スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

遅ればせながら eMusic.com [Aug.19 '08 追記 ]

※元は2007年2月に書いた記事ですが、2008年7月の価格改定を受けて、Basicの価格部分を書きかえました。その他に、気がつかないうちに(汗) eMusic Mini, Lite, Connoisseurなどのプラン新設、ブースターパックの規格変更もあったので、そちらも改訂しました。['08.8.19]

以前からtaknomさんの「Tak's ウェブログ」で見かけていたeMusic.comという米国の音楽ダウンロードサイト。気にはなっていたのですが、ものぐさな私はもっぱら慣れているiTSかamazon、HMV中心に音楽を購入し続けていました。

けれども、taknomさんが書かれたBlackfield IIの記事の「1曲33セント」という文字を見て、主婦ゴコロ(そんなのあったの?)に火がつきました!!Blackfield IIはiTSでダウンロードしてしまったのですが、1曲33セントだなんて、お安いじゃないですか、奥様~!!

いったん火がつくと止まらない私(笑)。実際にサイトに飛んだり、Wiki(英語)その他で情報収集したりしました。(以下、特記のない情報は基本的に2007年2月12日現在のものです。)

☆eMusic.comの特徴
①mp3フォーマットで配信
 多くの音楽再生機器で利用可能なmp3。もちろんiPodもOK。
②ビットレート
 iTSが販売する音源はAACファイルの128kbps。
eMusic.comはVBR(可変ビットレート)なので曲によって変動しますが、手元の音源をいくつかチェックしても最低で156kbps、大半の曲は180kbpsを超えています。
AACとmp3では圧縮形式が異なるのでビットレートの数値で音質の単純比較はできないようですが、eMusic.comのデータは安価ながら充分良い音質だと思います。
③DRM(digital rights management=デジタル著作権管理)を組み込まないデータ
データをコピーできるPCの台数や、CDに焼ける回数などの制限なし。
④インディーズ系に強い
DRMを用いず安価なため、四大メジャー・レーベルの作品は扱えない分、インディーズ系とクラシックに特化している。

☆利用システム
①世界中100カ国以上で利用可能
 もちろん日本もOK
(2/16追記)おそらくレコード会社やレーベルの方針により、音源によってはある国で販売していても別の国では販売していないケース、リリース日が異なるケースあり。その場合、「お住まいの国ではご利用できません」等のメッセージが出てきます。
②支払いはカード決済
(2/16追記)取り扱いカードはMaster Card, Visa, American Express, Discover, Diners Club, JCB, Carte Blanche。
VisaまたはMaster Card発行のデビッドカードも利用可。
それ以外の支払方法は扱っていない。 
(2/17追記)MMさん情報によりますと、米国内ではeMusic用のプリペイドカード(Download Card)が販売されているそうです。
③トライアル期間(14日間)に25曲のフリーダウンロード 
 14日間を過ぎると有料契約に移行。
有料契約移行前にキャンセルしても、フリーダウンロードで入手した音源はそのまま利用可能。
④30日単位の定額制
 これがeMusic.com最大の特徴です。
 ・eMusic Mini  30日間 $5.99で10曲(1曲60セント)
 ・eMusic Lite  30日間$8.99で20曲(1曲45セント)
 ・eMusic Basic 30日間$9.99で30曲(1曲33セント)
           $11.99で30曲(1曲40セント)
           ただし、'08年7月17日より前からのBasic加入者は
           $11.99で40曲(1曲30セント)
  
 ・eMusic Plus    30日間$14.99で50曲(1曲30セント)
 ・eMusic Premium 30日間$19.99で75曲(1曲27セント)
・eMusic Connoisseur 100 30日間 $24.99で100曲 (1曲25セント)
・eMusic Connoisseur 200 30日間 $49.99で200曲 (1曲25セント)
・eMusic Connoisseur 300 30日間 $74.99で300曲 (1曲25セント)
さらに20%お得な1年契約や25%お得な2年契約もあり。
また、制限曲数を超えてダウンロードしたい場合には、ブースターパック(10曲$5.99、30曲$14.99、50曲$19.99)の購入も可能。
30日ごとの更新日までに残った曲数は次に持ち越せないので注意。
(2/16追記)決済は30日周期の初日。

どうです、奥様?(笑)
"$0.99"の嵐で、主婦ゴコロをくすぐる価格設定じゃありませんこと?(爆)
ドル建てとはいえ、相当な円安になったとしても、iTSよりかなりお手頃かと。
拙ブログを覗いてくださっているのはインディーズ系にも興味がある方が多いだろうし、30日間で30曲使い切れないなんてことはまず無さそうじゃないですか?

まだまだ探検不足ですが、eMusic.comが扱うアーティストで私の個人的趣味に引っかかったのは、Joannna NewsomBlackfieldClap Your Hands Say YeahArchitecture In HelsinkiHer Space HolidayMogwaiBloc Party……等々。Porcupine Treeもありますね~。アルバムSignifyのみですが。(リンクはすべてeMusic.comのアーティスト・ページに飛びます)

レビューなどが掲載された読み物コンテンツもなかなか楽しいです。4AD特集などもあったりして。こういったコンテンツも含め、トップページや登録ページなど全てが日本語対応になったら、日本でも爆発的に利用者が増えるんじゃないかと思いますけれど。

「ジャケットなどのパッケージも含めて作品」と思っていた時期もあったのですが、基本的に音中毒なので……。
「音、音!鼓膜を振るわせてくれる音をくれ~~っ!ハァ、ハァ……( ̄Д ̄;) 」な人間には、リーズナブル価格で合法的に音楽を購入できるのは嬉しい限りです。

[2008.2.10追記]taknomさんがeMusic.comについて、とても分かりやすい記事を書かれたのでリンクさせていただきます。
スポンサーサイト
2007年02月12日 | Comments(9) | Trackback(1) | 未分類

Joanna Newsom / Ys ('06)

昨年末に購入した音楽第2弾。
ジョアンナ・ニューサムのセカンドアルバムYs(イース)です。

Ys Ys
Joanna Newsom (2006/11/06)
Drag City

この商品の詳細を見る


彼女を知ったのは、昨年(2006年)2月にDavid SylvianがPeter Barakanさんのラジオ番組にゲスト出演した際、注目のアーティストと言っていたからです。
ファースト・アルバムThe Milk-Eyed Mender('04)を知人に聴かせてもらったところ、ハープを奏でながら即興的な童謡(のような曲)を歌いまくる、童女みたいな「天然」ぶりに圧倒されました。
私の世代だとシンディ・ローパーやケイト・ブッシュに喩えたくなる、クセのある歌声です。

その彼女のセカンドにはプロデュースとオーケストラ・アレンジにVan Dyke Parks、レコーディング・エンジニアにSteve Albini、ミックスにJim O'Roukeとビッグネームがクレジットされていて、おもわず「おおっ」とのけぞってしまいました。

しかし、ビッグ・ネームたちに負けず劣らず、わが道を行く彼女の歌世界はすごいです。ラファエル前派の絵画的というか。こんな、まるでヨーロッパ中世の絵巻もののような作品がアメリカの若い(1982年生)女性から出てくるというのが面白い。アルバム全5曲で、トータル55分41秒。最長の曲は17分弱です。それでいて、どこか懐かしかったり、ポップだったりするのですけどね。定義付けを拒む作品です。

今回は彼女自身が演奏するハープにオーケストラが加わって、壮大でクラシカルな音でしたが、彼女の歌とハープが電子音と組み合わさっているようなものも聴いてみたかったりします。とにかく今後が楽しみなアーティストですね。



↑キュートな彼女の表情をお楽しみあれ。
しかしいくらキュートだからって、「好きな動物は?」なんて小学生相手みたいな質問はどうかと(笑)。

Joannna Newsom (blues interactionsのページ)
☆「洋楽・邦楽女性ミュージシャンを2.1倍楽しむための試みノート
sea's window
」さんのジョアンナに関する記事はとても詳しくて参考になりました。

で、なんと2月に来日とか!!
むー、どうしよう(オロオロ)。。。
ご興味のある方はぜひ☆
詳しくはこちらをご覧下さい。
2007年01月22日 | Comments(1) | Trackback(0) | 音楽[N]
 | HOME | 

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

タグリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

Visitors

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。