スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

The Police @ Tokyo Dome, Feb. 13 '08 [追記中]

ドームの音響は相変わらず最悪でしたが、コンサート自体はすごく良かったです。
絶妙なタイミングでの再結成だと感じました。
長い空白でファンもメンバーもこの三人組での演奏に対してハングリーになっていたし、(若い頃のままではないとはいえ)体力・技術もちゃんと「現役」と言えるクォリティーでの演奏。スティング、時々声が辛そうでしたが、ロングトーンで声量を誇示することも数回。それはかなり凄かったです☆スチュワートのドラミングは変わらず緻密だったし、アンディのギターもとにかくカッコ良かった♪あと、各曲のアレンジも楽しめました。「そう来たか!」みたいな。
取り急ぎ、セットリストを。
後でもう少し細かく追記します。
パンフは2500円でした。広告が入っていて、昔の写真中心だからか、安い!(笑)
*****************************************
さて、この日の東京ドームは6時をすぎても空席の方が多いくらいのガラガラ。
ドームコンサート前のムンムンする熱気がなくて、むしろ寒い。
「あれ?一応ソールドアウトだったよね?」と不安になりましたが。。。
やっぱり前座のFiction Plane(スティングの息子Joe Sumnerのバンド)はスルーする人が多いのか。スカスカのまま定刻どおり6時半にいきなり会場が暗くなり、
「ドウモーーー!
ボクタチハー、Fiction Planeデース
ハジメマーシテーーー!」(笑)
Joeは日本が好きで日本語の勉強をしているらしいと、この日一緒に見たnigamuさんに教えていただいてましたけど。「ハジメマシテーーー」、いいですね。いやどうも、こちらこそハジメマシテーw。
彼らの演奏中は、ボチボチ来場してきた人々が席を探して右往左往。
立って見ているのは我々含め、ごくごく少数。
ドームの音響はウワンウワン(^^;)
私が知っている曲、(この日演奏した中では)HateとTwo Sistersの2つだけ。
そんな中、Joeはでっかいアンプの上から3回くらい飛び降り、日本語MC入れまくりで、けなげに頑張ってました。「○○ハ、トーキョーにスンデマス!」○○…誰?みたいな(笑)
やっぱり、バンド3人とも普通に上手いんだけど、もうちょっと突出した何かが欲しいと思わずにはいられませんでしたけれども…。といいつつ、終了後のサイン会もしっかり覗いてきました(笑)。サインはもう締め切られていてもらえませんでしたが、サインをするJoeを間近でしっかり見てきました。明るくて良いヤツっぽい。顔立ち、生え際、声etc.、お父さんに似てる部分がいっぱいあります。秋だか冬に単独で来日するみたいですよ。

またまたアリーナに戻り、いよいよポリスの開演待ちです。
************************************************
しばらくおしゃべりして待っていると、会場BGMの音量がいきなりグッとあがり、Bob MarleyのGet Up, Stand Up。来た来た来たーーーー♪

①Message in a Bottle
メンバーがどのようにステージに登場したかは、正直、私の場所からは良く分かりませんでした。この曲の時はまだ、3人の姿がモニターに映し出されておらず、私の身長ではステージの様子は人の頭の合間にチラチラ見える程度だったので。
Rioの映像↓ではスチュアートが巨大ドラ(笑)を叩いてスタートしているので、東京もそうだったのかな?ドラは後で大活躍(?)しますが、この曲の時はライトが当たっていなくて全然見えませんでした。


タイトな演奏に鳥肌~(><)
四半世紀近くピンの中で波間に漂っていたポリスの音が、今ここに!
わー生だ!本物だ!
感無量で、きゃーーーーーーーーー☆と、はじけました(笑)。
周りのお客さんたちはおとなしかったですけど(^^;)

②Synchronicity II
「歌いたいかい?」のMCとともに「おーーーおーーーーおーーーー♪」とSynchronicityII。
ステージ左右や後ろの画面にSynchronicityのアルバムジャケの青・黄・赤が変化する映像とともにメンバーも映し出される。スチュアートがGhost In The MachineのTシャツを着ていて笑えました。自分のバンドT着る人って…(笑)。アンディは肋骨模様(?)のTシャツ。スティングは黒のノースリーブ(筋肉自慢 笑)、手首に幅広のブレスレット(リストバンドかも)。
(追記つづく)

Walking On The Moon
Voices Inside My Head
When The World Is Running Down
Don't Stand So Close To Me
Driven To Tears
Hole In My Life
Every Little Thing She Does Is Magic
Wrapped Around Your Finger
De Do Do Do De Da Da Da
Invisible Sun
Walking In Your Footsteps
Can't Stand Losing You
Roxanne
King Of Pain
So Lonely
Every Breath You Take
Next To You
スポンサーサイト
2008年02月14日 | Comments(11) | 音楽[P]

Fiction Plane / Cold Water Symmetry

このバンドのボーカル兼ベーシストは、有名なミュージシャンの息子さん。
来週、お父さんのバンドのオープニングアクトとして観ることになるのでYouTubeで予習してみました。

うん。ボーカル兼ベーシストくん(それにしても、お父さんとパートまで同じにしなくても、と思ってしまったり)、普通に上手い。3ピースバンドの(編成までお父さんのバンドと同じにしなくても、と思ってしまったり)他のメンバーも普通に上手いんじゃない?曲も普通に良くて頑張っている感じ。

……「普通に」とか、「頑張っている」というのも難しいものがありますね。
どっか突き抜けてたり、いっそ「変」だったり(笑)、飄々とした抜け感があった方が面白いのにと、ついつい思ってしまうのは、やっぱりお父さんのバンドがこんな感じだったから?
Walking On The Moon

まあ、お父さんが有名だとオープニングアクトとしてツアーできたりもする半面、あれこれ較べられてしまうのも宿命ですが。
ひとまず較べるのは止めて、なるべくまっさらな気持ちで聴くよう努めます(^^;)。

Love
love is an angel that smokes cigarettes
she's trying to kill me
I can only say yes
take me to your bedroom
send me to my death
you can't help being what you are

愛は煙草をくゆらせる天使
俺を殺そうとしているんだ
イエスと言うしかない
ベッドルームに連れて行ってくれ
俺を死へと送り込んでくれ
君は君でしかいられないのだから

the heavens decide the shape of the lines in the cold water symmetry
I can't leave you behind
you live in my mind
cast out on the silver sea
冷たい水面が作り出すシンメトリー
その形は天が決めるのさ
君を置いていくことはできない
君は俺の心の中に棲んでいる
銀色の海の上に投影されて
(歌詞全体はこちら

castの訳し方、悩みますが。。。
cold waterのsymmetryという歌詞の発想は面白いと思いました。
曲はU2にスティングがゲスト参加したような感じ?
(やっぱ較べてるし 苦笑)

Fiction Plane / Cold Water Symmetry
(映像はオフィシャルビデオではなく、ファンによるオリジナルのようです)


さて、来週のコンサート。
お父さんのバンドは、やっぱり「あの」超有名なラブソング、やるでしょうね(^-^)
息子くんたちも頑張れ~ってことで。

Left Side of the BrainLeft Side of the Brain
(2007/09/03)
Fiction Plane

商品詳細を見る(amazon)
iTunesPlus


Fiction Plane Myspace
2008年02月07日 | Comments(0) | 音楽[F]

The Police Inside Out

「マリー・アントワネット」を観にいった映画館で、ロビーの向こうの方になんとなくロックな香りのするフライヤーを発見!(目が悪いのに 笑)

思わず吸い寄せられるように近寄ってみたら、ポリスのドキュメント映画「ポリス・インサイド・アウト」公開の宣伝です。(3/31よりTOHOシネマズ六本木ヒルズにてレイトショー公開。以後全国順次公開予定。)
おお~ポリス、懐かしい!
映画のオフィシャルサイトはこちら

Bounce.comにもニュースが上がっていました。
THE POLICEのドキュメント映画〈ポリス インサイド・アウト〉公開

友人のMMさん情報によると、海外ではすでにDVDが販売されていたそうですけどね。(あれ?日本盤もあったみたい?でも現在アマゾンでは在庫切れ)
Everyone Stares: The Police Inside Out (Ws Ac3) Everyone Stares: The Police Inside Out (Ws Ac3)
(2006/09/12)


この商品の詳細を見る


同じくMMさん経由で知ったニュースですが、このお三方、2/11のグラミー賞授賞式で再結成ライブを行うとか!(Grammy.comのニュース
日本の大物テクノトリオもCMで再結成ですが、三人組再結成の年なんでしょうか?今年は。

ということで、今日はこれをっ!!
Peanuts (Beat Club 1978)

スチュワートの短パンが短すぎようとも、アンディの変な豹柄ジャンパーが似合ってなくても、……やっぱスゲーわ!!!この人たち!!(笑)
さらにヒネクレ選曲第2弾。
So Lonely<(Beat Club 1978)


「みつめていたい」とかは、YouTubeで検索してね~☆


2007年02月03日 | Comments(6) | Trackback(0) | 音楽[P]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。