lilikoiってアイスランドの言葉かと思ったのですが、パッション・フルーツのハワイでの呼称だったんですね。
    パッション・フルーツ・ボーイ!?
2009年12月11日 | Comments(2) | 音楽[J]

no-man 3点セットが到着☆

夏にリリースされたno-manのEP "Wherever There Is Light"。
昨年(2008)のアルバムSchoolyard Ghostsからのシングルですが、新曲2曲、ライブ音源2曲、映像などのカップリングが何気に豪華な一品です♪
実は、夏にアマゾンに注文したのに何度も何度も「まだご用意できません」メールを頂戴しまして。
それでも気長に待っていたところ、登録していたクレジットカードの有効期限をまたいでしまい、更新手続きが何故かバグったようで、アマゾン側からキャンセルされてしまったのでした(悲)
今現在はアマゾンにも少々在庫があるみたいですけどね。

気を取り直して、ライブDVD "mixtaped" も合わせ、今回はburning shedにオーダーしました。
DVD初回プレス版にはライブ音源のボーナスCD付きです。
ということで、EP&DVD&ボーナスCDの3点セット、注文から1週間で英国より無事到着♪

それにしても、ライブDVD、素晴らしい内容です。
特に、1曲だけゲスト出演した初期メンバーBen Coleman(バイオリン)に涙!
no-manの軌跡を追った2枚目のドキュメンタリーDVDも良かったです。
某SJさんやRBさん、MKさんもチラリと映ってますし(笑)
EPとボーナスCDは、これから聴きます。



no-manオフィシャル
2009年12月07日 | Comments(16) | 音楽[N]
 | HOME |  NEXT »»

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。