スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Nine Inch Nails / Year Zero ('07)

Year Zero Year Zero
Nine Inch Nails (2007/04/17)
Interscope Records

この商品の詳細を見る(amazon)
・iTS


Nine Inch Nailsの新譜です。すでにMyspaceでシングルSurvivalismなどは先行で発表されていましたが、アルバム全体で聴くことで、トレントが表現したいことの全体像が明らかになった感があります。(現在Myspaceでは太っ腹なことに、全曲フル試聴できるようになってますので、興味のある方はどうぞ。ただし音質は落としてあるみたいです。)

前作With Teethはパーソナルな内面的葛藤を音で克明に描写したような、ヒリヒリする皮膚感覚をともなう音でしたけれども、今作はエネルギーが外に向かっています。どちらにも怒りや苛立ちが感じられるけれども、その対象が違う。Year Zeroの怒りの対象は、一連の歌詞からも一目瞭然なように、白い家の楕円形の部屋で執務する、イニシャルGの人物(G.B.ね)。ここ数年、その人物を批判する曲やアルバムは色々あったと思うのですが、アルバム全体を通してストーリー性が感じられる点、歌詞だけでなく音像そのものが強烈に主張している点で出色ではないでしょうか。

政治的主張は言葉だけだと「私はこう考えます」とか「私は●●に反対です」でおしまいで、無味乾燥ですけれども(小説や詩などにすればまた別ですが)、音で表現するとこうもイマジネイティブになり得るものかと、目が見開かれる思いです。前半は比較的ストレートな楽曲を畳み掛けるように叩きつけてきますが、徐々にエレクトロ成分と幻想的な音が増してきます。通して聴くと、現在から近未来へとつながる映画を見ているような気分。ラスト2曲で薄明の中に希望の光が指してくるように感じられる構成ゆえに、途中かなりハードでへヴィな部分があるわりに、後味が非常に爽やかだったりします。

コンセプトアルバムではあるけれども、腕組みしながら聴き込まなきゃいけないようなものでは決してなくて、むしろNIN史上もっとも「踊れる」アルバムじゃないでしょうか(笑)?
捨て曲無しですが、今特に気に入っているのが、インダストリアルノイズが刻むファンキーなビートに錆び感のあるギターが絡む、The Warning。シンプルだけどクセになります。その次のGod Givenは、ブレイクの囁き声が非常に格好良く、これまたファンキーなナンバー。あと、廃墟の中で奏でられているような退廃的なピアノが美しいAnother Version Of The Truth。それからラスト2曲ももちろん素晴らしいし、Me, I'm Notも音の響き方が好き……と、キリが無いですね(笑)。

このアルバムはiTSで発売前に予約注文するとSurvivalismのリミックス曲が入手できるという事前情報があったので、事前予約&ダウンロード購入しました。こういうおまけにとっても弱い私(笑)。その、Survivalism(Dave Sitek Remix)はボーカルの音量が少し押さえ気味になり、地鳴りのように響くドラム音等が追加されています。エッジや立体感はオリジナルの方がありますが、これはこれでまたドラマティックです。

あと、kikkaさん に教えていただいたのですが(大元の情報源は爆発男!さんということで、お二人ともありがとうございます☆)、Open Source Resistanceという団体が4月18日に開催した集会でNine Inch Nailsのシークレットライブが行われ、途中警察が乱入して解散させられたという模様がネットにアップされております。
セットリストは
The Beginning Of The End (Year Zero)
Survivalism (Year Zero)
Last (Broken)
March Of The Pigs (The Downward Spiral)
We're In This Together (The Fragile)

*Open Source Resistanceは、公民権や天然資源が多国籍企業や「自分が正しいと思っている人々」に都合のよいように搾取されるのを防ぐため、普通の人々が闘えるようにする草の根情報戦を開始する試み……だそうです。

疑い深い私はこの警察乱入がガチなのか半信半疑なのですが、更なる情報をご存知の方がいらしたら教えていただきたいです。
スポンサーサイト
2007年04月24日 | Comments(12) | Trackback(3) | 音楽[N]

Nine Inch Nails / With Teeth ('05)

With Teeth With Teeth
Nine Inch Nails (2005/05/03)
I Nothing

この商品の詳細を見る


来日の知らせを聞いてから、最近Nine Inch NailsのWith Teethをよく聴いています。
Nine Inch Nails聴いていると、よく頭が痛くなるんですよね(苦笑)。
ヘッドフォンの音量を上げすぎだっていう話もあるんですが。
頭痛はともかくとしても、NINの音楽はもともと「痛み」を伴うものではないかと思っています。トレントの怒りや苛立ちが時にヒリヒリと、時に銃弾のように伝わってくるものが多くて。それでいて、ただひたすらにマイナスのエネルギーをぶちまけるだけでなく、細部に知的なコントロールが感じられるので好きなのですけれども。

痛みと言えば。精神的に極度の痛みを感じる時、「胸が痛む」だけではなく「全身」が痛むこともあるのだと知ったのは、15年前のことでした。ある人に言いにくいことを告げなければならなくなり、言葉のひとつひとつを搾り出すたびに、両腕が、両足が、背中が、頭が、痛くて痛くて、千切れそうで。SFXを駆使した映像なら、皮膚を突き破って体中から得体の知れない何かが噴き出しそうな感覚。例えば、口に出せなかった言葉の載った結晶が体を突き破って四方に飛び散り、部屋の壁を抜けて、どこまでも飛んでいくようなイマージュが時折フラッシュバックします。
8年前に友人家族が交通事故に遭った時にも、悲しみと怒りで(加害者と、そのようなことが起こりうるという現実に対して)痛みが全身を走りました。もちろん、当事者の痛みからは程遠いものに違いないのですが。
…あーもう、なんか暗い話になっちゃってすみません。(^o^;)

ともかく、ギターがチェーンソーのように鳴り響く時、トレントが激しくシャウトする時、この手の痛みを思い出すのでした。皮膚という皮膜を内と外から揺さぶる痛みというか。まあ、単に「カッコいい音楽」として聴いてもいいのですけどね。トレントの声ってとても色っぽいし。

来日公演、やっぱり行こうかな。新木場スタジオコーストは昨年のMogwai(引越し前の拙ブログ記事)で初めて行ったのですが、奥行きが浅くて、床が高くなっている部分が広く(=小柄な私には有り難い)、音も良い会場でした。
ひとつ気になるのは、息子の小学校の運動会シーズンなんですよね。
…NINと運動会。似合わな~い(笑)

イープラス申込ページ(東京公演の先行予約は2/7~2/14 2/12~2/15に変更
Nine Inch Nails オフィシャル(日本)
Nine Inch Nails オフィシャル
Nine Inch Nails Myspace
2007年01月30日 | Comments(12) | Trackback(2) | 音楽[N]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。