スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

映画「マリー・アントワネット」

MarieAntoinette

昨年から友人と楽しみにしていた「マリー・アントワネット」を観てきました。かなり賛否が分かれる評判を聞いていたので、自分がどういう感想を持つか、期待半分、不安半分で。

一番最初に読んだレビューは翻訳家の岡山徹さんが英語学習誌『週間ST』に書かれたもので、「しかし、マリーの退屈をリアルに描けば描くほど、映画が退屈になるというジレンマに、監督は気付いていないのだろうか」という指摘が印象的でした。
そうか、退屈なんだ。映像を淡々と繋ぎ合わせた、ストーリー性を否定した映画なんだろうか?そんな想像をしながら映画館に赴いたのですが。

……え?これが退屈?面白いじゃん!
ヒラヒラ、こてこての衣装や調度への興味は薄いのですが、自分でも驚くほどマリーに感情移入してしまって、何度も泣きそうになりましたよ。「普通の人間、女性としてのマリー・アントワネットを描きたかった」という主旨のことをソフィア・コッポラ監督が言っていましたが、まさに。

周囲から常に好奇の目にさらされる「異物」として、単身、全く未知の環境に入っていかざるを得ない状況の、めまいすら伴う緊張感、閉塞感。想像ですが、フランシス・コッポラという有名な父を持つソフィアも、行く先々で突き刺さるような好奇の視線にさらされたことが何度もあったのではないでしょうか。ヴェルサイユ宮殿にマリーが入っていくシーンの、グラグラする圧迫感に満ちた映像を見ていて、そんなことを思いました。

そして、世継ぎを生まなければならないプレッシャーがかかる中、どうしてもうまくいかないことの苦しみ。私も最初の子どもをなかなか授かることができなかったので、月を重ねるごとに澱のように焦燥と不安がじりじりと溜まっていく、あの感覚を味わったことがあります。周囲からの圧力が少ない一般庶民でも、かなり精神的に「来る」ものがあるんですね。自分よりも後に結婚した人たちの所に先にベビーが生まれるたびに、笑顔で「おめでとう」と言い、頭でもめでたいと思っているのだけれども、ふっと一人になった時に、がっくりと全身の力が抜けてしまう、あのどうしようもない感じ。そして、それを経て出産できたときの、何ともいえない喜び。殿方には分かりにくい心理なのかもしれないけれど、もうビシビシ感情移入してしまって、退屈しているヒマがなかったです(笑)。

このような自分ひとりの「努力」だけではどうにもならない状況に追い込まれた時、「きゃーっ!このドレス、可愛い~♪」「きゃーっ!このケーキおいしい~♪」「きゃーっ!パーティーよっ♪」に逃避してしまう気持ちも、すごくよく分かってしまうのですね。(苦笑)

言わばこれは、見知らぬ土地に嫁いでしまい、不妊に悩むフツーの主婦が現実逃避でブランド買い&高級レストランのランチめぐり&エステ通いへと突っ走る設定にしても成り立ちそうな物語なんです。

ただ、フツーの主婦だったら家計が破綻してもその一家が困るだけですが、一国の女王がそれをやってしまったら、その罪ははてしなく重い。不幸にも、夫も王の資質をこれっぽっちも持ち合わせていなかったし。ヴェルサイユに押し寄せた怒れる市民たちにバルコニーでお辞儀をした瞬間、初めてアントワネットの顔が「楽しいことが大好きなフツーの女の子」から「女王」になりました。頼りないルイ16世も、事がここまで深刻になって、初めて「王」らしく引き締まった表情を(まだまだ頼りないけど)見せるのです。けれども、もう決定的に手遅れ。その事実の重みと、二人の「可愛らしい」とまで言いたくなるほどのちっぽけさ、フツーさが切なかったです。

とかく話題の音楽ですが、ごくごく自然にポップミュージックが使われていたという印象を受けました。その時代らしい音楽でいくか、斬新な「表現」として気張ってポップミュージックを使うのか、どちらかを選ばなきゃならないなんてナンセンス。それぞれのシーンの気分にぴったりくる音楽を選んだら、たまたまこうなったのよ。そんな感じ。
それもアリだと思いました。特別新鮮でもないけれど、違和感もなく見て、聞くことができましたもの。
マリー・アントワネット マリー・アントワネット
サントラ、スージー&ザ・バンシーズ 他 (2006/12/13)
ユニバーサルクラシック

この商品の詳細を見る(amazon)

iTSはこちら

一本の映画としても私には面白かったのですが、この映画に対する評価の分かれようも非常に面白いと思っています。文化厚生大臣の失言に対する世間の(特に男女間の)温度差の違いにも似ているような。なんだか、リトマス試験紙のような映画ですね。
(どういう見方が「正しい」なんてことを言うつもりはありませんが。)
さて、あなたは…どっち?(笑)

☆蛇足ですが、マリーの後見人メルシー伯爵(スティーヴ・クーガン)がアップで映る度に、頭が「24アワー・パーティー・ピープル」(マンチェスターの音楽シーンを描いた映画)に飛びそうになって困りました~(笑)。
SteveCoogan


スポンサーサイト
2007年02月02日 | Comments(7) | Trackback(1) | 映画

Phoenix / It's Never Been Like That ('06)

itsneverbeenlikethat

Phoenix / It's Never Been Like That ('06)

[iTSにはサードIt's Never...とセカンドAlphabetical(amazon,iTS)をカップリングした全21曲1,800円というバージョンもあります。]

昨年のサマソニにも出演していたフランスのバンド、フェニックス。

ボーカルThomasの、イケてるのかイケてないのか微妙に気になるルックス(無礼千万ですな 苦笑)がツボだったんですがw、ソフィア・コッポラのベビーの父親でした。ソフィアに先を越された~ ←バカ
…(笑)、20日から公開が始まった「マリー・アントワネット」にもバンドで出ているらしいです。

フランス発ながら、歌詞は全て英語。特に、このサード・アルバムは明るく弾けていて、それでいてちょっぴり切なく、ストロークスのファーストセカンドを連想させられます。つか、ストロークスそのまんま(笑)?ちなみにギターのBrancoはかつてDaft Punkの面々とバンドをやっていたそうです。Myspaceでもお友達リストにAirとDaft Punkがいますね~。AirのPlayground Loveをライブでカバーしている映像もYou Tubeに落ちていて、これもなかなか。

とにかくThomasのちょっと舌足らずな英語と、曲中ふんっ!とかはっ!とか鼻息を混ぜる歌い方(注:和田ア○子じゃありません)、最高です!(爆)

お出かけ前の景気づけに。
話の全然通じない相手にほとほと疲れたときなんかにも(苦笑)。
なんだかスカッとして、少年になった気分でずんずん街を歩きたくなりそう。
どちらかというと暗い陰りのある音楽が好きな私ですが、こういう音も必要です。

Myspace 
 ↑試聴2曲目のRallyが特にお気に入りです。
  なーんてことない曲なんですけどね。キュンとくる。

彼らも2月に来日するんです。
ああ~今年はライブを控えようと決心したのに(涙)。
まだ受付中みたいだし、もうちょっと悩んでみよう。
2007年01月23日 | Comments(1) | Trackback(0) | 音楽[P]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。